ほっとミュージアム 談話室
[ホームへもどる] [新規投稿] [新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
  • 以下は新規投稿順のリスト(投稿記事)表示です。
  • 48時間以内の記事は new! で表示されます。
  • 投稿者のメールアドレスがアドレス収集ロボットやウイルスに拾われないよう工夫して表示しています。
  • 発言サイズは画像も含めて130KBまで、URLは20個までです。
  • その他[留意事項]を良くお読みの上ご利用ください
  • 新規紹介用 でワード検索すると、フォーマット発言が開きます

  •   [No.12716] 【広島】大和ミュージアム/海から空へ/呉と海軍組織 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/01/03(Sun) 20:30:32  

     呉市海事歴史科学館(大和ミュージアム)http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=34&c=17で開催中の展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆第28回企画展「海から空へ」〜1/24(日)
       火曜日(祝日の場合は翌日),
       入館料金:一般(大学生以上)500円 高校生300円 小中生200円

     呉海軍工廠の他にあり、大正期における海軍の航空機開発の拠点であった、広海軍工廠・第11海軍航空廠をテーマとして取り上げ、とりわけ同所と深いつながりがある飛行艇を中心に、同所と国内における大正〜昭和期の航空機開発の歴史を振り返り、その中で培われた技術が現在、どのような形で継承されているのか考える。

    ☆広域連携特別展示「呉と海軍組織」〜1/24(日)
     
     呉に設置された海軍の組織,具体的には鎮守府や工廠について,特に大正時代における軍縮期から,昭和初期より第二次世界大戦に至る時期に注目して展示し、軍縮から軍拡へと目まぐるしく状況が変化する中,組織の変化と呉地域への影響について考える。
      「呉鎮守府写真帖」(当館所蔵)
      「甲鈑並大型鋼材製造工場大略図」(当館所蔵,複製)
       海軍技手養成所教科書(当館所蔵) など
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12715] 【兵庫】酒ミュージアム/withゑびす/お酒の容器クロニクル 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/01/03(Sun) 18:43:44  

     西宮市の酒ミュージアム(白鹿記念酒造博物館)http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=66で開催中の展示を紹介します。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆堀内ゑびすコレクション展 「withゑびすーくらしの中の福の神ー」〜1/17(日)
       〜1/3 と火曜(祝日は開館、翌日休館)休館
       入館料金:一般500円 小中生250円

     西宮神社の「十日えびす」に合わせた毎年恒例の堀内ゑびすコレクション展。今回は生活に使う様々なものの中に取り入れられた、えびす神を代表とする福の神の姿を紹介。商売繁盛、元気で長生きなどの願いを託される福の神の、縁起物として飾られる人々の想いを医学博士の傍ら郷土史家としても活躍された故堀内泠(きよし)氏(1924〜2009)のコレクションにみる。

    ☆酒資料室「お酒の容器クロニクル(年代記)」〜1/17(日)1/30(土)〜3/7(日)

     江戸時代には、杉材を利用した樽が清酒を運ぶ役割を担い、明治に入って次第に瓶詰め清酒に変わり、戦後には、ワンカップの様な画期的な瓶形の開発や、アルミ缶・紙容器・ペットボトルのように新たな素材の活用も行われた。昭和後期頃からは、環境問題の意識も容器に大きな影響を与えた。本展では、時代の流れとともに酒の容器の歴史を紹介。

    ☆笹部さくら資料室「櫻男交友録」〜1/17(日)
    2020年12月9日(水)〜2021年1月17日(日)、2021年1月30日(土)〜3月7日(日)

     生涯を日本古来の山桜・里桜の保護育成に捧げた笹部新太郎氏と様々な人物の交流について、書簡を中心として、交流の中で贈られた物や写真資料から紹介。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12714] 【大阪】さかい利晶の杜/『冬柏』−『明星』の精神を貫いた理想郷− 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/01/03(Sun) 18:42:57  

     堺市宿院のさかい利晶の杜http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=69
    で開催中の企画展を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆企画展「『冬柏(とうはく)』−『明星』の精神を貫いた理想郷−」〜1/31(日)
       1/1(火)のみ休館
       入館料金:一般300円 高校生200円 小中学生100円
         「与謝野晶子記念館」「千利休茶の湯館」の観覧券で企画展も可

     与謝野晶子と寛が中心となって刊行した雑誌『明星』創刊120年、雑誌『冬柏』創刊90年の年。『冬柏』は、椿の「語原の字」で「トウハク」と読む。晶子と寛を中心とした新詩社同人の表現の場として、昭和5年(1930)に創刊され、弟子たちに引き継がれ昭和27年(1952)まで刊行された。
     昭和初期、すでに新詩社は歌壇の中心では無かったが、晩年の晶子の動向や作品を詳細に辿ることができ、戦時体制の中で『明星』以来の理想の世界があった。本展では、晶子たちが最後まで自らの表現の場として守り続けた『冬柏』を探り、復刻版刊行の原本となった弟子の宮元尚(みやもとひさし、熊本県球磨郡多良木町)旧蔵の『冬柏』をはじめ、晶子が『冬柏』に発表した歌の自筆掛軸や原稿、同人たちの歌集や書簡などを展示。

    学芸員による展示解説:1/9(土):午後1時30分〜(20分程度)申込不要
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12713] 【全国】鉄道関係企画展 21年01月以降 投稿者:かずや  投稿日:2021/01/03(Sun) 18:41:00  

    おじゃまします。
    今年もよろしくお願い致します。

    1月以降開催の内容をまとめて直してみました。
    ご紹介やコメントをいただいた皆さんに、感謝致します。

                      かずや:渡辺 和也

    注:各館では、利用制限や予定変更がある場合もあります。
      開館状況や各館からのお知らせなどは、必ずお確かめください。
    -------------------------------------------------------------
    ・以下は、主に各館のトップページのアドレスを記載。

    【青森】
    ・六ヶ所村立郷土館
    http://www.r-kk.com/news/index.html

     企画展「六ヶ所村にもあった森林鉄道」
     2020年11月14日(土)〜1月24日(日)

    【東京】
    ・豊島区立郷土資料館
    http://www.city.toshima.lg.jp/bunka/bunka/shiryokan/index.html

     2020年度収蔵資料展 豊島区を走る都電
     2020年10月2日(金)〜1月10日(日)

    【神奈川】
    ・川崎市公文書館
    https://www.city.kawasaki.jp/shisetsu/category/19-4-0-0-0-0-0-0-0-0.html

     企画展示「あなたに伝えたい記録と記憶―公文書館所蔵資料から―」
     第10回 ”交通空白地”をなくせ!〜幻の川崎モノレール計画〜
     2020年10月1日(木)〜3月31日(水)

    【山梨】
    ・山梨市根津記念館
    https://www.city.yamanashi.yamanashi.jp/citizen/gover/public/park-spa/nezu-kinenkan/

     根津嘉一郎生誕160周年・没後80年記念特別企画展「嘉一郎と東武鉄道展」
     1月9日(土)〜2月21日(日)

    【岐阜】
    ・郡上市歴史資料館
     企画展示「郡上八幡駅ひらく 近代の鉄道施設が残る長良川鉄道越美南線」
     2020年10月17日(土)〜1月31日(日)
    https://www.city.gujo.gifu.jp/admin/info/post-1083.html

    【愛知】
    ・瀬戸蔵ミュージアム
    http://www.city.seto.aichi.jp/docs/2011031500092/

     企画展「せとでんに緑色の電車が走った時代」
     〜3月31日(水)

    ・豊田市近代の産業とくらし発見館
    http://www.toyota-hakken.com/top.html

     企画展「開業100年 三河線挙母駅」 
     同時開催 日本初の鉄道省営バス 岡多線 -開通から90年-
     2020年10月23日(金)〜3月7日(日)

    ・おかざき世界子ども美術博物館
    https://www.city.okazaki.lg.jp/1200/1251/1242/p010841.html

     企画展「わくわく鉄道博物館2020 鉄道模型と巨大ジオラマ」
     2020年10月31日(土)〜1月11日(月)

    【大阪】
    ・大阪府立弥生文化博物館
    http://www.kanku-city.or.jp/yayoi/

     令和2年度冬季企画展
     泉州を貫く軌跡−阪和電鉄全通90周年−
     1月16日(土)〜3月28日(日)

    【兵庫】
    ・旧九鬼家住宅資料館
    https://rekinet3da.jimdo.com/

     特別企画展「九鬼家近代鉄道史料から見る京神間鉄道」
     2020年11月1日(日)〜1月31日(日)

    【鳥取】
    ・鳥取市あおや郷土館
    http://www.tbz.or.jp/kyoudokan/

     JR青谷駅開業115年 青谷駅と駅前の今昔物語
     (開催予定:2月下旬〜3月中旬を予定)
     注:開催期間を2020年4月25日(土)〜5月24日(日)から
       2月下旬〜3月中旬(予定)に変更。

    【福岡】
    ・糸島市立伊都国歴史博物館
    https://www.city.itoshima.lg.jp/m043/010/index.html

     冬季特別展『鉄輪の軌跡−いとしまの鉄道111年−』
     1月23日(土)〜3月14日(日)

     筑肥線の追憶−宇都宮照信鉄道写真展−
     1月23日(土)〜3月14日(日)

    -------------------------------------------------------------------------
    参考:以下は、美術展。

    【東京】
    ・世田谷美術館
    https://www.setagayaartmuseum.or.jp/

     ミュージアム コレクション
     美術家たちの沿線物語 田園都市線・世田谷線篇
     2020年12月19日(土)〜3月28日(日)
     注:鉄道展ではなく、沿線ゆかりの美術家の美術作品や著作等を展示。
       あわせて、美術家たちの交流、沿線の様子等を紹介。

    【新潟】
    ・新潟市美術館
    http://www.ncam.jp/

     原作出版75周年 きかんしゃトーマス展
     ソドー島のなかまたちが教えてくれたこと
     2020年12月24日(木)〜3月28日(日)

    以上です。


      [No.12712] 【京都】大丸ミュージアムKYOTO/キキ&ララ展 星に願いを…[1/4(月)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/01/03(Sun) 18:39:34  

     四条烏丸の大丸ミュージアムKYOTOhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=80
    で1/4から開催される展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆デビュー45周年記念「キキ&ララ展 星に願いを…」1/4(月)〜1/25(月)
         午前10時〜午後8時(入場は7時30分まで)
         入館料金:一般700円 高大生500円 中学生以下無料  

     サンリオを代表するキャラクター、1975年に誕生したキキ&ララの貴重な原画展示を中心に、キキ&ララ誕生から成長の過程、更に作者自身の語る今後のキキ&ララの展望まで、従来のキャラクター展では見られない制作サイドの視点からキキ&ララの世界を掘り下げて見せる。
     キキ&ララ誕生 ストーリー:デビュー以前のラフ原画や原稿
     1980年代〜星空の世界〜:デザイナーが交代し、星空モチーフの原画など
     1990年代〜チャレンジの時代〜: 顔を大胆に変化させたり、設定をひろげるなど様々なチャレンジ
     いちご新聞の部屋:キキ&ララの名前はいちご新聞誌上の募集で決められたもの
     現デザイナーの挑戦:パステルトーンを多用したふんわりとしたタッチが受け入れられた現デザイナーのインタビュー
     キキ&ララからのメッセージ〜Twitterと希望の花〜:Twitterで発信され続けている癒しのメッセージ
           東日本大震災の被災者応援から始まった「希望の花」プロジェクトコーナーも。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12711] 【大阪】四天王寺宝物館/元三大師堂〜鬼となった高僧 良源祀る御堂の歴史〜 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/01/03(Sun) 18:38:49  

     四天王寺宝物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=11で開催中の新春名宝展を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆新春名宝展「元三大師堂〜鬼となった高僧 良源祀る御堂の歴史〜」〜2/7(日)
         会期中無休
         拝観料:大人500円 高大生300円 中学生以下無料

     四天王寺元三大師堂に祀られる慈恵大師良源(912〜985)は、平安時代に18代天台座主を務めた人物で、比叡山延暦寺中興の祖と称される高僧。
     正月三日に亡くなったことから元三大師と称され、慈悲の心と外敵を調伏する剛勇な印象を合わせ持ち、鎌倉時代には魔除け・厄除けの守護者、また疫病を払う信仰が生まれ、災厄を払う姿が角の生えた鬼のように見えたといい、現在でも角大師として信仰される。を疫病を打ち払う者としての信仰を集めた良源と、四天王寺境内北西の墓地内にあり、元和9年(1623)の建築で、昭和29年に重要文化財指定四天王寺元三大師堂の歴史を、関連の寺宝を通して紹介。

     普賢菩薩坐像 江戸時代
     元三大師坐像 江戸時代
     元三大師像 宝永2年(1705)
     普門院元三大師伝并角大師出現記 享保19年(1734)
     摂津国四天王寺図 橘守国 江戸時代

    【特別公開】国宝 扇面法華経冊子 観普賢経 扇9「雪中訪簾中図」(〜1/15)
    【期間限定公開】角大師坐像〔元三大師堂秘仏〕天保3年(1832)(1/17〜1/3

    【特集陳列】重要無形民俗文化財「聖霊会の舞楽」所用具修理新調事業実施記念
      天王寺舞楽の伝統装束 其の弐
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12710] 【愛知】松坂屋美術館/平山郁夫が描く世界遺産展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/01/03(Sun) 00:17:09  

     名古屋の松坂屋美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=23&c=22で開催中の展示を紹介します。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆平山郁夫 生誕90年 佐川美術館コレクション「平山郁夫が描く世界遺産展」〜1/24(日)
          残り会期無休
          開館時間:午前10時〜午後7時30分(最終日1/24(日)は6時閉館、入館は閉館30分前まで)
          入館料金:一般1000円 高大生700円  中学生以下無料
               障害者手帳・特定疾患医療受給者証をお持ちの方と付添者1名無料
     東京美術学校卒で日本美術院を中心に活躍した文化勲章受章の平山郁夫画伯は、母校の東京藝術大学では長く後進を指導し、また日本美術院理事長として活躍しながら、日本国内外の文化財保護にも取り組まれた。また、自身の広島原爆被爆体験から、院展で平和への祈りをこめて<仏教伝来>を制作したことを原点に、仏教伝来のシリーズから東西文化交流の道であるシルクロード、世界の文化遺産へと続く。本展では、佐川美術館蔵品から、平山画伯が世界中の文化遺産を調査や視察で訪れた際に取材し制作した作品約55点を展示。
       《法隆寺》1991年
       《女神像アプサラ アンコールワット遺跡》1993年
       《パルミラの月》1980年
       《宮島》1997年
       《月下シルクロードを行く》2001年
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12709] 【京都】美術館「えき」KYOTO/江里佐代子 截金の世界 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/01/03(Sun) 00:16:15  

     美術館「えき」KYOTOhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=73で開催中の展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆京の至宝II「江里佐代子 截金の世界―宙の輝きを康慧・朋子とともに―」〜1/24(日)
        会期中無休
        入館料金:一般900円 高大生700円 小中生500円
            「障害者手帳」提示者と同伴者1名は200円割引

     2002年に人間国宝(重要無形文化財保持者)に認定された截金師・江里佐代子(1945〜2007)は、伝統的な京刺繍の老舗に生まれ、仏師・江里康慧と結婚。その後技法が途絶えることを危惧し截金の技法を学ぶ。荘厳する截金の技法で、康慧とともに仏像作品をつくり続け、仏像への荘厳にとどまらず、工芸品に応用したり、京都迎賓館をはじめとした公共施設などの壁面装飾やスクリーンなどの大規模な作品にも取り組み、截金技法の新しい在り方の可能性を追求した。佐代子は急逝するが、娘の截金師・朋子や工房の職人で引き継ぎ、截金作品を作り続ける。本展は、江里佐代子の作品を中心に、康慧や朋子、工房の職人らによる、いまに繋がる作品を紹介。
       ≪截金彩色香盒≫
       ≪截金彩色盒子≫
       ≪截金彩色続命縷≫
       ≪衝立「川の四季彩」≫
       ≪截金飾筥「天空燦花」≫
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12708] 【京都】市京セラ美術館/日展京都展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/01/02(Sat) 23:28:11  

     京都市京セラ美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=23
    で開催中の展覧会を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「改組 新 第7回日展京都展」〜1/15(金)
       〜1/2(土) 月曜日(祝日の場合は開館)休館
       入館料金:一般1100円 高大生700円
            中学生以下、令和3年3月末で18歳以下(京都府・滋賀県に在住又は通勤・通学に限る)
            京都市に在住の満70歳以上は無料。(要年齢・居住証明)
            障害者手帳等を提示の方は、本人及びその介護者1名につき無料。

     日本最大規模の総合公募展「日展」の京都展、日本画、洋画、彫刻、工芸美術、書の5部門にわたって、全国を巡回する基本作品と京都・滋賀の作家による地元関係作品の計約500点をみる。現代の日本美術を理解するには格好の展覧会。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12707] 【京都】国立博:文化財修理の最先端 見ました 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/01/02(Sat) 23:19:45  

     今年の“ミュージアムに初もうで”は京都国立博物館でした。本日、京阪沿線に用事がありましたので、チャンスは狙っていたのですが、天候と感染拡大状況を見て、問題なければ…と思い

     良い天気でしたし、館サイトによれば入館制限も無いようでしたので、出かけました。
     例年なら頻発運転している京阪電車は沿線の寺社のためにいつも満員なのですが、やはり今年は昼間、平日昼間のように空いていました。京都国立博物館も、余裕をもって観覧できる状態でした。

     特別企画「文化財修理の最先端」は、通常入館料で入れる展示。平成知新館(新館)の通常展示ゾーンを、絵画や工芸や仏像の、同じ展示区画に、本展示の主旨の作品を並べられているという形です。ただ、今回は全て「修復なった」品々の展示なので、間違いなく見応えがあるだろうと確信しました。

     「I 表具の価値」では、傷んだ表具を付け替えること、表具も文化財であることは想像がつきましたが、圧巻の「金字法華経宝塔曼荼羅図」の裏面、江戸時代の修復を知らせる裏書きにはうなりました。鎌倉時代の裏書きを切り取って貼り付けてあるのです。こうした修復の歴史も分かります。

     「II 修理がもたらした奇跡―修復で得られた発見―」では、修復の際に、軸を割ればその中に来歴が残されており、京都・興聖寺の「兜率天曼荼羅図」は実は加茂の海住山寺のものであって、同寺の阿弥陀浄土図に現存の「阿弥陀浄土図」とセットなのだということが分かること。

     表具でも、仏像や漆製品でも、膠や漆を使った細かい補修が行われているが、膠の接着力は実は50年程度で、本当は一定期間に補修が繰り返し必要なこと。袈裟や和服などの布物も補修には、同種の布であるばかりでなく力が加わらないように、継ぎ足す布は古裂を使うか、劣化させる加工をして継ぐこと…などを知りました。

     今回展示された品そのものでは、若冲の「石灯籠図屏風」動植物だけでなく石を点描で描いたこんな作品が。久隅守景の「四季耕作図屏風」中国の耕作風景でなく、和風の髷で日本の田畑を描いたこんな作品があるんだと、ビッグネームに知らざる作品を知ることが出来ました。

     この展示は1月31日(日)までです。
                                明日香 光二/馬場 英明


    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 |


    - 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
    処理 記事No 暗証キー

    - Web Forum -
    - Antispam Version -