ほっとミュージアム 談話室
[ホームへもどる] [新規投稿] [新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
  • 以下は新規投稿順のリスト(投稿記事)表示です。
  • 48時間以内の記事は new! で表示されます。
  • 投稿者のメールアドレスがアドレス収集ロボットやウイルスに拾われないよう工夫して表示しています。
  • 発言サイズは画像も含めて130KBまで、URLは20個までです。
  • その他[留意事項]を良くお読みの上ご利用ください
  • 新規紹介用 でワード検索すると、フォーマット発言が開きます

  •   [No.11439] 【京都】浮世絵美術館 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/12/26(Wed) 00:00:53  

    ==================================================================
    施 設 名:京都浮世絵美術館
    ふりがな:きょうとうきよえびじゅつかん
    英文表記:Kyoto Ukiyo-e Museum  
    分野 :美術 
    郵便番号:600-8004
    都道府県:京都府
    市区町村:京都市下京区  
    所在地:四条通寺町西入奈良物町365番 キリハタビル2F
    電話番号:075-223-3003   
    FAX:075-223-3004  
    URL:https://www.kyoto-ukiyoe-museum.com/
    公共交通:京阪電鉄「祇園四条駅」下車 徒歩約10分
     地下鉄烏丸線「四条」駅徒歩7分 地下連絡通路11番出口より東へ約30m)
        麩屋町通と御幸町通の間、京都中央信用金庫の西隣り
    道路案内:
    開館時間:午前10時30分〜午後6時30分(入館は6時まで)
    休 館 日:1月1日
    入館料金(常設時):大人1000円 学生600円 小学生300円
    展示内容: 葛飾北斎、歌川広重、喜多川歌麿、歌川国芳、歌川国貞(三代豊国)、歌川貞秀などの作品
    観覧時間:
    その他(販売・友の会など): ショップあり
    info@kyoto-ukiyoe-museum.com
    報 告 者:明日香 光二/馬場 英明
    ==================================================================
    ☆「将軍と京都」・「備州長船 景光・兼光 親子刀の共演」 〜2019年5/31(金)
     文久3(1863)年約230年ぶりに 第14代将軍徳川家茂による上洛が行われ、江戸から京都まで上洛の様子を、文久3年4月から5月の短期に、幕府の下命により歌川派16名の絵師に限り、将軍の姿を 描くことを許され、25の版元から次々と販売された浮世絵通称「御上洛東海道」シリーズ。そのうち8名の絵師が描いた京都を中心とした畿内の諸国の作品を展示。 同時開催で尾州長船 景光・兼の親子刀剣も特別展示。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                        明日香 光二/馬場 英明


      [No.11438] 【滋賀】藤樹の里文化芸術会館 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/12/26(Wed) 00:00:32  

    ==================================================================
    施 設 名:藤樹の里文化芸術会館
    ふりがな:とうじゅのさとぶんかげいじゅつかいかん
    英文表記:  
    分野 :その他
    郵便番号:520-1224
    都道府県:滋賀県
    市区町村:高島町  
    所在地:安曇川町上小川106
    電話番号:0740-32-2461  
    FAX:0740-32-2460  
    URL:http://www.city.takashima.lg.jp/www/contents/1146118564249/index.html
    公共交通:JR湖西線「安曇川」駅下車徒歩15分
    道路案内:
    開館時間:午前9時〜午後10時(会館自体の時間、展示は別)
    休 館 日:月曜日(祝日は開館、翌日休館) 12/29〜1/3
    入館料金(常設時):一般 高大生 小中生
    展示内容:貸館展示、文化財展
    観覧時間:
    その他(販売・友の会など): E-mail bungei@city.takashima.lg.jp
     劇場のある多目的文化施設
    報 告 者:明日香 光二/馬場 英明
    ==================================================================
    ☆「草木染・ハタ織教室作品展」2019年1/10(木)〜1/14(月・祝)

    ☆第40回「湖西書き初め展」2019年1/26(土)〜2/3(日)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                        明日香 光二/馬場 英明


      [No.11437] 【東京】平成記念美術館ギャラリー/ 「昭和」を創った工芸作家たち 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/12/26(Wed) 00:00:04  

     年末にあたり、ここしばらくで存在を知った、企画展の行われているミュージアムを順次紹介しておきます。
    ==================================================================
    施 設 名:平成記念美術館ギャラリー
    ふりがな:へいせいきねんびじゅつかんぎゃらりー
    英文表記:  
    分野 :美術 
    郵便番号:156-0053
    都道府県:東京都
    市区町村:世田谷区  
    所在地:桜3-25-4 平成建設世田谷支店併設
    電話番号:03-3426-1103  
    FAX:  
    URL:https://www.heiseikensetu.co.jp/gallery/
    公共交通:渋谷駅バス停 3番乗り場 東急バス/小田急バス 渋24「成城学園前駅西口」行「大蔵ランド前」下車 徒歩1分
          東急世田谷線「上町駅」下車 徒歩10分
    道路案内:
    開館時間:午前9時〜午後5時(入館は4時30分まで)
    休 館 日:日曜、年末年始
    入館料金(常設時):無料
    展示内容:スペインのジョルディ・セラ、初代徳田八十吉、薩摩の藪明山等の陶芸作品、明治の細密技巧の漆芸、木工といった工芸作品
    観覧時間:
    その他(販売・友の会など):
    報 告 者:明日香 光二/馬場 英明
    ==================================================================
    ☆「 「昭和」を創った工芸作家たち」〜2019年1/22(火)
         日曜、12/29(土)〜1/4(金)休館
     大正に生まれて昭和を生き抜いた作家達を紹介。国内外の工芸素材や技法を学び自己の世界を確立した作家達 大久保 婦久子、佐治 正、高橋 節郎、帖佐 美行、番浦 省吾、三谷 吾一、山崎 覚太郎 他 を紹介。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                        明日香 光二/馬場 英明


      [No.11436] 【岡山】シティミュージアム/魔法の美術館[12/14(金)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/12/13(Thu) 23:42:58  

     岡山駅直結の岡山シティミュージアムhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=33&c=11では、体験型アートの展示が始まります。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「魔法の美術館 ヒ・カ・リをあやつれ!体感★不思議空間!」12/14(金)〜2019年1/14(月・祝) 
         12/17(月)31(月)1/1(火・祝)7(月)休館
         入館料金:一般900円 高大専門学校生700円 小中生500円
     現代を生きるアーティストの豊かな発想力により生み出された作品の数々を 「見て」「触れて」「参加」できる体験型アートの展示。幅広い年齢層に楽しめる、国内外で活躍する9組のアーティストによる、光や影、音などを駆使した作品と遊ぶ。
      Shadow+ 徳井太郎/清水雄大
      SplashDisplay 的場やすし / 山野真吾 /徳井太郎
      timewall 田中陽
      衝突と散乱 藤本直明
      toatope 本多大和 / 下田芳彦
      よるにおもう 重田佑介+Zennyan
      なげる、あてる、ひろがる スイッチ
      Cosmic Square 坪倉輝明
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11435] 【東京】三井記念美術館/国宝 雪松図と動物アート 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/12/13(Thu) 23:41:49  

     三井本館の三井記念美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=40では、動物日本画の展示が始まりました。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「国宝 雪松図と動物アート」〜2019年1/31(木)
         月曜休館(12/24,1/14,28は開館)12/26〜1/3(木)1/27(日)休館
         入館料金:一般1000円 高大生500円 中学生以下無料
     恒例の年末年始の展覧会。「国宝 雪松図屏風」の展示に合わせ、館蔵品のなかから動物をテーマに作品を展示。動物を広くとらえて、想像上の動物である龍や獅子、鳳凰なども含め、哺乳類のほか、鳥類、魚貝類、昆虫なども含め、絵画、愛らしく造形化された茶道具や、超絶技巧の各種工芸品に、伝統的な「動物アート」の一端を鑑賞。「国宝 志野茶碗 銘 卯花墻(うのはながき)」、特別出品として長沢芦雪筆「白象黒牛図屏風」(新出・初公開)を展示。
      赤楽白蔵主香合 江戸時代 北三井家旧蔵
      彫漆花松虫香合 明時代 室町三井家旧蔵
      絵高麗水指 明時代 室町三井家旧蔵
      陶製象香炉・金襴手宝珠形火屋 和全作  明治20年(1887) 北三井家旧蔵
      信楽写兎耳付水指 仁清作 江戸時代・17世紀 北三井家旧蔵
      国宝 志野茶碗 銘卯花墻 桃山時代・16〜17世紀 室町三井家旧蔵
      国宝 雪松図屏風 6曲1双 円山応挙筆 江戸時代・18世紀 北三井家旧蔵
      特別出品 新出・初公開 白象黒牛図屏風 6曲1双 長沢芦雪筆 江戸時代・18世紀
      岩上群猿図屏風 2曲1隻 森狙仙筆 江戸時代・18〜19世紀 北三井家旧蔵
      雪中松に鹿図屏風 2曲1双のうち右隻 山口素絢筆 江戸時代・18〜19世紀 北三井家旧蔵
      交趾写手遊獅子香合 保全作 江戸時代・19世紀 北三井家旧蔵
      赤地金襴手象宝相華文食籠 和全作 江戸時代・嘉永6年(1853) 室町三井家旧蔵
      染象牙貝尽置物 安藤緑山作 明治〜昭和時代・19〜20世紀 北三井家旧蔵
      犬筥 五世大木平藏製 昭和9年(1934) 浅野家旧蔵
      宇治川先陣蒔絵料紙箱 象彦製 明治時代 北三井家旧蔵  など

    土曜講座:レクチャールームにて、午後2〜3時30分、各回50名、要申込み、各回2000円
    (1)1/12(土)「見てみよう!!人・動物・アートの世界」清水眞登氏(館長)
    (2)1/19(土)「人も珍獣、ウサギも珍獣」成島悦雄氏(日本動物園水族館協会理事)
    美術館受付にて、若しくはFAXで03-5255-5818へ
    (1)希望日(2)氏名(3)住所(4)電話番号(5)FAX番号を記入して送信、定員になり次第締切
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11434] 【長野】原田泰治美術館/真野正美 投稿者:   投稿日:2018/12/10(Mon) 22:30:18  

    こちらにつなげた方が良いように思いました。

    こんにちは

     近くということもあって、行った頻度としては最高かもしれない諏訪市原田泰治美術館に12/8にまた行ってきました。

     現在の企画展は「北国の詩情 真野正美の世界」です。この企画展は1F展示室であり、2F展示室は原田泰治の大型作品展です。1月17日からは2Fが第14回絵画キルト展になります。4月14日に真野正美と絵画キルトの両方とも終了となります。

     真野正美の作品の舞台はすべて作者の在住する北海道です(生まれは大阪)。自然の風景そのものは多くなく、畑や札幌の街中など、人のいる風景が中心でした。
     原田泰治の影響もあるらしいのですが、更に繊細な作品です。透明水彩絵の具を生かすため、重ね塗りせずに細かいところを一つ一つマスキングテープで覆って彩色するという非常に手間のかかる方法で行っているそうです。
     現在、十勝の中札内村に常設展示館があります。


      [No.11433] Re: 【東京・群馬】原美術館の将来 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/12/05(Wed) 23:42:51  

    Quitaさん、こんにちは

    >  東京にある原美術館は建物の老朽化等を理由として2020年末で閉館し、機能を群馬のハラ ミュージアム アークに集約、名称は「原美術館 ARC」となることに決まったようです。

    これはビッグニュースですね。残念な驚きです。
    もちろん、私にも気に入りの美術館で、Quitaさん程ではないにせよ、5回は訪れたと思います。美術品そのものよりも、旧邸宅に展示する手法が面白く、館巡りが楽しい館でした。…と、まだ閉館まで間がありますから、何度か訪れないと。
    群馬のハラ ミュージアム アークの方は未訪問です。関西からはなかなか訪れにくいところで。

                        明日香 光二/馬場 英明


      [No.11432] Re: 【熊本】市現代美術館/上海現代アートシーン 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/12/05(Wed) 23:37:56  

    Quitaさん、 こんにちは

    >  もう終わってしまいましたが、11月23日、熊本市現代美術館の「魔都の鼓動 上海現代アートシーンのダイナミズム」を見てきました。
     中国の現代美術、って日本でなかなか接することがないですよね。
     ルーツは中国かな、という作家の名前は目にすることも多いですが、中国内の都市で現実に盛んなのは、ちょっと意外な気がします。
     しかし、上海は近代の最初から、西洋文化が浸透していた町ですから、あたりまえのことなのかもしれませんね。
    >Confuciusは孔子だけど、それを現しているのでしょうか。
     それでもしっかり中国文化であるところが、興味深いとも言えます。

    >  この日の熊本は、熊本城は天守は修復中とわかっているけれども一部問題のないところは見られるかと思ったら全体が閉鎖、熊本博物館はリニューアル中、水前寺公園は時間切れとなり、結局見たところがここだけになってしまいました。
     まだまだ、熊本城は文化財復興のシンボルであり続けるのでしょう。

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11431] 【ほっとミュージアム】12月改訂されました 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/12/05(Wed) 23:26:57  

      やや暖かい日が続きますが、クリスマスそして年末が近づいています。
      11月末までに談話室にアップされた情報をもとに、三ッ木さんにデータ編集を、ほりうちさんにサイト作成を担当して頂き、ポータルサイト「ほっとミュージアム」が改訂されています。

      秋から年内、明治維新150年にちなむ幕末維新の展示、歴史や民俗の展示が増えています。忙しい中にもアートや文化を親しみながら、お過ごし下さい。

     ミュージアムを訪問されましたら、展覧会のご感想やデータにお気づきの点など、この談話室へ、お寄せいただくと幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。

                    本談話室の管理人 明日香 光二/馬場 英明


      [No.11430] 【近現代史社会】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/12/05(Wed) 23:19:48  

     年末に向けて、近現代史や社会問題の新しい展示を紹介します。ほっとミュージアムに紹介済みのものに加えて訪問にご利用ください。

    【岩手】
    原敬記念館,☆第60回企画展「原敬記念館誕生物語」 〜2019年1/14(月・祝)

    【宮城】
    仙台市博物館,☆特別展「戊辰戦争150年」〜12/9(日)
    東北福祉大学・鉄道交流ステーション
     ☆第35回企画展「実を結ぶ交流電化
     『43.10(よん・さん・とう)』ダイヤ改正と東北の鉄道」12/4(火)〜2019年3/2(土)

    【静岡】
    ミュゼふじえだ 藤枝市郷土博物館・文学館
     ☆明治維新150年特別展「藤枝発!駿河の幕末維新展」〜2019年1/20(日)

    【愛知】
    安城市歴史博物館,☆特別展「幕府崩壊−幕末維新を生きた地方の証言者たち−」〜2019年1/14(月・祝)

    【京都】
    立命館大学国際平和ミュージアム
     ☆2018年度秋季特別展「8月6日」平和博物館における戦争体験継承のための
      展示モデル構築プロジェクト成果展示企画  〜12/16(日)
    京都市歴史資料館,☆特別展「京都をよみがえらせた名望家たち」〜2019年2/5(火) 
    ハリス理化学館同志社ギャラリー,☆第16回企画展「私学と兵役―同志社の学徒出陣」〜12/22(土)

    【大阪】
    大阪府立狭山池博物館
     ☆明治維新150年・高野線開通120年記念 企画展
     「南海高野線120年の歩み―はじまりは大小路−狭山間―」12/8(土)〜2019年1/27(日)

    【奈良】
    市立五條文化博物館,☆平成30年度秋季特別展「森田節斎」〜12/9(日)

    【広島】
    国立広島原爆死没者追悼平和祈念館
     ☆企画展「星は見ている―全滅した広島一中一年生父母の手記集」〜12/29(土)
    呉市海事歴史科学館(大和ミュージアム),☆第26回企画展「戦艦「長門」と日本海軍」〜2019年3/24(日)

    【山口】
    下関市立東行記念館,☆常設企画展「幕末に生きた女性たち」12/26(水)〜2019年3/24(日)

    【高知】
    高知市立自由民権記念館
     ☆高知市立自由民権記念館・「志国高知 幕末維新博」関連企画 第七弾
    「明治第二ノ改革―自由民権―を志した人々」〜2019年4/7(日)
    安芸市立歴史民俗資料館,☆企画展「岩崎久彌と末廣農場」〜12/16(日)

    【宮崎】
    都城歴史資料館,☆企画展「西南戦争」〜2019年1/20(日)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                      明日香 光二/馬場 英明


    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 |


    - 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
    処理 記事No 暗証キー

    - Web Forum -
    - Antispam Version -