ほっとミュージアム 談話室
[ホームへもどる] [新規投稿] [新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
  • 以下は新規投稿順のリスト(投稿記事)表示です。
  • 48時間以内の記事は new! で表示されます。
  • 投稿者のメールアドレスがアドレス収集ロボットやウイルスに拾われないよう工夫して表示しています。
  • 発言サイズは画像も含めて130KBまで、URLは20個までです。
  • その他[留意事項]を良くお読みの上ご利用ください
  • 新規紹介用 でワード検索すると、フォーマット発言が開きます

  •   [No.11139] 【長野】しもすわ今昔館おいでや←儀象堂+下諏訪町埋蔵文化財センター 投稿者:   投稿日:2018/04/14(Sat) 22:30:47  
    【長野】しもすわ今昔館おいでや←儀象堂+下諏訪町埋蔵文化財センター (画像サイズ: 554×416 85kB)

    リニューアルオープンに伴い変更になっています。

    ==================================================================
    施 設 名:しもすわ今昔館おいでや
    ふりがな:しもすわこんじゃくかん おいでや
    英文表記:Shimosuwa Konjakukan Oideya
    分野 :歴史、科学・産業
    郵便番号:393−0015
    都道府県:長野県
    市区町村:諏訪郡下諏訪町
    所在地:3289番地
    電話番号:0266-27-0001
    FAX: 0266-26-1177
    URL:http://konjakukan-oideya.jp
    公共交通:下諏訪駅から約700m、徒歩10分
    道路案内:長野道・岡谷I.C.から約5km、車15分
         中央道・諏訪I.C.から約15km、車25分
    開館時間:3月〜11月 9:00〜17:00
         12月〜2月 9:00〜16:30
    休 館 日:年中無休
    入館料金(常設時):大人600円(20人以上の団体500円)
              小中学生300円(20人以上の団体250円)
              障害者割引 大人300円、小中学生150円
              (手帳のある人と付添1人)
              「日本電産サンキョーオルゴール記念館すわのね」との共通券あり
    展示内容:時計工房 儀象堂(旧・諏訪湖時の科学館 儀象堂)
          時計の仕組み、水運儀象台の再現、下諏訪町の歴史、お祭りシアター
         星ヶ塔ミュージアム 矢の根や(旧・下諏訪町埋蔵文化財センター)
          下諏訪町と黒曜石、縄文人と黒曜石、星ヶ塔遺跡の黒曜石採掘ジオラマ
    観覧時間:1時間程度
    その他(販売・友の会など):ミュージアムショップあり、時計の制作体験(有料)
                  休憩室(入館料不要)
    報 告 者:Quita/北村 尚巳(2018/4/14訪問)
    ==================================================================

     諏訪湖時の科学館 儀象堂のリニューアルオープンに伴い、下諏訪町埋蔵文化財センターと運営が統合になり、総称して「しもすわ今昔館おいでや」という名が付きました。

     町役場の観光振興局と観光協会もこの中にあり、諏訪大社周辺の観光客に対しての案内所、休憩所という機能も持っています。レンタサイクルの貸出も行われています。


      [No.11138] 【全国】鉄道関係企画展 18年04月以降 その2 投稿者:かずや  投稿日:2018/04/08(Sun) 17:30:09  

    おじゃまします。下記、追加致します。

               かずや:渡辺 和也
    ---------------------------------------------------------------------------
    【岩手】
    ・花巻市総合文化財センター
     「SL銀河写真展〜いわての四季を走る〜」
     2月23日(金)〜5月6日(日)
    http://www.city.hanamaki.iwate.jp/bunkasports/501/sogobunkazai/p008629.html

    【千葉】
    ・千葉県立中央博物館
     平成30年度春の展示 明治150年記念事業
     千葉の鉄道物語  線路が拓いた「観る・住む・運ぶ」
     19年2月23日(土)〜6月2日(日)
    注:来年開催のため、アドレス省略(同館HPに記載あり)

    以上です。


      [No.11137] 【京都】府立堂本印象美術館/堂本印象 創造への挑戦 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/04/08(Sun) 01:07:53  

     金閣寺近くの京都府立堂本印象美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=1では、リニューアル記念の展示を開催中です。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆企画展 リニューアルオープン記念展覧会「堂本印象 創造への挑戦」前期:〜4/30(月・振)
                                 後期:5/2(水)〜6/10(日)

       月曜休館(4/30(月・振)は開館し、5/1(火)休館]
       午前9時30分〜午後5時(金曜は7時30分まで、入館は閉館30分前まで)
       入館料金:一般500円 高大生400円 小中生200円
            65歳以上の方(要証明)および障害者手帳をお持ちの方(介護者1名を含む)無料
     日本画家で文化勲章受章者の堂本印象(1891〜1975)によって1966年10月に開館し、1992年に府立として再開館。印象の作品だけではなく、日本画をテーマにしたさまざまな企画展を実施したが、創立50周年を記念して大規模改修工事を行う。リニューアルオープン記念展の第一弾として、常に新しい日本画を追求し続けた堂本印象の多彩な画業を紹介。
     大正時代の若き日の出世作「調鞠図」が26年ぶりの公開。最晩年に最高裁判所のために描いた長さ11mの巨大額絵「豊雲」も特別展示。
     「訶梨帝母」1922年 4/30まで展示
     「乳の願い」1924年
     「交響」1961年
     「調鞠図」1921年 4/30まで展示
     「木華咲耶媛」1929年
     「豊雲」1974年
     「高山寺縁起絵巻」1944年 上巻:4/30まで展示 下巻5/2〜6/10展示  など

    同時開催「野外彫刻展」〜5/6(日)

    ギャラリーツアー:学芸員による作品解説:4/28(土)5/12(土)6/2(土)午後2時〜

    ジャワ宮廷舞踊とガムランコンサート
    スムナル・ラングン Sumunar Langgeng 〜とわの輝き〜
    4/30(月・振)HANA★JOSS(ローフィット・イブラヒム/佐々木宏実)
          舞踊=西岡美緒、坂口裕美子
    第1部:午後1時30分〜 第2部:2時30分〜 美術館敷地内イベント広場にて(雨天の場合は屋内)

    講演会:5/27(日)館ロビーにて、午後2〜3時、入館券のみ
    「最高裁判所の依頼画にまつわる話など」松尾敦子氏(学芸員)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11136] 【京都】国立博物館/池大雅 天衣無縫の旅の画家 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/04/08(Sun) 00:45:00  

    東山七条の京都国立博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=61では、江戸時代の文人画家の展示が始まりました。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「特別展 池大雅 天衣無縫の旅の画家」〜5/20(日)
      月曜休館(4/30(月・休)は開館、5/1(火)は休館)
      開館時間:午前9時30分〜午後6時(金土は8時まで、入館は閉館30分前まで)
      入館料金:一般1500円 大学生1200円 高校生900円 中学生以下無料
           身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、戦傷病者手帳、被爆者健康手帳
             提示者と介助者1名無料
     清新で衒いのない明るさに満ちた作品で、江戸時代中期の京都画壇で与謝蕪村とともに「南画の大成者」と並び称される池大雅(1723〜76)の、初期から晩年にいたる代表作を一堂に集め、その画業の全体像を紹介し、人となりや幅広い交友関係を示す資料を通して、当時から愛された人間大雅の魅力に迫る。また大雅が日本各地を訪ね、絵画制作に果たした役割についても検証する。
      渭城柳色図 池大雅筆 新潟・敦井美術館(通期展示)
      寒山拾得図 池大雅筆 (前期:4/7〜30展示)
      四季歌賛(4幅のうち) 池大雅筆(通期展示)
      三岳紀行図屏風 池大雅ほか筆 当館(通期展示)
      重文 蘭亭曲水・龍山勝会図屏風のうち龍山勝会図 池大雅筆 静岡県立美術館(通期展示)
      国宝 楼閣山水図屏風(右隻) 池大雅筆 東京国立博物館(後期:5/2〜20展示)
    記念講演会:平成知新館 講堂にて、午後1時30分〜3時、定員200名
     当日12時より、平成知新館1階グランドロビーにて整理券配布、定員になり次第、配布を終了、入館券のみ
    4/14(土)「西湖への憧れ―大雅の名勝図を体感する―」出光 佐千子 氏(青山学院大学 准教授/出光美術館 学芸員)
    4/21(土)「旅する画家の絵」福士 雄也氏(研究員)
    4/28(土)「池大雅の絵画―あるいは卵の殻と黄身との関係―」佐藤 康宏 氏(東京大学大学院 教授)
    5/12(土)「大雅と蕪村―十便十宜図を中心に―」小林 忠 氏(岡田美術館 館長)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11135] 【兵庫】伊丹市立美術館/写真家 ソール・ライター展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/04/08(Sun) 00:42:41  

     みやのまえ文化の郷の伊丹市立美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=83では、世界的な写真家の展示が始まりました。 
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「ニューヨークが生んだ伝説 写真家 ソール・ライター展」〜5/20(日)
        月曜休館(4/30は開館、5/1は休館)
        入館料金:一般800円 高大生450円 小中生150円
            兵庫県内の小中学生はココロンカード提示にて無料
            4市1町(伊丹市・川西市・宝塚市・三田市・猪名川町)の高齢者割引(平日は60歳以上、土日祝は65歳以上)
    1950年代からニューヨークで第一線のファッション・カメラマンとして活躍するも、80年代に商業写真から退いたが、2006年、ドイツのシュタイデル社から出版された作品集をきっかけに再び脚光を浴びたソール・ライター(1923-2013)。2012 年にはドキュメンタリー映画でその名前と作品が多くの人々に知られる。ニューヨークのソール・ライター財団の全面的な協力を得て、同財団所蔵の写真作品(モノクロ、カラー)をはじめ、絵画作品やスケッチブックなどを含めた約200点を一堂に紹介し、「私たちが見るものすべてが写真になる」というライター自身の言葉おように、日常のなかで見過ごされがちな一瞬をとらえ、「カラー写真のパイオニア」と称された伝説の写真家の軌跡に迫る。

    記念講演会:4/15(日) 午後2時〜、美術館1階講座室にて、定員120名、入館券のみ
    マーギット・アーブ氏(ソール・ライター財団創設者/ディレクター)当日10時より1階チケット受付にて整理券配布

    特別上映会「写真家ソール・ライター 急がない人生で見つけた13のこと」
    4/29(日)・5/12(土) 11時15分〜(11時開場) 美術館講座室にて
    定員80名、当日10時より1階チケット受付にて整理券配布
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11134] 【京都】大学総合博物館/足もとに眠る京都 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/04/05(Thu) 23:50:01  

     京都大学総合博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=32では、 京都市考古資料館と共催で、京都市内の考古学の展示を開催中です。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆平成30年度企画展 京都大学文化財総合研究センター設立40周年記念・文化財発掘IV
    「足もとに眠る京都─考古学からみた鴨東の歴史─飛鳥〜室町時代編」〜6/24(日) 
         月・火曜休館(祝日平日に関わらず)
         入館料金:一般400円 高大生300円 小中生200円 

     鴨川の東、比叡山から東山の山麓にひろがる「鴨東」一帯に、1万年前から残る遺跡の発掘調査の成果を紹介。
     吉田キャンパスが位置する鴨東の古代〜中世の歴史を物語る資料を展示。構内の遺跡からは、奈良時代の貨幣や土器、平安時代梵鐘鋳造遺構出土の鋳型や道具類、吉田泉殿など鎌倉〜室町時代の邸宅や屋敷跡から出土した軒瓦や各種の土器・陶磁器類を紹介。 7世紀の巨大寺院の北白川廃寺やその下層の飛鳥時代集落、平安後期の院政期の栄華を象徴する白河街区と六勝寺、など大学周辺の資料も陳列。

    講演会:博物館本館3階講演室にて、午後1時30分〜3時、入館料のみ、申込不要、先着順

    第1回 5/19(土)「足もとの歴史を探る─京大構内発掘40年のあゆみ─」千葉 豊氏(文化財総合研究センター准教授)
            「縄文時代の巨木の発掘と研究─北白川追分町遺跡の調査成果から─」村上由美子氏(総合博物館准教授)
    第2回 6/2(土)「遺跡発掘と自然科学─考古学とつきあって─」竹村惠二氏(大学院理学研究科教授)
    第3回 6/9(土)「梵鐘鋳造遺構の発掘調査から始まった梵鐘鋳造技術の研究」五十川伸矢氏(鋳造遺跡研究会会長)
    第4回 6/16(土)「中世公家の伝領と吉田地域─勧修寺家本『御遺言条々』を中心に─」
                    吉江 崇氏(大学院人間・環境学研究科准教授)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11133] 【京都】市考古資料館/足もとに眠る京都 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/04/05(Thu) 23:49:21  

     今出川の京都市考古資料館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=12では、京都大学総合博物館と共催で、京都市内の考古学の展示を開催中です。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆平成29年度後期特別展示「足もとに眠る京都
         −考古学からみた鴨東の歴史−旧石器〜古墳時代編」〜6/24(日)       月曜休館(祝日の場合は翌日)    
           入館無料
     京都大学総合博物館の「2018年度企画展・文化財総合研究センター40周年記念 文化財発掘IV」と共同開催という形で開催。
     京都大学では国内で最も早く考古学講座が設けられ、大学の構内を含めた鴨東地域の調査も主体的に実施。公益財団法人京都市埋蔵文化財研究所も長年鴨東地域の調査も多く手掛け、鴨東地域の考古資料の蓄積は豊富。
     両館で同じ鴨東(北白川・吉田・岡崎)地域を取り上げ、旧石器時代から古墳時代を京都市考古資料館、飛鳥時代から室町時代を京都大学総合博物館と、時代を分けてリレー方式での展示。
      岡崎遺跡で旧石器時代に生きた大型哺乳類の足跡
      縄文時代、北白川の集落、上終町遺跡で早期の建物
      追分町遺跡(京大北部構内)では中期以降の建物や墓
      吉田二本松町遺跡(京大吉田南構内)で弥生時代の前期水田や中期の墓
      吉田で多くの埴輪を伴う首長の墓  など
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11132] 【千葉】市美術館/百花繚乱列島[4/6(金)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/04/05(Thu) 23:48:14  

     モノレール葭川公園の千葉市美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=12&c=0では、江戸時代の絵師の展示が4/6(金)から開催されます。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「百花繚乱列島ー江戸諸国絵師めぐり−」4/6(金)〜5/20(日)
           前期:4/6(金)〜5/6(日)、5/7(月)休館
           後期:5/8(火)〜5/20(日)
        午前10時〜午後6時(金土は8時まで、入館は閉館30分前まで)
        入館料金:一般1200円 大学生700円 高校生以下無料
          リピーター割引:本展有料チケット提示で会期中2回目以降半額
          障がい者手帳をお持ちの方と介護者1名は無料
     江戸時代中後期、全国で土地の出身や、藩の御用絵師など、いわば「ご当地絵師」とも呼ぶべき、個性的な画人が輩出。
     仙台で菅井梅関・東東洋を筆頭とする「四大画家」、水戸の奇才林十江、名古屋出身で京で活躍した山本梅逸や田中訥言、鳥取で花鳥画の黄金期を築いた土方稲嶺や片山楊谷、讃岐出身で全国を放浪した篆刻家細川林谷など。実力派絵師達の作品、上方や長崎で制作されたご当地の版画作品まで。
      菅井梅関《梅月図》 仙台市博物館蔵
      山本梅逸《花卉草虫図》 名古屋市博物館蔵(展示期間 4/6-5/6)
      片山楊谷《猛虎図》三幅対のうち左幅 個人蔵
      沼田月斎《二美人図》 名古屋市博物館蔵(展示期間 4/6-5/6)
      土方稲嶺《猫と糸瓜図》 鳥取県立博物館蔵
      林十江《蝦蟇図》 東京国立博物館蔵   など

    講演会:午後2時より(1時30分開場予定)11階講堂にて、無料、先着150名
               当日12時より11階にて整理券配布
    4/21(土) 「尾張名古屋は西か東か?」神谷浩氏(名古屋市博物館副館長)
    5/12(土) 「地方絵師の熱情―「仙台四大画家」の江戸と西国―」内山淳一氏(仙台市博物館副館長)
    4/28(土)「6つのキーワードでめぐる百花繚乱列島」松岡まり江氏(学芸員)市民美術講座

    千葉のうまいもん!市:5/5(土・祝)午前11時〜午後5時 1階さや堂ホールにて

    ファミリープログラム「わんことお散歩!」5/12(土)、13(日)午前11時〜午後3時
    対象:小学生とその保護者  内容や申込方法は館サイトへ

    ギャラリートーク
    担当学芸員による ―4/11(水)午後2時〜
    ボランティアスタッフによる ― 毎週水曜日(4/11を除く)午後2時〜

    同時開催「千葉が生んだ浮世絵の祖 菱川師宣とその時代」
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11131] 【神奈川】岡田美術館/田中一村の絵画[4/6(金)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/04/05(Thu) 23:47:22  

     箱根の岡田美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=14&c=114では、奄美を描いた田中一村の展示が4/6(金)から開催されます。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆特別展「初公開 田中一村の絵画―奄美を愛した孤高の画家―」4/6(金)〜9/24(月・祝)
       会期中無休
        入館料金:一般・大学生2800円 小中高生1800円
     田中一村(1908〜77)の生誕110周年を記念し、館蔵の一村の作品5点を初公開。50歳で奄美大島へ移住し、亡くなるまでの20年間、日本画の題材となることのなかった亜熱帯の生きものを写し描いて、独自の画境を拓き、生前は無名に等しかったものの、近年再評価が著しい。
     本展では、この奄美時代に制作された稀少な作品のうち、「白花と赤翡翠」「熱帯魚三種」のほか、最高傑作と名高い「アダンの海辺」(個人蔵、展示期間8/24〜9/24)を特別に展示。濃密な花鳥画で、時代を超えて一村と通じ合う伊藤若冲、東京美術学校の同級生であった東山魁夷の作品や、一村が学んだ中国画・文人画・琳派の作品、近代の花鳥画、陶磁や漆工芸も併せて紹介。
       田中一村「熱帯魚三種」昭和48年(1973)
             「あぢさい」
             「花菖蒲」
       東山魁夷「朝の聖堂」
       伊藤若冲「花卉雄鶏図」江戸時代中期
       呉昌碩(ごしょうせき)「牡丹図」<br/>中華民国9年(1920)  など    

    講演会:午後1〜2時30分、5階ホールにて、定員80名、入館料のみ、電話にて申込0460-87-3931
    4/22(日)7/29(日)「田中一村と生命の輝き」小林忠氏(館長)
    9/16(日)「一村の愛した奄美」宮崎緑氏(千葉商科大学教授・田中一村記念美術館館長)

    館長によるギャラリートーク:毎月第1・3水曜、午前11時〜
    学芸員によるギャラリートーク:毎週金曜、午前11時〜
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11130] 【東京】ステーションギャラリー/くまのもの 投稿者:   投稿日:2018/04/03(Tue) 22:56:56  

    こんにちは

     国立科学博物館の前に軽く寄ることにしたのは東京ステーションギャラリーの「くまのもの」でした。

     隈研吾の建築を素材ごとに紹介するという切り口はおもしろいのですが、建築の展覧会だとどうしても展示の中心は模型や写真のため、すごく良かったとは言えない部分があります。


    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 |


    - 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
    処理 記事No 暗証キー

    - Web Forum -
    - Antispam Version -