ほっとミュージアム 談話室
[ホームへもどる] [新規投稿] [新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
  • 以下は新規投稿順のリスト(投稿記事)表示です。
  • 48時間以内の記事は new! で表示されます。
  • 投稿者のメールアドレスがアドレス収集ロボットやウイルスに拾われないよう工夫して表示しています。
  • 発言サイズは画像も含めて130KBまで、URLは20個までです。
  • その他[留意事項]を良くお読みの上ご利用ください
  • 新規紹介用 でワード検索すると、フォーマット発言が開きます

  •   [No.10446] 【奈良】県立美術館/祈りの美〜清水公照・平山郁夫・杉本健吉 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/01/31(Tue) 20:37:33  

     県庁そばの奈良県立美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=29&c=4では、奈良にゆかりの作家による宗教表現の美術を展示しています。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆ふるさと知事ネットワーク(奈良県・長野県)美術館交流展示
     企画展「祈りの美〜清水公照・平山郁夫・杉本健吉…」〜3/15(水) 
         月曜休館(3/6(月)13(月)は開館)
         入館料金:一般400円 高大生250円 小中生150円
                以下の方は無料
                65歳以上の方
                身体障がい者手帳・療育手帳・精神障がい者保険福祉手帳所持者と介助者1名
                外国人観光客(長期滞在者・留学生を含む)と付添の観光ボランティアガイド
                土曜日の小中高生、それに準ずる学校の児童生徒
     伝統的な宗教画題による日本画から、新たな解釈のもとに祈りを表現した作品や、伝統行事「お水取り」など奈良の風物に着想を得た作品など、祈りの美の世界を見る。
     東大寺別当・華厳宗管長を務め、宗教家から美術家へと活動の場を広げた清水公照(1911-1999)、仏教・シルクロードをテーマに深淵なる絵画世界を構築した平山郁夫(1930−2009)、奈良の風物に魅せられ祈りの美を捉えた杉本健吉(1905-2004)による絵画・書・陶芸など約200点。
    I 清水公照 祈りの心
       「麗人」「泥仏 十大弟子」「修中繪日記」
    II 平山郁夫 祈りの美
       「楼蘭の遺跡 昼」「法隆寺金堂六号壁画 本尊阿弥陀如来(模写)」
    III 杉本健吉 祈りの形
       「春日野 鹿」「東大寺二月堂修二会(お水取り)」  など

    美術講座:2/5(日)午後2〜3時30分、レクチャールーム(定員80名 先着順)
      「描かれた祈りの美」松川綾子氏(学芸員)

    ギャラリートーク:2/4(土)3/11(土)午後2〜3時、学芸員による
    希望者に対し、ボランティアによる展示解説
    ワークショップ 「祈りのこころ 写仏ぬり絵と祈りの言葉」会期中・参加費無料・1階無料休憩室

    ミュージアムコンサート:1階ホール  午後から
      2/12(日)こうちゃん&ウッキー:ポップス
      2/18(土)津軽三味線やまびこ:和楽器(津軽三味線)
      2/19(日)ぴくにっく:オカリナアンサンブル
      2/26(日)le Collage(る・こらーじゅ):サクソフォン8重奏
      3/4(土)Mejuah(みじゅあ):クロスオーバー
      3/9(木)アンサンブル・フィオーレ・ディ・オオサカ:マンドリン
      3/12(日)シャン・ドウ・メール:コーラス

    【同時開催展示】無料:1Fギャラリー:NPO法人文化創造アルカによる連携企画
    ☆連携展示「祈りの地・奈良きたまちの歴史をひもとく」

    「時代衣装で歩く!奈良きたまち歴史発見ツアー」先着各20人、各日午後2〜4時 
           参加費500円 衣装代は別途(着用は自由、3日前までに要予約)
     (天平時代編)2/18(土)3/3(金)
    (近現代ハイカラさん編)2/11(土・祝)2/19(日) 
     NPO法人文化創造アルカまで、FAXで
     参加コースの日程、名前、連絡先、人数、衣装着用の有無を申込
    TEL:0742-22-9080 FAX:0742-22-9081

    連携講座「女性たちの祈りの美のおはなし〜県内の女性僧侶・神職の講話」
      1階レクチャールーム 先着各80人(当日受付)資料代500円 
      講座I 1/29(日)ヘ珹寺住職 下間 景甫師 午後2〜3時
      講座II 2/4(土)葛木御歳神社宮司 東川 優子氏 午後3〜4時
      講座III 3/5(日)聖林寺住職 倉本 明佳師 午後2〜3時
      講座IV 3/12(日)賣太神社禰宜・奈良県女性神職会会長 藤本 眞喜子氏 午後2〜3時 
    「ようこそ!きたまちマーケット」 当館前庭にて 午前11時〜午後4時
    1/14 (土)和太鼓 宝亀殿の演奏 午前11時〜
      2/11(土・祝)若草中学校吹奏楽部ミニコンサート 午後2時〜
      3/4(土) 奈良女子大学茶道部の呈茶 午前11時〜
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                          明日香 光二/馬場 英明


      [No.10445] 【沖縄】浦添市美術館/螺鈿の優品をあつめて 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/01/31(Tue) 00:09:05  

     浦添市美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=47&c=19では、同館得意の漆器工芸の中で、豪華な螺鈿の展示を開催中です。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆平成28年度企画展「きらめきで飾る−螺鈿の優品をあつめて−」〜2/19(日)
          月曜休館
          午前9時30分〜午後5時(金曜は7時まで、入館は閉館30分前まで)
          入館料金:一般800円 大学生600円 高校生以下無料
     夜光貝やアワビなどの貝殻を薄く加工し、文様の形に切り取って漆器に貼る技法・螺鈿(らでん)。琉球近海で採れる夜光貝は古来、交易品として九州などへ渡り、琉球王朝時代には中国へも贈られ、中国皇帝や日本の将軍家・大名家への献上品となった。本展は九州国立博物館と共同で、県内外の螺鈿の優品をあつめ、その美を紹介。また、首里城銭蔵から発掘された螺鈿資料の展示や、色々な用途や形、技法の面白い漆器なども展示。
       文化庁保管 重要文化財 桜螺鈿鞍
       九州国立博物館所蔵 楼閣山水花鳥螺鈿ナイフ入れ
       MOA美術館所蔵 重要文化財 花唐草卍花クルス螺鈿箱  など
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                          明日香 光二/馬場 英明


      [No.10439] 【広島】ひろしま美術館/ランス美術館展[2/11(土・祝)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/01/29(Sun) 23:16:08  

     広島城近くのひろしま美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=34&c=0では、フランスの美術館の所蔵展が2/11(土・祝)より開催されます。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「華麗なるフランス絵画  ランス美術館展」 2/11(土・祝)〜3/26(日)
        会期中無休
        午前9時〜午後5時(金曜は7時まで、入館は閉館の30分前まで)
                   2/11は午前10時から開会式、終了後開場
        入館料金:一般1300円 高大生1000円 小中生600円 65歳以上1100円(要年齢証明)
               障がい者手帳を提示者本人と同伴者1名が無料   
               広島県立美術館×広島市現代美術館×ひろしま美術館 相互割引
               「ランス美術館展」の会期中、3館で相互割引を実施(当日の入館料が100円割引) 
     フランス北東部のシャンパーニュ地方に位置し、歴代のフランス国王が戴冠式を行ってきた聖なる都市、シャンパンの唯一の醸造地であるランス市。中世美術から現代美術までのランス美術館のコレクションの中から、バロック、ロココ、バルビゾン派から印象主義にいたるまで、フランス美術400年を紹介。レオナール・フジタ(藤田嗣治)がランスの大聖堂でカトリックの洗礼を受け、自ら建立して描いた礼拝堂(ノートル=ダム・ド・ラ・ペ)の壁画に関連する素描など、充実したフジタ作品の数々も展示。
       カミーユ・コロー 《川辺の木陰で読む女》1865年から1870年の間
       マールテン・ブーレマ・デ・ストンメ《レモンのある静物》 17世紀
       リエ=ルイ・ペラン=サルブルー《ソフィー夫人(またの名を小さな王妃)の肖像》1776年
       ジャック=ルイ・ダヴィッド(および工房)《マラーの死》1793年7月13日以降
       ウジェーヌ・ブーダン《ダンケルク周辺の農家の一角》1889年
       アルフレッド・シスレー《カーディフの停泊地》1897年
       ポール・ゴーギャン《バラと彫像》1889年
       レオナール・フジタ《猫》1963年
       レオナール・フジタ《奇跡の聖母》1964年6月6日
       レオナール・フジタ《授乳の聖母》1964年7月11日

    まるごと一日シャンパーニュ:3/19(日)入館券のみ、シャンパン試飲は1人1杯、未成年者不可、飲酒運転禁止
     トーク(本館ホールにて)午後4〜5時 トークを聞いていただいた方先着100名に試飲券を配布
     シャンパン試飲(カフェ・ジャルダン)午後5時10分〜50分
       有田俊江氏(シニアワインアドバイザー)、及び学芸員

    記念コンサート 華麗なるフランス〜歌曲・オペラ、絵画とともに〜
    3/20(月・祝)午後2〜3時、本館ホールにて 定員100名程度(先着順)入館券のみ
     林 裕美子(soprano)、下岡 輝永(tenor)、大城 薫(soprano)、猪田 桂子(piano)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                          明日香 光二/馬場 英明


      [No.10438] 【東京】森美術館/N・S・ハルシャ展:チャーミングな旅[2/4(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/01/29(Sun) 23:15:27  

     六本木ヒルズの森美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=65では、インドの現代作家の展示を2/4(土)から開催されます。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「N・S・ハルシャ展:チャーミングな旅」2/4(土)〜6/11(日)
        会期中無休
        開館時間:午前10時〜午後10時(火曜は5時まで、入館は閉館の30分前まで)
        入館料金:一般 1800円 高大生 1200円 4歳ー中学生 600円 65歳以上1500円
              (本展のチケットで展望台 東京シティビューにも入館可:屋上 スカイデッキを除く)
     1969年、南インドの古都マイスールに生まれ、活動するN・S・ハルシャは、南インドの伝統文化や自然環境、日々の生活における人間と動植物との関係など、自らを取り巻く「生」と真摯に向き合いながら、国際的な現代アートや日本美術の絵師も参考にしながら、世界の美術館の展覧会や国際展へ出品。時代や場所も超越して多方面に繋がるハルシャの不思議な世界を巡る。
     繰り返し描かれる人々の日々の営み
      《探し求める者たちの楽園》2013年
      《ここに演説をしに来て》2008年
     古都マイスールを拠点に世界のことを考えた物語「チャーミングな国家」シリーズ
      《彼らが私の空襲をどうにかしてくれるだろう》2006年
     インドで「国家」とは何を意味するか
      《ネイションズ(国家)》2007年
     古代インドの叙事詩『ラーマーヤナ』にも登場する猿の神様ハヌマーン
      《タマシャ》2013年
      《道を示してくれる人たちはいた、いまもいる、この先もいるだろう》2014年
      《宇宙情報処理センターでの名優》2015年
     大きな一筆書きのような24メートルの絵画
      《ふたたび生まれ、ふたたび死ぬ》2013年  など

    「ヨガしてアート:身体を動かしてアート鑑賞 Supported by Reebok」 午前8〜10時、
            展示室内、定員各20名(要予約)入館券のみ
    2/17(金) インストラクター:石川初美氏
    3/11(土)インストラクター:芥川舞子氏
    4/21(金)インストラクター:長谷川たかはる氏
    申込は館サイトのフォームから
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                          明日香 光二/馬場 英明


      [No.10437] 【大阪】国立国際美術館/ピエール・アレシンスキー展 展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/01/28(Sat) 23:56:54  

     中之島の国立国際美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=37で開催されている、現代の前衛芸術を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「おとろえぬ情熱、走る筆。 ピエール・アレシンスキー展」〜4/9(日)
        月曜休館(3/20(月・祝)は開館、3/21(火)は休館)
        午前10時〜午後5時(金曜日は7時まで、入場は閉館の30分前まで)
        入館料金:一般900円 大学生500円 高校生以下・18歳未満無料
              心身に障害のある方とその付添者1名無料(要証明)
              同時開催「クラーナハ展̶500年後の誘惑」共通チケット:一般のみ1900円
     ベルギーに1927年に生まれ、第2次大戦後に前衛芸術グループ「コブラ」に参加して本格的な作家活動を始めたピエール・アレシンスキー。アレシンスキーは、線の要素を主にした抽象的な絵画を個性にし、体全体を使って床に置いた紙に墨で書く、日本の前衛書道に共感し、1955年に映画『日本の書』を作った。西欧の重厚な油彩画から抜け出し、墨、水彩、アクリル絵具などを用いて、軽快で自在な線描を軸に豊かな展開を見せ、海・樹・人間・怪物など多彩な形を表し、版画も交えた幾種もの技法を駆使して制作している。90歳を迎え、ベルギーを代表し戦後のヨーロッパ絵画に大きな足跡を残すこの画家を、初期から最新の大作約80点をもって紹介する。
      ピエール・アレシンスキー
       《写真に対抗して》1969年
       《夜》1952年
       《肝心な森》1981〜84年
       《あなたの従僕》1980年
       《デルフトとその郊外》2008年
       《ローマの網》1989年
       《ボキャブラリーI−VIII》1986年
       《鉱物の横顔》2015年
       《至る所から》1982年        など

    講演会:2/18(土)午後2時〜/B1階 講堂 午前10時から整理券を配布、無料・先着130名
      山梨俊夫氏(館長)

    ギャラリー・トーク:中井康之氏(学芸課長)3/4(土)午後2時〜/B2階 展示室
     午後1時30分から聴講用ワイヤレス受信機貸出、入館券のみ、先着90名
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

      明日香 光二/馬場 英明


      [No.10436] 【大阪】国立国際美術館/クラーナハ展―500年後の誘惑 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/01/28(Sat) 23:56:10  

     中之島の国立国際美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=37で開催中のドイツ・ルネサンス美術を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「クラーナハ展―500年後の誘惑」〜4/16(日)
        月曜休館(3/20(月・祝)は開館、3/21(火)は休館)
        午前10時〜午後5時(金曜日は7時まで、入場は閉館の30分前まで)
        入館料金:一般 1600円 大学生1200円 高校生600円 中学生以下無料
              心身に障害のある方とその付添者1名無料(要証明)
              同時開催「ピエール・アレシンスキー展」共通チケット:一般のみ1900円
     ドイツ・ルネサンスを代表するヴィッテンベルクの宮廷画家ルカス・クラーナハ(父、1472-1553年)は、大型の工房を開設して絵画の大量生産を行い、マルティン・ルターの宗教改革にも関与したが、ユディトやサロメ、ヴィーナスやルクレティアなど物語上のヒロインたちを、特異なエロティシズムで描いたイメージの数々が特筆される。本展では、そうした画家の芸術の全貌を明らかし、近現代におけるその影響にも迫る。
      《ホロフェルネスの首を持つユディト》ルカス・クラーナハ(父) 1525/1530年頃
      《不釣り合いなカップル》ルカス・クラーナハ(父) 1530/1540年頃
      《ロトとその娘たち》ルカス・クラーナハ(父) 1528年
      《アダムとイヴ(堕罪)》ルカス・クラーナハ(父) 1537年
      《マルティン・ルター》ルカス・クラーナハ(父) 1525年
      《泉のニンフ》ルカス・クラーナハ(父) 1537年以降
      《正義の寓意(ユスティティア)》ルカス・クラーナハ(父) 1537年
      《アンナ・フォン・デーネマルク》ルカス・クラーナハ(子) 1565年以降
      《ザクセン選帝侯アウグスト》 ルカス・クラーナハ(子) 1565年以降   など

    アーティスト・トーク:3/25(土)午後2〜3時30分、B1階 講堂にて、午前10時から整理券を配布
                入館券のみ、・先着130名
     坂本夏子氏(画家)

    ギャラリー・トーク:福元崇志氏(研究員)2/25(土)4/8(土)午後2時〜/B3階 展示室
      午後1時30分から聴講用ワイヤレス受信機貸出、入館券のみ・先着90名
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

      明日香 光二/馬場 英明


      [No.10435] 【兵庫】神戸ファッション美術館/ファッション都市神戸 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/01/28(Sat) 22:57:19  

     六甲アイランドの神戸ファッション美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=1
    では、近代神戸の産業とファッションについて展示をしています。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆神戸開港150年記念「ファッション都市神戸
       −輝かしき国際港と地場産業の変遷」〜3/26(日)
          月曜休館(3/21(火)3/20(月・祝)は開館
          入館料金:一般500円 小中高生・65歳以上250円
     1868年に日米修好通商条約等により開港した「神戸」が、巨大貿易港として発展する過程で根付いた産業と文化、なかでも神戸生まれのファッションに光を当てる。1973年のファッション都市宣言でも言及された「神戸洋服」「アパレル」「神戸靴」「ケミカルシューズ」「真珠加工」「清酒」「コーヒー」「洋菓子」「神戸洋家具」という9つの地場産業は、居留地の洋風文化との交流によってもたらされた刺激により生み出された。「まち」と歴史を考察することにより、ファッション都市神戸の魅力を再発見する。
      アフタヌーン・ドレス 1868-70 年頃 イギリス  
      メンズ・スーツ 1870-80年頃 アメリカ 
      アフタヌーン・ドレス 1865年頃 フランス
      ウォーキング・ドレス 1885年頃 フランス
      摂州神戸海岸繁栄之図 長谷川小信(二代貞信) 明治4年(1871)
      「市民のグラフこうべ」(21号) 1973年
      「市民のグラフこうべ」(103号) 1981年 など


    トークショー:2/11(土・祝)午後2〜3時30分(1時30分開場)4階 第1セミナー室、定員90名(当日先着順)無料
    「神戸ファッション考」
    登壇者:菊田琢也氏(ファッション研究者 文化学園大学ほか非常勤講師)
         堺 幸子氏(神戸マイスター 婦人服縫製 Factory Boutiqueクィーン)
         学芸員

    ギャラリートーク:学芸員による:2/19(日)3/19(日)午後2時〜(約30分)
    キッズ鑑賞ツアー:館スタッフによる:2/4(土)25(土)3/4(土)午後2時〜(約30分)

    同時開催 エントランス展示「べっぴん子ども服と阪神間スタイル」〜3/26(日)
           ギャラリー展示 地域連携企画「神戸 絹の道」
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

      明日香 光二/馬場 英明


      [No.10432] 【兵庫】県立美術館/アドルフ・ヴェルフリ 二萬五千頁の王国 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/01/28(Sat) 22:53:53  

     阪神岩屋の兵庫県立美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=26では、膨大なアールブリュット作品の展示が開催されています。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「アドルフ・ヴェルフリ 二萬五千頁の王国
     ファンタスティック・エキセントリック アール・ブリュットの「王」が描いた夢物語」〜2/26(日)
       月曜休館
       午前10時〜午後6時(金土は午後8時まで、入場は閉館30分前まで)
       入館料金:一般,400円 大学生1,000円 高校生・65歳以上700円 中学生以下無料
          障がいのある方(65歳以上を除く)は半額、介護者1名は無料。
     アウトサイダー・アート/アール・ブリュットを代表する伝説的芸術家の展示。スイスの首都ベルン近郊の貧しい家庭に生まれ、1895年にヴァルダウ精神科病院に収容され、66年の生涯を終えアドルフ・ヴェルフリ(1864-1930)の日本初の個展。彼はそこで、『揺りかごから墓場まで』、『地理と代数の書』、『葬送行進曲』といった物語の数々をつむぎだし全45冊、25,000ページというボリュームで、ほかに例のない驚異的な表現で奇想天外な物語を描き出した。シュルレアリスムの画家たちをはじめとする多くの芸術家たちの注目を集め、世界的な評価を得るヴェルフリの作品を見る。
       《ニュー=ヨークのホテル・ウィンザー》 1905年
       《ネゲルハル〔黒人の響き〕》1911年
       《エン湖での開戦.北アメリカ》1911年
       《クリノリン.ギーガー=リナ.糸つむぎ=リナ.安楽椅子=リナ.お
                 とぎ話=安楽椅子=リナ.大=大=女神》 1914年
       《全能なるモーターのついた機関車,165台の車両を持つ,総量6,000,000トンの,積載量》1919年
       《無題(キャンベル・トマト・スープ)》 1929年  など

    学芸員によるギャラリートーク:2/4(土)2/11(土・祝)、2/18(土)午後4時から(約45分)
        定員20名、会場入口に集合
    ミュージアム・ボランティアによる解説会:日曜日、午前11時から(約15分)レクチャールーム(定員100名)にて
    おやこ解説会:2/11(土・祝) 午後1時30分から(約30分)
     レクチャールーム(定員20名)
     無料(要事前申込 こどものイベント係 電話078-262-0908)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

      明日香 光二/馬場 英明


      [No.10431] 【全国】館の改廃 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/01/27(Fri) 23:52:47  

     企画展調査のなかで、館の移転や閉館のわかったものをまとめておきます。

    【北海道】
    休館中の「はこだて西波止場美術館」は移転して
    (施設名)テディベアミュージアム



    040-0065
    函館市豊川町11番17号 はこだて明治館2F


    【東京】
     「エプソン品川アクアスタジアム」の館名変更
    (施設名)アクアパーク品川   

    【富山】
     「富山県立近代美術館」は移転して
    (施設名)富山県美術館 930-0806 富山市木場町3-20

    【島根】
    津和野葛飾北斎美術館:平成27年4月に閉館済み(津和野町観光協会のサイトによる):館の削除お願いします





                      明日香 光二/馬場 英明


      [No.10430] 【近現代史社会】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/01/27(Fri) 23:27:21  

     早春から行われる近現代史や社会問題の展示を紹介します。ほっとミュージアムに紹介済みのものに加えて、訪問にご利用下さい。

    【宮城】
    東北大学付属図書館
     ☆外務省作成 日本の国連加盟60周年写真パネル展示
    「日本と国連の歩み」第2部:〜2/10(金)


    【茨城】
    予科練平和記念館「雄翔館」,☆平成28年度 収蔵資料展「旗と手紙」〜3/12(日)

    【埼玉】
    所沢航空発祥記念館,☆特別展「日本−仏蘭西・百年飛行の旅」〜4/9(日)
    国税庁税務大学校税務情報センター(租税史料室)
     ☆特別展示「史料室収蔵品展〜税の蔵出し史料展〜」〜9/28(木)
    八潮市立資料館,☆「八潮の文化と出版物(仮題)」1/28(土)〜3/12(日)

    【千葉】
    国立歴史民俗博物館
     ☆特集展示(国際展示)「台湾と日本―震災史とともにたどる近現代―」1/11(水)〜2/19(日)
     ☆第3展示室特集展示「見世物大博覧会」1/17(火)〜3/20(月・祝)
     ☆企画展示「デジタルで楽しむ歴史資料」3/14(火)〜5/7(日)

    【東京】
    新宿歴史博物館,☆常設展示室特設コーナー「新宿駅周辺の70年」〜3/17(金)
    平和祈念展示資料館,☆企画展「手紙が語る戦争」〜3/26(日)
    高麗博物館,☆「奪われた野にも春は来るか〜フクシマを考える」2/1(水)〜4/30(日)
    東京都江戸東京博物館,☆企画展「戦時下東京の子供たち(仮称)」3/7(火)〜5/7(日)

    【新潟】
    湯沢町歴史民俗資料館「雪国館」
     ☆冬季特別展示「湯沢・スキーの歴史を振り返る」〜3/28(火)

    【愛知】
    リニア・鉄道館,☆知りたい!「鉄道のスゴいところ」〜2/27(水)

    【京都】
    立命館大学国際平和ミュージアム
     ☆第106回ミニ企画展示
    第22回京都ミュージアムロード参加企画「京都と空襲」2/4(土)〜3/26(日)
    佛教大学宗教文化ミュージアム
     ☆冬期企画展「佛大逍遥IV―竹田聴洲―(生誕100年記念)」2/11(土・祝)〜3/25(土)

    【大阪】
    大阪企業家ミュージアム,☆特別展示「五代友厚」2/4(土) 〜2/18(土)
    堺市立平和と人権資料館(フェニックス・ミュージアム)
     ☆企画展「人権マンガ パネル展」〜3/30(木)
    国立民族学博物館,☆企画展「津波を越えて生きる―大槌町の奮闘の記録」〜4/11(火)

    【兵庫】
    阪神・淡路大震災記念 人と防災未来センター
     ☆企画展「写真でたどる阪神・淡路大震災〜あの日から今日まで〜」〜2/19(日)

    【島根】
    松江歴史館,☆ミニ・スポット展示「維新十傑・前原一誠と松江藩」〜2/15(水)

    【岡山】
    岡山空襲展示室
     ☆酒とその歴史をめぐる13機関の連携展示「ひろがる酒の輪」
       「否定される酒、肯定される酒−戦時下のくらしの中で−」〜2/5(日)
    【広島】
    国立広島原爆死没者追悼平和祈念館
     ☆企画展「原爆体験記−ヒロシマ原点の記録−その2」〜12/29(金)
    呉市海事歴史科学館(大和ミュージアム)
     ☆ミニ企画展「観艦式−式典からみる日本海軍」〜2/27(月)

    【高知】
    高知市立自由民権記念館
     ☆第17回「社会科自由研究作品展」 前期:〜2/5(日)
                 後期:2/7(火)〜2/23(木)
    高知県立坂本龍馬記念館,☆企画展「坂本龍馬記念館 25年のあゆみ展」〜3/31(金)

    【長崎】
    ナガサキピースミュージアム
     ☆「長崎・中之島“今昔記”〜国際博・新幹線〜(仮題)」1/31(火)〜2/26(日)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       明日香 光二/馬場 英明


    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 |


    - 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
    処理 記事No 暗証キー

    - Web Forum -
    - Antispam Version -