ほっとミュージアム 談話室
[ホームへもどる] [新規投稿] [新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
  • 以下は新規投稿順のリスト(投稿記事)表示です。
  • 48時間以内の記事は new! で表示されます。
  • 投稿者のメールアドレスがアドレス収集ロボットやウイルスに拾われないよう工夫して表示しています。
  • 発言サイズは画像も含めて130KBまで、URLは20個までです。
  • その他[留意事項]を良くお読みの上ご利用ください
  • 新規紹介用 でワード検索すると、フォーマット発言が開きます

  •   [No.12208] 【東京】山種美術館/上村松園と美人画の世界[1/3(金)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/01/03(Fri) 10:34:51  

     広尾の山種美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=221で本日から開催される日本画の展示を紹介します。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆広尾開館10周年記念特別展「上村松園と美人画の世界」1/3(金)〜3/1(日)
       月曜休館(祝日の場合は翌日)
       入館料金:一般1200円 高大生900円 中学生以下無料
            障がい者手帳、被爆者健康手帳をご提示の方、およびその介助者(1名)は無料。
             きもの割引:会期中、きものでご来館のお客様は、団体割引料金 
             リピーター割引:本展使用済み入場券(有料)のご提出で、会期中の入館料が団体割引料金
     創立者で初代館長の山崎種二(1893-1983)は、上村松園(1875-1949)と親しく交流しながら作品を蒐集し、屈指の松園コレクションを形成。
     京都で生まれ育ち、鈴木松年、幸野楳嶺、竹内栖鳳に師事し、技法の習得に励んだ松園は、江戸や明治の風俗、和漢の古典に取材した女性像を描いて、美人画の名手として高く評価され、1948(昭和23)年には女性で初めて文化勲章を受章。松園が描き続けた気品ある美人画と、同時代に活躍し松園と並び称された鏑木清方や、その弟子の伊東深水、村上華岳、小倉遊亀、橋本明治などの日本画家による、多彩な女性像を紹介。
     上村松園:《蛍》 《夕照》 《桜可里》 《新蛍》 《盆踊り》 《夕べ》 《春のよそをひ》
          《砧》、《春芳》 《春風》 《折鶴》 《つれづれ》 《詠哥》 《娘》
          《夏美人》 《牡丹雪》 《庭の雪》 《杜鵑を聴く》
     鏑木清方《伽羅》
     小林古径 《河風》
     池田輝方 《夕立》
     村上華岳 《裸婦図》【重要文化財】
     小倉遊亀 《舞う(舞妓)》 《舞う(芸者)》
     伊東深水 《紅葉美人》 《雪中美人》《吉野太夫》
     橋本明治 《舞》 《秋意》    など

    講演会:1/18(土)國學院大學 院友会館(美術館より徒歩3分)にて、定員200名、要事前申込、先着順、要入館券
    「円山応挙から上村松園へ」山下 裕二 氏 (明治学院大学 教授・山種美術館学芸部 顧問)
    FAX,インターネットもしくは往復葉書にて申込、定員に達し次第締切。
    住所・氏名(返信面にも)電話番号・イベント名を書き、
    〒150-0012 渋谷区広尾3-12-36「山種美術館イベント係」
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12207] 【長野】サンリツ服部美術館/数寄のデザイン 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/01/03(Fri) 10:34:10  

     諏訪市のサンリツ服部美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=20&c=54
    では正月から、新しい茶器の展示が始まっています。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「数寄のデザイン」〜3/8(日)
        祝日を除く月曜日、館内整理期間休館
        入館料金:大人1000円 小中生400円
     「数寄」とは「好き」と同じ意味で、室町時代の歌論書『正哲物語』で道具に美意識を持つ茶人を「茶数寄」と提起し、 16世紀の茶の湯では、道具に茶人の美意識が純粋に反映されるようになった。現在でも趣向を凝した道具が多く使用されるのは、客の眼前で茶を点て、実際に手に触れて拝見するから。かたち・色・文様・素材など、道具のひとつひとつに見どころがある茶道具は歪みや疵といった茶の湯独特の美だけでなく、当時の流行のファッションや舶載の食器などからも影響を受ける。
     本展では本阿弥光悦作「赤楽茶碗 銘 障子」を特別公開し、本展を通じて味わい深い茶道具の世界に触れる。

    【重要美術品】「唐物茄子茶入 銘 紹鷗茄子」南宋時代 13世紀
     本阿弥光悦「赤楽茶碗 銘 障子」江戸時代 17世紀
     「阿弥陀堂釜」桃山時代 16世紀
     「交趾黄鹿香合」漳州窯 中国・明時代 17世紀
     「瀬戸肩衝茶入 銘 木津屋」江戸時代 17世紀
     「祥瑞沓茶碗」景徳鎮窯 中国・明時代 17世紀
     「織部四方蓋物」桃山時代 16世紀
     「南蛮芋頭水指」東南アジア 16世紀
     「黄瀬戸立鼓花入」桃山時代 16世紀  など
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12206] 【広島】平山郁夫美術館/世界遺産 敦煌とシルクロード 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/01/03(Fri) 10:32:56  

     尾道市生口島の平山郁夫美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=34&c=33で開催中の展示を紹介します。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「世界遺産 敦煌とシルクロード展」〜4/15(水)
        会期中無休
        入館料金:一般920円、高大生410円、小中生210円
     原爆の後遺症に苦しみながら瀬戸内の風景や人々を描いていたがなかなか認められなかった平山郁夫は、「中国敦煌芸術展」で見た敦煌文物研究所の常書鴻所長が手掛けた敦煌莫高窟の壁画模写などに勇気を与えられ、その後に三蔵法師・玄奘を描いた《仏教伝来》で認められる。平山が憧れ訪れた敦煌で、常書鴻所長との面談で敦煌の文化財保護を痛感した平山は敦煌石窟文化財研究展示センターの建設に尽力し、ライフワークとなる文化財保護活動に取り組む。
     東京藝術大学で文化財の公開に矛盾する「保存」と「公開」に対応すべく、デジタル3D技術と伝統的な日本画の技術を融合したスーパークローン文化財を開発し、絵具や下地の成分・表面の凹凸・筆のタッチまで忠実に再現した敦煌莫高窟第57窟を復元した。
    第1展示室:「平山郁夫の歩み」
    第2展示室:「スーパークローン文化財 敦煌莫高窟第57窟」(東京藝術大学COI拠点「平山郁夫が描く敦煌」
    第3展示室:「平山郁夫が描くシルクロード」
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12205] 【東京】国立科学博物館/ミイラ 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/01/01(Wed) 22:50:59  

     上野公園の国立科学博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=128
    で開催中の特別展を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆特別展「ミイラ 〜「永遠の命」を求めて」〜2/24(月・振)
       月曜休館(祝日の場合は翌日)正月は2日から開館
       開館時間:午前9時〜午後5時(金土は午後8時まで、入場は閉館時刻の30分前まで)
       入館料金:一般・大学生1700円 小中高生600円
            小中高校生グループ券(小中高生2人以上で1人500円、会場で当日販売)
            平日アフター3券:一般・大学生1500円 小中高生500円(平日午後3時以降限定、当日のみ)
     ミイラは、昔に亡くなった人の「姿」がそのまま残っている驚きで、多くの人々を惹きつける。自然にミイラとなったものから人工的につくられたミイラまで、南米、エジプト、ヨーロッパなど世界各地のミイラを一堂に会し、背景にある死生観や文化の違いを知り、ミイラに関わる人々と最新科学によって明らかになったミイラの実像、文化的・学術的な価値を知る。

    第1章 南北アメリカのミイラ
        チャチャポヤスのミイラ・ジャングルのミイラ ペルー
        下腿部を交差させた女性のミイラ ペルー中央海岸のチャンカイ文化

    第2章 古代エジプトのミイラ
        ネコのミイラ
        ペンジュの棺
        若い男性のミイラ
        グレコ・ローマン時代の子どものミイラ
    第3章 ヨーロッパのミイラ
        ウェーリンゲメン オランダで発見された2体の湿地遺体
        彩色が施されたアンナの頭骨
        カナリア諸島のミイラ テネリフェ島に住むグアンチェ族
    第4章 オセアニアと東アジアのミイラ
        精霊像 セピック川流域に住むイアトムル族
        肖像頭蓋骨
        本草学者のミイラ 学問的な探究心で自らミイラとなった唯一の日本人のミイラ
        即身仏「弘智法印 宥貞(こうちほういん ゆうてい)」真言宗で修業を積んだ高僧の即身仏

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12204] 【静岡】県富士山世界遺産センター/谷文晁×富士山 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/01/01(Wed) 22:49:57  

     富士宮市の静岡県富士山世界遺産センターhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=22&c=46で開催中の特別展を紹介します。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆令和元年度冬季特別展 シリーズ江戸文化のなかの富士山II
     「谷文晁×富士山ー山を写した時代の寵児ー」〜2/2(日)
         1/10(金)1/21(火)のみ休館
         入館料金:一般700円 70歳以上200円 大学生等以下、障がい者無料(要証明書提示)
     平成29年度に収蔵した、谷文晁(1763〜1841)筆で、富士登山の過程を34図に渡って描いた「富士山中真景全図」は、11代将軍徳川家斉が「妙技」と評した作品だが、図像の典拠となる作品が発見されるなど、成立過程には疑問がある。19世紀前半の江戸画壇で一世を風靡し、実景に基づいたあるいは“真景”的作品や定型化された作品など、多様な富士山図を残す、谷文晁の富士山図の優品を通覧。
      谷文晁筆 谷麓谷賛 富士山図
           隅田川両岸図(1/11〜2/2展示予定)
           富士山中真景全図
           富士図 (〜1/9展示予定)
           富士麓図・三保松原・東下り図  など

    記念講演会:1/5(日)午後1時30分〜3時、1階研修室にて、事前申込不要、50名先着順
    「写山楼谷文晁 山を写した時代の寵児」河野元昭氏(静嘉堂文庫美術館館長、東京大学名誉教授) 

    展示解説:1/5(日)午後3時15分〜 松島仁氏(静岡県富士山世界遺産センター教授)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12203] 【年賀】本年もミュージアムをよろしくお願いします 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/01/01(Wed) 09:38:33  

     奈良はあたたかく明るい空の元旦を迎えております。

     年明け未明に大仏様にお会いしてきました。
     大仏殿の開いた窓から、優しいお顔を見せて迎えてくださいました。

     この国の栄えも苦しみも御身で体験してこられた大仏さま。
     毘盧遮那仏(びるしゃなぶつ)は宇宙の中心の仏さまです。
     天平から続き、またひとつ令和という新しい世に遷ったこの国を、また世界を
     見守りつづけて下さるのだと思います。

     私たちは、今年も、宇宙や世界のさまざま、そして人々が生み出し続けてきた知恵と心を
     見つめ、慈しみ続けて行けたら、と思います。

     今年も世界を巡りながらミュージアムにもお訪ねいただき、応援して頂ければ幸いです。また、開館、新しい展覧会、館のデータの変更、それぞれの感想など、この談話室にお寄せ頂きますよう、よろしくお願いいたします。

                本談話室の管理人 明日香 光二/馬場 英明


      [No.12202] 【茨城】県陶芸美術館/ガレの陶芸[1/2(木)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/12/31(Tue) 23:48:13  

     笠間市の茨城県陶芸美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=08&c=22で、お正月1/2(木)から開催される展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆企画展「ガレの陶芸ー世紀末の煌めき 昆虫・植物・ジャポニスムー」令和2年1/2(木)〜3/8(日)
        月曜休館(祝日の場合は翌日)
        入館料金:一般730円 満70歳以上360円 高大生520円 小中生260円
             障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳
               又は指定難病特定医療費受給者証をお持ちの方及び付添者1人は無料
             土曜日は高校生以下無料
             2/22(土)は70歳以上無料
     19世紀末、フランス北東部のナンシーで活動したアール・ヌーヴォーの巨匠エミール・ガレ(1846-1904)は昆虫や植物など身近な自然や、日本をはじめとする異国の文物から生み出したガラスや木工家具の作品、その中でも陶芸約90点をまとめて紹介し、ガレの飽くなき創意と情熱をみる。
      花器 水仙文 1884年
      花器 竹形 1877年頃
      小鉢 虫文 1889年
      小物入れ 蜻蛉形 1882年
      花器 蝉文 1877年頃
      植込鉢 瓢箪形 1877年頃など

    講演会:2/22(日)1階 多目的ホールにて、午後1時30分〜3時 予約不要、定員120名、無料
    「ガレの陶器制作をめぐって」山根郁信氏(美術史家)

    新春茶会「植物やいきもの柄の道具で感じるガレの世界」
    2/15(土)1席目午前10時〜/2席目午前11時〜/3席目午後1時〜/4席目午後2時〜/5席目午後3時〜
     海老澤宗香氏 地下1階 オープンギャラリーにて
     予約電話またはFAXで申込(先着順) 1/2(木)午前9時30分より予約受付開始
     参加費500円 定員各席10名(空き席がある場合は当日参加も可能)

    ギャラリートーク:学芸員:1/18(土)2/8(土)午後1時30分〜
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12201] 【愛知】メナード美術館/額縁のむこうの音楽[1/2(木)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/12/31(Tue) 23:30:06  

     小牧市のメナード美術館  http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=23&c=92で、お正月1/2(木)から開催される展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆所蔵企画展「額縁のむこうの音楽 そこにはどんな音が聴こえるのか?」令和2年1/2(木)〜3/8(日)
        月曜休館(祝日の場合は翌日)
        入館料金:一般900円 高大生600円 小中生300円
             障がい者手帳をお持ちの方および同行者1名は無料

     美術と音楽、対比される二つの芸術を愛し、音楽に憧れた画家は多く、額縁を絵画と我々をつなぐ窓枠に見立て、画中に流れる音楽に想いをめぐらせる展示。初公開のポール・ゴーギャン《椅子の上》に描かれたマンドリンをはじめ、描かれた楽器はどのような音楽を奏でたのか、画家たちのアトリエにはどのような音楽が流れていたのか。印象派とドビュッシー、ピカソとエリック・サティなど、いくつかの視点で美術と音楽を重ねて展示。

    島田鮎子《サティの曲が流れる部屋》2006
      島田鮎子が愛用したプレイエル(フランス)のアップライトピアノをあわせて展示
    情景にきこえる音楽
     モーリス・ドニ《ダンス》1905頃
    楽器とともに
     島田章三《楽器のある静物》1978
    ふたつのミューズが出会う部屋
     アンリ=エドモン・クロス《木陰のある浜辺》1902
    メナード美術館 初公開コレクション
     ポール・ゴーギャン《椅子の上》1880年
     有元利夫《彷徨》1982年

    本展では、チェンバロやリュートなど貴重な古楽器なども名古屋音楽大学の協力のもと展示

    学芸員によるギャラリートーク:午後2時〜
    1/11(土)画家たちの愛した音楽(約20分)
    1/25(土)2/23(日・祝)クロストーク美術×音楽(ゲスト:山口真季子氏:名古屋音楽大学特任講師/音楽学)

    ギャラリー・コンサート「ゴーギャンが愛したマンドリン」
    2/1(土)午後5時45分〜6時30分、当催しに参加者は7時まで展覧会観覧可
     佐々木敏氏(名古屋音楽大学非常勤講師/マンドリン奏者)鑑賞券1500円
    申込方法:TEL0568-75-5787 FAX0568-77-0626 E-mail:museum@menard.co.jp
     いずれかで氏名(よみがな)・電話番号を伝え(4名まで、未就学不可)     
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12200] 【京都】美術館「えき」KYOTO/婦人画報と京都[1/2(木)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/12/31(Tue) 22:41:15  

     美術館「えき」KYOTOhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=73
    で、お正月1/2(木)から開催される展示を紹介します。    
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  
    ☆婦人画報創刊115周年記念特別展「婦人画報と京都
       つなぎ、つたえる「人」と「家」」令和2年1/2(木)〜1/20(月)
         会期中無休
         開館時間:午前10時〜午後8時(入館は閉館30分前まで)
              (但し、1/2(木)は午前9時30分開館)
         入館料金:一般900円(700円) 高大生700円(500円) 小学生500円(300円)
                「障害者手帳」提示者と同伴者1名の料金

     明治38(1905)年創刊以来、戦時中も一度も休刊されなかった「婦人画報」は、茶道、華道、工芸、芸能など「美しい日本」を受け継ぎ、伝え続けた、京都の「人」と「家」を紹介し続けた。本展では、京都の13家より、その「人」が手掛けた作品や、「家の」に伝わる宝物など、約80点を当時の取材記事と共に展示しし、代表的な歴代の表紙を紹介。

    「婦人画報創刊号表紙」明治38(1905)年
     華道・池坊家 池坊専定《鶴図(一幅)》江戸時代後期
     ガラス工芸・石田家 石田 亘《蓋物 白寿》平成12(2000)年 ガラス技法「パート・ド・ヴェール」
     日本画・上村家 上村松園《鼓の音》昭和15(1940)年
     截金・江里家 江里佐代子《截金盒子・截金まり香盒》平成5(1993)〜平成19(2007)年
     染織・志村家 志村ふくみ《橘(三夕)》平成23(2011)年
     友禅・森口家 森口華弘《友禅訪問着 映華》平成12(2000)年
     樂焼窯元・樂家 十二代吉左衞門・樂弘入《赤樂茶碗家祖年忌》 明治23(1890)年
     冷泉家歌道・冷泉家《百人一首かるた》江戸後期 冷泉家時雨亭文庫蔵 
     有職御人形司・伊東家 伊東久重《ぶりぶり遊び》令和元(2019)年
     京舞井上流・井上家 《黒地松竹梅留袖》
     茶道裏千家・千家 坐望斎家元《華甲砌茶杓 銘「一」》寒雲号初使い 平成28(2016)年
     京都吉兆・徳岡家 北大路魯山人《銀杏葉皿》制作年不明
     塗師・中村家 十二代中村宗哲《利休梅溜大棗》平成2(1990)年 など
    特別展示:瀬戸内寂聴さんと婦人画報

    お正月にふさわしい池坊の立花:池坊専好次期家元監修:令和2年1/2(木)〜5(日)

    ギャラリー・トーク:午後2時から(約30分)事前申込不要
    1/11(土) 冷泉貴実子氏(冷泉家当主夫人)
    1/12(日) 伊東久重氏(有職御人形司)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12199] 【東京】国立博物館/博物館に初もうで/文徴明とその時代[1/2(木)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/12/31(Tue) 21:48:17  

     上野公園の東京国立博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=131
    で、お正月1/2(木)から開催される展示を紹介します。    
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆特集「博物館に初もうで 子・鼠・ねずみ」令和2年1/2(木)〜1/26(日)本館 特別1室・特別2室
         月曜休館(1/13(月・祝)は開館、翌日休館)
         開館時間:午前9時30分〜午後5時(金土は9時まで、入館は閉館30分前まで)
         入館料金:一般620円 大学生410円
              高校生以下および満18歳未満、満70歳以上の方は無料(要年齢証明提示)
              障がい者手帳等(提示者と介護者1名は無料
              子ども(高校生以下および満18歳未満)と一緒に来館者(子ども1名につき2名まで)は団体料金
              特別展「出雲と大和」(1/15〜)は別料金

     古代中国で成立し、暦や方角を示す干支は現在も私たちの生活に寄り添う。十二支の最初にあたる子(ねずみ)年の訪れを祝い特集。大黒様(七福神の一人)の使いとしての鼠、子孫繁栄の象徴となった鼠など、鼠の様々な顔を紹介し、江戸時代に流行した鼠色の着物や、永遠のライバル・猫との共演も。
     鼠、猫と遊ぶ娘と子供 鈴木春信筆 江戸時代・18世紀
     古染付大根鼠図大皿 伊万里 江戸時代・19世紀(「大根食うねずみ」を「大黒ねずみ」にひっかけ)
     一つ身振袖 鼠色縮緬地萩流水烏帽子鞍模様 江戸時代・19世紀
     袱紗 紺繻子地鼠大根米俵模様 江戸時代・18〜19世紀(二股大根や俵は大黒様の象徴)
     鼠蒔絵印籠 紐通し朱漆銘「塩見政誠」明治時代・19 世紀 
    新春特別公開
     国宝 松林図屛風 長谷川等伯筆 安土桃山時代・16世紀(1/2(木)〜1/13(月・祝))本館2室(国宝室)
     国宝 古今和歌集(元永本) 下帖 平安時代・12世紀(1/2(木)〜1/19(日))本館3室
     重要文化財 御所車蒔絵硯箱 江戸時代・17世紀(1/2(木)〜3/22(日))本館12室

    黒田記念館 特別室 1/2(木)〜1/13(月・祝)
     重要文化財 智・感・情 黒田清輝筆 明治32年(1899)
     「読書」「湖畔」「舞妓」

    ☆生誕550年記念「文徴明とその時代」1/2(木)〜3/1(日)東洋館 8室

     文徴明の生誕550年にあたり、台東区立書道博物館との連携企画第17弾にあたる本特集で明時代(1368〜1644)の中期を代表する文人の文徴明(ぶんちょうめい、1470〜1559)の古典に根差した気品ある書画と、文氏一族や門下の芸術を堪能。
      初夏山斎図軸 居節筆 中国 明時代・万暦6年(1578)(2/2まで展示)
      重要文化財 四万山水図軸 文伯仁筆 中国 明時代・嘉靖30年(1551)(2/4から展示)
      草書千字文巻 文徴明筆 中国 明時代・嘉靖24年(1545) 青山杉雨氏寄贈
      山水図巻 文徴明筆 中国 明時代・16世紀 個人蔵
      行書遊天池詩巻 文徴明筆 中国 明時代・嘉靖17年(1538) 個人蔵
      楷書離騒九歌巻 文徴明筆 中国 明時代・嘉靖31年(1552) 高島菊次郎氏寄贈
      楷書前後出師表 祝允明筆 中国 明時代・正徳9年(1514) 高島菊次郎氏寄贈
      行草書千字文巻 陳淳筆 中国 明時代・嘉靖14年(1535) 高島菊次郎氏寄贈
      草書宋之問詩巻 王寵筆 中国 明時代・嘉靖8年(1529) 高島菊次郎氏寄贈

    お正月限定! カレンダー付きワークシート「2020鼠草紙すごろく」
     1/2、3、午前11時〜午後4時、先着3,000名(各日)に本館2階便殿前にてワークシートを配布
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 |


    - 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
    処理 記事No 暗証キー

    - Web Forum -
    - Antispam Version -