ほっとミュージアム 談話室
[ホームへもどる] [新規投稿] [新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
  • 以下は新規投稿順のリスト(投稿記事)表示です。
  • 48時間以内の記事は new! で表示されます。
  • 投稿者のメールアドレスがアドレス収集ロボットやウイルスに拾われないよう工夫して表示しています。
  • 発言サイズは画像も含めて130KBまで、URLは20個までです。
  • その他[留意事項]を良くお読みの上ご利用ください
  • 新規紹介用 でワード検索すると、フォーマット発言が開きます

  •   [No.12518] 【大阪】あべのハルカス美術館/奇才―江戸絵画の冒険者たち― 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/09/12(Sat) 22:36:18  

     あべのハルカス美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=19で始まった展示を紹介します。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「奇才―江戸絵画の冒険者たち―」〜11/8(日)
       9/28(月)10/12(月)26(月)休館
       開館時間:午前10時〜午後8時(月土日祝は6時まで、入館は閉館30分前まで)
       入館料金:一般1400円 高大生1000円 小中生500円
            障がい者手帳所持者と付き添い者1名は半額

     江戸絵画史上、各流派から「異端」とされ、既成の殻を打ち破り自由で斬新な発想の絵師たちを見直す動きが活発である。既成の枠を打ち破った絵師を「奇想」とするなら装飾性を絵画の世界に持ち込んだ俵屋宗達・尾形光琳や写生の新しい方向を試みた円山応挙など、従来の通史で取り上げられた絵師たちも含めるべきと考え、有名・無名の絵師たちを見直し、斬新な表現に挑んだ「奇才」の絵師たちを一堂に集める。

     葛飾北斎《上町祭屋台天井絵 男浪》小布施町上町自治会蔵
     葛飾北斎《東町祭屋台天井絵 龍図》小布施町東町自治会蔵

     [展示期間]イコトイ(左):9/12〜10/11
     蠣崎波響《御味方蝦夷之図 イコトイ》函館市中央図書館蔵

     [展示期間]10/13〜11/8
     蠣崎波響《御味方蝦夷之図 ションコ》函館市中央図書館蔵
     重要文化財 長沢蘆雪 《龍図襖》無量寺・串本応挙芦雪館蔵 
     重要文化財 狩野山雪《寒山拾得図》真正極楽寺 真如堂蔵
     重要文化財 長沢蘆雪 《虎図襖》無量寺・串本応挙芦雪館蔵 など

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12517] 【京都】美術館「えき」KYOTO/キスリング展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/09/12(Sat) 22:34:54  

     美術館「えき」KYOTOで開催がはじまった展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「キスリング展  エコール・ド・パリの巨匠」〜10/25(日)
        会期中無休
        開館時間:午前10時〜午後7時30分(最終日は午後5時閉館、入館は閉館30分前まで)
         事前予約不要だが、混雑状況により入館をお待ちいただく場合あり
        入館料金:一般1000円 高大生800円 小中生600円
             「障害者手帳」提示者と同伴者1名は200円割引

     ポーランドから芸術の都パリへ出た19歳のキスリング(1891-1953)は、キュビスムやフォーヴィスムなどの新しい絵画運動に触れ、モンマルトルやモンパルナスの地でピカソ、モディリアーニ、藤田嗣治ら多くの芸術家と交友を深め、エコール・ド・パリの仲間となる。初期作品には彼らの影響を受けたキュビスム的な作風が見られるが、前衛表現よりも人物表現にレアリスムに裏打ちされた個性的な作風を築く。1920〜30年代のパリで「モンパルナスのプリンス」と呼ばれた肖像、花、静物などの様々な主題の作品を、海外の美術館をはじめ国内の美術館や個人コレクションから紹介。
      《ベル=カズー(コレット・ド・ジュヴネル)》1933
      《マルセイユ》1940
      《肖像画》1946
      《ミモザの花束》1946
      《果物のある静物》1914
      《赤い長椅子の裸婦》1937 など
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12516] 【大阪】市立東洋陶磁美術館/天目―中国黒釉の美 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/09/12(Sat) 20:51:40  

     中之島の大阪市立東洋陶磁美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=32で開催中の展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆特別展「天目―中国黒釉の美」 〜11/8(日)
     同時開催[特集展]現代の天目―伝統と創造
      月曜休館(9/21は開館)9/23(水)は休館
      入館料金:一般1400円 高大生700円
           中学生以下、障がい者手帳などをお持ちの方(介護者1名を含む)
           大阪市内在住の65歳以上の方は無料(証明書等提示)
     日本に伝世する中国製の天目(茶碗)のうち、注目される曜変天目と油滴天目は中国宋時代に建窯でつくられた黒釉茶碗の最高峰。館蔵の国宝・油滴天目はじめ中国陶磁の歴史において、重要な系譜の一つである天目をはじめとする黒釉陶磁にスポットをあて、唐時代から宋・金時代の作品計24点により、中国黒釉の世界とその美に迫る。同時開催の特集展では、近現代の作家による伝統と創造による天目の多彩な表現を紹介。

     国宝・油滴天目 南宋時代・12〜13世紀/建窯
     重要文化財・木葉天目 南宋時代・12〜13世紀/吉州窯
     黒釉白斑壺 唐時代・8〜9世紀
     黒釉堆線文水注 金時代・12〜13世紀 など
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
     9/6(日)に近くを訪れて、久しぶりに大阪市内中心部に立ち寄っています。
     今のところ、このデータベース向けの“ミュージアム”とは考えていないのですが、ちょうど隣に安藤建築の「こども本の森 中之島」がオープンしています。意外に小さな建物です。
     
     少量でも、“美しいもの”を見て、人心地つこうと思い、果たせました。
     「天目」って、藤田美術館が所蔵している「曜変天目」しか頭になかったのですが、私たちの知る「茶碗」の形をしたものは「天目」なんですね。もっとも、今回の展示は黒釉陶磁に限られていたので、何れも高級感というか重み感がありました。
     「油滴天目」が本展の目玉で、まさに油滴のような細かい斑点が宇宙のようで美しいのですが、数点出品されていた禾目(のぎめ)天目も並んで美しいものでした。“禾(のぎ)”とは細かい刷毛目が輝いているもので、木の葉の葉脈がそのまま焼き込まれている「木葉天目」もですが、輝く黒の中に細やかな模様が湧き出る美しさ、を堪能できました。
     茶碗の模様って、シンメトリーあるいは規則的ではない予想外のものが好まれるようですが、私は「ミクロな宇宙美」を見ました。現代の作品たちにも、金・南宋の古典作品と何の境目もなく、ミクロコスモスを感じることが出来ました。

                 明日香 光二/馬場 英明


      [No.12515] 【全国】鉄道関係企画展 20年09月以降 投稿者:かずや  投稿日:2020/09/07(Mon) 23:07:38  

    おじゃまします。

    9月以降開催の内容をまとめて直してみました。
    ご紹介やコメントをいただいた皆さんに、感謝致します。

                      かずや:渡辺 和也

    注:各館では、利用制限や予定変更がある場合もあります。
      開館状況や各館からのお知らせなどは、必ずお確かめください。
    -------------------------------------------------------------
    ・以下は、主に各館のトップページのアドレスを記載。
     9月までの開催分のうち、9月6日(日)までに終了したものは
     除いてあります。

    【北海道】
    ・新十津川町開拓記念館
    http://www.town.shintotsukawa.lg.jp/kanko/detail/00000355.html

     新十津川町開町130年特別展2
     〜10月31日(土)
     注:館収蔵の鉄道物品を展示

    ・釧路市立博物館
    https://www.city.kushiro.lg.jp/museum/index.html

     新着資料ミニ展示「太平洋石炭販売輸送 臨港線」
     4月11日(土)〜9月27日(日)

     企画展「道東の鉄路〜国鉄釧路機関区・酒井豊隆の記録〜」
     7月11日(土)〜9月27日(日)

    ・札幌市資料館
    http://www.s-shiryokan.jp/
     
     写真&資料展「定鉄電車で温泉へ」
     (開催予定:11月17日(火)〜11月29日(日)) 

    【福島】
    ・三島町交流センター山びこ
    http://www.yuruibata.jp/

     企画展 奥会津只見線応援企画〜只見線写真と幻の路線図
     8月8日(土)〜10月11日(日)

    【栃木】
    ・那須歴史探訪館
    http://www.town.nasu.lg.jp/0302/info-0000000578-1.html#1a69-4262-b5bf-e3eb-96febbd38605d30a
     
     テーマ展 街道から鉄道へ〜道の昔話〜
     6月25日(木)〜9月13日(日)

    【東京】
    ・港区立郷土歴史館
    https://www.minato-rekishi.com/

     特別展「1964年東京オリンピックと都市の交通 −今にいきるオリンピック・レガシー−」
     7月18日(土)〜9月22日(火・祝)

    ・豊島区立郷土資料館
    http://www.city.toshima.lg.jp/bunka/bunka/shiryokan/index.html

     2020年度収蔵資料展 豊島区を走る都電
     10月2日(金)〜2021年1月10日(日)

    【愛知】
    ・瀬戸蔵ミュージアム
    http://www.city.seto.aichi.jp/docs/2011031500092/

     企画展「せとでんに緑色の電車が走った時代」
     〜2021年3月31日(水)

    ・豊田市近代の産業とくらし発見館
    http://www.toyota-hakken.com/top.html

     企画展「開業100年の挙母駅と名鉄三河線」
     10月23日(金)〜2021年3月7日(日)

    【大阪】
    ・大阪府立弥生文化博物館
    http://www.kanku-city.or.jp/yayoi/

     令和2年度冬季企画展
     泉州を貫く軌跡−阪和電鉄全通90周年−
     2021年1月16日(土)〜3月28日(日)

    【鳥取】
    ・鳥取市あおや郷土館
    http://www.tbz.or.jp/kyoudokan/

     JR青谷駅開業115年 青谷駅と駅前の今昔物語
     (開催予定:2021年2月下旬〜3月中旬を予定)
     注:開催期間を4月25日(土)〜5月24日(日)から
       2021年2月下旬〜3月中旬(予定)に変更。

    【広島】
    ・広島県立文書館
    https://www.pref.hiroshima.lg.jp/site/monjokan/

     パネル展「広島の路面電車」−写真で見る創業・被爆・現在−
     7月10日(金)〜9月26日(土)

    ・みよし風土記の丘ミュージアム(広島県立歴史民俗資料館)
    https://www.pref.hiroshima.lg.jp/site/rekimin/

     令和2年度 風土記の丘ギャラリー「県北の貨物列車」
     〜10月18日(日)

    【山口】
    ・山口市小郡文化資料館
    http://cmogori.ec-net.jp/index.html

     山口市小郡文化資料館×小郡図書館 共催事業
     新山口駅(旧小郡駅)開業120周年記念
     企画展「黒耀の鉄神 蒸気機関車 vs 白き弾丸 新幹線」
     8月1日(土)〜10月18日(日)

    以上です。


      [No.12514] 【ほっとミュージアム】9月改訂されています 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/09/02(Wed) 21:36:11  

     8月末までに談話室にアップされた情報をもとに、三ッ木さんにデータ編集を、ほりうちさんにサイト作成を担当して頂き、改訂をしています。ほりうちさん、三ッ木さん、作業ありがとうございました。

     残暑と言うより、猛暑がそのまま続いている列島ですが、台風の相次ぐ来襲により、秋を感じるようになってしまいました。一方で、感染症への不安の大きさは上り下りしながら、落ち着きつつあるように思います。各ミュージアムの展示も、中断期間を置いての会期延長があって夏の名残りのものも多いのですが、秋の新しい展示も多く発表されています。コロナ前の年間展示計画からは大きく変わっている館も多いですので、ご訪問には最新情報をよくご確認くださいね。

     台風が近づいている地域での被害が心配ですが、それが過ぎれば本当に秋がやってくるんじゃないか、ささやかな楽しみに、ミュージアム訪問をと、心のよりどころにいたしております。

     どうぞ、これからミュージアムにお出かけになった状況なり、感想なりをお伝えいただけると幸いです。

          本談話室の管理人  明日香 光二/馬場 英明


      [No.12513] 【京都】福田美術館/大観と春草 ー東京画壇上洛ー 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/08/31(Mon) 23:17:02  

     京都・嵐山の福田美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=105
    で開催中の展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「大観と春草ー東京画壇上洛ー」 後期:9/2(水)〜10/11(日)
       火曜(祝日の場合は翌日)
       入館料金:一般・大学生:1300円 高校生700円 小中生400円
            障がい者と介添人1名700円
     横山大観の描いた富士山の画は、圧倒的な存在感をもつが、斬新すぎたため批判も受けた。 盟友・菱田春草と共に西洋画や琳派などの古美術研究に励み、新しい画風を確立した。美術学校の頃より仲が良く、後に海外渡航も連れ立って行き、苦楽を共にしながら互いに成長。本展では二人の才能あふれる画家の友情とその軌跡にフォーカスして、作品の魅力を伝える。
      横山大観《緑陰富士》明治42年
          《嵐之方へ》昭和初期
      菱田春草《雁之図》明治30年代
          《雨後》明治30年代
      小林古径《桃実》昭和14年頃
      下村観山《降魔図》大正8年頃  など 


    ☆「悲運の画家たち」10/24(土)〜令和3年1/11(月・祝)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12512] 【東京】大倉集古館/近代日本画の華―ローマ開催日本美術展覧会を中心に― 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/08/31(Mon) 23:16:08  

     再開館なった、虎ノ門の大倉集古館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=54で開催中の企画展を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆企画展 1930ローマ展開催90年
    「近代日本画の華―ローマ開催日本美術展覧会を中心に―」〜9/27(日)
        月曜休館(祝日の場合は翌日)
        入館料金:一般1000円 高大生800円 中学生以下無料

     岡倉天心が結成し、横山大観、菱田春草、下村観山ら日本画の革新に取り組んだ日本美術院。師の没後、大観がその遺志を継いで、大正3年に再興し、大観のパトロンでもあった大倉喜七郎の全面支援を受けて、昭和5年にローマで「日本美術展覧会」が開催され、院展(再興日本美術院)系の画家のみならず、川合玉堂、竹内栖鳳ら官展系の画家たちも含む総勢80名が参加した。ローマ展開催90年を記念して、大観、春草ら日本の近代を彩った画家たちの作品を、同展出品作を中心に展観。
       ローマ展ポスター 横山大観
     《山の湯》児玉素光 大正15年(1926)
     《秋山懸瀑》川合玉堂 昭和4年(1929)
     《万里長城図巻》田能村直入 明治時代・19世紀
     《夜桜》横山大観 昭和4年(1929)など

    ギャラリートーク:9/9(木)午後2時〜

    オークラウロ・コンサート:9/19(土)午後6時開場、6時30分開演
     3,000円 全席自由 定員50〜100名(新型コロナウイルスの影響によって変動する可能性あり)
     小湊昭尚氏(オークラウロ)、大河内淳矢氏(オークラウロ)、土屋雄作氏(バイオリン)、丸山力巨氏(ギター)
     申し込みTEL03-5575-5711(代表)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12511] 【兵庫】西宮市大谷記念美術館/ひろがる美術館ヒストリー 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/08/30(Sun) 23:12:14  

     阪神香櫨園の西宮市大谷記念美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=68で開催中の展示を紹介します。
    http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=68
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆西宮市大谷記念美術館の<展覧会とコレクション>2「ひろがる美術館ヒストリー」〜9/27(日)
       水曜休館
       入館料金:一般500円、高大生300円、小中生200円
            西宮市内在住65歳以上の方は一般料金の半額(要証明書呈示)
            ココロンカード・のびのびパスポート呈示の小中生は無料
            心身に障がいのある方及び介助者1名は無料(要手帳等呈示)

     1972年の開館当初から2000年代初め頃までの展覧会を取り上げ、阪神間で活躍した作家たちの展覧会開催から新たな作品収蔵を紹介した2018年の「ひもとく美術館ヒストリー」。
     第2弾の今展は1997年以降に企画・開催した現代美術作家の個展に焦点を当て、コレクション形成との関わりを検証。

     植松奎二《揺れるかたち−自重》1995年 鉄
     元永定正《作品65-1》1965年 油性合成樹脂塗料・カンヴァス、板
     山口啓介《4つの黒船》1990年 エッチング・紙
     他展示作家:藤本由紀夫・松谷武判・渡辺信子・太田三郎・大久保英治・杉浦康益・塚脇淳・石原友明・パラモデル・川村悦子・正延正俊・栗本夏樹・國府理
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
     8/27(木)の午後に余裕がありましたので、またお気に入りの美術館を訪問しました。ここ西宮市大谷記念美術館は、かつて民家をそのまま展示施設にしていた時期から何度も訪ねてきましたが、私のお気に入りはやはり日本の近代洋画だったと思います。そのような中で、この館が現代美術の展覧会・所蔵品を増やされるにつれ、あまり現代美術には積極的でない私にも、浸透させてくれたように思います。そんな私的な「美術鑑賞史」の一部でもありました。
     サウンド・インスタレーションを1日だけ展示された藤本由紀夫「美術館の遠足」(これは1日だけを、10年間続けられた)や、杉浦康益「陶の植物誌」(花を陶器で作られたもの)が実際に鑑賞したものとして思いで深いものでした。

                明日香 光二/馬場 英明


      [No.12510] 【大阪】ATCホール(ギャラリー)/マンモス展 その「生命」は蘇るのか 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/08/30(Sun) 23:09:56  

     大阪南港のATCホールhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=25のATCギャラリーで開かれているマンモス展を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「マンモス展 その「生命」は蘇るのか」〜9/22(火・祝)
       会期中無休  
       午前10時〜午後5時(土日祝は9時から、入館は閉館の30分前まで)
       入館料金:一般・高大生1700円 小学生900円
     2005年「愛・地球博」で展示された「ユカギルマンモス」をはじめ、近年ロシアの永久凍土から発掘された「ユカギルバイソン」「仔ウマ フジ」など数々の貴重な冷凍標本を世界初公開。太古のマンモスが永久凍土から現代に再び姿を現し、「マンモス復活プロジェクト」を通じて生命科学の技術も紹介し、「生命とは何か」を問いかける。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
     8/22(土)に夏休みの楽しみにとっておいた「マンモス展」を見に行きました。南港のこの地域は、WTCを大阪府が買い取ったことでも知られて、寂れてきた地域かと思っていましたが、意外にレジャーゾーンとして頑張っている感じがありました。もちろん、昨今の出控えで、混雑はありませんが。
     科学館での開催ではなく、イベント的な匂いもしたのですが、「ケナガマンモス」の復元模型だけでなく、冷凍標本が見応えのあるものでしたので、良い展示だったと思います。シベリアの現地への踏査行の展示パネルや展示物を見れば、割と簡単に調査できたかのようにも見えるのですが、最後にまるでインカのミイラのような、皮膚や毛まで残っている標本は驚きをもって見ることが出来ました。零下40度での保存で、現地の博物館でも普段は見ることが出来ないものだ、とのことで。
     iPS細胞?iS細胞?を使っての「マンモス再生」への挑戦に関しては、これが倫理的にどうか、ということも含め、生命科学の最前線を紹介する、ということで良かったのではないでしょうか。日本の研究機関としては近畿大学のPRのようになっていますが、こうして大学の重点研究を一般に紹介することも意義があるかと思います。

                   明日香 光二/馬場 英明


      [No.12509] 【京都】府京都文化博物館/池大雅−文人たちの交流− 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/08/30(Sun) 23:04:43  

     京都府京都文化博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=45
    で開催中の「池大雅−文人たちの交流ー」を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆特別企画展「池大雅−文人たちの交流ー」〜9/22(火・祝)
       月曜休館(祝日の場合は開館、翌日休館)
       開室時間:午前10時〜午後6時(金曜は7時30分まで、入室は30分前まで)
       入館料金:一般・大学生800円 高校生以下無料

     池大雅は享保8年(1723)京都に生まれ、幼い頃から書をよくし、理想の国家、理想の生き方を論じた中国の教養人を描いた文人画を描いて活躍した。大雅が生きた時代、日本でも文人たちは諸国を行き来したが、大雅も中国の文人画に学びながら知識人たちと交わり、没後は多くの文人たちが、大雅への憧れを抱いた。本展は、池大雅美術館から京都府に寄贈されたコレクションを中心に、大雅をめぐる文人たちの交流を紹介。
     第1章 大雅、誕生ー書との出会い
         《慶子老舞踏図》
     第2章 大雅、諸国をめぐる
         《高士訪隠図屏風》
         《山亭小酌之図》 
         《巫峡山水図》
     第3章 大雅、筆墨の世界
         《高士訪隠図屏風》
         重文《柳下童子之図屏風》
     第4章 大雅へのあこがれ−大雅堂をめぐる人々
         《大雅社中連名簿》
         池大雅念持《如意輪観世音像》
         田能村直入《売茶翁図》
         田能村直入 印章 
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆特別企画展「木島櫻谷と京都画壇 京都 三条・大橋家コレクション」〜9/22(火・祝)

     宝暦8年(1758)に亡くなった大橋重右衛門を初代とし三条御倉町に家を構えるこの家は、西村總左衛門家が営む染織業(現・千總)と深くかかわった呉服商である。大橋家4代の大橋松次郎と深い交流のあった木島櫻谷・谷口香山喬(山喬は1字)・猪飼嘯谷ら京都画壇の作品を中心に展示し、大橋家の歴史をひもといて紹介。
     木島櫻谷  「初夏・晩秋」明治36年(1903)
     谷口香山喬「舞楽図衝立」
     木島櫻谷「孔雀図」  
     谷口香山喬「義経勝浦上陸図」  など
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
     8/20(木)に午後から時間に余裕ができましたので、京都府京都文化博物館へ行きました。
     館蔵品を中心とした展覧会が多い中、江戸時代の大家に絞った展示が新鮮に映りました。
     博物館の館蔵品に近いものだろうな、と思いましたが、池大雅の遺族による「大雅庵」の蔵品を中心にしたコレクションを、戦後に民間で開館された「池大雅美術館」というのがあったのですね。館主の没後に散逸を防ぐために同館に寄贈されたとのこと。そういえばこの館で、池大雅展は何度か目にしていますので…企画展が定時公開のように行われるのは良いこと。
     池大雅は、江戸時代・化政文化の代表作家として、国宝で与謝蕪村との共作「十便十宜図」が有名で、これは川端康成記念館蔵なので出品はありませんが、同じような丸やかな、のんびり風の人物画が特徴的。意外だったのが、水墨の植物画が、簡素な描き方で本当に味のある花を描いているので、すてきでした。

                   明日香 光二/馬場 英明


    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 |


    - 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
    処理 記事No 暗証キー

    - Web Forum -
    - Antispam Version -