ほっとミュージアム 談話室
[ホームへもどる] [新規投稿] [新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
  • 以下は新規投稿順のリスト(投稿記事)表示です。
  • 48時間以内の記事は new! で表示されます。
  • 投稿者のメールアドレスがアドレス収集ロボットやウイルスに拾われないよう工夫して表示しています。
  • 発言サイズは画像も含めて130KBまで、URLは20個までです。
  • その他[留意事項]を良くお読みの上ご利用ください
  • 新規紹介用 でワード検索すると、フォーマット発言が開きます

  •   [No.11475] 【石川】金沢21世紀美術館/チウ・ジージエ書くことに生きる 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/01/01(Tue) 17:18:42  

     金沢21世紀美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=17&c=22
    は1/2から開館していますので、展示を紹介します。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
    ☆東アジア文化都市2018金沢 コア事業連携企画「邱志杰(チウ・ジージエ)書くことに生きる」〜3/3(日)
         月曜休館(祝日の場合は翌日)
         午前10時〜午後6時(1/2,3は5時まで、金土は8時まで、入館は閉館30分前まで)
         入館料金:一般1000円 大学生・65歳以上の方800円 小中高生400円

     幼少から学んだ「書」を表現の中心に置き、書くことを通じて、普遍的で根源的な人間の存在について問い直してきたチウ・ジージエ。生誕の地である海上貿易が盛んだった生誕地・福建省の文化にも大きな影響を受けた写真・書・絵画・インスタレーション・パフォーマンスが融合するダイナミックな視点の作品群により、チウ・ジージエの創造とその魅力に迫る。

    ☆コレクション展「アジアの風景 / 粟津潔、マクリヒロゲル5」〜5/6(月・振)
       入館料金:一般360円 大学生、65歳以上の方280円 高校生以下無料

     土地の歴史や文化と密接に結び付きながら、伝統と急速なグローバル化の間での模索や試行が続く、アジアからの様々な表現は、人間はどこに向かって行くのか」という普遍的な問いを投げ掛ける。
     宇治野宗輝《プライウッド新地》のサウンド・スカルプチャーは、レトロな雰囲気を色濃く残した日常品の「都市」が出現。
     照屋勇賢の《遥か遠くからの未来より》では、沖縄出身の照屋が伝統的な琉球着に、ジュゴンや軍事用ドローン、沖縄の110人以上の人々のモチーフを染めあげた作品を提示。
     ジュン・グエン=ハツシバは、政治や社会の大きなうねりの中で犠牲となった、名もない人々の姿を美しい映像で表現。2001年か 
     
     粟津潔の調査展示を行う「マクリヒロゲル」シリーズの最終回として、粟津潔の本の挿絵、特に子どもに向けたイラストレーションの世界を紹介。初期作品の平野威馬雄著『レミは生きている』(1958 年)の挿画は、「あいのこ」としての生き方に苦しむ主人公の表情が幾多にも表現され、吉増剛造著『さわる』(1983 年)は、印刷とは異なる原画の白地に描かれた美しい水彩画の色彩に驚く。粟津潔の子どもたちへの柔らかなまなざし、また「印刷」のスタイルも感じる。

    ギャラリートーク:1/12(土)午後2時〜(1時間程度)レクチャーホール前
    担当キュレーター:立松由美子氏、立花由美子氏
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11474] 【広島】ふくやま文学館/井伏鱒二の瀬戸内海 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/01/01(Tue) 17:17:53  

     ふくやま文学館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=34&c=51では、1/2から開館し、井伏鱒二の展示を開催中です。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「井伏鱒二の瀬戸内海」〜3/3(日)
        月曜休館(祝日の場合は翌日)
        入館料金:一般500円 高校生以下は無料
    【内容】
     井伏鱒二は加茂尋常小学校1年7歳の時、祖父民左衛門に兄、姉とともに鞆の浦の仙酔島に連れられ、ここでの釣り体験が後の釣師井伏を形成し、瀬戸内海は、釣りの主要な舞台となりく、青年期の傷心をいやした場所(早稲田大学休学時に逗留した因島)でもある。名作「さざなみ軍記」、晩年の「鞆ノ津茶会記」の舞台ともなった瀬戸内海を時系列でたどり、鱒二にとっての瀬戸内海を紹介、展示。

    ギャラリー・コンサート:たちまち(フルート:占部久美子氏 ピアノ:石井美保氏)
    2/23(土)午後2時開演、無料、定員80名、要電話申し込み(Tel:084-932-7010)

    講演会:3/2(土)午後1時30分〜、無料、定員80名
    「井伏文学の風景としての瀬戸内海」岩崎文人氏(館長)要電話申し込み(Tel:084-932-7010)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11473] 【愛媛】県美術館/印象派への旅 海運王の夢 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/01/01(Tue) 16:37:25  

     松山市の愛媛県美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=38&c=0では、正月2日から開館し、印象派の名画展を開催中です。
     
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆企画展「印象派への旅 海運王の夢 バレル・コレクション」〜3/24(日)
      1/8(火)15(火)21(月)28(月)2/5(火)12(火)18(月)25日(月)
      3/5(火)11日(月)18(月)休館
      入館料金:一般1300円 高大生900円 小中生700円
     スコットランドの海港都市グラスゴーの海運王ウィリアム・バレル卿(1861−1958)の蒐集品を核とする美術館、バレル・コレクションのリニューアル工事に伴いイギリス、フランス、オランダの画家の優品73点が初来日。
      エドガー・ドガ《リハーサル》1874年頃
      ウジェーヌ・ブーダン《トゥルーヴィルの海岸の皇后ウジェニー》1863年
                《ドーヴィル、波止場》1891年
      フィンセント・ファン・ゴッホ《アレクサンダー・リードの肖像》1867年
      サミュエル・ジョン・ペブロー《バラ》1900ー06年頃
      アンリ・ド・シダネル《雪》1901年   など

    ショート・レクチャー:1/22(火)23(水)24(木)講堂にて、学芸員による
         各日午前10時30分、午後1時、1時30分、2時、2時30分、3時から20分間
    土曜講座「企画展プレビュー」2/2(土)16(土)午後2〜3時
     講堂にて、申込み不要、担当学芸員
    土曜講座「ドガについて」3/2(土)2〜3時
     ハイビジョンギャラリーにて、申込不要、学芸課長
    対話型鑑賞プログラム:2/3(日)10(日)11(月・祝)17(日)24(日)午前11時〜30分:企画展示室前
      申込不要

    一日講座「海運王に俺はなる!〜身近な材料で「船」をつくろう!〜」
     身近にある廃材(金属や木材など)を用いてオリジナルの船をつくる
     1/27(日)2/10(日)午後1時30分〜3時30分
     南館県民アトリエにて、当館教育専門員、小学生親子・各日7組
     材料費200円程度
     申込方法:電話またはFAX、館サイトで、講座名、郵便番号、住所、氏名、ふりがな、年齢、電話番号を添え
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11472] 【山口】萩博物館/萩博 美のイッピン! 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/01/01(Tue) 16:36:38  

     山口県の萩博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=35&c=20
    では、正月から開館、特別展を開催中です。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆新収蔵庫完成記念企画展「萩博 美のイッピン!(第2期)
     ―江戸時代から現代の歴史に息づく「美」のイッピンたち。                 
             萩博物館に収蔵された品々を大公開。― 」前期:〜1/22(火)
                            後期:1/26(土)〜3/3(日)              
        1/23(水)〜1/25(金)休館
        入館料金:大人510円 高大生310円 小中生100円 障がい者割引20%

     開館14年目を迎える萩博物館が萩市内外の多くの方々から寄贈・寄託頂いた膨大な資料を収めるため、このたび新収蔵庫が完成したことを記念し、「美」をテーマとして、様々なイッピンを紹介。
      松林雪貞「薔薇図」(前期)
      松林桂月所有スケッチ帳
      雲谷等宥「老松図屏風」(前期)
      松林桂月「白梅紅梅」(後期)など

    ギャラリートーク:1/13(日)1/26(土)2/10(日)午後2時から
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11471] 【ご挨拶】本年もミュージアムをよろしくお願い致します 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/01/01(Tue) 00:03:18  

     2019年の幕が開きました。

     昨年は、災害の多かった年とか、平成の終わりとか、決まり文句が多く語られましたけれど、私自身もそうなのですが、人それぞれに幸せや つらい事や、心に刻まれることがあられたかと思います。
     これから長い年月が経ったときに、今年の思い出が自らの心のギャラリーの1点になっていれば良いのかな…などと感慨にふけりながら過ごしました。

     それでは、本年も、人類の記憶、文化をもとめてミュージアムをめぐりながら、感じることができる年にしてまいりましょう。

     ほっとミュージアムを今年もよろしくお願いいたします。

                   明日香 光二/馬場 英明


      [No.11470] 【富山】高志の国文学館/倉本聰と点描画[1/6(日)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/12/31(Mon) 23:45:26  

     富山市の高志の国文学館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=16&c=24では、名作ドラマにからむ展示を1/6(日)から開催されます。 
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「北の命の物語展 倉本聰と点描画」2019年1/6(日)〜3/4(月)
        火曜休館
        入館料金:一般500円 大学生250円
             高校生以下、およびそれに準じる方、各種障害者手帳をお持ちの方は無料
     
     「北の国から」をはじめとするドラマ、映画、舞台を手掛けた脚本家の倉本聰は、ライフワークとして森の樹の点描画を描いている。本展では「北の国から」が出来上がるまでの資料とともに、倉本が描き続けてきた点描画を見る。倉本が脚本作品、そして点描画を通じて厳しく温かなまなざしを見る。

    企画展担当者によるギャラリートーク(展示解説)
    1/14(月・祝)2/11(月・祝)2/24(日)午後2時〜  1/26(土)午後3時30分〜、30分程度
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11469] 【広島】県立美術館/サヴィニャック[1/5(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/12/31(Mon) 23:44:12  

     縮景園隣の広島県立美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=34&c=3では、パリのポスター作家の展示を1/5(土)から開催されます。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「サヴィニャック パリにかけたポスターの魔法」2019年1/5(土) 〜2/11(月・祝) 
        会期中無休
        開館時間:午前9時〜午後5時(金曜日は7時まで、入場は閉館30分前まで)
             1/5(土)は午前10時開場
        入館料金:一般1200円
    高大生800円 小中生500円 
            身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳及び戦傷病者手帳の所持者と介助者1名は半額
            県美×現美×ひろ美 相互割引
     シンプルな造形と鮮やかな色彩、ユーモアに満ちた表現でフランスを代表するポスター作家、レイモン・サヴィニャック。ヨーロッパの有力企業のビジュアル広告を手がけたサヴィニャックの3メートルに及ぶ迫力の大型ポスターから、創造のプロセスに光をあてる原画、ポスターが並ぶ当時の風景写真まで約200点を展示。
     レイモン・サヴィニャック 《ドップ:清潔な子どもの日》 1954年
         《「デクーヴェルト/発見」原画》1990年頃 
         《牛乳石鹸モンサヴォン》1948/50年 
         《エール・フランス航空:世界で一番広いネットワーク》1956年
         《ひとりでに編めるウット毛糸》1949/51年 
         《フリジェコ:良質の冷蔵庫》1959年 
         《ルノー4》1963年 
         《早く!アスプロ(鎮痛剤)》1963年 
    講演会:1/26(土)午後1時30分〜3時[開場1時]地階講堂(先着200名)事前申込不要、無料
    「サヴィニャック:魔法のひみつ」植木啓子氏(大阪新美術館建設準備室 研究副主幹)

    美術講座:2/3(土)午後1時30分〜3時[開場1時]地階講堂(先着200名)事前申込不要、無料
    「ポスターの街・パリとサヴィニャック」森万由子氏(学芸員)

    学芸員によるギャラリートーク:1/11、25、2/1(金)午前11時〜
        1/18、2/8(金) 午後5時〜
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11468] 【大阪】さかい利晶の杜/堺に生まれた女性日本画家 島成園[1/5(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/12/31(Mon) 23:41:30  

     宿院町のさかい利晶の杜http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=68では、女性日本画家の展示を1/5(土)から開催されます。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「堺に生まれた女性日本画家 島成園」2019年1/5(土)〜1/27(日) 
        1/15(火)16(水)休館
        入館料金:大人300円 高校生200円 小中学生100円
     明治25(1892)年、堺市熊野町に生まれ、花街のある大阪・島之内で育った島成園は、絵師の父の影響を受け、図案家の兄の仕事を手伝って独学で絵の道に進み、大正元(1912)年秋、文部省美術展覧会(文展)に20歳で「宗右衛門町の夕」が初入選し、京都の上村松園、東京の池田蕉園とともに「三都三園」と並び称された。大阪における女性画家の先駆者となる。
     文展の好評を受け注文に応じて描き直された「宗右衛門町之夕」、文展入選の翌年に再び入選した「祭りのよそおい」、自画像「無題」などを展示し、幼少時代を過ごした堺での思い出や家族との関わりなども紹介。

    講演会:無料、要申込み
    (1)1/13(日)2階講座室、午後2〜3時、定員30名
     「島成園の生涯―女性画家との交流を通して―」小川知子氏(大阪中之島美術館準備室 研究副主幹)
    (2)1/19(土)1階茶室、午後2〜3時、定員15名
    「島成園と私―島成園の物語と堺の魅力をめぐって―」蓮見恭子氏(堺市出身作家、島成園の遠戚)

    申込方法
    ハガキかファックス、電子メールに、氏名、住所、電話番号、申込人数(2名様まで)、
    希望(1)か(2)を記入し、1/4(金)必着、応募多数の場合は抽選により決定し、全員にハガキで結果通知
    ハガキ:590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市文化課 推進係
    FAX:072-228-8174   E-Mail:bunka@city.sakai.lg.jp
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11467] 【広島】ひろしま美術館/ドービニー展[1/3(木)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/12/31(Mon) 23:38:49  

     県庁近くのひろしま美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=34&c=0では、1/3(木)から、フランスの風景画の展示が始まります。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「シャルル=フランソワ・ドービニー展  ゴッホが愛した風景画家」2019年1/3(木)〜3/24(日) 
        会期中無休
        午前9時〜午後5時(金曜日は7時まで、入館は閉館の30分前まで)
        入館料金:一般1300円 高大生1000円 小中生600円(
             障がい者手帳持参者本人と同伴者1人が無料
             65歳以上の方は一般当日料金の団体割引が適用されます(1300円→1100円要年齢証明)
             広島県立美術館×広島市現代美術館×ひろしま美術館 相互割引あり
     バルビゾン派の風景画家シャルル=フランソワ・ドービニー(1817-78)は、ゴッホが敬愛し「ドービニーの庭」に描かれた邸宅と庭の主であり、バルビゾン村以外にもノルマンディー地方やオワーズ川の周辺を数多く描き、ゴッホ最期の地オーヴェール=シュル=オワーズを拠点に活動した。アトリエ船で旅をしながら描いたという穏やかな川辺の風景画で知られ、印象派の先駆者と言われる。本格的な個展で、国内外の所蔵のドービニー作品を中心に紹介。
     シャルル=フランソワ・ドービニー
       《ヴォー島、オワーズ川の分流地点》 1870年頃
       《オワーズ河畔》1865年頃
       《ケリティ村の入り口》1871年
       《ブドウの収穫》1863年頃
       《ボッタン号》1869年頃
       《森の中の小川》1866年
       《ヴァルモンドワの森の中(ル・ソスロン)》1877年
       《網を引っ張る見習水夫(版画集「船の旅」より)》1862年
       《アトリエ船 (版画集「船の旅」より)》1862年
       《魚釣りをする見習水夫(版画集「船の旅」より)》1862年 など
    ミュージアム・トーク:1/12(土)2/9(土)3/9(土)午前11時〜正午
     本館ホールにて、学芸員による、定員100名(先着順)事前申込み不要日 時
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11466] 【近現代史社会】2019年に見られる展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/12/31(Mon) 19:48:11  

     年始から見られる、近現代史や社会問題の展覧会を紹介します。この発言を2019年のベースノートとします。ほっとミュージアムに既に紹介済みのものに合わせて、訪問にご利用下さい。なお、既に、年始休館のところが多くございますので、訪問に際しては当該館のサイトなどでご確認下さい。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【北海道】
    北海道開拓の村,☆企画展「写真にみる開拓の姿3 開拓期のくらし」 〜2019年2/17(日)
    小樽市総合博物館,☆企画展「文化遺産といきるまち・小樽市歴史文化基本構想の8つの視点」〜2019年3/31(日)
    浦幌町立博物館,☆「幕末維新を生きた知の巨人 松浦武四郎」〜2019年2/11(月・祝)

    【岩手】
    後藤新平記念館,☆平成30年度 第3回企画展 戊辰戦争150年「賊軍の恥を学問で雪ぐ」〜2019年3/10(日)

    【宮城】
    地底の森ミュージアム(仙台市富沢遺跡保存館)
     ☆2018年度 第87回企画展「もりの風景2018」2019年1/16(水)〜3/10(日)

    【秋田】
    秋田大学国際資源学部附属鉱業博物館
     ☆平成30年度 特別展(秋田大学地方創生センター主催)「秋田に残る鉱山の近代化遺産
       ー絵画に記録された寺崎広業の阿仁鉱山と平福穂庵の荒川鉱山ー」〜2019年1/31(木)

    【埼玉】
    三郷市立郷土資料館
     ☆平成30年度三郷市立郷土資料館企画展・第7回東部地区文化財担当者会巡回展
       「埼玉県東部地区の交通―交通の発展と三郷―」1/11(金)〜2/11(月・祝)

    【東京】
    昭和館
     ☆特別企画展「日本のオリンピック・パラリンピック〜大会を支えた人々〜」2019年3/16(土)〜5/6(月・振)
    旧新橋停車場 鉄道歴史展示室
     ☆第49回企画展「明治150年記念 NIPPON 鉄道の夜明け」〜2019年3/3(日)
     ☆第50回企画展「貨物ステーション カモツのヒ・ミ・ツ」2019年3/19(火)〜6/23(日)
    高麗博物館 
     ☆企画展「3・1独立運動100年〜東アジアの平和と私たち〜」2019年2/6(水)〜6/23(日)
    野球殿堂博物館,☆企画展「野球報道写真展 2018」〜2019年3/3(日)
    郵政博物館,☆明治改元150年記念 企画展「THE STEAMPUNK―螺子巻奇譚―」2019年1/1(火)〜4/7(日)

    渋沢史料館
     ☆没後150年 戊辰戦争150年 「渋沢平九郎 ―幕末維新、二十歳の決断―」〜2019年3/31(日)<会期延長>
    植村冒険館,☆「北極点・グリーンランド単独行」〜2019年1/23(水)
    地下鉄博物館,☆特別展「千代田線全通・半蔵門線開通40周年展」〜2019年1/27(日)
    JRA競馬博物館,☆「ジャパンカップ優勝馬展」〜2019年1/27(日)
    玉川大学教育博物館
     ☆2018年度企画展「明治の教育と博物学
     −こどもたちが学び楽しんだ、自然をめぐるモノづくし−」〜2019年1/27(日)
    清瀬市郷土博物館
     ☆第18回テーマ展示「明治維新と清瀬、そして明治時代の学校」 2019年1/20(日)〜3/31(日)
    五日市郷土館,☆企画展 明治150年「五日市憲法とその時代」〜2019年3/17(日)

    【神奈川】
    根岸競馬記念公苑 馬の博物館
     ☆テーマ展「競馬レトロポスター−地方競馬・西日本編−」〜2019年2/11(月・祝)
    横浜開港資料館
     ☆平成30年度第3回企画展示「明治の戦争と横浜 −伝わる情報、支える地域−」〜2019年1/27(日)
    川崎市市民ミュージアム
     ☆「2018川崎フロンターレ展」〜2019年1/14(月・祝)
     ☆「都市と人間」コレクション展「都市×モニュメント×カタストロフィ」2019年1/26(土)〜4/14(日)

    【京都】
    京都工芸繊維大学 美術工芸資料館,☆「南方熊楠 〜人、情報、自然〜」〜2019年2/23(土)
    京都大学百周年時計台記念館歴史展示室,☆企画展「京都帝国大学と学生スポーツ」〜2019年2/17(日)
    霊山歴史館
     ☆2018年通年特別展「大西郷展 第4期 明治維新から西南戦争へ」〜2019年1/6(日)
       <2019年1/7〜3/7は、リニューアル工事のため休館>
     ☆2019年リニューアル特別展「維新の夜明け 幕末維新の英傑たち」第一期2019年3/8(金)〜4/14(日)
                     第二期4/16(火)〜5/12(日)

    京都市学校歴史博物館
     ☆企画展「京都の学校史をたどる―中学校・高等学校編―
      (旧制中学校・高等女学校・実業学校・新制中学校・新制高等学校)」〜2019年3/24(日)
    京都高島屋グランドホール
     ☆御即位30年 御成婚60年記念特別展「国民とともに歩まれた平成の30年」2019年1/5(土)〜1/21(月)

    【長崎】
    シーボルト記念館,☆第81回企画展「没後150年 楠本たきの生涯」2019年2/1(金)〜3/17(日)

    【熊本】
    玉名市立歴史博物館こころピア,☆「金栗四三展」2019年1/5(土)〜5/6(月・振)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                         明日香 光二/馬場 英明


    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 |


    - 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
    処理 記事No 暗証キー

    - Web Forum -
    - Antispam Version -