ほっとミュージアム 談話室
[ホームへもどる] [新規投稿] [新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
  • 以下は新規投稿順のリスト(投稿記事)表示です。
  • 48時間以内の記事は new! で表示されます。
  • 投稿者のメールアドレスがアドレス収集ロボットやウイルスに拾われないよう工夫して表示しています。
  • 発言サイズは画像も含めて130KBまで、URLは20個までです。
  • その他[留意事項]を良くお読みの上ご利用ください
  • 新規紹介用 でワード検索すると、フォーマット発言が開きます

  •   [No.11845] 【奈良】博:法徳寺の仏像/いのりの世界のどうぶつえん 見ました 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/08/20(Tue) 21:42:20  

     なら燈火会開催中の8/11(日)に奈良国立博物館を訪ねました。まさに酷暑の中、昼間に出歩く気がしません。夜間開館の期間でしたから、レイト割引もあるし、7時点火の燈火会まで、ここで過ごすのは良いです。
    (燈火会は終わりましたが、展示の会期中は、金土は夜間開館があります)

     まずは「いのりの世界のどうぶつえん」の展示。各地のミュージアムの夏休み展は、動物をとりあげたものが多く、ここもその一つ、神仏と特定の動物の結びつきを、仏像や仏画のすみずみまで見せることで知ってもらう、というのは展示方法として良いと思います。普賢と象、文殊と獅子なんてのはしっかり楽しんでもらうといいですね。いや、何より私も楽しんだのは、キャラクター動物が案内役になっていること。すべてこちらの館員さんがデザインされたようで、こんな風に仕事を楽しまれているのは微笑ましいです。

     特別陳列「法徳寺の仏像―近代を旅した仏たち―」は一部屋分の展示ですが、久しぶりに仏様をじっくり見た感じ。奈良の法徳寺に、ずっと伝わった仏じゃないんですよね。興福寺のものだったらしいものが多く。仏の衣装の截金をじっくり楽しんだり、平安仏の優しさ、鎌倉仏の躍動感・生きてる感を、ネームバリューから離れて鑑賞できました。

     この両展示は、9/8(日)までです。

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11844] 【大阪】あべのハルカス美術館:ギュスターヴ・モロー展見ました 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/08/20(Tue) 21:40:28  

     8月のはじめに、あべのハルカス美術館でギュスターヴ・モロー展を見ています。
     意外に、この展覧会、作品等の紹介をまだしていなかったのですね。次には福岡へ巡回するようですので、そちらで詳細は書くことにしますが…

     宗教をテーマにした西洋絵画は好きなジャンルの一つですので…ここは休息に出かけた次第。
     本人のアトリエをそのまま美術館として寄贈された、パリのギュスターヴ・モロー美術館の引越展のような感じですので、本当に代表作が来ていると言えます。しかし、テーマが「サロメと宿命の女たち」ということで、「男を滅ぼすのは魔性の女」というイメージで貫かれているのですね。洗礼者ヨハネの首をとった「サロメ」はもちろん、その範疇に入るだろうし、このテーマの作品を何点も描いているのですが…
     清純な女性のイメージ《一角獣》も、ゼウスに略奪された《エウロペの誘拐》も、女性の誘惑…という支店はちょっとしんどかったな。
     ただ、モローが、一生、母と、結婚しなかったけれど亡くなるまで連れ添った恋人には、ずっと優しくありつづけた…というところは、有名芸術家の「私生活は乱れている」ところが当たり前のように思っている私には新鮮でした。女性には二面性を見ていた、というのが、全体としては展示のねらいなのでしょう。

     あべのハルカスでの展示は9/23(月・祝)までです。

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11843] Re: 【愛知】あいちトリエンナーレ2019 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/08/20(Tue) 20:26:08  

     Quitaさん、こんにちは

     あいちトリエンナーレですね。「表現の不自由展・その後」の一件が大きく報道されて以来、何かの形で取り上げたいと思いつつ、意識が遠ざかっていました。
     8月11,12日に行ってこられたのですね。同展のサイトによると、あの一件以来「表現の不自由展・その後」だけではなく、関連して展示がとりやめになったり、展示の内容が変更になったりしているものが多い、と印象をうけたのですが、必ずしもそれだけではないのですね。

     科学文明・環境・民族文化・社会・政治など「人間と自然に関わるあらゆるもの」に対して、造形や音楽や文字やパフォーマンスや様々な形で、賛同したり疑問を発したりするのが、芸術だと私は思っています。ミュージアムでされるのは造形や映像が多いでしょうが、「トリエンナーレ」というようなイベント形式では、その時期あるいはあるひと時だけのパフォーマンス、ってのも多いのでしょうね。ただ、これらの作品に観覧者がそれにどんな感興をもよおすか(肯定的か否定的かを含めて)、それは観覧者にゆだねられるものだとも思っています。その反応まで含めて芸術かもしれません。

     会場によっては政治的メッセージととられる作品が多かったという印象のようですね。私は作者の主張を直接言葉で説明するのは芸術だとは思っていませんが、上に書いたように、表現の受け取り方を観覧者に任せるものは芸術だと思います。だから、このトリエンナーレのようなイベントは面白いと思うし、「表現の不自由展・その後」が中止?延期?になったことは私も残念です。展示を、作者が肯定表現しているのか否定表現しているのかもわからないし、それを想像・判断するのは観覧者ですから。

     そういえば、数か月前に「バンクシーの作品が落札された瞬間に、カッターが切れ目を入れた」という事件が報道されましたね。(バンクシー、という名前もあの時知ったばかりですが)あれは作者本人が仕組んだものだったので、「額に入った絵」だけでなく後に起こされたそのような行為自体が芸術だ、と言えるのかもしれません。そういう報道もされていたと思います。
     だから、私は、本トリエンナーレでの一件…そして、主催や観客や出展者が、あるいは批判者も報道もが起こしたその後の展開も含めて「あいちトリエンナーレ」というイベントが全体として表現した芸術なんだ、と思うことにしています。

     さて、私は、ここで書かれた「四間道・円頓寺会場」のように、既存の町中施設・空間を利用して造形やパフォーマンスをされるのが最も興味があります。その建物の由来が生かされるような感じがして。また学校の文化祭にも通じるところがあるからでしょうか。ところで「那古野」は“なごの”って読むんですね。てっきり“なごや”の別表記かと思っていました。(浪速=浪花=難波=なにわ であるように)

                    明日香 光二/馬場 英明


      [No.11842] 【奈良】吉野歴史資料館のバス便 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/08/20(Tue) 20:25:23  

     先に吉野歴史資料館の企画展を書き込みましたが、この館への公共交通アクセスが大きく変わっていますのでお伝えしておきます。今回の展示へ行ったわけではないのですが、宮滝へのハイキングを企画してあっと驚いた次第。
     奈良交通の路線バスが、この地域でずいぶん整理され、路線が無くなっているのです!
     吉野町コミュニティバス(スマイルバス)になって、湯盛温泉・杉の湯行、ただし、近鉄大和上市駅から1日5本、休日は4本。あくまで地元の高齢者用、通院などの目的なので、近鉄電車との接続も良くないです。

     ここは、観光バスなどではなく、個人のハイキングでも訪れたい場所なんですけれどね。

                    明日香 光二/馬場 英明


      [No.11841] 【和歌山】太地町立石垣記念館 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/08/19(Mon) 23:52:55  

     企画展を予定中の館を紹介しておきます。
    ==================================================================
    施 設 名:太地町立石垣記念館
    ふりがな:たいじちょうりついしがききねんかん
    英文表記:Taiji Ishigaki Memorial Hall  
    分野 :美術 
    都道府県:和歌山県
    市区町村:東牟婁郡太地町
    所在地:字常渡2902-79  
    電話番号:0735-59-3223   
    FAX:0735-59-3221  
    URL:http://www.town.taiji.wakayama.jp/ishigaki/
    公共交通:JR太地駅からバス10分
    道路案内:松原JCT〜阪和道・海南湯浅道・湯浅御坊道・阪和道・みなべIC〜国道424号〜国道42号〜太地
         名古屋〜東名阪道・伊勢道〜勢和多気IC〜紀勢大内山IC〜国道42号〜太地
    開館時間:午前9時〜午後4時30分
    休 館 日:年末(12/31)
    入館料金(常設時):大人300円 小中高生100円
    展示内容:1920年から40年代にわたってアメリカ画壇で活躍した画家・石垣栄太郎氏の画業
    観覧時間:
    その他(販売・友の会など):
    報 告 者:明日香 光二/馬場 英明
    ==================================================================

                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11840] 【兵庫】武庫川女子大学附属総合ミュージアム設置準備室 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/08/19(Mon) 23:48:56  

     こちらも大学ミュージアムの「たまご」ですが、企画展が予定されていますので、紹介しておきます。
    ==================================================================
    施 設 名:武庫川女子大学附属総合ミュージアム設置準備室
    ふりがな:むこがわじょしだいがくふぞくそうごうみゅーじあむせっちじゅんびしつ
    英文表記:  
    分野 :その他 
    郵便番号:663-8558
    都道府県:兵庫県
    市区町村:西宮市  
    所在地:池開町6-46 武庫川女子大学 学術研究交流館(IR館)5階
    電話番号:0798-45-3509(直通)  
    FAX:  
    URL:http://www.mukogawa-u.ac.jp/~museum/
    公共交通:阪神電車「鳴尾」駅から徒歩5分
    道路案内:
    開館時間:午前9時〜午後5時(入館は4時30分まで)(展覧会開催時のみ)
    休 館 日:土日祝日、大学の定める休業日
    入館料金(常設時):一般 高大生 小中生
    展示内容:
    観覧時間:
    その他(販売・友の会など):
    報 告 者:明日香 光二/馬場 英明
    ==================================================================
    ☆「ハレの日のきものー近代の裾模様ー」9/18(水)〜11/20(水)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
             参考:かんさい・大学ミュージアムネットワークのチラシと館のホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11839] 【和歌山】大学紀州経済史文化史研究所 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/08/19(Mon) 23:48:16  

     企画展を予定中の新たな大学ミュージアムを紹介します。
    ==================================================================
    施 設 名:和歌山大学紀州経済史文化史研究所
    ふりがな:わかやまだいがくきしゅうけいざいしぶんかしけんきゅうしょ
    英文表記:  
    分野 :歴史 民俗
    郵便番号:640-8510
    都道府県:和歌山県
    市区町村:和歌山市  
    所在地:栄谷930番地 和歌山大学学術情報センター図書館内(1F)
    電話番号:073-457-7891 
    FAX:073-457-7890 
    URL:http://www.wakayama-u.ac.jp/kisyuken/
    公共交通:南海和歌山大学前駅から
          徒歩で約20分、和歌山バス(和歌山大学前駅東口バス停 和歌山大学行き)で約4分
         南海和歌山市駅から 和歌山バス(4番乗り場 和歌山大学行き)で約20分
         JR和歌山駅から 和歌山バス(4番乗り場 和歌山大学行き)で約30分
    道路案内:
    開館時間:月曜日 午前10時〜午後3時30分
         火〜金曜日 午前10時〜午後4時30分
    休 館 日:土日祝休日および図書館閉館日に準ずる
    入館料金(常設時):一般 高大生 小中生
    展示内容:地域・地方史に関する歴史資料・文献等の蒐集,保存
         日本文学・日本語学・地理学・社会学・農業政策・社会政策・音楽学等のテーマによる県下地域社会の分析
    その他(販売・友の会など):
    報 告 者:明日香 光二/馬場 英明
    ==================================================================
    ☆「ぶらくりのこれまで・今・これからー紀州のまち探訪ー」
     コーナー展示「唐人イメージの表象と変遷ーぶらくり丁と和歌祭ー」8/29(木)〜10/18(金)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
             参考:かんさい・大学ミュージアムネットワークのチラシと館のホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11838] 【大阪】信太の森ふるさと館/阪和電鉄開通90周年記念展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/08/19(Mon) 23:29:37  

     阪和線北信太の、信太の森の鏡池史跡公園信太の森ふるさと館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=146 では、この鉄道の開通に関する展示を開催中です。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「阪和電鉄開通90周年記念展―和泉に電車がやってきた―」〜9/16(月・祝)
        月曜休館(祝日の場合は翌日)、祝日の翌日(土日の場合は開館)
        入館無料

     現在のJR阪和線の前身である私鉄「阪和電気鉄道」が和泉府中駅まで開通したのが昭和4(1929)年7月18日、今年で90年目。先に開業していた南海鉄道との競争のため、天王寺ー和歌山45分の超特急を走らせたり、沿線に住宅地やゴルフ場、海水浴場を作ったり利用客増加を狙った。当時の写真やパンフレットなどの貴重な資料から、阪和電鉄の歴史や特色をたどり、和泉市域で行われた観光開発や宅地開発、「葛葉稲荷駅(現在の北信太駅)」の誘致などを紹介。
      阪和葛葉駅前に阪和電鉄が開発した「千枝の荘経営地」のパンフレット
      「信太山ゴルフリンクス」や「葛葉稲荷神社」を掲載した沿線案内誌
      「信太山苺園」が紹介されているチラシ    など
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11837] 【奈良】吉野歴史資料館/発掘 古代の宮滝遺跡 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/08/19(Mon) 23:28:09  

     昨今、日を限定しての開館になっていた吉野歴史資料館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=29&c=80ですが、現在、企画展開催中で、予約なしで毎日見られる状況のようです。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆橿原考古学研究所附属博物館出張企画展「発掘 古代の宮滝遺跡 理想郷、吉野宮」〜9/16(月・祝)
       木曜休館
        入館料金:一般200円 高校生以下100円
     およそ1300年前に斉明天皇が造営し、持統天皇が頻繁に行幸した宮殿・吉野宮や奈良時代の聖武天皇の吉野離宮のから跡とされる宮滝遺跡が確認されている。90年前に行われた発掘調査に加え、平成27年度吉野町が整備にむけて行っている発掘調査の中で、吉野宮の構造復原を行う中で、大きな成果が上がっている。本展では、およそ90年前に行われた宮滝遺跡の発掘調査成果と、最近の宮滝遺跡の調査成果について紹介。
    [第一次調査の様子と出土品」調査風景の写真、須恵器・土師器一括
    [近年の調査成果からみる宮滝遺跡]園池出土の土器・土管
         69・70次出土の土器・瓦

    調査報告会と展示・遺跡解説:8/31(土)午前10時〜午後1時30分 中東洋行氏(吉野町文化観光交流課)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11836] 【愛知】あいちトリエンナーレ2019 投稿者:   投稿日:2019/08/18(Sun) 21:19:27  

    こんにちは

    あいちトリエンナーレ2019に8月11,12日に行ってきました。印象に残った作品について書きます。

    8月11日の分
    名古屋市美術館会場

     まず、美術館に入る前にバルテレミ・トグォ(カメルーン)による国旗を使ったゴミ箱のような作品が迎えてくれます。
     展示室の最初の通常なら象徴的な作品が置かれている場所にあったのが碓井ゆい(東京都)「ガラスの中で」は生物学の実験に使うシャーレのようなもので、生命科学の象徴になっています。藤井光(東京都)「第一の事実」は戦時中に台湾に作られた同化教育のための訓練の様子の記録と、それを俳優が再現した映像が並んでいます。いきなり随分と政治的主張を含んだ作品です。両者を比べると後者の方がまだ救われるように感じるのはなぜでしょう。きっとこちらは服装がバラバラだからだと思います。
     モニカ・メイヤー(メキシコ)は「The Clothesline」という参加型作品。女性差別をテーマにして、参加者の書いたアンケートの答えが並んでいます。青木美紅(栃木県)は自身が人工授精での誕生だったということから選択された生命をテーマにしたインスタレーション「1996」を作っています。タイトルは自身の生まれた年、奇しくもここに出てくるクローン羊「ドリー」の生まれた年でもあります。

    愛知芸術文化センター会場

     地下から行ったので美術館展示室よりも先に見たのが加藤翼(埼玉県)による2点の映像作品です。1つは箏、三味線、太鼓の奏者がロープで結ばれながら演奏しようとしています。しかし、他の人が動くと邪魔になってうまく演奏は進みません。演奏しようとしている曲はどうやら「君が代」のようです。もう1つはアメリカが舞台となり、ギター、ベース、ドラムス、キーボードの奏者が同じようにロープで結ばれながら演奏しようとしています。こちらが演奏しようとしているのはどうやら「星条旗よ永遠なれ」のようです。このような形での国歌の演奏というのは国家による束縛を指しているように思えてなりません。

     10Fの愛知県美術館会場ではウーゴ・ロンディノーネ(スイス)「孤独のボキャブラリー」は広い会場にピエロの人形がたくさん置かれています、様々な姿ですが、みな無表情です。村山悟郎(東京都)「現世界とプログラムのための肖像」は歩くロボットを中心としたものです。伊藤ガビン(神奈川県)「モダンファート 創刊号」は映像インスタレーションですが、雑誌を模したものになっています。

     8F会場は現在のこのトリエンナーレを象徴するところがあります。
     ユェン・グァンミン(台湾)「日常演習」はドローンで台北の町を撮影しているのですが、不思議なことに人がまったく見えません。これは台湾を象徴するものなのですが、ここで種明かしは書かないことにします。この少し後に「表現の不自由展 その後」があるのですが、横やりにより閉鎖させられてしまっています。それに抗議してともに韓国のパク・チョンキョン、イム・ミヌクは出展を取り下げ、見られなくなっています。
     ワリード・ペシュティ(イギリス)「トラベル・ピクチャーズ」は撮影したフィルムを空港の手荷物検査にわざと保護せずに通して感光をさせたものであり、「FedEx」はガラス容器をわざと保護せずにFedExで送り、ひび割れを作ったもの、ともに作者の予期せぬものができています。ミリアム・カーン(スイス)は一見抽象にも見える絵画なのですが、実はこれは原爆を表しているようです。ハビエル・テジェス(ベネズエラ)「歩行者」は亡命希望者にインタビューした映像であり、ビデオアートと言うよりノンフィクション映画に見えます。

    8月12日の分
    豊田市会場

     高嶺格(鹿児島県)は旧豊田東高校のプールがそのまま作品となっていました。

     豊田市美術館に入って、シール・フロイヤー(イギリス)「Fallen Star」は幻灯機が上に向けてあるのに下に星が映っているというちょっと人を食ったようなインスタレーション。タリン・サイモン(アメリカ)「隠されているものと見慣れぬものによるアメリカの目録」はこれもアートと言うより報道写真のような作品です。レオノール・レイバ・ノボ(キューバ)「革命は抽象である」はいくつかので構成されたインスタレーションですが、観光地などに置かれているコイン式の望遠鏡にコインを入れると報道のような映像が見えます。

    四間道・円頓寺会場

     なごのアジールではタブラ奏者のユザーンがずっと演奏を続けています。那古野一丁目長屋は梁志和+黄志恆(香港)は写真によるインスタレーションですが、写っている人がみな後ろ姿。現在の香港の状況に関するメッセージも添えられています。円頓寺銀座街商店跡の葛宇路(中国)は自分の名前が道路の名前みたいだから勝手に自分の名前を道路の名前の標識として建てるという、ある意味犯罪のようなものです。幸円ビルのキュンチョメ(東京)はトランスジェンダーをテーマにした映像他です。メゾンなごのの弓指寛治(三重県)は実際の交通事故をテーマにして、あまり取り上げられない加害者側の視点に立って構成したものです。

     予想以上に政治的主張のある作品が多いと感じました。これは悪いことではなく、「表現の不自由展 その後」も再開して欲しいと強く思います。


    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 |


    - 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
    処理 記事No 暗証キー

    - Web Forum -
    - Antispam Version -