ほっとミュージアム 談話室
[ホームへもどる] [新規投稿] [新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
  • 以下は新規投稿順のリスト(投稿記事)表示です。
  • 48時間以内の記事は new! で表示されます。
  • 投稿者のメールアドレスがアドレス収集ロボットやウイルスに拾われないよう工夫して表示しています。
  • 発言サイズは画像も含めて130KBまで、URLは20個までです。
  • その他[留意事項]を良くお読みの上ご利用ください
  • 新規紹介用 でワード検索すると、フォーマット発言が開きます

  •   [No.10399] 【京都】芸術センター/山崎阿弥「声の徴候」 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2016/12/31(Sat) 23:17:57  

     四条烏丸に近い京都芸術センターhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=42では、音響を使った展示を開催中です。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆山崎阿弥「声の徴候|声を 声へ 声の 声と」〜平成29年1/22(日)
                12/28〜1/4(水)は休館日
                入場無料
     声のアーティストであり美術作家でもある山崎阿弥にとって、声とは言葉の意味を伝達する音であるだけでなく、光や色、香り、温度、味といったものと同様に直截に働きかけるものであり、時間を越えて残響するメディウムでもある。
     【re:verb】は、声に触れる/触れられるような響きと感触を山崎の声(録音)で作り出すインスタレーション。
     【re:cite】では、山崎阿弥(声・歌)・石川高(笙)・森重靖宗(チェロ)の3者が、世界を巡り漂うものを「結露」させるように音を奏で、私たちと時空を共有するパフォーマンスを行う。
       日時:1/20(金)開場午後6時30分 開演7時 講堂にて、
    出演: 山崎阿弥(声・歌)、石川高(笙)、森重靖宗(チェロ)
    料金:一般前売2,000円/当日2,500円、学生1,500円(前売・当日共)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

      明日香 光二/馬場 英明


      [No.10398] 【熊本】島田美術館/とりどり2017[平成29年1/6(金)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2016/12/31(Sat) 22:17:01  

     熊本市の島田美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=43&c=8では、干支に因む古美術の展示が1/6(金)から開催されます。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「とりどり2017」平成29年1/6(金)〜3/20(月・祝)
        火曜休館
        入館料金:一般700円 高大生400円 小中生200円  保護者同伴の小学生は無料
               障害者手帳呈示で本人と同伴者1名は400円
     水墨、彩色の絵画はもちろん、文具、遊戯具、食器などの調度や衣装、武器武具の装飾にも用いられた多様なトリの衣装と表現に、日本人独自の自然観や美意識を読み取り、先人達が親しい生きものたちに託した感嘆や願望、祈りなどの豊かな情感の羽ばたきにふれる。
       《枯木無鵙図》宮本武蔵
       《芦雁図》宮本武蔵
       《雄鶏図》土佐光起
       《老松白鷹図》矢野良勝
       《花鳥図》(屏風六曲一双)矢野良勝
       《木蘭・椿に孔雀図》福田太華
       《牡丹に孔雀図》福田太華
       《朝顔に雀図》森一鳳
       《鶴図》森徹山
       《花鳥図》森寛斎
       《寒鴉図》杉谷雪樵
       《翡翠図》高木一貞
       《花鳥図》小山聴雨
       《寿老人・梅に鶴図》(双幅)狩野周信
       《鉄砲伝書》(折本装)稲富一夢  など
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

      明日香 光二/馬場 英明


      [No.10397] 【熊本】くまもと文学・歴史館/神風連140年 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2016/12/31(Sat) 22:16:22  

     熊本県立図書館内のくまもと文学・歴史館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=43&c=6
    で、開催中の展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆アーカイブズに見るくまもと5「1876 神風連140年」〜平成29年1/23(月)
        火曜休館(祝日のときは翌日が休館)
         毎月最終金曜日休館、12/28〜1/3休館
     明治9(1876)年に勃発した神風連から140年を記念して、神風連を報じる当時の熊本県の公文書や勃発直後の生々しい史料、その日に書かれた日記など、神風連のその日を展示。
     神風連に参加した人々の遺墨も40年ぶりに公開します。併せて神風連を調査した荒木精之氏の作品や神風連を描いた文学作品等を展示。
     飽田郡立田村の肥後藩検地諸帳(県指定重要文化財)と立田村近くを南北に縦貫する菊池往還に関する熊本藩絵図、天正12年の戦国大名相良義陽が討死にした響野原合戦に因む相良文書も展示。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                         参考:館のホームページ

      明日香 光二/馬場 英明


      [No.10396] 【愛知】徳川美術館/美しきかな[平成29年1/4(水)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2016/12/31(Sat) 21:45:16  

     名古屋市大曽根の徳川美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=23&c=5
    では、名古屋市立蓬左文庫と併催で、古筆の展示を開催中です。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆企画展「美しきかな」平成29年1/4 (水) 〜2/5 (日)
        月曜休館(1/9(月)は開館、翌10日(火)は休館)
        入館料金:一般 1200円 高大生700円 小中生500円
              毎週土曜日は小中高生無料      
     漢字を省略化・簡略化して生み出された我国独自の文字“かな”。『源氏物語』の「梅枝」にその発展が語られているように、11世紀初頭頃には、各文字を連続させて書く連綿体を用い、墨の線状の美しさを充分に発揮させ、流麗で表情豊かな書芸の世界を完成させた。
     「関戸本古今和歌集切」「高野切古今和歌集切」など、“かな”の黄金期を迎えた11世紀から、「藍紙本万葉集切」「石山切」「大色紙」「今城切古今和歌集」をはじめとする個性的かつ重厚な書風があらわれる11世紀末期から12世紀の作品を中心に、14世紀前半までの“かな”に表現された美意識と変遷をたどる。
      《継色紙》伝 小野道風筆
      重要文化財《重之集》伝 藤原行成筆
      《関戸本古今和歌集切》伝 藤原行成筆
      《高野切 古今和歌集》伝 紀貫之筆
      《関戸本和漢朗詠集切》源兼行(伝 藤原行成)筆
      《升色紙 深養父集》伝 藤原行成筆
      《石山切 貫之集下》藤原定実筆
      重要文化財《三宝絵》伝 源俊頼筆 など

    記念講演会:1/21(土)午後1時30分〜3時(開場1時) 講堂にて、入館券のみ
    「かな古筆を学ぶ」倉重拝石氏(中部日本書道会 顧問・書道草心会 総務理事) 

    ギャラリー・トーク:担当学芸員による:1/9(月・祝)午前11時〜 1/20(金)午後1時〜
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

      明日香 光二/馬場 英明


      [No.10391] 【ご挨拶】本年もご利用ありがとうございました 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2016/12/31(Sat) 19:08:27  

     この時期になりました。今年も、各地のミュージアムのご訪問、そして本談話室をご利用ありがとうございました。私は、この談話室を始めてから、この発言を書くことが、1年の振り返りになっているんだなぁ、と思います。

     今年は4年に1度のリオ五輪もあったし、世界的にも大きな政治的変動もありましたが、災害の悲しみが途切れないことに「今年も」の思いを持っています。春先に熊本とイタリアの大地震、他にも水害や土砂崩れなどの災害の跡、世界に目を向ければ今も続く戦乱、そこから発生する難民の流れも止まりません。

     何かできることはないのかなぁ…と思いつつ、身の丈の寄附をすることぐらい。でも、毎日毎日、自分自身に与えられた仕事をすること、その上で人々に思いを馳せ続けることなのか、と思います。実際に現場に立つことだけでなく、芸術や文化の世界でも、貢献できることは、ささやかながらたくさんあるように思います。

     ほっとミュージアムでは、これからも、さまざまなジャンルのミュージアムを紹介する、訪問することによって、世界のことを知って行きたいと思います。どうぞ、来る年も、ご参加ご助力をお願い致します。

     この発言を本年しめくくりのご挨拶と致しますが、私もしばらく、正月から開催の企画展の紹介を続けます。ここをお読みの皆様にも、年越しの境い目にこだわることなく、ミュージアムの情報、感想を書き込んで頂ければ結構と存じます。どうぞ、良いお年をお迎えください。

                     本談話室の管理人 明日香 光二/馬場 英明


      [No.10388] 【栃木】宇都宮美術館/石の街うつのみや[平成29年1/8(日)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2016/12/30(Fri) 22:49:46  

     宇都宮美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=09&c=1では、地域の特産・街づくりを扱った展覧会を1/8(日)から開催されます。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆宇都宮美術館開館20周年・市制施行120周年記念
    「石の街うつのみや―大谷石をめぐる近代建築と地域文化」平成29年1/8(日)〜3/5(日)
         月曜休館(祝日の場合は開館し、翌日休館)
         午前9時30分〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
         入館料金:一般600円 高大生400円 小中生200円
         身体障がい者手帳、療育手帳、精神障がい者保健福祉手帳の交付者と介護者(1名)は無料 
         宇都宮市在学または在住の高校生以下は無料
          毎月第3日曜日は「家庭の日」高校生以下を含む家族で来館した場合、一般・大学生は半額、高校生以下は無料
     約1,500万年前、海底火山が盛んに噴火し水中で噴出した大量の軽石流が堆積して岩石となったのが、北海道から山陰にいたる日本海側、内陸部の北関東、甲信越地方から伊豆半島にまたがるエリアに分布する「緑色凝灰岩」。宇都宮近郊に産するものは「大谷石」と言われ、江戸時代になってから石の採掘を生業とする人々が現れ、石を採る、彫る、運ぶ、使う「産業」が確立されたのは、明治から大正時代にかけて。そして大谷石を用いた「近代建築」が宇都宮や他の地域に登場したのは、大正末期から昭和の初めであった。アメリカの建築家フランク・ロイド・ライトが手がけた「旧・帝国ホテル ライト館」は、「鉄筋コンクリート造・大谷石張り」という「新しい工法」で1923(大正12)年の関東大震災に耐えたため、注目され、同時代以降の建築家に大きな与えた。
      「大谷石」の歩みを、「地質・歴史」では岩石の特性を、「産業・建築」においては地域産業としての発展と近代建築史での意味を、「美術」でこの石を産する「大谷」のとらえ方を、多様な表現の作品によって紹介。

    地質・歴史(序章)
      石材サンプル「大谷石 荒目」(原石)
      『本邦産建築石材』より「本邦産建築石材産地分布圖」 1921年
      写真集『石の村』より「大谷の石仏」 1947年|写真=坂本万七
    産業・建築(第1章)
      中山繁信 《大谷 石切場 断面透視図》 2010年
      大谷石の住宅模型 1950年代後半
      パンフレット『大谷石CATALOGUE』 1929〜30年頃
      建築模型「旧・宇都宮商工会議所」 縮尺150分の1
      パンフレット『IMPERIAL HOTEL』 1927年〜昭和初期
      パンフレット『宇都宮石材軌道株式會社 営業案内』より「線路一覽圖」 1915年
    美術(第2章)
      鈴木貫司《大谷風景》 1935年
      飛田朝次郎 《平和観音》(石膏原型) 1952年頃
      岡本唐貴 《石切場》 1960年     など

    ジャズ・コンサート「石の街はジャズの街」1/22(日) 午後2時(開場・午後1時30分)〜午後4時
      講義室にて、 定員170名(先着) 入館券のみ
       高橋幹夫グループ+増渕淳子(ヴォーカル)
      講師・司会
       武井貴志 氏(建築家、テイクス設計事務所、宇都宮市民ジャズオーケストラ)

    シンポジウム「凝灰岩と近・現代建築――国際性と地域性」2/26(日) 午後2時(開場・午後1時30分)〜午後4時
      講義室にて、定員170名(先着) 入館券のみ
      パネリスト
         中川 武 (博物館明治村館長)
         三宅正弘氏(武庫川女子大学生活環境学部准教授)
         藤原宏史氏(建築家、藤原設計事務所)     橋本優子氏(主任学芸員)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                         参考:館のホームページ

      明日香 光二/馬場 英明


      [No.10387] 【東京】菊池寛実記念 智美術館/菊池寛実賞 工芸の現在 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2016/12/30(Fri) 22:49:04  

     虎ノ門の菊池寛実記念 智美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=67
    では、現代の工芸作家の展示を開催中です。 
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆第2回「菊池寛実賞 工芸の現在」〜平成29年3/20(月・祝)
        月曜休館(1/2、1/9、3/20は開館)、12/28〜1/1 、1/3(火)、1/10(火)休館
        午前11時〜午後6時(入館は5時30分まで)
        入館料金:一般1000円 大学生800円 小中高生500円
           障害者手帳提示の方(介護者は1名)は通常観覧料の半額
           ※リピート割引:会期中2回目以降鑑賞の方は半券のご提示で300円割引(他の割引と併用不可)
     本展では工芸分野で活躍する作家を、陶磁、金工、ガラス、竹工、截金ガラスから12名ご紹介し、新作から近作約60点を展示。
     陶芸では、焼成によって生じる土肌の質感、釉薬や上絵による色彩、独自の造形。動感のある造形に陰影を纏う無色透明の吹きガラスや、鉄を素材に有機的な質感や形を創出する金工作品、竹工は編み目の連なりが構造を示し、截金(きりかね)ガラスは、ガラスの色・形と截金を合わせた立体的な文様構成。作家12名による充実した制作を通し、現代における工芸の多様な表現とその可能性を見る。
      山本 茜《源氏物語シリーズ 第十帖「賢木」余話〈別れのお櫛〉》截金ガラス
      井口 大輔《銹釉銀彩壷》陶磁
      藤笠 砂都子《飛天》陶磁
      三嶋 りつ惠《DEA》ガラス
      留守 玲《ゴールデン・バグ》金工
      神谷 麻穂《浮花》金工
      植松 竹邑《すゞかぜ立つ》竹工
      亀井 洋一郎《Lattice receptacle−様相の舞台I》陶磁
      谷岡 茂男《Loop 2012》竹工
      川端 健太郎《白磁辰砂白金錦彩綴化茶器》陶磁
      中田 博士《真珠光彩壷》陶磁
      杉浦 功悦《虎嘯風生》竹工  など

    出品作家によるアーティスト・トーク  各午後3時より、予約不要、入館のみ

    (1)1/22(日) 神谷 麻穂氏(陶磁) & 杉浦 功悦氏(竹工)
    (2)1/28(土) 藤笠 砂都子氏(陶磁) & 留守 玲氏(金工)
    (3)2/11(土) 井口 大輔氏(陶磁) & 中田 博士氏(陶磁)
    (4)2/19(日) 川端 健太郎氏(陶磁) & 三嶋 りつ惠氏(ガラス)
    (5)3/ 4(土) 亀井 洋一郎氏(陶磁) & 谷岡 茂男氏(竹工)
    (6)3/11(土) 植松 竹邑氏(竹工) & 山本 茜氏(截金ガラス)  

    学芸員によるギャラリートーク:各土曜日、午後2時より(申込み不要)
    1/7、1/14、2/25
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

      明日香 光二/馬場 英明


      [No.10386] 【東京】お札と切手の博物館/印紙・証紙―小さなグラフィック・デザインの世界 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2016/12/30(Fri) 22:48:17  

     北区王子のお札と切手の博物館(国立印刷局 博物館)http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=246では、印紙や証紙の小さな印刷物の展示を開催中です。 
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆平成28年度特別展「印紙・証紙―小さなグラフィック・デザインの世界」〜平成29年3/5(日)
       月曜休館(祝日の場合は翌平日)、12/29(木)〜1/3(火)休館
        臨時休館日 1/8(日)、2/12(日)
       入館無料
     「印紙・証紙」とは、領収書などに貼り付ける切手型の「収入印紙」に代表される、「何かを証明するために貼り付ける小さな印刷物」全般を指す。これらの「小さな証明書」は、貼り付ける対象や証明の内容などの用途に合わせてデザインされ、多様な大きさや形態、ユニークな色分けや図柄になる。 下邑政弥氏旧蔵の貴重なコレクションと併せて、製造機関である国立印刷局ならではの収蔵品を展示。
      日本初の徴税印紙(蚕種の販売を許可した)明治5(1872)年
      煙草の葉の束を包んで煙草税の支払いを証明した帯状の印紙 明治16(1883)年
      都庁舎の描かれた東京都収入証紙 平成4(1992)年
      輸入時計の裏に貼った物品税証紙 昭和31(1956)年
      ピアノに貼った物品税証紙 昭和38(1963)年
      綿商同業組合が発行した検査合格章 昭和初期
      酒瓶に貼った酒類級別表示証 昭和41(1966)年  など
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

      明日香 光二/馬場 英明


      [No.10385] 【大阪】堺アルフォンス・ミュシャ館/ミュシャと新製品の誘い 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2016/12/30(Fri) 19:36:54  

     JR堺市駅前の堺市立文化館 堺アルフォンス・ミュシャ館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=62では、産業革命の新製品とミュシャの関係を展示しています。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「ミュシャと新製品の誘い」〜平成29年2/5(日)
           月曜休館(祝日の場合は翌日)12/29〜1/4休館
           入館料金:一般500円 高大生300円 小中生100円
     産業革命による技術の革新により、多様な新製品が次々と作られた19世紀のヨーロッパでは、ポスターが新製品の情報を速やかに多くの人に伝える役目を担い、大都市の近代化への発展をとげつつあったパリの街角ではまさにポスターという術が花開いていた。
     本展では、ヨーロッパの産業革命を背景に生み出された「新製品」に光を当て、世界の先進的な工業技術が公開された万国博覧会や、やがて開花するポスターの流行にみる受容、また明治・大正期にかけて日本で流行した広告メディア「引札」を合わせた約70点のポスターを展示。
      アルフォンス・ミュシャ《第20回サロン・デ・サン展》1896年、リトグラフ、紙
                   《ムーズ・ビール》1897年、リトグラフ、紙
      フィルマン・ブイセ《リュのビスケット》1897年、リトグラフ、紙
      ジュール・シェレ《サクソレーヌ灯油》1894年、リトグラフ、紙
      《萬年提燈商 萬長事 今井長次郎》  など
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

      明日香 光二/馬場 英明


      [No.10382] 【京都】アサヒビール大山崎山荘美術館/ロベール・クートラス 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2016/12/30(Fri) 19:34:07  

     アサヒビール大山崎山荘美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=139では、現代ヨーロッパの絵画の展示を開催中です。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆開館20周年記念「ロベール・クートラス 僕は小さな黄金の手を探す」【前期】〜平成29年1/29(日)
                                【後期】平成29年1/31(火)〜3/12(日)
         月曜休館(祝日の場合は翌日休館)12/26(月)〜1/3(火)休館
         午前10時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
         入館料金:一般900円 高大生500円 中学生以下無料 障害者手帳をお持ちの方300円
     「現代のユトリロ」、「第二のベルナール・ビュフェ」として売り出されたパリ生まれの画家、ロベール・クートラス(1930-1985)は、画廊を離れ困窮のなかで制作することを選ぶ。小さな紙片を独自の神話のイメージや抽象的な模様で彩ったカルト、人間と動物の間のような生物が佇む静謐なグアッシュなど、ユーモラスななかに静かな悲しみを湛えた作品を描く。画家は華やかな美術界の流行よりもむしろ、石工として働いた青年時代に育まれた中世の職人世界への憧憬、パリの街角に暮らす人びとや動物たちの生活、古きフランス人の精神が宿る民衆芸術であった。没後30年を迎え、初期油絵から制作の様子が伝わる資料まで未公開のものも含め紹介。
       ロベール・クートラス《僕の夜のコンポジション 24-b》1973年 油彩、紙
         《僕のご先祖さま》1977年 グアッシュ、紙
         《天使》1970年代後半 油彩、板
         《僕のご先祖さま》1979年 グアッシュ、紙
         《灰色の自画像》1977年 
         《クロワ=ルースの通り》1957年  など

    ギャラリートーク:事前申込不要:会期中の第2、第4土曜日(1/14、3/11を除く)午後2時〜30分
     学芸員が本展覧会の見どころを解説
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

      明日香 光二/馬場 英明


    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 |


    - 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
    処理 記事No 暗証キー

    - Web Forum -
    - Antispam Version -