ほっとミュージアム 談話室
[ホームへもどる] [新規投稿] [新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
  • 以下は新規投稿順のリスト(投稿記事)表示です。
  • 48時間以内の記事は new! で表示されます。
  • 投稿者のメールアドレスがアドレス収集ロボットやウイルスに拾われないよう工夫して表示しています。
  • 発言サイズは画像も含めて130KBまで、URLは20個までです。
  • その他[留意事項]を良くお読みの上ご利用ください
  • 新規紹介用 でワード検索すると、フォーマット発言が開きます

  •   [No.11531] 【ほっとミュージアム】2月改訂されました 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/05(Tue) 23:47:38  

     あっと言う間に新年がひと月経ちました。立春も過ぎ、寒暖を繰り返していますが、こうして春に向かうのですね。

     さて、1月末までに談話室にアップされた情報をもとに、三ッ木さんにデータ編集を、ほりうちさんにサイト作成を担当して頂き、今年最初の改訂をしています。

     まだまだひな人形や雛飾り、昔の暮らしを振り返る展示や、手仕事工芸の展示などが多く開催されています。この早春の落ち着いた時期に、ミュージアムサイトをご利用いただき、ミュージアム訪問の参考にしていただければと思います。訪問されたミュージアムや展覧会のご感想やデータにお気づきの点など、この談話室へ、今年もよろしくお願いいたします。

                本談話室の管理人 明日香 光二/馬場 英明


      [No.11530] 【奈良】県立美術館/肉筆浮世絵 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/05(Tue) 23:36:26  

     奈良県庁隣の奈良県立美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=29&c=4では浮世絵の展示が開催されています。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆企画展「姿の美、衣装の美… 肉筆浮世絵」〜3/17(日)
        月曜休館(祝日の場合は翌日)
        入館料金:一般400円 高大生250円  小中生150円     
              65歳以上、
              身体障がい者手帳・療育手帳・精神障がい者保険福祉手帳をお持ちの方と介助者1名無料
     現世享受、現世皇帝の価値観を背景として江戸時代に誕生した浮世絵。先行する名所風俗図や遊楽図から、舞踊する姿だけを取り上げて屏風絵の主題にした「舞踊図」や舞姿・立ち姿などの美人画「寛文美人」が成立し、浮世絵の主題の一つとなった。また、同時代の歌舞伎役者、故事・伝説などの酔うような主題を手掛け、人生を享受する人々の姿が伝わる。肉筆画を取り上げた今回の浮世絵展で表現された美を楽しむ。
       井特「太夫道中図屏風」18-19世紀
       菱川師房「見返り美人図」17-18世紀
       懐月堂安度「立美人図」18世紀前期
       歌川国長「美人鮎釣図」19世紀前期
       「浮絵 かるた遊び」18世紀前期
       葛飾北斎「瑞亀図」18世紀後期
       二代鳥居清信「矢の根五郎」絵馬 宝暦4(1754)年 など

    美術講座2:2/17(日)午後2時〜、レクチャールームにて
    「展示作品に見る上方の美人画 舞踊図から奈良の絵師菊谷葛陂まで」稲畑ルミ子氏(学芸係長)

    学芸員によるギャラリートーク:2/9(土)2/23(土)3/9(土)午後2時〜約1時間
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明 


      [No.11529] 【京都】産業大学むすびわざ館ギャラリー/きょうの珈琲さんぽ 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/05(Tue) 23:35:27  

     京都産業大学むすびわざ館ギャラリーhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=83で、大学生の学芸員実習の成果とかでなかなかユニークな展示を開催中ですので、紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆特別展「きょうの珈琲さんぽ〜悠久の薫りを辿る〜」〜3/9(土)
        日・祝休館
        月曜日:午後1時〜4時30分  火〜土曜日:午前10時〜午後4時30分(入館は4時まで)
        入館無料
     本展は京都産業大学博物館学芸員課程の履修生が中心となって企画。総務省が過去に実施した「家計調査」における、「京都府は一人あたりのコーヒー消費量が日本一」という統計を発端とし、コーヒーの概要、老舗喫茶店のこだわり、現代のコーヒーという3つのテーマで取材。喫茶店の疑似体験ができる映像も展示し、コーヒーに彩られた京都の魅力を紹介。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明 


      [No.11528] 【島根】津和野町日本遺産センター 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/05(Tue) 22:38:22  

     こちらも、純粋な意味ではミュージアムではないかもしれませんが、津和野の文化遺産を知るために最適な施設だと思いますので、紹介します。実物は無いとしても、ガイド内容は充実しています。
    ==================================================================
    施 設 名:津和野町日本遺産センター
    ふりがな:つわのちょうにほんいさんせんたー
    英文表記:Tsuwano-cho,Japan Heritage Center  
    分野 :歴史 民俗 
    郵便番号:699-5605 
    都道府県:島根県
    市区町村:鹿足郡津和野町  
    所在地:後田ロ253
    電話番号:0856-72-1901   
    FAX:0856-72-1902  
    URL:https://tsuwano100.net/facility/
    公共交通:JR山口線津和野駅から徒歩5分
    道路案内:六日市ICから国道187号経由
          小郡ICから国道9号経由 
    開館時間:午前9時〜午後5時
    休 館 日:月曜日(祝日は開館、翌日休館)
    入館料金(常設時):無料
    展示内容:文化庁により認定された「津和野今昔〜百景図を歩く〜」のストーリーを、百景図全ての複製の他、映像やパネル展示などで解説。ストーリーは「四季」「自然」「歴史文化」「食」というテーマで紹介。津和野の祭りの詳細解説も。
    観覧時間:約30分
    その他(販売・友の会など):解説のコンシェルジュ常駐。カウンターで、「津和野百景図」にまつわる様々なグッズ販売。
    報 告 者:明日香 光二/馬場 英明
    ==================================================================
                   参考:2018/12/24の訪問と館のホームページ

                        明日香 光二/馬場 英明


      [No.11527] 【島根】乙女峠記念室 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/05(Tue) 22:37:39  

     昨年末に津和野へ旅しています。さまざまなミュージアム、記念館もあり、ほっとミュージアムでも紹介済みです。
     こちらはミュージアムとは言いがたいのですが、津和野の歴史を語る上で欠かせないスポットである津和野カトリック教会と、その付属施設である「乙女峠マリア聖堂」について、じっくり知ることができるスポットが併設されていますので、紹介します。
    ==================================================================
    施 設 名:乙女峠記念室
    ふりがな:おとめとうげきねんしつ
    英文表記:  
    分野 :歴史 
    郵便番号:699-5605
    都道府県:島根県
    市区町村:鹿足郡津和野町
    所在地:後田ロ66-7 津和野カトリック教会
    電話番号:0856-72-0251  
    FAX:0856-72-0282
    URL:http://www.sun-net.jp/~otome/index.html
    公共交通:JR山口線津和野駅から徒歩15分
    道路案内:
    開館時間:おそらく、教会の開館時間に準じる
    休 館 日:おそらく、教会の休館日に準じる
    入館料金(常設時):無料
    展示内容:1865(慶応元)年に長崎・大浦天主堂で信徒の告白をしたことで流刑となった
     「浦上四番崩れ」の事件概要と、そのうち津和野藩に預けられた人々の津和野での様子、
     彼ら殉教者に捧げる聖堂・乙女峠マリア聖堂を建立したドイツ人神父 パウロ・ネーベル
     (帰化名:岡崎祐次郎)の生涯など。
    観覧時間:約20分
    その他(販売・友の会など):津和野カトリック教会が建てた「乙女峠マリア聖堂」(教会から離れた場所に存在)に関連して、カトリック教会敷地内に、聖堂建設の経緯についての展示室である。教会の販売所も付属。

    報 告 者:明日香 光二/馬場 英明
    ==================================================================
                   参考:2018/12/24の訪問と、教会のホームページ

                        明日香 光二/馬場 英明


      [No.11526] 【全国】鉄道関係企画展 19年02月以降 投稿者:かずや  投稿日:2019/02/05(Tue) 00:14:12  

    おじゃまします。

    2月以降開催の内容をまとめて直してみました。
    ご紹介やコメントをいただいた皆さんに、感謝致します。

                      かずや:渡辺 和也
    ---------------------------------------------------------------------------
    【福島】
    ・福島県立図書館
     只見線応援事業展
     18年8月3日(金)〜4月3日(水)
    https://www.library.fks.ed.jp/ippan/event/tenji/2018/lobby/tadamisenjoukei.html

    【埼玉】
    ・三郷市立郷土資料館
     平成30年度三郷市立郷土資料館企画展・第7回東部地区文化財担当者会巡回展
     「埼玉県東部地区の交通―交通の発展と三郷―」
     1月11日(金)〜2月11日(月・祝)
    http://www.city.misato.lg.jp/item/30725.htm#moduleid11119

    ・国立女性教育会館
     平成30年度女性アーカイブセンター企画展示
     「鉄道と女性展 鉄道を動かし、社会を動かす」
     18年9月21日(金)〜4月19日(金)
    https://www.nwec.jp/event/archivecenter/tenji2018tetsudou.html

    【千葉】
    ・千葉県博図公連携事業
     巡回展「写真でつづる千葉県と鉄道」
    http://www2.chiba-muse.or.jp/www/NATURAL/contents/1543629758377/index.html

     詳細は、上記参照。写真パネル全点(52点)の巡回展示のうち、2月以降は下記の通り。
     2月2日(土)〜2月13日(水) さわやかちば県民プラザ
     2月16日(土)〜2月24日(日)  千葉県立中央博物館
     3月1日(金)〜3月14日(木)  市川市立中央図書館
     この他、写真パネルの一部を展示する会場もあり。上記参照。

    ・千葉県立中央博物館
     平成30年度春の展示 明治150年記念事業
     千葉の鉄道物語  線路が拓いた「観る・住む・運ぶ」
     2月23日(土)〜6月2日(日)
    http://www2.chiba-muse.or.jp/www/NATURAL/contents/1544315794850/index.html

    【福岡】
    ・九州歴史資料館
     パネル展「福岡鉄道遺産ものがたり6−平成筑豊鉄道編−」
     18年12月11日(火)〜3月17日(日)
    http://www.fsg.pref.fukuoka.jp/kyureki/event/index.html#p7

    以上です。


      [No.11525] 【群馬】アーツ前橋/アジアの木版画運動 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/05(Tue) 00:05:54  

     アーツ前橋http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=10&c=3
    で開催されている版画の展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「闇に刻む光 アジアの木版画運動1930s−2010s」〜3/24(日)
         水曜休館
         午前11時〜午後7時(入館は6時30分まで)
         入館料金:一般500円 学生・65歳以上300円 高校生以下無料
                トワイライト割(5時以降)300円
     身近な安い材料で簡単に作ることが出来、白と黒だけで新聞など、印刷してもインパクトを与えることが出来る木版画は、通常の美術作品よりも民主的メディアと言える。そこで、20世紀初頭から現在まで、民主化運動や労働運動、反グローバリズム運動など、連帯を求めるアジア近代化の闘いのなかで重要な役割を果たした。
      スハルジャ・ブジャナディ《農民のための土地》「人民日報」1964年10月25日号
      タリン・バディ(インドネシア)《泉を守れ》2009年
      ホン・ソンダム《五月-25 大同世-1》1984年
      レオニーリョ・オルテガ・ドロリコン(フィリピン)《農園のなかで》2014年
      バンクロック・スゥラップ(マレーシア)《民衆の祝祭》2017年 など

    学芸員によるギャラリーツアー:2/9(土)3/10(日)午後1〜2時 地下ギャラリーにて、申込不要、総合案内前
    ロビーライブ:Vol.19「沖縄民謡&サーフ」3/9(土)午後2〜3時 Maico 交流スペースにて
    トーク:3/16(土)午後2〜3時、スタジオにて。40名、要事前申込
    「転換期の文化と運動 戦後初期の版画」ジャスティン・ジェスティ氏(ワシントン大学教授)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明 


      [No.11524] 【北海道】釧路芸術館/ピカソ×版画 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/05(Tue) 00:05:13  

     北海道立釧路芸術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=01&c=67で開催中の展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「ピカソ×版画 荒井記念美術館コレクション」〜3/10(日)
        月曜休館(祝日の場合は翌日)
        入館料金:一般 800円(700円) 高大生 400円(300円) 小中生 100円(50円)
                 ※( )内は親子料金、リピーター、10名以上の団体料金。
     20世紀にキュビズムをはじめ同時代の作家達に大きな影響を与えた巨匠ピカソは、生涯にわたって約2000点におよぶ版画作品を制作。自在な線描や大胆な構図、連作形式が生み出されるなどピカソの魅力があふれる。国内有数のピカソ版画コレクションで知られる荒井記念美術館の所蔵品から100点の作品を紹介。
       女の顔 1905.01 エッチング
       貧しい人々 1905 エッチング
       男の胸像 1905.02 ドライポイント
       二人のサルタンバンク 1905.03 ドライポイント
       バルザック『知られざる傑作』より 画架の前の禿げた画家 1927 エッチング
       オウィディウス『変身物語』より ケンタウロスのネッソスを殺すヘラクレ 1930.09.20 エッチング
       ジャクリーヌの横顔 1957.05.24 リトグラフ
       帽子を被った女 1962 リノカット
       仕事をする画家 1963.11.01 アクアチント、ドライポイント、ビュラン
       モデルと画家 1963.11.10 エッチング、ビュラン、アクアチント    など

    ミュージアムセミナー「名画は語る」午前11時〜約60分、アートホール、無料
    2/14(木)「信貴山縁起絵巻−平安時代の絵巻物と信仰の表現」熊谷麻美氏(学芸員)
    2/28(木)歌川国芳「源頼光館土蜘作妖怪図−江戸後期の奇想とあそび」新明英仁氏(市立小樽美術館長)
    3/7(木)ムンク「叫び−19世紀末北欧美術のなかで見る」中村聖司氏(学芸主幹)

    ギャラリーツアー(作品解説)午後2時〜 約30分
    2/16(土)「ピカソ版画の技法について」釧路版画協会会員
    3/2(土)「ピカソのテーマや作風について」中村聖司氏(学芸主幹)

    コンサート「明日ハ晴レカナ、曇リカナ〜武満徹 SONGS〜」3/3(日)午後2時〜約60分
     アートホールにて、無料
     柳生たみ氏(ソプラノ)雪田理菜子氏(ピアノ)

    ワークショップ「きがるにチャレンジ!楽しい版画たいけん」(事前申込制、各回10名)
    3/9(土)午前の部:10〜12時、午後の部:1時30分〜3時30分
      マシオン恵美香氏、川端槇子氏(釧路版画協会会員)
      対象:小学生以下は保護者同伴
     2/16(火)から電話(0154-23-2381)か、2階事務室へ(火〜日曜の午前9時〜午後5時受付)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11523] 【兵庫】神戸ゆかりの美術館/小松益喜の中国・ロシア風景 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/03(Sun) 23:41:28  

     ファッション美術館に併設の、神戸ゆかりの美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=5では神戸と、外国風景の素描を中心にした展示を開催中です。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「神戸ゆかりの芸術家たち 素描コレクション展2」
     特集「小松益喜の中国・ロシア風景」 前期:〜2/11(月・祝)
                         後期:2/14(木)〜4/7(日)
         月曜(祝日は開館)と祝日の翌日、2/13(水)休館
         入館料金:一般200円 大学生・65歳以上100円 高校生以下無料
     阪神・淡路大震災(1995)で被災した小松益喜(1904〜2002)のアトリエから救出された作品群が神戸市へ寄贈され、2016年、その中から神戸市の姉妹都市であるラトヴィア・リガ市のスケッチを特集展示した。今回は1936年に訪れた大連、1938年3月に小磯良平・中村鉄と訪ねた台湾、そして。1969年11〜12月に、まだ旅行に制限のあった旧ソ連・モスクワ、レニングラードを訪れて描いた風景。
     神戸に住んだことのある神原浩の中米風景、関口俊吾・菅原洸人のフランス風景など、神戸の街並みや海の記憶を反映する作品など。1年ぶりに、復元されたアカデミー・バー壁画も公開。
     小松益喜《大連の教会》1936
           《大連風景》1936 《美濃町裏通り》1936(前期展示)
           《大連の小さな家々》1936 《冬枯れの風景》1936(後期展示)
           《台湾行船中にて》1938 《椰子の葉のある風景》1938(前期展示)
           《台北にて》1938 《噴水のある学校》1938(後期展示)
           《レニングラード風景》1969 《キエフ新プーシキン通り》1969(前期展示)
           《カテリーナ宮殿》1969 《モスクの見える風景 土管の橋》1969(後期展示)
           《リガの古き街並》1975 《三兄弟の門》1975(前期展示)
           《リガの倉庫街》1975 《イマンタの教会》1975(後期展示)       
     神原浩 《暗雲 クリストバル沖合》1954
     関口俊吾《パリ、エスカルゴ》1983
     菅原洸人《朝のディエップ港》1980年代
     西村功 《ポートアイランドと神戸》1990年
     金山平三《港》1956〜64年頃
     伊藤慶之助《僧院ケサリアニ》1968年頃  など

    ギャラリーツアー:2/16(土)3/2(土)3/16(土)午後1時30分〜約30分
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

     2/2(土)に訪れた隣の館、というか併設館。実はこちらが主目的でした。ゆったりと外国を描いた風景画を眺める。時間的に、学芸員さんのギャラリーツアーにも参加することが出来ました。
     神戸に長く住んだ小松益喜が、戦前の大連や、戦後のラトヴィア・リガを描いたのは、神戸に似た洋館に惹かれたから、と言うことには納得。私も大好きな風情です。さらにその雰囲気を按司合わせてくれたのは、菅原洸人《朝のディエップ港》(フランス、ノルマンディー)。倉庫街で曲がりくねった港の湾口にもやった海が見える風景…もう、ここは風景の現場のようにたたずみました。

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11522] 【静岡】富士川・切り絵の森美術館 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/03(Sun) 23:40:25  

    ==================================================================
    施 設 名:富士川・切り絵の森美術館
    ふりがな:ふじかわきりえのもりびじゅつかん
    英文表記:FUJIKAWA KIRIE ART MUSEUM  
    分野 :美術(切り絵)
    郵便番号:409-2522
    都道府県:山梨県
    市区町村:南巨摩郡身延町  富士川クラフトパーク内
    所在地:下山1597番地
    電話番号:0556-62-4500  
    FAX:  
    URL:https://www.kirienomori.jp/modules/art_museum/index.php?content_id=3
    公共交通:JR身延線下部温泉駅よりタクシー利用で約5分
    道路案内:中央自動車道甲府南インター下車、国道140号線(笛吹ライン)を経由して約50分
     中央自動車道双葉ジャンクションより中部横断自動車道六郷インター下車約15分
     中央自動車道河口湖インター下車、国道139号線を経由して約60分
     新東名高速道路新清水インター下車、国道52号線経由約50分
    開館時間:午前9時30分〜午後5時30分(10〜3月は午前10時〜午後5時、入館は閉館30分前まで)
    休 館 日:水曜日(祝日は開館、翌日休館) 年末年始
    入館料金(常設時):一般500円 小中生200円
    展示内容:日本の著名な作家による代表作品や、スイスをはじめとする海外の作家による作品、さらには国際切り絵コンクールにおける入賞・入選作品など
    観覧時間:
    その他(販売・友の会など):
    報 告 者:明日香 光二/馬場 英明
    ==================================================================
                        明日香 光二/馬場 英明


    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 |


    - 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
    処理 記事No 暗証キー

    - Web Forum -
    - Antispam Version -