ほっとミュージアム 談話室
[ホームへもどる] [新規投稿] [新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
  • 以下は新規投稿順のリスト(投稿記事)表示です。
  • 48時間以内の記事は new! で表示されます。
  • 投稿者のメールアドレスがアドレス収集ロボットやウイルスに拾われないよう工夫して表示しています。
  • 発言サイズは画像も含めて130KBまで、URLは20個までです。
  • その他[留意事項]を良くお読みの上ご利用ください
  • 新規紹介用 でワード検索すると、フォーマット発言が開きます

  •   [No.12129] 【静岡】牧之原市史料館/大意次展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/11/19(Tue) 22:43:00  

     特別展を開催中の、新しく見つけた館を紹介します。
    ==================================================================
    施 設 名:牧之原市史料館
    ふりがな:まきのはらししりょうかん
    英文表記:  
    分野 :歴史 民俗
    郵便番号:421-0592
    都道府県:静岡県
    市区町村:牧之原市  
    所在地:相良275-2
    電話番号:0548-53-2625  
    FAX:  
    URL:http://www.city.makinohara.shizuoka.jp/bg/map/ent/3143.html
    公共交通:静岡駅北口からバス「相良営業所」下車徒歩約5分、相良庁舎横
    道路案内:東名相良牧之原ICより国道473号バイパス経由 相良庁舎へ約20分
    開館時間:午前9時〜午後4時
    休 館 日:月曜日(祝日は開館)祝日の翌日、年末年始(12/28〜1/4)
    入館料金(常設時):大人220円 小人110円
    展示内容:田沼氏を中心に、相良氏、本多氏に関わりのある資料約150点と、県指定文化財の『鰐口』を含む100点程
    観覧時間:
    その他(販売・友の会など):
    報 告 者:明日香 光二/馬場 英明
    ==================================================================
    ☆特別展「大意次展〜田沼再考〜」〜12/1(日)
      月曜休館
      入館無料
     牧之原市を領地とした田沼意次侯生誕300年を記念して開催。本展では、田沼家旧蔵と伝わる絵巻物や掛軸をはじめ、相良城跡の発掘品や田沼街道の古文書・古絵図を展示。
     田沼街道道中手形
     長久保赤水「改正日本輿地路程全図」
     田沼家旧蔵 酒呑童子絵巻  など

    特別講演会:12/8(日)午後2〜3時30分
    「田沼意次遺訓と田沼時代」藤田覚氏(東京大学名誉教授)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                    参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12128] 【東京】足立区生物園/Gっとみるゴキブリの世界 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/11/19(Tue) 22:41:25  

     共同展示の足立区生物園も紹介しておきます。
    ==================================================================
    施 設 名:足立区生物園
    ふりがな:あだちくせいぶつえん
    英文表記:Adachi Park of Living Things
    分野 :科学・産業
    郵便番号:121-0064
    都道府県:東京都
    市区町村:足立区 
    所在地:保木間2-17-1
    電話番号:03-3884-5577  
    FAX:03-3884-8996  
    URL:http://seibutuen.jp/
    公共交通:東武スカイツリーライン竹ノ塚駅の東口から徒歩約20分
      東武バス
       竹ノ塚駅東口から花畑団地行(保木間仲通り経由)「保木間仲通り」下車徒歩5分
       竹ノ塚駅東口から綾瀬行き「保木間仲通り」下車徒歩5分
       綾瀬駅西口から花畑団地行き「保木間二丁目」下車徒歩3分
       六町駅から竹ノ塚駅東口行き(足立総合スポーツセンター経由)「足立総合スポーツセンター前」下車徒歩6分
      都営バス 北千住駅西口から竹の塚駅前行「保木間仲通り」下車徒歩5分
    道路案内:国道4号線「竹の塚交差点」を東方向
          第一駐車場(足立区保木間2-22-1)駐車台数19台(うち身障者専用スペース1台)
          第二駐車場(足立区保木間2-6-9)駐車台数10台
         いずれも有料(100円/30分、日最大料金600円、障がい者は精算時に証明書提示で無料)

    開館時間:午前9時30分〜午後5時(11〜1月は4時30分まで、夏休み期間は5時30分まで、入園は閉園30分前まで)
    休 館 日:月曜日(祝日、都民の日(10/1)は開館、翌日休館)年末年始(12/29〜1/1)
    入館料金(常設時):高校生以上300円 小中生150円 
         70歳以上・障害者(+介助1名)は証明書提示で無料
    展示内容:、「ふれあい」を通じて愛情を育み、「いのち」の尊さを知ってもらうため、
       飼育する生きものは昆虫、魚類、両生類、は虫類、鳥類、哺乳類など約 300種。
    観覧時間:
    その他(販売・友の会など):E-mail:info@seibutuen.jp
      年間パスポート(購入日から1年間有効)高校生以上1200円 小中学生600円
    報 告 者:明日香 光二/馬場 英明
    ==================================================================
    ☆「うんち展」〜12/28(土)
       うんちを通して、生きものの食性や暮らす環境を紹介。

    ☆足立区生物園・箕面公園昆虫館 合同展示
     「Gっとみるゴキブリの世界 ガサガサ・ゴソゴソ展」〜令和2年3/1(日)
        火曜休館(11月の火曜は開館)12/29〜1/3休館
     <嫌われ昆虫>のイメージがあるゴキブリだが、害虫になってしまうのはごく一部で、ほとんどのゴキブリは森や林など野外で暮らし、綺麗、可愛い、かっこいい世界には形態、生態ともに多様なゴキブリが分布。「意外と普通の虫」であるゴキブリを紹介。
     足立区生物園と箕面公園昆虫館の展示内容が1部(11/1〜12/28)と2部(1/2〜3/1)で入れ替わる。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                    参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12127] 【大阪】箕面公園昆虫館/Gっとみるゴキブリの世界 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/11/19(Tue) 22:40:45  

     企画展開催中の館を紹介します…狭山池博物館とも大いに交流があり、とても伝統的なこの館が意外に未紹介でした。
    ==================================================================
    施 設 名:箕面公園昆虫館
    ふりがな:みのおこうえんこんちゅうかん
    英文表記:  
    分野 :科学・産業 
    郵便番号:562ー0002 
    都道府県:大阪府
    市区町村:箕面市 
    所在地:箕面公園1−18(箕面公園内)
    電話番号:072-721-7967  
    FAX:  
    URL:http://www.mino-konchu.jp/
    公共交通:阪急箕面駅から徒歩15分
    道路案内:箕面公園内および昆虫館には駐車場はなし。
         阪急箕面駅近くの箕面市立駅前第1駐車場を利用のこと
    開館時間:午前10時〜午後5時(入館は4時30分まで)
    休 館 日:火曜日(祝日は開館、翌日休館)年末年始
    入館料金(常設時):高校生以上280円 中学生以下無料
          障がい者手帖をお持ちの方と介助者1名無料
          小学校3年生以下の子どもには保護者(大人)の同伴が必要
    展示内容:箕面周辺に生息する昆虫をはじめとした昆虫の分類展示、
     南西諸島や海外の昆虫、水生昆虫の生体を展示。
    観覧時間:
    その他(販売・友の会など):ミュージアムショップあり
    報 告 者:明日香 光二/馬場 英明
    ==================================================================
    ☆足立区生物園・箕面公園昆虫館 合同展示
     「Gっとみるゴキブリの世界 ガサガサ・ゴソゴソ展」〜令和2年3/1(日)
        火曜休館(11月の火曜は開館)12/29〜1/3休館
     <嫌われ昆虫>のイメージがあるゴキブリだが、害虫になってしまうのはごく一部で、ほとんどのゴキブリは森や林など野外で暮らし、綺麗、可愛い、かっこいい世界には形態、生態ともに多様なゴキブリが分布。「意外と普通の虫」であるゴキブリを紹介。
     足立区生物園と箕面公園昆虫館の展示内容が1部(11/1〜12/28)と2部(1/2〜3/1)で入れ替わる。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                    参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12126] 台北植物園 南門町323 草木染織和服展 馬場内珠紀 投稿者:   投稿日:2019/11/19(Tue) 12:46:55  
    台北植物園 南門町323 草木染織和服展 馬場内珠紀 (画像サイズ: 226×320 43kB)

    台湾 台北植物園 南門町323にて 草木染め和服展を開催します。
    11月23日から12月15日までです。
    https://www.facebook.com/321991691227057/posts/


      [No.12125] 【兵庫】丹波市立植野記念美術館/ひろしま美術館名品展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/11/14(Thu) 23:25:56  

     丹波市石生町の丹波市立植野記念美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=137
    で開催中の展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「海を越えた憧れー印象派から日本の近代洋画へーひろしま美術館名品展」〜12/22(日)
        月曜休館
        入館料金:一般1000円 高大生500円 小中生250円

     苛烈な被爆体験を経たヒロシマの戦後復興を牽引しつつ、さらにその文化的貢献のため美術作品のコレクションを続ける広島銀行。「愛とやすらぎのために」印象派にはじまるフランス近代絵画とその影響を受けた日本の近代洋画の収集作品の数々を紹介。

      オーギュスト・ルノワール「パリスの審判」1913−14年頃
                  「麦わら帽子の女」1915年
      クロード・モネ「アムステルダムの眺め」1874年
      ポール・シニャック「パリ、ポン=ヌフ」1931年
      キスリング「ルーマニアの女」1920年
      モーリス・ユトリロ「モンモランシーの通り」1912年頃
      黒田清輝「白き着物を着せる西洋婦人」1892年
      藤島武二「日の出」1931年頃   など
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12124] 【群馬】大川美術館/松本竣介 街歩きの時間 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/11/14(Thu) 23:24:40  

     桐生市の大川美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=10&c=18で開催されている展示を紹介します。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆企画展「松本竣介 街歩きの時間」〜12/8(日)
        月曜休館(祝日の場合は翌日)
        入館料金:一般1000円 高大生600円 小中生300円
     
     本展では竣介が生涯にわたり描いた主題であり、彼の芸術を象徴する「都会風景」に焦点をあて、松本竣介の初期から晩年にいたるまで繰り返し描いた「ニコライ堂」や「Y市の橋」や、桐生の町に大正・昭和の都会であったモダンな建築を描いた作品を紹介し、鑑賞者が懐かしい桐生の町並みの中に松本竣介の魅力を見る機会にする。
       松本竣介《Y市の橋》1944年頃
           《画家の像》1941年8月
           《街(自転車)》1940年
           《ニコライ堂と聖橋》1941年10月
           《駅》1943年頃
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12123] 【兵庫】滴翠美術館/遠州と不昧〜滴翠翁が愛した大名茶人の好み〜 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/11/14(Thu) 23:23:30  

     芦屋市の滴翠美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=82
    で開催中の展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆秋季展「遠州と不昧〜滴翠翁が愛した大名茶人の好み〜」〜12/8(日)
         月曜休館
         入館料金:一般630円 高校生420円 中学生以下無料

     江戸時代を代表する大名茶人、小堀遠州(1579〜1647)は徳川将軍家の茶道指南役を務め、松平不昧(1751〜1818)は松江藩中興の祖として茶道具の格付に功を挙げた。両者の好み、手造り、または藩窯の作品が遺される吉郎兵衛愛蔵のコレクションから、遠州の美意識、不昧による審美眼の世界の一端を紹介。 第二展示室では遠州が深くかかわった寛永文化サロンの中心的人物であった後水尾天皇ゆかりの修学院焼を展示。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12122] 【愛知】ヤマザキマザック美術館/フランス…木村忠太の世界[11/15(金)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/11/14(Thu) 23:22:28  

     名古屋市新栄町のヤマザキマザック美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=23&c=11で11/15(金)から開催される展示を紹介します。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「フランスに生きた日本人画家 木村忠太の世界 色と線の美しい記憶」11/15(金)〜令和2年3/8(日)
          月曜休館(祝日の場合は翌日)年末年始(12/28〜1/3)
          開館時間:午前10時〜午後5時30分(土日祝は5時まで、入館は閉館30分前まで)
          入館料金:一般1200円 小中高生500円
               各種障害者手帳持参者と同伴者1名は1000円
     高松市に生まれた木村忠太(1917-1987)は1953(昭和28)年36歳の時にフランスに移り住み、南仏とパリの風景を描き続けた。色彩に満ちた画面の中に、人物や家、木々、道、自転車、車などの形が奔放な線によって浮かべた。当館の創立者、故・山崎照幸は18-20世紀のフランス美術を収集する一方で、国内の同時代の美術にも目を向け、木村忠太の絵画は高く評価していた。山崎照幸が収集した《セーヌ河畔》、《風景:村》、《庭》の3点の他に、愛知県美術館、三重県立美術館、豊橋市美術博物館、公益財団法人かみや美術館の所蔵作品、個人蔵作品を合わせた58点を展示。<素描・版画作品は前期・後期で展示替あり>
     《マルヌ河の運河》1966年 油彩・キャンヴァス 愛知県美術館
     《デュルシュ通り》 1967年 油彩・キャンヴァス 個人蔵 
     《樹の下(木陰)》 1976年 油彩・キャンヴァス 豊橋市美術博物館 
     《六月の光》 1983年油彩・キャンヴァス 個人蔵
     《雨雲》 1987年 油彩・キャンヴァス 三重県立美術館
     《クロ=サン=ピエールの庭》 1975年 リトグラフ・紙 公益財団法人かみや美術館  など

    対談・講演会:午後2時〜(1時30分開場)マザックアートプラザ4階会議室(美術館北側隣接ビル)にて、
           予約不要、定員80名(先着順)、要入館券(半券可)
    11/24(日)2/16(日)「木村忠太 その人と創作」松井慶夫氏(医師、美術愛好家)
                 吉村有子氏(学芸員)
    1/19(日)「南フランスに魅せられた画家たち」森美樹氏(愛知県美術館主任学芸員)

    ガイドツアー:第2、4土曜日の午前10時30分〜11時30分 学芸員による
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12121] 【兵庫】虚子記念文学館/泊雲と芋銭と虚子 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/11/13(Wed) 00:09:46  

     芦屋市の虚子記念文学館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=80で開催中の展示を紹介します。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「泊雲と芋銭と虚子ー「ホトトギス」が結んだ俳人と画人の絆ー」〜令和2年3/8(日)
         月曜休館(祝日開館)祝日の翌日休館、年末年始(12/26〜1/3)
         入館料金:一般500円 18歳以下300円
     「ホトトギス」での愛弟子・西山泊雲は写生俳句の名手であったが、実は丹波竹田の醸造家で苦しい経営の中、虚子が新酒に命名そして「ホトトギス」誌上に広告を出し読者からの注文を取るなど、虚子と泊雲は固い絆で結ばれる。
     また、茨城牛久の画家・小川芋銭は「ホトトギス」誌上に農夫の四季を軽妙に描いた挿絵を提供したり、虚子が牛久沼ほとりの芋銭居に一泊して写生文「河童の宿を訪ふの記」を執筆したりの交流。また泊雲と芋銭とは400通以上の書簡を交わし、息子と娘が結ばれるという家族ぐるみの交流があった。
     丹波西山酒造会長の西山裕三氏より三人の交流の資料を借用して展示。
        虚子の揮毫による「小鼓」一升瓶ラベル(デザインは小川千甕画)
        芋銭原画「初空」昭和10年1月号「ホトトギス」挿絵
        芋銭が装幀を手掛けた『泊雲句集』昭和9年7月刊 表紙絵原画
        大正2年6月号「ホトトギス」表紙を飾った芋銭お得意の「河童」
        芋銭画「青華茶器」昭和11年     など
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12120] 【大阪】中之島香雪美術館/交流の軌跡―初期洋風画から輸出漆器まで 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/11/13(Wed) 00:04:37  

     中之島香雪美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=43
    で開催中の特別展を紹介します。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆特別展「交流の軌跡―初期洋風画から輸出漆器まで」〜12/8(日)
        月曜休館(祝日の場合は翌日)
        開館時間:午前10時〜午後5時(12/5(木)は夜間開館7時30分まで、入館は閉館30分前まで)
        入館料金:一般1000円 高大生600円 小中生300円

     香雪美術館の重要文化財「レパント戦闘図・世界地図屏風」は、西洋絵画の技法を学んだ日本人が描いた初期洋風画の名品で、ヨーロッパ人による大航海時代の中、日本と西洋の出会いの結晶といえる本作品は、多彩な西洋製銅版画の情報をもとに構成されている。本作品の典拠となった洋書や銅版画を丁寧に考証し、比較展示。江戸時代中期以降にオランダとの交流のなかで司馬江漢(1747-1818)、石川大浪(1762-1817)、若杉五十八(1759-1805)など、蘭書挿絵に典拠がありながら個性ある江戸時代の洋風画や、西洋製銅版画の図様を蒔絵や螺鈿で表した輸出漆器など多彩な作品を、洋書や銅版画とともに展示し、近世の日欧文化交流の軌跡を美術の世界からたどる。
      重要文化財「レパント戦闘図・世界地図屏風」(江戸時代初期、17世紀初期)
      重要文化財「泰西王侯図屏風(左隻)」(桃山〜江戸時代初期、17世紀初期)
      司馬江漢筆「外国風景図」(寛政9年、1797)個人蔵
      ヨハン・ニューホフ著『オランダ東インド会社派遣使節中国紀行』(1670年刊、アムステルダム刊)
      若杉五十八筆「西洋人物図」(江戸時代、18世紀)
      リーディンガー画・刻『狩猟家と鷹匠』(1764年頃、アウクスブルク刊)
      司馬江漢筆、奥田尚斎織付「駿州薩陀山富士遠望図」(享和3年、1803織)
      「ドッガーバンク海戦図蒔絵プラーク 4」(江戸時代、18世紀末期)
      エンヘル・ホーヘルヘイデン画、ロッベルト・マイス彫版
        「ドッガーバンク海戦図 危難に陥るオランダ艦バタフィール号(四枚シリーズの四)」(1785年、ミッデルブルフ刊)
      「西洋港図螺鈿風炉先屏風」(江戸時代、19世紀)
      「伊勢・源氏物語蒔絵螺鈿合子」(江戸時代、17世紀)
      「長崎風物図螺鈿箱」(江戸〜明治時代、19世紀) など

    ギャラリートーク(学芸員による解説)11/30(土)午後3時30分から45分程度
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 |


    - 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
    処理 記事No 暗証キー

    - Web Forum -
    - Antispam Version -