ほっとミュージアム 談話室
[ホームへもどる] [新規投稿] [新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
  • 以下は新規投稿順のリスト(投稿記事)表示です。
  • 48時間以内の記事は new! で表示されます。
  • 投稿者のメールアドレスがアドレス収集ロボットやウイルスに拾われないよう工夫して表示しています。
  • 発言サイズは画像も含めて130KBまで、URLは20個までです。
  • その他[留意事項]を良くお読みの上ご利用ください
  • 新規紹介用 でワード検索すると、フォーマット発言が開きます

  •   [No.12118] 【新潟】市會津八一記念館/富本憲吉と會津八一 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/11/12(Tue) 23:59:51  

     新潟市會津八一記念館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=15&c=3
    で開催中の展示を紹介します。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆2019年度特別展「富本憲吉と會津八一〜孤高の美の求道者たち〜」〜12/15(日)
        月曜休館(ただし祝日の場合は翌日)
        入館料金:一般 600円 大学生 300円 高校生 200円 小中生 100円
             土日祝日は小中生無料

     奈良県安堵町に旧家の長男として生まれた陶芸家・富本憲吉(1886〜1963)は、東京美術学校を卒業し、英国留学後、楽焼から始め、土焼、染付、白磁など多彩に展開し、晩年の1955年には色絵磁器で重要無形文化財保持者となり、1961年に文化勲章を受章。
     一方、新潟市出身で書家・歌人・東洋美術史家として活躍した會津八一(1881〜1956)は、英文学を学んで英語教師として勤めていたが、奈良を訪問した27歳以降、愛し、短歌を詠み、美術史研究に熱心に取り組む。八一の初めての歌集『南京新唱』(1924年刊)の挿絵を描き、陶印「秋草堂」などを制作するなど若くから交流し二人は西洋の知識や同時代的な芸術観を持ち、異なる分野ながら独学で芸術の道を探求した。本展では、奈良県立美術館が所蔵する富本の名品を中心に、二人の交流と作品も紹介。
       富本憲吉《磁器 色絵「春夏秋冬」字 瓢型飾壺》(1939年)
           《土焼 鉄描銅彩曲る道模様 大皿》(1929年)
           《磁器 色絵四弁花更紗模様 六角飾筥》(1945年)
           《楽焼 草花模様 蓋付壺》(1914年)
           《陶印「秋草堂」》(1946年)
       會津八一、齋藤三郎《陶器汲出6客》(1951年
       富本憲吉「大和の百姓家」(會津八一著『南京新唱』より、1924年)
       富本憲吉《磁器 染付「躍」字 皿》(1935年) など

    作品解説会;日曜日午前11時から
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12117] 【神奈川】女子美アートミュージアム/コプトの染織[11/13(水)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/11/12(Tue) 23:58:27  

     相模原市の女子美アートミュージアムhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=14&c=58で11/13(水)から開催される展示を紹介します。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆女子美染織コレクション展Part8「コプトの染織」11/13(水)〜12/21(土)
        日祝日休館
        入館無料

     第8回となる本展は、エジプトのキリスト教徒の染織品であるコプトをチュニックなど衣服から裂(きれ)まで幅広く紹介。染織において「コプト」は3世紀から12世紀頃のコプトの人々が作った染織品をさし、乾燥したエジプトの気候は千年以上も前の姿を伝える。緻密な模様や美しい曲線のほとんどが織りで表現され、物語や信仰、動植物などの模様にはローマ帝国、ビザンチン帝国、アラブのイスラム教徒による支配の各時代の特徴を持つ。コプトの染織品の技法に焦点をあて、多彩なコレクションから展示。

    ギャラリートーク:学芸員による:11/27(水)午後3時〜30分程度

    ノッティング技法でタピストリーを織ろう:12/14(土)午後1〜3時
    渡邊三奈子氏(女子美術大学教授)参加費1000円 定員15名、10号館1階1011スタジオ
    E-mailまたは電話で(1)氏名(2)電話番号(3)参加人数 (4)年齢 
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12116] 【京都】漢検 漢字博物館/フォントのホント展・今年の漢字展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/11/11(Mon) 23:39:48  

     祇園・八坂神社前の漢検 漢字博物館・図書館 漢字ミュージアムhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=71で開催中の展示を紹介します。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆企画展「フォントのホント展」〜令和2年1/5(日)
        月曜休館(祝日の場合は翌日)12/23(月)30(月)は開館、12/31(火)1/1(水・祝)休館
        入館料金:大人800円 高大生500円 小中生300円
     スマートフォンやパソコン、テレビなどでよく目にする同じ文字でも、実は「フォント」によって伝わり方が大きく異なる。よく知られた明朝体やゴシック体以外にも、個性的なフォントたちが豊かな表現を生む。本展では、現代社会に欠かせない「デジタルフォント」に注目しつつ、フォントそのものの基礎知識を解説。企画展限定イベント「千社札を作ろう!」も開催。
       フォントデザイナーの仕事
       印刷文字と手書きの違い
       近未来のフォント(デジタルコンテンツ)

    ☆企画展「今年の漢字(R) 展〜今年の漢字25周年〜」〜令和2年2/16(土)

     歴代の「今年の漢字(R)」のすべての大書と共に、それぞれの年の報道記事や写真を展示、揮毫映像も上映し、日本の世相の変遷や、人々の印象に深く刻まれた出来事を振り返る。

    2019年「今年の漢字」発表中継
      12/12(木)午後2時〜15分、漢字ミュージアム シアターにて

    2019年「今年の漢字」大書の展示開始:12/22(日)午前9時30分 ミュージアム1階にて
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12115] 【京都】府立山城郷土資料館/光秀と幽斎 〜花開く武将文化〜 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/11/11(Mon) 23:38:06  

     木津川市の京都府立山城郷土資料館(ふるさとミュージアム山城)http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=150で開催中の展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆秋の特別展「光秀と幽斎〜花開く武将文化〜」〜12/15(日)
       月曜休館
       入館料金:一般250円 小中生70円
            65歳以上、障害者手帳をお持ちの方と介護者無料

     来年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公明智光秀と、盟友細川幽斎(藤孝)は文化人の武将であり、光秀が本能寺の変直前に愛宕山で百韻連歌を催したことや、幽斎が正統の古今伝授者だからに関ヶ原の合戦時に田辺城の包囲が解かれたことが知られる。細川幽斎・忠興父子は、和歌・連歌・能楽・茶の湯・武家故実など室町時代までに成立した日本文化を江戸時代につなぐ役割も果たした。本展では、光秀・幽斎等ゆかりの人物の肖像画や古文書、新発見資料を含め、天下統一の時代に花開いた武将文化のあり方を探る。
      《明智光秀像》岸和田市 本徳寺所蔵(複製展示)
       重要文化財《細川幽斎像・同夫人像》京都市 天授庵所蔵(11/17まで展示)
      《織田信長像》 京都市 大雲院所蔵(展示期間は11/19〜12/15)
       重要文化財《細川蓮丸像》京都市 聴松院所蔵(展示期間は11/19〜12/15)
       京都府指定文化財《松井与八郎像》京丹後市 宝泉寺所蔵(展示期間は11/19〜12/15)
      《明智光秀書状》《細川藤孝起請文》ほか重要文化財 革嶋家文書 京都学・歴彩館蔵
        (革嶋家文書は〜11/17と11/19〜12/15とで展示資料の入替えあり)
       重要文化財《大原野千句連歌懐紙》京都市・勝持寺所蔵(展示する帖の入替えあり)
      《細川幽斎・紹巴両評点 橋本等安独吟百韻連歌》橋本家文書(展示替えあり)
      《細川幽斎・中院通勝古今伝授関係資料》京都大学附属図書館(展示替えあり)
       舞鶴市指定文化財《田辺籠城図》舞鶴市・大泉寺
      《稲富流砲術秘伝書》京都大学附属図書館(展示する帖の入替えあり)など
      
    文化財連続講座:11/30(土)午後1時30分〜
      「光秀・幽斎と京都」福島克彦 氏(大山崎町歴史資料館長) 
    列品解説:12/8(日)午前11時〜
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12114] 【京都】細見美術館/没後200年 中村芳中 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/11/11(Mon) 23:35:48  

     岡崎公園の細見美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=24
    で開催中の展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆琳派展21「没後200年 中村芳中」〜12/22(日)
       月曜休館(祝日の場合は翌日)
       入館料金:一般1400円(1300円) 学生1100円(1000円)
             ( )内は20名以上の団体料金
             障がい者手帳などの提示で団体料金

     江戸後期に京で生まれ、大坂を中心に活躍した琳派の絵師として知られる中村芳中(?〜1819)。芳中は文人画風の山水画を描き、筆以外の物を使って描く指頭画(しとうが)を得意とした。尾形光琳(1658〜1716)に触発され、琳派が得意とした「たらし込み」を多用した草花図を描き、「光琳風」の画家として広く親しまれた。また俳諧を好み、多くの俳人と交流しながら俳画や俳書の挿絵を手掛ける。本展では、琳派風の草花を描いた屛風や扇面、人気の高い版本『光琳画譜』(享和2年/1802 刊)のほか、文人画風の山水画や指頭画、俳画や俳書の挿絵など、ゆるい表現がほのぼのと愛らしい芳中画の世界を見る。

     指頭画「亀図」
     たらし込み;扇面画帖のうち「立葵」
    『光琳画譜』より「仔犬」 享和2年(1802)刊
     金地・銀地屛風の名品:「白梅小禽図屛風」江戸後期
     俳画:「鹿図(亀然賛)」
     版本:買山編『詩歌連俳 在原文庫』より 享和2年(1802)序  など


    第47回 アートキューブレクチャー;12/7(土)定員100名、申込先着順、定員になり次第、受付終了、
        みやこめっせ大会議室(地下1階)にて、会費500円(入館料別)
    「ゆるい?かわいい?芳中画の魅力」福井麻純氏(主任学芸員)
    申込方法:TEL075-752-5555、FAX075-752-5955、美術館受付窓口、館サイトのフォーム
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12110] 【大阪】堺アルフォンス・ミュシャ館/世紀末のパリ 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/11/11(Mon) 21:03:01  

    JR堺市駅直結の堺市立文化館 堺アルフォンス・ミュシャ館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=65で開催中の展示を紹介します。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆企画展「世紀末のパリ〜ミュシャとポスター」〜令和2年3/1(日)
       月曜(祝日は開館)と祝日の翌日休館、
    展示替日(1/15・16)年末年始(12/29〜1/4)休館
       入館料金:一般510円 高大生310円 小中生100円

    産業革命や近代都市の発展によって、人々の生活は大きく変化し、ベル・エポックを謳歌したパリの人々だが、先行きに不安を覚える人々もいた。また科学技術の発展が世の中の謎を解き明かしてゆく中、目に見えない内面世界に興味をもつ芸術家たちも現れた。こうした世紀末のパリで活躍したミュシャ、そして同時代の画家たちの作品を紹介し、19世紀末のパリを彩ったアール・ヌーヴォーに代わり、20世紀初頭に現れた新しいデザインのポスターも展示。
     アルフォンス・ミュシャ《愛人たち》1895年、リトグラフ
                《ポエジー》1894年、油彩
    大きな鏡の作品《ウミロフ・ミラー》
    幅4メートルを超える大型油彩《ハーモニー》
    彫刻《ラ・ナチュール》
     ウジェーヌ・グラッセ《マルケ・インク》1892年、リトグラフ
     ポール・コラン《トランザトランティック総合会社》1930年頃、リトグラフ

    講演会:1/19(日)午後2〜3時30分、定員80名先着順、無料、要申し込み(締切1/12)
    「ふたつのポスター黄金期─アール・ヌーヴォーとアール・デコ─」今井美樹氏(大阪工業大学教授)

    シルクスクリーンワークショップ:2/8(土)午後2〜4時、定員20名(締切2/1)
    対象・小学生以上(小学生は保護者同伴)参加費:入館料+1500円(材料費)
    以上申込み方法:往復はがき、FAX,メール(mucha@sakai-bunshin.com)にて
     参加希望者名(ふりがな)年齢、人数(ワークショップは付き添い人数も)
     住所・電話番号・イベント名・日付を明記して 堺アルフォンス・ミュシャ館まで

    堺 アルフォンス・ミュシャ館 (堺市立文化館) 
    〒590-0014堺市堺区田出井町1-2-200ベルマージュ堺弐番館
    FAX:072-222-6833

    学芸員による作品解説ツアー:午後2時〜30分
     11/16(土)1/11(土)2/15(土)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12109] 【長崎】県美術館/クリスチャン・ボルタンスキー 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/11/11(Mon) 21:02:08  

     長崎市の長崎県美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=42&c=17
    で開催中の展示を紹介します。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「クリスチャン・ボルタンスキー ― Lifetime」〜令和2年1/5(日)
       11/25(月)12/9(月)23(月)12/29(日)〜令和2年1/1(水・祝)
       開館時間:午前10時〜午後8時(1/2(木)3(金)は6時まで、入館は閉館30分前まで)
       入館料金:一般1400円 大学生・70歳以上1100円  高校生以下無料
            障害者手帳保持者と介護者1名半額
            「夜間割引」(午後5〜8時)「正月割引」(1/2・3)は当日料金から200円引き

     フランス人アーティスト、クリスチャン・ボルタンスキーの半世紀の活動の全貌を紹介する。初期のオブジェ、〈モニュメント〉シリーズ、最新作の映像インスタレーションまで、様々な素材や表現手法による作品。
     写真、電球、古着、心臓音、風鈴といった素材を使って、無数の人々の生きた痕跡や不在の隠喩を表現し、一貫して個人的・集団的な記憶や生、不在、死などを扱う。「死者に捧げる儀式を行うこと」が芸術家の役割と語るボルタンスキーは、作品を通して、人間のかけがえのなさ、儚さを語る。明滅する光や心と体を揺さぶる音響などを重要な構成要素とするこの「作品」は、見る、という以上に五感で体感し、記憶、生、死などをめぐるエモーショナルな旅に導く。
    《モニュメント》子供たちの写真を電球で取り囲み、神聖な祭壇のようにしつらえた作品群
    《コート》青い電球で取り囲まれた古着の黒いコート。磔刑像(十字架にかけられたキリストの像)を連想
    《アニミタス(チリ)》数百本の風鈴が荒涼とした大地に突き立てられている
    《黄昏》床に置かれた大量の電球が、展覧会会期中、毎日二つずつ消え、最後には真っ暗になる
    《ぼた山》大量の古着の黒いコートが積み重なってできている黒々とした山
    《ミステリオス》中央スクリーンの三つの黒いオブジェは、風で鯨の鳴き声に似た音をたてる

    スライドレクチャー「ボルタンスキーをめぐる旅」講座室にて、先着40名
    第2回:11/17(日)午前11時〜正午 福満葉子氏(長崎県美術館学芸専門監)

    担当学芸員によるギャラリートーク:11/16(土)12/7(土)12/21(土)午後2時30分〜

    映画「クリスチャン・ボルタンスキーの可能な人生」上映/52分/2010年
    11/17(日)12/21(土)22(日)令和2年1/2(木)〜5(日)
    午後1〜5時、毎時00分から上映開始
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12108] 【京都】dddギャラリー/三重野龍 大全 2011-2019 「屁理屈」 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/11/11(Mon) 20:59:40  

     太秦天神川の京都dddギャラリーhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=100で開催中の展示を紹介します。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆第223回企画展 GRAPHIC WEST8: 三重野龍 大全 2011-2019「屁理屈」〜12/21(土)
        日祝日休館、12/15(日)は特別開館
        開館時間:午前11時〜午後7時(土曜と12/15(日)は6時まで)

     大手クライアントの仕事やデザインコンペでの受賞を通じたキャリア形成というメインの道程でなく独自のスタンスで活躍するグラフィックデザイナー三重野龍。京都を拠点に同世代の仲間たちとのネットワークを通して、デザイングッズショップ兼ギャラリー“VOU/棒”の運営をはじめ、パフォーマンス活動など、デザインとアートの垣根を越えて若々しいバイタリティーで活動。
     みずからの作品について、動植物の色や形や、生息環境から影響を受けていると述べ、それらを参考に自由奔放なスタイルの仕事し、近年、カフェのロゴから公立美術館の展覧会の告知ツールまで領域を広げている。本展は彼のこれまでの全仕事を網羅し新世代のデザイナーの息吹を楽しむ。


    クロージングトーク;三重野龍+原田祐馬(UMA/design farm)+高田唯(Allright Graphics)
    12/21(土)午後3時30分〜5時 京都dddギャラリーにて、入場無料、要予約、定員40名
    ※12/2(月)より受付開始(館サイトにて)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12107] 【京都】古田織部美術館/館蔵名品展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/11/11(Mon) 20:57:59  

     京都北山の古田織部美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=7で開催中の展示を紹介します。
     
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆2019年 秋季展「ICOM記念 館蔵名品展」〜令和2年1/14(火)
        12/29(日)〜1/5(日)のみ休館
        入館料金:大人500円 高大生400円 小中生300円

     本展では、ICOM国際博物館会議 in 京都に合わせ、新発見の本阿弥光悦作の色替り赤筒茶碗 銘「有明」のほか、朝鮮出兵持帰の虎の頭蓋骨、蜂須賀家伝来長次郎作赤茶碗、玄悦作御本釘彫茶碗などの初公開史料を一挙に展示。織部が仕えた織田信長・豊臣秀吉・秀頼や、武将・豪商たちが愛蔵した茶道具、刀剣・甲冑など、当館のコレクション約2000点の中から選りすぐりの名品・珍品を50点展示。


     津田宗及筆 古筆了延極札 天正弐(年)五月二日付 広島藩士三好家伝来
    戦国〜安土桃山時代
     藤重藤元添状
    銘「毛利文琳」(徳山藩)毛利家伝来 唐物存星輪花盆 添
    南宋〜元時代
     豊臣秀吉所持 高麗 銀箔押 乾漆 虎枕 朝鮮国王―豊臣秀吉―方広寺伝来
    朝鮮王朝時代中期
    (朝鮮国王より)豊臣秀吉所持写 真珠埋込刺繍団扇形軍配
     赤茶碗 初代長次郎(?〜1589)造 樂 了入 折紙 蜂須賀家伝来
    安土桃山時代
     利休切形 備前立鼓花入 安土桃山時代
     織部 誰袖形・重扇形向付 三客
    安土桃山〜江戸時代初期
     南蛮漆器 螺鈿 洋櫃 大・小
    安土桃山〜江戸時代初期
     色絵 蓬菖蒲文茶碗 野々村仁清造 江戸時代前期 
     豊臣秀吉寄進 金銅 菊桐透 釣灯籠「天正十六年 戊子正月」 「豊臣秀吉寄進」安土桃山時代
     安土城 菊紋 棟込瓦 大塚七右衛門箱書
    戦国〜安土桃山時代 など
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12106] 【兵庫】姫路市立美術館/ストラスブール美術館展[11/12(火)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/11/11(Mon) 18:05:00  

     姫路城下の姫路市立美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=42で11/12(火)から開催される特別展を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「ストラスブール美術館展 印象派からモダンアートへの眺望」11/12(火)〜令和2年1/26(日)
        月曜休館 (ただし1/13は開館、14(火)休館)年末年始も月曜日以外は開館
        入館料金:一般1200円 高大生600円 小中生200円 

     ドイツ国境に近いフランス北東部アルザス地域圏の中心都市ストラスブールは、仏・独の文化を融合した独自の文化を育んだ。同美術館のコレクションを中心に、モネ、シスレーなどの印象派の画家たちから、20世紀のモダンアートを代表するピカソ、カンディンスキー、ジャン・アルプに代表されるアルザス地方ゆかりの画家まで、約100点を展観。
     また、國富奎三コレクション寄贈25周年を記念し、印象派の巨匠・ルノワールの《母性》や、モダンアートの旗手・マティスの連作版画本『ジャズ』の全点を公開し、常設展示室にて、20世紀フランスで活躍した画家・ジョルジュ・ルオーの1907年制作《町外れ》の裏面に描かれた作品《老女》を初公開。
        クロード・モネ《ひなげしの咲く麦畑》1890年頃
        マルク・シャガール《雄鶏》1950年頃
        マリー・ローランサン《マリー・ドルモワの肖像》1949年
        パブロ・ピカソ《ベンチに座る女》1970年
        ポール・シニャック《アンティーブ、夕暮れ》1914年
        ポール・ゴーギャン《ドラクロワのエスキースのある静物》1887年頃
        ヴァシリー・カンディンスキー《コンポジション》1924年
        モーリス・ドニ《内なる光》1914年頃   など

    講演会:2F講堂にて、定員80名先着、要入館券、午後2〜3時30分(開場は1時30分)
    11/16(土)「印象主義からモダンアートへの展望」千足伸行氏(成城大学名誉教授、広島県立美術館長)
    11/23(土・祝)シンポジウム「フランス近代美術絵画の修復をめぐって」ごご2〜4時
            パネリスト:大原秀行氏(吉備国際大学副学長)
                  鈴木英治氏(吉備国際大学教授)
                  伊藤由美氏(修復家) 
    12/14(土)「シスレーと『銀の馬車道』−バラが紡ぐ姫路とフランスの絆」
            白井智子氏(姫路日仏協会会長、神戸大学国際文化学研究推進センター研究員)
    12/21(土)「風景表現の転換−クロード・モネを中心に−」六人部昭典氏(実践女子大学教授)

    子どもギャラリーツアー:12/7(土)午前11時〜正午(受付開始:午前10時30分)高校生以下

    ギャラリー・トーク:11/30(土)11/18(土)午後2時〜30分(午後1時30分から受付)

    クリスマスコンサート:12/25(水)午後2〜3時(午後1時30分から受付)
    ニューイヤーコンサート:1/11(土)午後2〜3時(午後1時30分から受付)
      志村寿一氏(ヴァイオリニスト)ほか  企画展示室にて  事前予約なし
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 |


    - 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
    処理 記事No 暗証キー

    - Web Forum -
    - Antispam Version -