ほっとミュージアム 談話室
[ホームへもどる] [新規投稿] [新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
  • 以下は新規投稿順のリスト(投稿記事)表示です。
  • 48時間以内の記事は new! で表示されます。
  • 投稿者のメールアドレスがアドレス収集ロボットやウイルスに拾われないよう工夫して表示しています。
  • 発言サイズは画像も含めて130KBまで、URLは20個までです。
  • その他[留意事項]を良くお読みの上ご利用ください
  • 新規紹介用 でワード検索すると、フォーマット発言が開きます

  •   [No.10455] 【兵庫】丹波市立植野記念美術館/常岡幹彦展−彩と玄のあいだ− 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/02/04(Sat) 23:20:16  

     丹波市立植野記念美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=129では、地元出身の山水画・風景画を得意とする日本画家の展示を開催中です。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「常岡幹彦展−彩と玄のあいだ−」〜3/12(日)
       月曜休館 
       入館料金:一般600円 高大生300円 小中生150円、ココロンカード可
     1930(昭和5)年に兵庫県氷上郡柏原町(現丹波市柏原町)で生まれ、東京藝術大学で日本画を専攻し、日展で研鑽を重ねた常岡幹彦は、端正な花鳥画を得意とした父常岡文亀を意識しつつ、山水画・風景画へと傾斜し、故郷丹波や奈良、佐用平福などの色彩感ある風景や上高地、オホーツク、曽爾高原、富士山などのモノトーンの風景画も。平成に入ってアルプスの山岳など雄大な風景画を専らとする独自の画境を拓いた。昨年物故した日本画家「常岡幹彦」の主に丹波に残された作品から、氏の足跡を振り返る。
       「南瓜図」1951年
       「鉄仙花」1967年
       「錦秋」1972年
       「室生」1989年
       「富貴花」1992年
       「山湖静か」1998年
       「吹雪のあと(柏原小幡山)」2006年
       「北の海」2005年  など

    ミュージアムシアター(映画会):2/26(日)午後0時30分受付・開場/1時30分開演
       2階 研修室にて、無料
    「天心」 ―近代日本美術史学の開拓者「岡倉天心」の生涯―
    電話受付(0795-82-5945)定員100名になり次第締切
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                          明日香 光二/馬場 英明


      [No.10453] 【奈良】 県美:祈りの美〜清水公照・平山郁夫・杉本健吉 みました 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/02/04(Sat) 20:11:39  

     今日は、午後から余裕があり、勤めの帰りに奈良県立美術館で開催中の企画展「祈りの美〜清水公照・平山郁夫・杉本健吉…」を見てきました。コレクション展に近い内容ですが、奈良にふさわしい。今日は気軽に散歩したく訪ねた次第。
     平山郁夫さんといえば、「シルクロード」と言われるが、仏教の源流のイメージを描いた画家と言って良いのでは。杉本健吉さんはラフなタッチでカジュアルな奈良を描いた洋画家と思っています。東大寺別当であられた清水公照さんについては、姫路の書写の里美術工芸館で見た素朴な泥仏しか知りませんでした。

     清水公照さんから始まる展示。大胆なタッチの釈迦や十大弟子、童女など、「美しさ」に囚われず活力に溢れた絵画の造形です。思想・宗教って深いものであるまえに、生きる人のためのものなんだと感じる。進むと、清水師が若い時に練行衆として参加した修二会の作品集が。なるほど、時節柄ですね。本行に入る前の準備段階の墨画はタッチも彩色も淡々と、堂で修行に入る本行の場面は、色同士が滲み合うような激しさで、感触を伝えます。
     杉本さんの修二会の作品は、奈良博の展示でもよく目にしているのですが、改めて。墨画なんだけれども、夜の野外に浮かぶ二月堂の廊下とか、堂中に灯るぼんぼりとか、闇の中に灯る明かりの表現が微妙で味わい深いのが印象的でした。今年の修二会の見学に響いてくるものがあります。
     この展示は、ちょうど修二会の行事も完了する3/15(水)までです。

                          明日香 光二/馬場 英明


      [No.10452] 【ほっとミュージアム】2月改訂されました 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/02/03(Fri) 18:50:24  

     年明けてひと月、早くも節分を迎えました。明日から春です。気持ちだけでなく、空気も暖かく和らいできました。

     1月末までに談話室にアップされた情報をもとに、三ッ木さんにデータ編集を、ほりうちさんにサイト作成を担当して頂き、ポータルサイト「ほっとミュージアム」が改訂されています。
     弥生の春満開にむけて、ひなまつりの展示が花盛りのほか、地道に地域の歴史をひもとく資料展や、地域に根付いた伝統工芸、細やか・華やかなデザインの展示などが多く開催されています。また、各館の2017年度の年間計画もぼちぼち出揃ってきました。どうぞ、これから早春のお出かけに、ほっとミュージアムを参照されてください。

     その際、訪問されたミュージアムや展覧会のご感想やデータにお気づきの点など、この談話室へ、お寄せいただくと大変喜ばしく存じます。どうぞよろしくお願いいたします。


                本談話室の管理人 明日香 光二/馬場 英明


      [No.10450] 【京都】dddギャラリー /グラフィックとミュージック 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/01/31(Tue) 23:31:43  

     太秦の京都dddギャラリーhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=87では、音楽に関するグラフィックデザインの展示を開催中です。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆第211回企画展「グラフィックとミュージック」〜3/18(土)
        日祝日休館
         入館無料
     グラフィックデザインが誕生した19世紀から、グラフィックデザインと音楽は互いに影響を与え合い、現在まで、グラフィックデザイナーたちはさまざまなジャンルの音楽の個性を視覚化した。
     音楽イベントの告知ポスターやレコード・CDジャケットなどを制作するだけでなく、音楽家や楽曲からインスパイアを受けて自ら作品を制作することもあり、彼らが音楽のイメージを多彩に表現しようとした創意がうかがえる。本展では、DNP文化振興財団所蔵作品の中から音楽に関係するポスターを紹介。
        《バッハソリステン演奏会》田中一光 1965年
        《NAGAUTA SHAMISEN(日本の古典芸能 長唄・三味線)》永井一正 1981年
        《第19回モントルー・ジャズ・フェスティバル》福田繁雄 1985年(
        《「S・F・X」Haruomi Hosono》奥村靫正 1984/1990年
        《音楽畑―Champs de la Musique―》浅葉克己 1983年  など
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                          明日香 光二/馬場 英明


      [No.10448] 【東京】資生堂ギャラリー/吉岡徳仁 スペクトル 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/01/31(Tue) 23:29:59  

     銀座の資生堂ギャラリーhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=42で展示中のインスタレーションを紹介します。  .
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「吉岡徳仁 スペクトル− プリズムから放たれる虹の光線」〜3/26(日)
         月曜休館(祝日でも休館)
         午前11時〜午後7時(日祝日は6時まで)
         入館無料
     プリズムでつくられた彫刻から放たれる、虹の光線による神秘的な光を体感する吉岡徳仁氏による新作のインスタレーションを展示。ニュートンは透明な多面体プリズムに太陽光を通して分光した。
     デザイン、アート、建築など、幅広い領域において、自由な着想と実験的なテクノロジーから生み出される作品により、世界に影響を及ぼす創り手・吉岡徳仁氏の新たな試み。
       SPECTRUM 2017
       KATANA 2016  など
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                          明日香 光二/馬場 英明


      [No.10447] 【東京】多摩美術大学美術館/染色家 岡村吉右衛門 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/01/31(Tue) 23:28:56  

     多摩美術大学美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=331で開催中の染色版画の展示を紹介します。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「生誕100年記念 染色家 岡村吉右衛門 ―祈りの徴(しる)し―」 〜2/19(日)
         火曜休館
         入館料金:一般300円 高大生200円 障がい者および中学生以下無料
     民芸運動の推進者である柳宗悦の薫陶を受けて活動を展開した岡村吉右衛門(1916―2002)は、自然との交信を考え、紙素材に、独自の染色技法である型染め版画という表現世界を選んだ。本展では、吉祥や季節に因んだ動植物の絵を漢字に見立てた「文字絵」シリーズ(1970―90年代)、自然への畏怖と共生をアイヌ文化から見出した「蝦夷絵」シリーズの晩年の遺作となった未公開作品群(1980―90年代)、晩年の大作「十二星座」シリーズ(1996年)など様々なテーマと技法に富んだ型染め版画約230点を展示。
      蝦夷絵 「狼神送り」 型染め版画、和紙
      蝦夷絵 「阿呆鳥」 型染め版画、和紙
      文字絵 「寿」 型染め版画、和紙
      文字絵 「染」 型染め版画、和紙
      私家本 「アイヌ神謡」 型染め版画、和紙

    学芸員によるギャラリートーク:2/11(土・祝)午後3〜4時.
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                          明日香 光二/馬場 英明


      [No.10446] 【奈良】県立美術館/祈りの美〜清水公照・平山郁夫・杉本健吉 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/01/31(Tue) 20:37:33  

     県庁そばの奈良県立美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=29&c=4では、奈良にゆかりの作家による宗教表現の美術を展示しています。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆ふるさと知事ネットワーク(奈良県・長野県)美術館交流展示
     企画展「祈りの美〜清水公照・平山郁夫・杉本健吉…」〜3/15(水) 
         月曜休館(3/6(月)13(月)は開館)
         入館料金:一般400円 高大生250円 小中生150円
                以下の方は無料
                65歳以上の方
                身体障がい者手帳・療育手帳・精神障がい者保険福祉手帳所持者と介助者1名
                外国人観光客(長期滞在者・留学生を含む)と付添の観光ボランティアガイド
                土曜日の小中高生、それに準ずる学校の児童生徒
     伝統的な宗教画題による日本画から、新たな解釈のもとに祈りを表現した作品や、伝統行事「お水取り」など奈良の風物に着想を得た作品など、祈りの美の世界を見る。
     東大寺別当・華厳宗管長を務め、宗教家から美術家へと活動の場を広げた清水公照(1911-1999)、仏教・シルクロードをテーマに深淵なる絵画世界を構築した平山郁夫(1930−2009)、奈良の風物に魅せられ祈りの美を捉えた杉本健吉(1905-2004)による絵画・書・陶芸など約200点。
    I 清水公照 祈りの心
       「麗人」「泥仏 十大弟子」「修中繪日記」
    II 平山郁夫 祈りの美
       「楼蘭の遺跡 昼」「法隆寺金堂六号壁画 本尊阿弥陀如来(模写)」
    III 杉本健吉 祈りの形
       「春日野 鹿」「東大寺二月堂修二会(お水取り)」  など

    美術講座:2/5(日)午後2〜3時30分、レクチャールーム(定員80名 先着順)
      「描かれた祈りの美」松川綾子氏(学芸員)

    ギャラリートーク:2/4(土)3/11(土)午後2〜3時、学芸員による
    希望者に対し、ボランティアによる展示解説
    ワークショップ 「祈りのこころ 写仏ぬり絵と祈りの言葉」会期中・参加費無料・1階無料休憩室

    ミュージアムコンサート:1階ホール  午後から
      2/12(日)こうちゃん&ウッキー:ポップス
      2/18(土)津軽三味線やまびこ:和楽器(津軽三味線)
      2/19(日)ぴくにっく:オカリナアンサンブル
      2/26(日)le Collage(る・こらーじゅ):サクソフォン8重奏
      3/4(土)Mejuah(みじゅあ):クロスオーバー
      3/9(木)アンサンブル・フィオーレ・ディ・オオサカ:マンドリン
      3/12(日)シャン・ドウ・メール:コーラス

    【同時開催展示】無料:1Fギャラリー:NPO法人文化創造アルカによる連携企画
    ☆連携展示「祈りの地・奈良きたまちの歴史をひもとく」

    「時代衣装で歩く!奈良きたまち歴史発見ツアー」先着各20人、各日午後2〜4時 
           参加費500円 衣装代は別途(着用は自由、3日前までに要予約)
     (天平時代編)2/18(土)3/3(金)
    (近現代ハイカラさん編)2/11(土・祝)2/19(日) 
     NPO法人文化創造アルカまで、FAXで
     参加コースの日程、名前、連絡先、人数、衣装着用の有無を申込
    TEL:0742-22-9080 FAX:0742-22-9081

    連携講座「女性たちの祈りの美のおはなし〜県内の女性僧侶・神職の講話」
      1階レクチャールーム 先着各80人(当日受付)資料代500円 
      講座I 1/29(日)ヘ珹寺住職 下間 景甫師 午後2〜3時
      講座II 2/4(土)葛木御歳神社宮司 東川 優子氏 午後3〜4時
      講座III 3/5(日)聖林寺住職 倉本 明佳師 午後2〜3時
      講座IV 3/12(日)賣太神社禰宜・奈良県女性神職会会長 藤本 眞喜子氏 午後2〜3時 
    「ようこそ!きたまちマーケット」 当館前庭にて 午前11時〜午後4時
    1/14 (土)和太鼓 宝亀殿の演奏 午前11時〜
      2/11(土・祝)若草中学校吹奏楽部ミニコンサート 午後2時〜
      3/4(土) 奈良女子大学茶道部の呈茶 午前11時〜
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                          明日香 光二/馬場 英明


      [No.10439] 【広島】ひろしま美術館/ランス美術館展[2/11(土・祝)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/01/29(Sun) 23:16:08  

     広島城近くのひろしま美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=34&c=0では、フランスの美術館の所蔵展が2/11(土・祝)より開催されます。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「華麗なるフランス絵画  ランス美術館展」 2/11(土・祝)〜3/26(日)
        会期中無休
        午前9時〜午後5時(金曜は7時まで、入館は閉館の30分前まで)
                   2/11は午前10時から開会式、終了後開場
        入館料金:一般1300円 高大生1000円 小中生600円 65歳以上1100円(要年齢証明)
               障がい者手帳を提示者本人と同伴者1名が無料   
               広島県立美術館×広島市現代美術館×ひろしま美術館 相互割引
               「ランス美術館展」の会期中、3館で相互割引を実施(当日の入館料が100円割引) 
     フランス北東部のシャンパーニュ地方に位置し、歴代のフランス国王が戴冠式を行ってきた聖なる都市、シャンパンの唯一の醸造地であるランス市。中世美術から現代美術までのランス美術館のコレクションの中から、バロック、ロココ、バルビゾン派から印象主義にいたるまで、フランス美術400年を紹介。レオナール・フジタ(藤田嗣治)がランスの大聖堂でカトリックの洗礼を受け、自ら建立して描いた礼拝堂(ノートル=ダム・ド・ラ・ペ)の壁画に関連する素描など、充実したフジタ作品の数々も展示。
       カミーユ・コロー 《川辺の木陰で読む女》1865年から1870年の間
       マールテン・ブーレマ・デ・ストンメ《レモンのある静物》 17世紀
       リエ=ルイ・ペラン=サルブルー《ソフィー夫人(またの名を小さな王妃)の肖像》1776年
       ジャック=ルイ・ダヴィッド(および工房)《マラーの死》1793年7月13日以降
       ウジェーヌ・ブーダン《ダンケルク周辺の農家の一角》1889年
       アルフレッド・シスレー《カーディフの停泊地》1897年
       ポール・ゴーギャン《バラと彫像》1889年
       レオナール・フジタ《猫》1963年
       レオナール・フジタ《奇跡の聖母》1964年6月6日
       レオナール・フジタ《授乳の聖母》1964年7月11日

    まるごと一日シャンパーニュ:3/19(日)入館券のみ、シャンパン試飲は1人1杯、未成年者不可、飲酒運転禁止
     トーク(本館ホールにて)午後4〜5時 トークを聞いていただいた方先着100名に試飲券を配布
     シャンパン試飲(カフェ・ジャルダン)午後5時10分〜50分
       有田俊江氏(シニアワインアドバイザー)、及び学芸員

    記念コンサート 華麗なるフランス〜歌曲・オペラ、絵画とともに〜
    3/20(月・祝)午後2〜3時、本館ホールにて 定員100名程度(先着順)入館券のみ
     林 裕美子(soprano)、下岡 輝永(tenor)、大城 薫(soprano)、猪田 桂子(piano)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                          明日香 光二/馬場 英明


      [No.10438] 【東京】森美術館/N・S・ハルシャ展:チャーミングな旅[2/4(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/01/29(Sun) 23:15:27  

     六本木ヒルズの森美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=65では、インドの現代作家の展示を2/4(土)から開催されます。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「N・S・ハルシャ展:チャーミングな旅」2/4(土)〜6/11(日)
        会期中無休
        開館時間:午前10時〜午後10時(火曜は5時まで、入館は閉館の30分前まで)
        入館料金:一般 1800円 高大生 1200円 4歳ー中学生 600円 65歳以上1500円
              (本展のチケットで展望台 東京シティビューにも入館可:屋上 スカイデッキを除く)
     1969年、南インドの古都マイスールに生まれ、活動するN・S・ハルシャは、南インドの伝統文化や自然環境、日々の生活における人間と動植物との関係など、自らを取り巻く「生」と真摯に向き合いながら、国際的な現代アートや日本美術の絵師も参考にしながら、世界の美術館の展覧会や国際展へ出品。時代や場所も超越して多方面に繋がるハルシャの不思議な世界を巡る。
     繰り返し描かれる人々の日々の営み
      《探し求める者たちの楽園》2013年
      《ここに演説をしに来て》2008年
     古都マイスールを拠点に世界のことを考えた物語「チャーミングな国家」シリーズ
      《彼らが私の空襲をどうにかしてくれるだろう》2006年
     インドで「国家」とは何を意味するか
      《ネイションズ(国家)》2007年
     古代インドの叙事詩『ラーマーヤナ』にも登場する猿の神様ハヌマーン
      《タマシャ》2013年
      《道を示してくれる人たちはいた、いまもいる、この先もいるだろう》2014年
      《宇宙情報処理センターでの名優》2015年
     大きな一筆書きのような24メートルの絵画
      《ふたたび生まれ、ふたたび死ぬ》2013年  など

    「ヨガしてアート:身体を動かしてアート鑑賞 Supported by Reebok」 午前8〜10時、
            展示室内、定員各20名(要予約)入館券のみ
    2/17(金) インストラクター:石川初美氏
    3/11(土)インストラクター:芥川舞子氏
    4/21(金)インストラクター:長谷川たかはる氏
    申込は館サイトのフォームから
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                          明日香 光二/馬場 英明


      [No.10437] 【大阪】国立国際美術館/ピエール・アレシンスキー展 展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/01/28(Sat) 23:56:54  

     中之島の国立国際美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=37で開催されている、現代の前衛芸術を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「おとろえぬ情熱、走る筆。 ピエール・アレシンスキー展」〜4/9(日)
        月曜休館(3/20(月・祝)は開館、3/21(火)は休館)
        午前10時〜午後5時(金曜日は7時まで、入場は閉館の30分前まで)
        入館料金:一般900円 大学生500円 高校生以下・18歳未満無料
              心身に障害のある方とその付添者1名無料(要証明)
              同時開催「クラーナハ展̶500年後の誘惑」共通チケット:一般のみ1900円
     ベルギーに1927年に生まれ、第2次大戦後に前衛芸術グループ「コブラ」に参加して本格的な作家活動を始めたピエール・アレシンスキー。アレシンスキーは、線の要素を主にした抽象的な絵画を個性にし、体全体を使って床に置いた紙に墨で書く、日本の前衛書道に共感し、1955年に映画『日本の書』を作った。西欧の重厚な油彩画から抜け出し、墨、水彩、アクリル絵具などを用いて、軽快で自在な線描を軸に豊かな展開を見せ、海・樹・人間・怪物など多彩な形を表し、版画も交えた幾種もの技法を駆使して制作している。90歳を迎え、ベルギーを代表し戦後のヨーロッパ絵画に大きな足跡を残すこの画家を、初期から最新の大作約80点をもって紹介する。
      ピエール・アレシンスキー
       《写真に対抗して》1969年
       《夜》1952年
       《肝心な森》1981〜84年
       《あなたの従僕》1980年
       《デルフトとその郊外》2008年
       《ローマの網》1989年
       《ボキャブラリーI−VIII》1986年
       《鉱物の横顔》2015年
       《至る所から》1982年        など

    講演会:2/18(土)午後2時〜/B1階 講堂 午前10時から整理券を配布、無料・先着130名
      山梨俊夫氏(館長)

    ギャラリー・トーク:中井康之氏(学芸課長)3/4(土)午後2時〜/B2階 展示室
     午後1時30分から聴講用ワイヤレス受信機貸出、入館券のみ、先着90名
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

      明日香 光二/馬場 英明


    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 |


    - 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
    処理 記事No 暗証キー

    - Web Forum -
    - Antispam Version -