ほっとミュージアム 談話室
[ホームへもどる] [新規投稿] [新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
  • 以下は新規投稿順のリスト(投稿記事)表示です。
  • 48時間以内の記事は new! で表示されます。
  • 投稿者のメールアドレスがアドレス収集ロボットやウイルスに拾われないよう工夫して表示しています。
  • 発言サイズは画像も含めて130KBまで、URLは20個までです。
  • その他[留意事項]を良くお読みの上ご利用ください
  • 新規紹介用 でワード検索すると、フォーマット発言が開きます

  •   [No.12328] 【兵庫】陶芸美術館/The 備前[3/7(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/02/29(Sat) 23:07:35  

     丹波篠山市の兵庫陶芸美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=135で3/7(土)から開催される特別展を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆特別展兵庫陶芸美術館 開館15周年記念特別展「The 備前 ―土と炎から生まれる造形美―」3/7(土)〜5/24(日)
       月曜休館(5/4(月・祝)は開館し、5/7(木)は休館)
       開館時間:午前10時〜午後6時(4/29〜5/5は午前10時〜午後7時、入館は閉館の30分前まで)
       入館料金:一般1000円 大学生800円 高校生以下は無料 70歳以上は半額
             障害のある方は75%割引、介助者1名は無料
            5時以降は夜間割引料金(一般、大学生半額)

     岡山県の備前市伊部地域を中心に生み出され、釉薬を施さず土と炎の造形から生まれるシンプルで原始的なやきもの、備前焼。「窯変(ようへん)」「緋襷(ひだすき)」「牡丹餅(ぼたもち)」「胡麻(ごま)」「桟切(さんぎり)」など、薪窯による焼成で生まれたさまざまな景色は他のやきものにはない見どころ。
    本展では、桃山時代に茶人や数寄者によって見いだされ、用いられてきた古備前の名品から、古備前に魅せられ作陶に取り組んでいった近代の陶芸家、さらには重要無形文化財保持者(人間国宝)や若手の最新作までの147件を3部構成で紹介。
     I章 源流としての備前焼−茶の湯のうつわを中心に−
        《徳利 銘トシワスレ》桃山時代(16ー17世紀)
        《緋欅大皿》桃山時代(16ー17世紀)
        《耳付花入 銘 太郎庵》桃山時代(16ー17世紀)

     II章 近代の陶芸家と備前焼 −写しと創作−  
       金重陶陽 《耳付水指》 1958年
       藤原啓 《窯変水盤》 1962年
       山本陶秀 《大海茶入》 1978年

     III章 現代の備前焼 −表現と可能性−
       伊勢崎淳 《角花生》 2008年
       伊勢崎創 《四方水指》 2018年
       矢部俊一 《暁月》 2015年
       伊勢崎晃一朗 《畝壺》 2017年 など

     3/15(日)までのセミナー・イベントは中止

    ギャラリートーク:学芸員による展示解説:3/14、4/11・25、5/2・16(土)午前11時〜約1時間

    アーティストトーク:3/28(土)午後1時30分より1時間程度、展示棟 展示室内、予約不要
     伊勢崎創氏 矢部俊一氏 伊勢崎晃一朗氏(出品作家)

    クロストーク:4/18(土)午後1時30分〜3時、研修棟1階 セミナー室、定員110名(事前申込制、先着順)
    「備前焼とは何か―現在と未来―」隠崎覦貉瓠塀佗丙邁函ヒ
      唐澤昌宏氏(東京国立近代美術館工芸課長/本展監修者)
      館サイトで申し込み

    備前風にチャレンジ!〜丹波でつくる緋襷の器〜:4/5(日)午前10時〜正午
     工房・展示棟にて、
     定員20名(館サイトにて事前申込み・多数の場合は抽選 結果は郵送) 高校生以上対象
     参加費:4,500円(材料費、焼成代、観覧料等を含む)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12327] 【兵庫】伊丹市立工芸センター/本気のTシャツ展[3/7(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/02/29(Sat) 23:05:34  

     みやのまえ文化の郷の伊丹市立工芸センターhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=87で3/7(土)から開催される展示を紹介します。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「本気のTシャツ展」3/7(土)〜3/29(日)
       月曜休館(祝日の場合は翌日)
       入館無料

     本展では、染織や金工、陶芸といった工芸を始め、様々なジャンルで活躍するアーティストが「Tシャツ」それぞれの技量をもって取り組んだTシャツ制作。作家たちの巧みな技術と創造力で生まれた「本気のTシャツ」は生地製作や縫製から取り組んだもの、異素材との組み合わせ、およそTシャツとは思えない形態など、驚きと期待。
    [出品作家]
    AkiOri(R)高橋亜希 荒姿寿 井関和代 伊是名のえ 一色真由美 上田恭子 牛尾卓巳 馬川亜弓 梅崎瞳 海老塚季史 大セ蘓辧_テ朕身ケ辧_クシ枠繊‐ソ勸謀塋磧‐ハ郢穫詑紂_嘆貍觀髻〃棒酥ニ繊_弾4音辧〔臈聴讐察_蝋臧膵氈S濺弔瓩阿漾)摸とア┿辧‐綺篋漫‐綺篏ハ澄‐セ郷總押‐ハカa紂ゞ疇9盥亜ー魄翆娵叩ー魎ウケ辧〆篷楝臙蓮〇愿塚道忙辧。Susan Pietzsch 杉井啓三 大門敏彦 竹中明子 多々良直治 巽美由紀 舘正明 辻愛梨 百々(どど) 長澤恵子 中西學 柳楽隆一 野々村ゆみ子 延安敬子+鈴木淳彦 長谷川政弘 長谷川眞由美 パッチワーク 林塔子 平川文江 細田あずみ 前川多仁 松本留依 三木陽子 宮坂省吾 やまこしかずよ 山崎香織 山本善一郎 吉川直哉 ヨシムラリエ (60名)

     *ギャラリートークは中止

    草木染めワークショップ 〜黄色いストールを染めましょう
    3/20(金祝) 午後2〜4時頃 要予約(電話TEL 072-772-5557か来館で)
    参加費:4000円(材料費込) 定員10名(中学生以上対象)
     やまこしかずよ氏(染織作家)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12326] 【京都】高島屋グランドホール/竹久夢二展 −幻想の美 秘められた謎−[3/4(水)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/02/29(Sat) 23:02:47  

     四条河原町の京都高島屋グランドホールhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=81で3/4(水)から開催される展示の紹介をします。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆生誕135年「竹久夢二展 −幻想の美 秘められた謎−」3/4(水)〜3/15(日)
       午前10時〜午後8時(最終日は5時まで、入館は閉館30分前まで)
       入館料金:一般800円 高大生600円 中学生以下無料

    謎を秘めたと。
    アメリカで描かれた2つの油彩画が、日本で初顔合わせ。

    画家、デザイナー、詩人としても数多くの作品を残し、恋と旅を重ねる生涯を送った竹久夢二(1884-1934)がアメリカで制作し貴重な油彩画《西海岸の裸婦》を科学調査し、夢二の心理や謎を解き明かす。全米日系人博物館(カリフォルニア州)所蔵の《花衣》とはじめて揃って展示。
      《西海岸の裸婦》昭和6−7(1931ー32)年、夢二郷土博物館蔵
      《花衣》昭和6−7(1931ー32)年、全米日系人博物館蔵
      新聞小説「凝視」挿絵原画 大正9ー10(1920ー21)年、夢二郷土博物館蔵
      《立田姫》昭和6(1931)年、夢二郷土博物館蔵 など
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12325] 【京都】産業大学むすびわざ館ギャラリー/禁裏御用水の遺構|桃の節句と婚礼[3/2(月)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/02/29(Sat) 23:01:25  

     四条大宮の京都産業大学むすびわざ館ギャラリーhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=86で開催される展示を紹介します。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
    ☆速報展「写真で見る禁裏御用水の遺構」3/2(月)〜3/14(土)
        日祝日休館
        月曜:午後1時〜4時30分、火〜土曜:午前10時〜午後4時30分(入館は閉館30分前まで)

     京都産業大学附属中高旧校舎跡か発掘された「禁裏御用水」の水路の速報展

    ☆所蔵品展「小山家資料に見る桃の節句と婚礼」3/2(月)〜3/14(土)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12324] 【岡山】県立美術館/坂田一男 捲土重来 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/02/29(Sat) 23:00:09  

     岡山城下の岡山県立美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=33&c=0で開催中の展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「坂田一男 捲土重来」〜3/22(日)
        月曜休館(祝日の場合は翌日)
        入館料金:一般1000円 65歳以上800円 大学生500円 高校生以下無料

     キュビスム以降の抽象絵画の可能性を究極まで推し進めた画家・坂田一男(1889-1956)の作品世界の魅力に迫る。 第一次大戦後の1921年に渡仏した坂田一男は、当時のアヴァンギャルドを発展させ、ピカソやレジェ、モンドリアンらとともに最前衛で活躍した。1933年に帰国してからは、中央画壇との交流を絶ち、1956年に亡くなるまで岡山県の玉島のアトリエで自己の絵画の造形的探究に没頭し、戦後に「A.G.O.(アヴァンギャルド岡山)」を主宰して若手作家たちを指導した。本展は、坂田一男の仕事の全貌を、約300点の作品群によって提示し、その画業を同時代の国内外の作家たちと比較しつつ、20世紀絵画表現の問題群として読み解く。
       《女と植木鉢》1926年
       《コンポジション》1936年
       《コンポジション(メカニック・エレメント》1949年
       《釣》1955年
       《力学的構成》1956年

    新型コロナウイルス感染予防及び拡大防止のため3/15(日)まで主催イベントは中止
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12323] 【京都】細見美術館/大倉陶園100年の歴史と文化 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/02/29(Sat) 22:58:15  

     岡崎公園の細見美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=24で開催中の展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「華めく洋食器 大倉陶園100年の歴史と文化」〜3/29(日)
        月曜休館(祝日の場合は翌日)
        入館料金:一般1400円(1300円) 学生1100円(1000円)
             障がい者の方は、障がい者手帳などの提示で100円引き

     大正8(1919)年に大倉孫兵衛、和親父子によって創設された日本を代表する洋食器メーカー大倉陶園。その磁器は、フランスのセーヴルやドイツのマイセンなど西洋の名窯にも比肩する高い品質とされ、皇室をはじめ、数多くの文化人や財界人に愛され、老舗ホテルやレストランでも供され、日本の洋風文化の一翼を担った。
     本展では、草創期から現在までの作品で、優れたデザインや品質を紹介し、日本の洋食器文化における同園の役割を探る。さらに、当館のロゴや琳派展のグラフィックを行なってきた仲條正義氏デザインの大倉陶園の洋食器の特別展示。
      「一本のバラ」プレート 1990年 大倉陶園蔵
      大倉孫兵衛の「錦絵」出版物  
      昭和10年奈良ホテルに映画「ラストエンペラー」溥儀が滞在したときの洋食器
      グラフィックデザイナー仲條正義氏「色蒔銀彩椿絵替り皿(キュイジーヌシセイドー)」など
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12322] 【京都】舞鶴引揚記念館/つなぐ記憶 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/02/29(Sat) 22:57:35  

     東舞鶴の引揚公園内にある舞鶴引揚記念館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=122で開催中の展示を紹介します。 
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆令和元年度第4回企画展「新収蔵品展〜つなぐ記憶〜」〜4/12(日)
          3/19休館
          企画展のみは無料

     平成30年度に、シベリア抑留や引き揚げを体験された方や関係者から寄贈された52件164点の資料を展示。戦後75年・海外引き揚げ開始75年となる本年、遠くなりつつある戦後の記憶を未来へとつなぎ、平和への願いを新たにする機会にする。
       シベリア抑留中に手作りしたスプーンやライター
       引揚者の上陸に活躍した海上保安庁の元巡視艇「白杉」の模型
       抑留地等での写真
       外地からの引揚者であることを証明する「引揚證明書」
       引き揚げ抑留関係書籍
       シベリア抑留や引き揚げの体験手記
       抑留されていたシベリアから家族に送られた俘虜用郵便葉書
       引揚者団体などの会報誌・引き揚げ抑留関連の新聞記事
       海上保安庁 巡視艇「白杉」の模型  ほか
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12321] 【宮城】仙台市歴史民俗資料館/堤焼と堤人形 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/02/29(Sat) 22:55:15  

     仙台市歴史民俗資料館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=04&c=18で開催中の展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆開館40周年記念特別展「堤焼と堤人形」〜4/12(日)
         月曜休館(祝日は開館)祝日の翌日(土日祝をのぞく)
         入館料金:一般・大学生240円 高校生180円 小中学生120円

     江戸時代に、旧仙台城下の北端で、外敵から守るために足軽が配置された堤町。足軽の内職として始まった堤焼と堤人形について館蔵資料を中心に、生活の道具あるいは愛玩具として人々のくらしに深くかかわっていた様子を紹介。
      堤焼・濁酒甕
      堤焼・黒物の大黒
      堤人形・横綱谷風  など

    展示解説:3/21(土)4/4(土)4/12(日)午前11時、午後2時〜30分

    ☆季節展「ひな祭り」〜3/22(日)
     各家に伝わった「ひな人形」や仙台の郷土玩具でもあった「堤焼のひな人形」を展示し、かつてのひな祭りの様子を紹介。

    ☆被災地関連展示「六郷・七郷・高砂と周辺地域の人々のくらし」3/1(日)〜3/31(火)
     東日本大震災で大きな津波被害を受けた仙台市沿岸部のうち、六郷・七郷・高砂地区とその周辺地域を取り上げ、震災前の人々の暮らしの様子を写真などの資料で紹介。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12320] 【近畿】コロナウィルス対策による休館状況 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/02/27(Thu) 23:14:47  

    国立博物館機構の一斉休館発表を見て、
    近隣のミュージアムの状況を見てみました。
    主要な国立・府県立館は、国の方針にならって休館に入るところが多いです。
    明日から、あるいは明後日から、という微妙な差もありますが、
    本日、決定に至っていない館も明日以降の動きをしっかり見て頂いて、ご訪問の判断にしてください。

    京都国立近代美術館:2/29(土)〜3/16(月)まで、臨時休館
    https://www.momak.go.jp/Japanese/news/?sy=2019&tp=news#post-102427

    京都文化博物館:2/28(金)〜3/16(月)まで2階総合展示室および3階フィルムシアターは閉室
    http://www.bunpaku.or.jp/topics/23511/

    地方独立行政法人大阪市博物館機構:2/29 (土)〜3/16 (月)までの間、休館
    (大阪市立美術館、大阪市立自然史博物館、大阪市立東洋陶磁美術館、大阪市立科学館、及び大阪歴史博物館)
    https://ocm.osaka/news/3704/

    国立国際美術館:2/29(土)〜3/15(日)まで休館
    http://www.nmao.go.jp/

    奈良県立美術館:2/28(金)〜3/15(日)まで臨時休館
    http://www.pref.nara.jp/item/223899.htm#moduleid43108

               明日香 光二/馬場 英明


      [No.12319] 【奈良】国立博物館:毘沙門天 見ました/国立館 臨時休館 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/02/27(Thu) 22:11:56  

     2/24(月・振)に奈良国立博物館の「毘沙門天―北方鎮護のカミ―」特別陳列「お水取り」を見に行きました。
     展示室に入るや目に飛び込んでくる武神。入り込めば四方八方が武神という空間は今までにないものでした。
     入口におわすは、岐阜県華厳寺の毘沙門天。木造だが甲冑が革製に見えるなめらかさ、しなやかさ。うーん、実在っぽい武人。その奥におわす滋賀県高尾地蔵堂の毘沙門天立像が凄い。12世紀平安時代の作と言うが、慶派か。ダイナミックに身体を折り曲げ衣も風になびき、顔はまるで藪内佐斗司作品のよう。(逆に藪内さんが中世仏をヒントにされているのかもしれませんが)。
     後半部、「兜跋毘沙門天」のゾーン。異国的な東寺の有名な像が迎えてくれますが、毘沙門天は日本では「北方の守り神」ですが、中国西方の守り神から来ているのですね。長いマント状の鎧、邪鬼ではなく、地天女に支えられる姿、その特徴の像がまた、まとまって存在することも知ることができました。

     なかなか面白い展覧会だったので、次月のオススメにするつもりで、書きかけていたのですが…
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
     小中高校が全国一斉休校のニュースが飛び込んでくるとともに、
     独立行政法人国立文化財機構の国立博物館も、2/27(木)〜3/15(日)は臨時休館されると決定されました。

    (臨時休館する施設)
     東京国立博物館、京都国立博物館、奈良国立博物館、九州国立博物館
     奈良文化財研究所の公開施設(飛鳥資料館、平城宮跡資料館、藤原宮跡資料室)

                       明日香 光二/馬場 英明


    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 |


    - 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
    処理 記事No 暗証キー

    - Web Forum -
    - Antispam Version -