ほっとミュージアム 談話室
[ホームへもどる] [新規投稿] [新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
  • 以下は新規投稿順のリスト(投稿記事)表示です。
  • 48時間以内の記事は new! で表示されます。
  • 投稿者のメールアドレスがアドレス収集ロボットやウイルスに拾われないよう工夫して表示しています。
  • 発言サイズは画像も含めて130KBまで、URLは20個までです。
  • その他[留意事項]を良くお読みの上ご利用ください
  • 新規紹介用 でワード検索すると、フォーマット発言が開きます

  •   [No.11490] 【山口】中原中也記念館/散歩生活/文士の肖像 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/01/06(Sun) 09:56:21  

     山口市湯田温泉の中原中也記念館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=35&c=15で行われている展示を紹介します。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆第15回テーマ展示「中原中也の散歩生活」〜2/17(日)
         月曜休館(祝日の場合は翌日)毎月最終火曜日休館
         入館料金:一般320円 大学・高等専門学校生210円 70歳以上、18歳以下無料
     昼に起床し、深夜まで街中を歩き続け、帰宅したのち本を読んだり詩を書いたりする生活を送っていた中原中也は、部屋にこもらず、街をあてもなく歩きまわり、歩きながら世界を肌で感じ、そこから作品を生み出し、生き生きとした躍動感ある歩くことをテーマにした魅力的な作品へと結実した。背景には、中也が好んだフランスの詩人・ランボーの作品の影響があり、中也が歩いた当時の街並みなども紹介しながら「歩く」という行為と詩作の関係に迫る。

    ☆林忠彦生誕100年 企画展II「文士の肖像−林忠彦写真展」〜4/14(日)
     山口県周南市出身の写真家・林忠彦の生誕100年を記念し、周南市美術博物館協力の林忠彦の写真展を開催。
     林は同じ山口県出身ながら中也との出会いは無かったが、小林秀雄、太宰治、坂口安吾ら中也と交友のあった文学者の肖像写真を撮影している。中也と同時代の文学者の業績を紹介しながら、林の写真の魅力にせまる。
    【第2期】〜2/17(日) 河上徹太郎、川端康成、小林秀雄、今日出海、坂口安吾、佐藤春夫、高見順、檀一雄
    【第3期】2/20〜4/14(日)宇野千代、大岡昇平、織田作之助、川端康成、坂口安吾、佐藤春夫、太宰治、永井龍
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

     年末の12/23に、山口市の湯田温泉を訪れ、中原中也記念館に行っています。湯田温泉自体はじめてなので、ここは初訪問です。
     地域出身の文学者の記念館って、知っている名前だから入ってみるのですが、その人の作品を読んだこともない…ってことが私はしばしばです。その点、詩人は良いですね。展示のその場で鑑賞しても良いのですから。実は、私にとっても中原中也はそんなに親しい詩人ではなかったのですが、詩のリズム感とか空間感というか、そういうものに浸ることができました。ほぼ展示空間を占めた「散歩生活」というテーマも良かったと思います。中也の作品の多くを生み出されているのは、短い生涯の中、ほとんど東京での生活中だと思うのですが、そこでも思索、瞑想ができているところにロマンを感じます。
     ただ、収入はどうなっていたんだろう?などと考えてしまい、どうしても放埒に見える文学者の生活には共感できないのですが。戦前のうちに中也と二人の息子は亡くなっており、遺されて平成まで生きられた彼の奥様のことも気になってしまいました。
     こんなことを考えた後に、館の向かいにある足湯施設&カフェ「狐の足あと」でゆったりしてしまいました。

                                明日香 光二/馬場 英明


      [No.11489] 【兵庫】芦屋市谷崎潤一郎記念館/グラビア〜作家谷崎の横顔 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/01/05(Sat) 23:57:52  

     芦屋市谷崎潤一郎記念館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=77では、谷崎の素顔にせまる展示を開催中です。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆2018年度 冬の通常展「谷崎潤一郎 人と作品 グラビア〜作家谷崎の横顔〜」〜3/24(日)
         月曜休館(祝日の場合は翌日)
         入館料金:一般300円 高大生200円 中学生以下無料
     大衆社会の成熟につれて、さまざまな雑誌のグラビアで紹介される機会が増え、 多くの読者の関心は作品じたいにとどまらず、作家そのもの、わけてもその私生活へと向かう。人々の好奇心の渦にとりまかれた作家が「グラビア」の中で彼らがみせるさまざまな表情、土門拳や林忠彦など名だたる写真カのレンズが捉えた谷崎の場合は。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11488] 【石川】徳田秋聲記念館/ 『檻』―真山青果との友情 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/01/05(Sat) 23:55:36  

     金沢市の徳田秋聲記念館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=17&c=25
    では、劇作家との文学的交流を展示しています。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆青果生誕140年記念「『檻(おり)』―真山青果との友情」〜3/10(日) 
          開催期間中無休
          入館料金:一般300円 65歳以上200円 高校生以下無料
     大正期に『誘惑』、『路傍の花』、『二つの道』といった秋聲作品の舞台化を手がけ、その後も生涯を通じ交流をもった真山青果
    は、明治末期、国木田独歩の死をめぐって文壇仲間と衝突し、また原稿の二重売り問題によりやがて小説の道から遠ざかった青果につきまとう葛藤を、秋聲は、ある一定の距離から常に見守る姿勢を見せた。一方で、青果との旅行の日々を「檻(おり)」と表現し、小説に綴った秋聲、青果と秋聲の〈切つても切れないやうな友情関係〉について紹介。
      青果筆 秋聲宛書簡
      秋聲自筆「『二つの道』の劇化」原稿 など

    展示解説:1/5(土)2/2(土)3/2(土)午前11時〜、午後2時〜 約40分 
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11487] Re: 【石川】金沢21世紀美術館/チウ・ジージエ書くことに生きる 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/01/05(Sat) 23:23:37  

    Quitaさん、明けましておめでとうございます。

    > 偶然にも初旅で石川県に来ていて、金沢21世紀美術館が最初に見たところになりました。
     おっ、1月2日から開館している館、としてリストアップしたところ、当たりましたね。

    > チウ・ジージエは書出身の現代アーティストとして、なかなかユニークだったと思います。
     実は、テキストで書いているだけでは、書から発展したパフォーマンスとか、インスタレーションとか、なかなか想像できなかったのです。篠田桃紅さんの芸術とか、高校生のいわゆる書道パフォーマンスが思い当たるぐらい。

     文字の迷路、「文字を書く」ことの映像、文字で何かを表すこと…
     文字だけで表面的に示す意味だけでなく、文字やその筆記が持っている可能性のようなものを感じる展示になっていそうですね。
     奥深そうな展示と思います。

                    明日香 光二/馬場 英明


      [No.11486] 【山口】下関市立歴史博物館/海峡往来 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/01/05(Sat) 23:07:39  

     下関市立歴史博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=35&c=4で開催中の展示を紹介します。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆企画展「海峡往来―すべての「道」は海峡に通ず」〜2/17(日)
         月曜休館(祝日の場合は翌日)
         入館料金:一般100円 大学生等50円
     江戸時代、国内の主要な街道と航路が交わり、本州と九州の街道を結ぶ要衝として国内交通・流通の一大拠点となった下関海峡(関門海峡)。「西国一の大港」となった下関の様子を地図や絵図などを通して紹介。
       江戸参勤海陸道中図会
       東豊浦郡赤間村椋野前田伊崎竹崎豊前前田六ヶ村絵図
       買仕切(小林家文書)
       イギリス製日本図 など

    企画展ミニ講座:2/3(土)ガイダンス交流室にて、午前10時30分〜11時30分、予約不要、無料
    「参勤交代と下関について」松田和也氏(学芸員)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11485] 【京都】府立堂本印象美術館/ 漆軒と印象 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/01/05(Sat) 23:06:40  

     金閣寺近くの京都府立堂本印象美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=1では、日本画と漆工芸の展示を開催中です。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆企画展「漆軒と印象 明治生まれの堂本兄弟・うるしと日本画の競演」〜3/17(日)
         月曜休館(祝日の場合は翌日)
         入館料金:一般500円 高大生400円 小中生200円
               65歳以上の方(要証明)および障害者手帳をお持ちの方と介護者1名は無料

     日本画家の堂本印象(1891−1975)の兄で大正末期〜昭和時代にかけて活躍した漆芸家で洗練された美を追求した堂本漆軒(どうもとしっけん 1889−1964)と、新しい日本画を創造し画壇を牽引してきた印象のそれぞれの芸術活動を展観し、印象が図案を手がけた共作の漆器も紹介し、兄弟による美の世界を見つめ直す。漆軒の代表作・豪華客船あるぜんちな丸(1939年竣工)の一等食堂のために制作した蒔絵の飾扉も展示。
       堂本漆軒 《蒔絵飾扉(あるぜんちな丸一等食堂)》 1939年
             《鉄線蒔絵飾棚》1961年
             《花器鳥瓜図》1935年
       堂本印象《漆軒句色紙》1964年頃
             《葡萄果》1922年     など

    作品を語る: 1/13(日)旧堂本印象邸(美術館東隣)にて、午後2時〜、
       鵜飼雅樹氏 、要入館券または65歳以上の公的証明要 定員40名(当日午後1時からロビーにて整理券配布)

    ギャラリートーク:1/26(土)2/9(土)午後2時〜、 2階展示室にて
    講演会:旧堂本印象邸(美術館東隣)にて、午後2時〜約1時間
    1/27(日)「京都の近代漆芸―堂本漆軒とその時代」比嘉明子氏(地方独立行政法人京都市産業技術研究所 研究副主幹)
        要入館券または65歳以上の公的証明要 定員40名(当日午後1時からロビーにて整理券配布)
    2/21(木) 「継ぐ、ものがたり」河井菜摘氏(漆作家、修復家)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11484] 【石川】室生犀星記念館/犀星の詩集 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/01/04(Fri) 23:02:22  

     金沢市の室生犀星記念館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=17&c=17では、犀星の詩集の展示を開催中です。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆企画展 「犀星の詩集」〜2/24(日)
          残り開催期間中休館日なし
          入館料金:一般300円 65歳以上200円 高校生以下無料
     独自の詩の世界を打ち立て、29歳のときにようやく初めての詩集『愛の詩集』を自費出版し、9ヶ月後、第二の詩集として24歳頃の詩篇を集めた『抒情小曲集』、最後に自ら編んだ『室生犀星全詩集』が死の床に届くまでの半世紀のあいだに、24冊の詩集を出した犀星。小説家としても発表するなか詩作は続きを2000編以上にもおよぶ。新しい道を切り拓き、生涯をかけて打ち込んだ詩作、その犀星が生前に出版した詩集のすべてを紹介。

    バレンタインデー企画: 愛の詩とプチチョコレート プレゼント!
     2/8(金)〜14(木) 7日間 限定100名(無くなり次第終了)入館時にプレゼント

    第72回講座: 2/9(土) 「堀田善衛と犀星」 上田正行(当館館長) 午前10〜11時30分、2階会議室にて
     要電話申込(076-245-1108)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11483] 【石川】泉鏡花記念館/鏡花幻妖アンソロジー『境界に棲むもの』 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/01/04(Fri) 23:01:49  

     金沢市の泉鏡花記念館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=17&c=2では、泉鏡花の世界をイラスト化した展示を開催中です。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆企画展「鏡花幻妖アンソロジー 前期
        山本タカト「境界に棲むもの」」〜2/25(月)
          残り開催期間中休館日なし
          入館料金:一般300円 65歳以上200円 高校生以下無料
      鏡花世界に息づく妖しくも美しく、醜悪な“魔”を、 「平成耽美主義」を謳う現代浮世絵師・山本タカトにより、
    鏡花が描き出した人の心の内外にひそむ禁断の世界へと誘う。
      山本タカト「富姫と青獅子」原画 2017
      山本タカト「血まみれの図書之助」原画 2017
      山本タカト「西瓜が騒いだ夜」原画 2017
      他、山本タカト最新画集『ノスフェラトゥ』より新作吸血鬼画5点を特別展示
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11482] Re: 【石川】金沢21世紀美術館/チウ・ジージエ書くことに生きる 投稿者:Quita  投稿日:2019/01/04(Fri) 22:49:36  

    明けましておめでとうございます。

     偶然にも初旅で石川県に来ていて、金沢21世紀美術館が最初に見たところになりました。

     チウ・ジージエは書出身の現代アーティストとして、なかなかユニークだったと思います。

     最初にあったのは道教の字を立体化したものが迷路のようになっていました。
     逆向きに文章を書いていくのをビデオ撮影して逆に再生しているのでしょうが、筆のところから字が消
    えていくという不思議な作品もありました。
     チラシにも出ている「心経」は中国各地の風景を前に光で書いた字ですが、通して読むと般若心経だと
    わかります。
     最後は政治的作品とも言えるもので、円形の展示室の中に国境問題のある場所の名前とその形が描かれ
    ています。

     コレクション展の宇治野宗輝《プライウッド新地》はどこかで見たことがあるような気がします。横浜
    トリエンナーレだったと思いますが、もしかすると彫刻の森美術館の企画展だったかもしれません。


      [No.11481] 【京都】アサヒビール大山崎山荘美術館/櫛・かんざしとおしゃれ展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/01/04(Fri) 22:37:14  

     アサヒビール大山崎山荘美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=147
    で開催中の特別展を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆澤乃井櫛かんざし美術館所蔵「櫛・かんざしとおしゃれ展−粋に華やかに、麗しく−」〜2/24(日)
        月曜休館(祝日の場合は翌日)
        入館料金:一般900円 高大生500円 中学生以下無料 障害者手帳をお持ちの方300円

     身分や職業によって服装や装飾品を規制されながら江戸時代の女性たちは髪飾りに個性を求め、工夫をこらした櫛やかんざしでおしゃれを楽しんだ。東京都青梅市の澤乃井櫛かんざし美術館には、祇園の舞妓から後に東京で料亭の女将となった岡崎智予(1924−1999)が収集した作品が所蔵されている。工芸的技術が最も高い水準に達した江戸後期のものをはじめ、尾形光琳(1658−1716)、酒井抱一(1761−1829)、原羊遊斎(1769−1845)ら美術家による逸品も含まれ、日本の工芸の粋を凝縮した櫛、かんざしとともに、当時の風俗を伝える浮世絵をあわせた約300点を紹介。
      法橋光琳(印) 《鷺文様蒔絵櫛》 江戸時代 
      羊遊斎 《渦巻文様蒔絵櫛》 江戸時代
      《桜花文様象牙櫛・簪・笄》 江戸時代
      《扇梅鳥籠飾り金銀珊瑚びらびら簪》 江戸時代
      一鶯斎国周 《当勢三十二想 酔が覚相》1869年 など

    講演会:1/19(土)展示室にて、午後2〜3時30分、50名、要申込(先着順)入館料のみ
    「黒髪の美しさと櫛・かんざしの世界」村田孝子氏(ポーラ文化研究所シニア研究員)

    参加方法:返信可能なFAXまたは往復はがきで(1回につき2名まで、中学生以上)
    (1)参加者全員分の氏名 以下、代表者のみ(2)住所(3)電話番号(4)FAX番号
    記入し「イベント係」まで FAX:075-957-3126
    往復はがきの場合は、1/12(土)必着(定員に達した場合、館サイトで告知)

    ギャラリートーク:事前申込不要:第2、第4土曜日午後2時〜30分
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 |


    - 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
    処理 記事No 暗証キー

    - Web Forum -
    - Antispam Version -