ほっとミュージアム 談話室
[ホームへもどる] [新規投稿] [新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
  • 以下は新規投稿順のリスト(投稿記事)表示です。
  • 48時間以内の記事は new! で表示されます。
  • 投稿者のメールアドレスがアドレス収集ロボットやウイルスに拾われないよう工夫して表示しています。
  • 発言サイズは画像も含めて130KBまで、URLは20個までです。
  • その他[留意事項]を良くお読みの上ご利用ください
  • 新規紹介用 でワード検索すると、フォーマット発言が開きます

  •   [No.12251] 【岐阜】サイエンスワールド 投稿者:Quita/北村尚巳  投稿日:2020/01/26(Sun) 00:23:28  

    こんにちは

     岐阜県現代陶芸美術館からの帰りにちょっと寄ってみたのは瑞浪市のサイエンスワールドです。

     なお、データベースのURLは現在別の所へ飛んでしまうので、以下が良いです。

    https://www.sw-gifu.com/

     ここの初代館長の名前「飯尾正和」というのが聞き覚えがあると思いました。周辺の情報を調べてみたら、ほぼ間違いなく高校2年の時の物理の先生でした。


    イベント情報を入れておきます。

    岐阜県高校生サイエンスフェスティバル 2/2 10:00-14:45
    復刻チャレンジワークショップ ウルトラバイオレット 2/8〜3/15(当日会場にて申し込み)
    冬の星空かんさつ会 2/28 18:30-19:30(2/8 9:00から電話で申し込み)
    *場所は館内ではなく中部大学春日井キャンパスの中部大学天文台天体観測所


      [No.12250] Re: 【岐阜】県現代陶芸美術館/小村雪岱スタイル[12/21(土)〜] 投稿者:Quita/北村尚巳  投稿日:2020/01/26(Sun) 00:00:15  

    こんにちは

     岐阜県現代陶芸美術館の「小村雪岱スタイル」行ってきました。

     ここ、常設展は現代陶芸ですが、東濃で最も設備の整った美術館として企画展はもう少し幅広い分野で行われているようです。

     チラシから何がメインなのかよくわからなかったのですが、最初が小村雪岱による肉筆画や版画、続いてこの人のメインと言える装丁や挿絵、最期が影響を受けた以降の工芸という構成でした。

     肉筆画や版画は残っている数が少ないと解説にありました。しかし、十分これで画家としてやっていける作品でした。どちらかというと近代以降の日本画というより浮世絵に近いと思いました。直接師事していないようですが、鈴木春信の系統と言われると確かにそのように見えます。鈴木春信の作品も少しありましたる
     装丁や挿絵は鏑木清方等の後を継いだように書かれていました。装丁は本として展示され、挿絵は原画が主でした。鏑木清方は仕事を奪われて恨んでいたのではなく、ずっと親交があったようです。
     影響を受けた工芸は2019年作という最近のものもありました。

     トータルでは非常に高く評価できる内容で、早くも今年のベストの候補にしたいと思います。

     今年、ここでは国際陶磁器トリエンナーレもあります。


      [No.12249] 【全国】鉄道関係企画展 20年01月以降 その2 投稿者:かずや  投稿日:2020/01/22(Wed) 00:00:35  

    おじゃまします。下記、追加致します。

               かずや:渡辺 和也
    --------------------------------------------------------------------------
    【北海道】
    ・有島記念館
     荒川好夫写真展「北海道 冬」〜蒸気機関車C62 栄光の記録〜
    https://www.town.niseko.lg.jp/arishima_museum/arishima_news/2562/
     ニセコ町鉄道遺産振興事業パネル展「釧路・根室の簡易軌道」〜簡易軌道真狩線を知るために〜
    https://www.town.niseko.lg.jp/arishima_museum/arishima_news/2561/
     注:HPに開催期間が未記載。見学の際は確認を。

    【鳥取】
    ・米子市立山陰歴史館
     令和元年度企画展「国鉄米子鉄道管理局発足からJR西日本米子支社の70年をたどる 」
     2月9日(日)〜3月29日(日)
    http://yonagobunka.net/p/yonagobunka/rekishi/plan/
     注:報告済分。詳細が掲載されたので再掲。

    以上です。


      [No.12248] 【東京】都美術館/ハマスホイとデンマーク絵画[1/21(火)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/01/20(Mon) 19:25:36  

     上野公園の東京都美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=130で明日1/21(火)から開催される北欧絵画の特別展を紹介します。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆特別展「ハマスホイとデンマーク絵画」1/21(火)〜3/26(木)
        月曜と2/25(火)は休館、2/24(月・休)、3/23日月)は開室
        開室時間:午前9時30分〜午後5時30分(金曜と2/19(水)3/18(水)は8時まで、入室は閉室の30分前まで)
        入館料金:一般1600円 大学生・専門学校生1300円 高校生800円 65歳以上1000円
             中学生以下は無料
             3/20(金・祝)〜3/26(木)は18歳以下[平成13(2001)年4/2以降生まれ]無料
             身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳を
                 お持ちの方と付添者1名は無料(要証明)

     身近な人物の肖像、風景、静寂の室内―限られた主題を黙々と描いたデンマークを代表する画家ヴィルヘルム・ハマスホイ(1864-1916)は17世紀オランダ風俗画の影響から “北欧のフェルメール” とも呼ばれる。ハマスホイはじめ、19世紀デンマークの名画を堪能。
     ヴィルヘルム・ハマスホイ《室内》1898年
                 《室内―開いた扉、ストランゲーゼ30番地》1905年
                 《農場の家屋、レスネス》1900年
                 《ピアノを弾く妻イーダのいる室内》1910年

    講演会:講堂(交流棟 ロビー階)にて、午後2〜3時30分
        定員225名(当日1時より講堂前で整理券配布、定員で終了))
    2/8(土)「不安な絵画―ハマスホイと北欧の画家たち」佐藤直樹氏(東京藝術大学 准教授)
    2/22(土)「19世紀のデンマークとヴィルヘルム・ハマスホイ」萬屋健司氏(山口県立美術館 学芸員)

    イブニング・レクチャー:講堂(交流棟 ロビー階)にて、午後6時〜30分
        定員225名(当日開始20分前より開場、定員で終了)
    2/14(火)、3/6(金)高城靖之氏(本展担当 学芸員)

    ART meets MUSIC:東京都交響楽団メンバーによる弦楽四重奏
     2/27(木)東京文化会館 小ホール(台東区上野公園5-45)にて「午前11時〜正午(10時30分開場)
     要入場整理券:1/21(火)から東京都美術館のインフォメーション(LB階)で配布、定員で終了

    障害のある方のための特別鑑賞会 事前申込制
    3/9(月)午前10時〜午後4時 
     対象身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳などをお持ちの方各回350名とその介助者1名 申込期間 〜2/3(月)、申込方法などは館サイトへ
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12247] Re: 【岐阜】市の神社 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/01/20(Mon) 19:24:48  

    Quitaさん、こんにちは。
    いや、タイトルが水族園の内容で、コメントが延びたのでタイトルを変えました。
    中身が文化的な内容は、話はOKです!

    > 岐阜市を代表する神社というと、どちらかというと伊奈波神社の方が上でしょうね。ここが初詣客数が岐阜県一のはずです。
    > ちょっと調べたら伊奈波神社と金神社の祭神は夫婦だと書かれていました。

     本当にさまざま、存じ上げませんでした。
     古代の岐阜=美濃というと、壬申の乱を起こした大海人皇子の湯沐邑(ゆのむら)すなわち、育ったところもしくは養育した豪族が居たところ、として知られているが、神話のことは存じませんでした。もっとも、垂仁天皇なら系譜的には歴史時代ですから、伝承でも、古墳があっても良いぐらいなんですけれどね。
     また、「伊奈波」神社は「いなば」であり「稲葉山」のいなば、と「金」神社は、「金華山」の金なんですね。なるほど、岐阜らしい命名、由来神社だし、岐阜訪問の際には訪れてみようと思います。

                     明日香 光二/馬場 英明


      [No.12246] Re: 【岐阜】世界淡水魚園水族館/ブラジル・パンタナール大湿原 アマゾンを超える水の楽園 〜第2章 残された森〜 投稿者:Quita/北村尚巳  投稿日:2020/01/19(Sun) 23:29:05  

    こんにちは

    > 「金神社」はやはり、岐阜市を代表する神社ですか。
    > なかなかインパクトのある社名で、人気がありそうですね。

     岐阜市を代表する神社というと、どちらかというと伊奈波神社の方が上でしょうね。ここが初詣客数が岐阜県一のはずです。

     ちょっと調べたら伊奈波神社と金神社の祭神は夫婦だと書かれていました。

     


      [No.12245] Re: 【鳥取】砂の美術館 投稿者:Quita/北村尚巳  投稿日:2020/01/19(Sun) 23:11:08  

    こんにちは。


    > たしかに。鳥取と言えば砂ですから、ここが入っていないのも変な感じですが、野外(ですよね?)だから、ちょっと遠慮があったか。もちろん、野外メインの館もこのデータベースに多数はいっています。

     ここ、実は最初は野外でスタートしたのですが、現在は3F建ての屋内展示館が主となっています。


      [No.12244] 【大阪】今東光記念館/平泉 中尊寺 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/01/18(Sat) 23:33:30  

     八尾市の今東光記念館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=131
    で開催中の展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆第9回秋季企画展「平泉 中尊寺」〜3/8(日)
        月曜休館(祝日の場合は開館)
        入館無料

     豪快な人柄と歯に衣着せぬ物言いから毒舌和尚と呼ばれた今東光は、昭和40年(1965)年、67歳の時天台宗東北大本山中尊寺貫主を拝命し、僧侶として中尊寺の復興に力を尽くし、また蝦夷に心を寄せた別の一面を紹介。また昭和42年、淡交新社から刊行された 直筆原稿『平泉中尊寺』−直筆原稿を初公開!
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12243] 【静岡】資生堂アートハウス/春を詠う、春に詠う 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/01/18(Sat) 23:32:30  

     掛川市の資生堂アートハウスhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=22&c=78で開催中の展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「春を詠う、春に詠う−詩歌と愉しむ美術 日本画・洋画・工芸−」〜4/12(日)
        月曜休館(祝日でも休館)
        入館無料
     収蔵品の中から春にちなんだ作品を選び、日本画、洋画、工芸、現代美術を取り混ぜた展覧会。
     日本画を始め、日本人による洋画、また、漆芸や陶芸、人形などの工芸品からも春にちなんだ作品を選び、さらには、春に題材を採った詩歌(和歌、俳句、漢詩、現代詩)を併せて紹介。美術と文学が共に詠う、春爛漫の気分に満ちた空間の中で、訪れた新しい季節に思いを巡ら、観る悦びと読む悦びを満喫する。
        上村松篁 「春静」 1978年
        奥村土牛 「猫」 1974年
        牛島憲之 「花曇る」 1981年
        鹿児島寿蔵 「梅花粧」 1962年
        田村耕一 「青磁椿壺」 1982年 など

    「桜花のもてなし」〜2/16(日)ロビーにて
       京都「花政」による、桜の生け込み

    「学芸員によるギャラリートーク」2/28(金)3/28(土)午後2時30分〜
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12242] 【兵庫】伊丹市立美術館/浅野竹二 版を奏でる[1/18(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/01/18(Sat) 23:31:20  

     みやのまえ文化の郷の、伊丹市立美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=85で本日から始まっている展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆コレクション2「浅野竹二 版を奏でる」1/18(土)〜3/1(日)
       月曜休館(祝日の場合は翌日)
       入館料金:一般500円 高大生250円 小中生100円
            兵庫県内の小中学生はココロンカード提示にて無料
            4市1町(伊丹市・川西市・宝塚市・三田市・猪名川町)の高齢者割引有
                       (平日は60歳以上、土日祝は65歳以上)

     自画、自刻、自摺りにこだわり独自の世界を貫いた木版画家で、京都生まれの浅野竹二(1900-1999)。生活のため写実的な名所絵版画を制作する一方、自由な表現を模索し「自由版画」の個展も開催。ベン・シャーンの助言もあり、独自のスタイルを確立。大胆にデフォルメされた、簡潔でユーモラスなフォルム、動物たちや人生の哀歓を感じさせる人物など、庶民の暮らしを愛し、生きとし生けるものに温かい眼差しを注ぎ続けた浅野竹二の芸術世界を、創作版画の変遷とともにたどる。
     《露店の女》1965年 木版,和紙
     《夜のサキソホン》1981年 木版,和紙
     《走る馬》1979年 木版,和紙
     《舟にのる鳥》1986年 木版,和紙  など

    ギャラリー・トーク:担当学芸員:2/1(土)午後2時〜約40分 申込不要
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 |


    - 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
    処理 記事No 暗証キー

    - Web Forum -
    - Antispam Version -