ほっとミュージアム 談話室
[ホームへもどる] [新規投稿] [新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
  • 以下は新規投稿順のリスト(投稿記事)表示です。
  • 48時間以内の記事は new! で表示されます。
  • 投稿者のメールアドレスがアドレス収集ロボットやウイルスに拾われないよう工夫して表示しています。
  • 発言サイズは画像も含めて130KBまで、URLは20個までです。
  • その他[留意事項]を良くお読みの上ご利用ください
  • 新規紹介用 でワード検索すると、フォーマット発言が開きます

  •   [No.11086] 【大阪】日本民芸館/絞り染−布に咲く花− 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/03/11(Sun) 16:11:00  

     吹田万博公園の大阪日本民芸館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=91で開催中の展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆春季特別展「絞り染−布に咲く花−」〜7/16(月・祝)
        水曜休館(3/21(水・祝)は開館)
        入館料金:一般700円 高大生450円 小中生100円
     布の一部を糸で絞る、括る、縫い締める、板で挟むなどして、染液の浸透を防いで染める技法・絞り染は、染め終わった布を解きほぐすと、模様が布の上に花開く。正倉院や法隆寺の宝庫に残された最古の絞り染から、江戸時代には木綿の普及に伴って庶民へと浸透。とりわけ知られた、絹に染める「京鹿の子」と、木綿に染める名古屋の「有松・鳴海絞り」。近現代には従来の技法を生かした作品が生み出された。
     本展では、明治から昭和にかけて日々の衣服として用いられてた絞り染による着物や、現代の作家達による大型の絞り染作品を紹介。
    〈併設展示〉
    第2展示室 濱田庄司作品
    第3展示室 古伊万里そばちょこ

    みんげいゼミ(少人数制の講座)4/1(日)会議室にて、午後2〜3時30分(1時30分開場)◇
    「日本の絞り」安藤宏子氏(絞り染作家)
     定員20名(要予約)聴講料:300円(別途入館料要)

    記念講演会:6/10(日)午後2〜3時30分国立民族学博物館・第5セミナー室(大阪日本民芸館向かい)
    「いまなぜ民藝か?」鞍田崇氏(明治大学理工学部 准教授)
     定員100名(要予約) 聴講料:300円(別途入館料要)

    呈茶:6/10(日)午前11〜午後4時30分、渡り廊下にて
     500円(お抹茶とお菓子付)別途入館料要、予約不要。

    絞り染ワークショップ―藍で手拭いを染めよう―
     7/1(日)【午前】10〜12時 【午後】2〜4時
     小川裕惠氏(染色家)中庭、会議室にて
     定員:各回10名(要予約)
     参加費:1500円(要入館料)

    みんげい市:若手の作家による、陶磁・木工・染織などの展示即売。
     日時:5/12(土)13(日) 午前10〜午後5時 正面入り口・中庭などの無料スペース

    はじめての「民藝(みんげい)」第三回:4/15(日)会議室にて、午後2〜3時30分(1時30分開場)
     小野絢子氏(学芸員)定員20名(要予約) 聴講料:300円(別途入館料要)
    ギャラリートーク(学芸員による展示解説)午後2時〜30分
     3/17(土)25(日)4/7(土)22(日)
     5/19(土)27(日)6/2(土)17(日)7/8(日)14(土)

    万博記念公園の植物で絞り染をしてみよう
     3/25(日)4/22(日)5/19(土)6/17(日)7/8(日)午後2時30分〜3時30分
     渡り廊下、中庭にて、入館料要、予約不要
     布はこちらで用意、汚れてもいい服装(あればビニール手袋持参)で
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11085] 【大阪】八尾市立歴史民俗資料館/麟角堂と安田家の人々 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/03/11(Sun) 16:04:42  

     近鉄信貴線服部川の八尾市立歴史民俗資料館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=124で開催中の展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆新収蔵品展「麟角堂と安田家の人々」〜4/25(水)
       火曜と3/22(木)休館
       入館料金:大人200円 高大生100円
            中学生以下、身体障害者手帳、療育手帳又は精神障害者保健福祉手帳の所持者及び介助者無料
     江戸時代に久宝寺寺内町で医師として活躍した安田家の資料が資料館に寄贈された。
     文政年間(1818〜29)に迎翠堂で儒教の文献を研究し江戸時代初期の麟角堂を再興した安田恒庵。
     大坂船場の懐徳堂で学び、茶道にも心得のあった恒庵の息子鶯関と孫の士本。
     近代に入って麟角堂を復興させ、昭和3(1928)年に『久宝寺村誌』を出版した安田覚三郎。
     寄贈された安田家資料を紹介して近世から近代の八尾の教育史を再発見する。
       麟角堂聖像(天正3年 1575年)
       安田鶯関筆「中井碩果先生論語聞書」
       四菱唐花文金具付木刀(江戸時代)
       麟角堂聖像裏書
       薄茶絹地浮線蝶文十徳(江戸時代)
       藍木綿地麟角堂法被(近代)   など
         
    ミュージアムトーク:4/1(日)午後1〜2時「安井氏と安田氏」担当学芸員にて
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11084] 【大阪】中之島香雪美術館/珠玉の村山コレクション[3/21(水・祝)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/03/11(Sun) 12:01:03  

     3/21(水・祝)中之島の朝日新聞社のビルに美術館がオープンします。
    ==================================================================
    施 設 名:中之島香雪美術館
    ふりがな:なかのしまこうせつびじゅつかん
    英文表記:Nakanoshima Kosetsu Museum of Art 
    分野 :美術 
    郵便番号:530-0005
    都道府県:大阪府
    市区町村:大阪市北区  
    所在地:中之島3-2-4 中之島フェスティバルタワー・ウエスト4階
    電話番号:06-6210-3766  
    FAX:06-6210-4190  
    URL:http://www.kosetsu-museum.or.jp/nakanoshima/
    公共交通:京阪中之島線「渡辺橋」駅下車12番出口直結
         地下鉄四つ橋線「肥後橋」駅下車4番出口直結
         地下鉄御堂筋線・京阪本線「淀屋橋」駅下車7番出口より徒歩5分
         JR「大阪」駅桜橋口より徒歩11分
         JR東西線「北新地」駅下車11-5番出口より徒歩8分
    道路案内:
    開館時間:午前10時〜午後5時(入館は4時30分まで)
    休 館 日:月曜日(祝日は開館、翌日休館)展示替え期間、年末年始
    入館料金(常設時):一般900円 高大生500円 小中生200円
    展示内容:朝日新聞社の創設者・村山龍平(1850〜1933)が収集した仏教美術・書跡・近世絵画・茶道具・武具などの香雪美術館の日本美術コレクションから展示。重要文化財・旧村山家住宅(神戸市)に建つ茅葺屋根の茶室「玄庵」の原寸大復元。旧村山家住宅の90分の1模型、村山が財政支援した美術雑誌『國華』の紹介。
    観覧時間:
    その他(販売・友の会など):
    報 告 者:明日香 光二/馬場 英明
    ==================================================================
    ☆中之島香雪美術館 開館記念展
     「珠玉の村山コレクション〜愛し、守り、伝えた〜 I 美術を愛して」3/21(水・祝) 〜4/22(日)
       月曜休館(祝日の場合は翌火曜日)
       入館料金:一般 900円 高大生 500円 小中生 200円
     中之島香雪美術館開館記念展では、村山コレクションの中から約300点を1年間、5期にわたって紹介。オープニング展「美術を愛して」では、村山龍平と特にゆかりの深い名品や、収集をめぐるエピソードが知られる作品を中心に展示。刀剣を出発点に、仏教美術から書跡、中近世絵画、さらに茶道の世界へと広がりを増した村山コレクションを楽しむ。
     美濃「志野茶碗 銘 朝日影」(桃山時代、17世紀)
     重要文化財「太刀 銘 吉家作」(鎌倉時代、13世紀)
     重要文化財の「病草紙 小法師の幻覚をみる男」(平安〜鎌倉時代、12世紀)
    「二河白道図」(鎌倉時代、13〜14世紀)
     重要文化財の藤原俊成「消息 左少弁殿宛」(鎌倉時代、文治2・1186年)
     重要文化財(伝)周文「瀟湘八景図屏風」(室町時代、15世紀)
     曾我蕭白「鷹図」(江戸時代、明和4・1767年頃)
     東山御物」の一品、重要文化財の梁楷「布袋図」(南宋時代、13世紀)
     重要文化財(伝)周文「瀟湘八景図屏風」(室町時代、15世紀)右隻部分
     美濃「志野茶碗 銘 朝日影」(桃山時代、17世紀)
     重要文化財「二河白道図」(鎌倉時代、13〜14世紀)
     重要文化財 梁楷「布袋図」(南宋時代、13世紀)

    中之島香雪美術館開館記念展
    「珠玉の村山コレクション〜愛し、守り、伝えた〜」
    II「美しき金に心をよせて」4/28(土)〜6/24(日)
    III「茶の道にみちびかれ」7/7(土)〜9/2(日)
    IV「ほとけの世界にたゆたう」10/6(土)〜12/2(日)
    V「物語とうたにあそぶ」12/15(土)〜2019年2/11(月・祝)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                         参考:館のホームページ

                        明日香 光二/馬場 英明


      [No.11083] 【大阪】パナソニックミュージアム 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/03/10(Sat) 21:48:26  

     パナソニック社内の松下幸之助記念館がリニューアルされ、3月9日に開館しました。
    ==================================================================
    施 設 名:パナソニックミュージアム
    ふりがな:パナソニックミュージアム
    英文表記:Panasonic Museum  
    分野 :科学・産業 
    郵便番号:571-8501 
    都道府県:大阪府
    市区町村:門真市  
    所在地:大字門真1006
    電話番号:06-6906-0106  
    FAX:06-6906-1894  
    URL:https://www.panasonic.com/jp/corporate/history/panasonic-museum.html
    公共交通:京阪電車 西三荘駅下車 徒歩2分
    道路案内:駐車場は普通乗用車 10台、大型バス4台(台数に限りあり、できるだけ公共交通機関利用を)
    開館時間:午前9時〜午後5時
    休 館 日:日曜日、年末年始
    入館料金(常設時):無料
    展示内容:松下幸之助の経営観、人生観に触れられる「松下幸之助歴史館」、
    パナソニックのものづくりのDNAを探る「ものづくりイズム館」、
    「さくら広場」で構成
    観覧時間:
    その他(販売・友の会など): 昔懐かしい家電商品やナショナル坊やをモチーフにしたグッズをミュージアムショップで販売
     時間によりガイドツアーあり
    報 告 者:明日香 光二/馬場 英明
    ==================================================================
                         参考:館のホームページ

                        明日香 光二/馬場 英明


      [No.11082] 【茨城】富士見塚古墳公園展示館 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/03/10(Sat) 21:47:37  

     茨城県かすみがうら市にできた、古墳の展示館を紹介します。
    ==================================================================
    施 設 名:富士見塚古墳公園展示館
    ふりがな:ふじみづかこふんこうえんてんじかん
    英文表記:  
    分野 :歴史(考古学) 
    郵便番号:300−0201
    都道府県:茨城県
    市区町村:かすみがうら市  
    所在地:柏崎1553ー3
    電話番号:029-896-0174  
    FAX:  
    URL:http://www.city.kasumigaura.lg.jp/sp/page/page000210.html
    公共交通:
    道路案内:常磐道千代田石岡ICまたは土浦北ICから車で40分
    開館時間:午前9時〜午後4時30分
    休 館 日:月曜日(祝日は開館、翌日休館)12/28〜1/4
    入館料金(常設時):無料
    展示内容: 6世紀初めの築造と推定され、墳丘の全長が78mの前方後円墳・富士見塚古墳から出土した家形埴輪や、全国的にも珍しい鹿や犬、円筒埴輪などのほか、発掘調査の説明パネル等を展示。
    観覧時間:
    その他(販売・友の会など):
    報 告 者:明日香 光二/馬場 英明
    ==================================================================
    ☆第1回企画展「遺跡が語る かすみがうら市の原始・古代」〜7/1(日)
     茨城県内最多の遺跡があるかすみがうら市の、数万年前の石器や、貝塚から見つかった縄文土器、地元ならではの弥生土器、かわいい動物の埴輪等を紹介。
     富士見塚古墳の犬と猿の埴輪も特別公開。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11081] 【大阪】国立民族学博物館/太陽の塔からみんぱくへ 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/03/10(Sat) 20:34:50  

     万博公園の国立民族学博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=89では、万博開催の際に収集された民族資料について、展示中です。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆開館40周年記念特別展「太陽の塔からみんぱくへ―70年万博収集資料」〜 5/29(火)
        水曜休館(祝日は開館、翌日休館)
        入館料金:一般420円(350円)高大生250円(200円)中学生以下無料
       ( )は、20名以上の団体料金、大学等の授業で利用者、授業レポート等の作成を目的とする高校生、
        3ヶ月以内のリピーター、満65歳以上の方の割引料金(要証明書等)
        自然文化園(有料区域)を通行される場合は、自然文化園各ゲート脇の券売機で博物館の観覧券で無料通行。
        障がい者手帳をお持ちの方と付添者1名無料
        土曜日は、高校生無料(自然文化園を通行される場合は、入園料要
      シャトルバス:3/8(木)〜5/29(火)の土日祝日に
        大阪モノレール「万博記念公園駅」とみんぱくの間の直通無料送迎バスを運行
           1日11往復 所要時間約10分 無料
           4/21(土)22(日)28(土)29(日・祝)30(月・振)運休、他に運休の場合あり
    「1960ー68 万博前夜」
     1960 年代の高度経済成長期、食料生産の限界や、資源の枯渇、環境汚染の拡大等地球規模の課題が突きつけられる中、「人類の進歩と調和」を掲げた大阪万博の構想。
    「万博資料収集団」
     日本万国博覧会のテーマ館であった太陽の塔の内部に展示する民族資料を世界諸地域から収集する目的で結成された。プロデューサー岡本太郎は「根源の呼び声と対話できるようなむき出しの展示」を構想して世界中から本物の資料の収集を目指し、1年間で6000万円と言う限られた時間と予算で2500点を収集。
    「太陽の塔に集った仮面と彫像」
     太陽の塔内部の核心をなした仮面と彫像を総覧した展示。
    「万博からみんぱくへ」
     大阪万博の跡地に1977年11月に開館した国立民族学博物館の精神

    みんぱくゼミナール:講堂(本館2F)にて、午後1時30分〜3時(開場1時)定員450名(先着順/申込不要)
    3/17(土)「万博資料収集団―太陽の塔に集った仮面、神像、なりわいの道具」野林厚志氏(教授)
    4/21(土)「EEMという「運動」」松原正毅氏(名誉教授)野林厚志氏(教授)丹羽典生氏(准教授)

    みんぱくウィークエンド・サロン――研究者と話そう:日曜、午後2時30分〜3時または3時15分
    3/11「特別展「太陽の塔からみんぱくへ」ー東南アジアを中心に」平井京之介氏(教授)特別展示館にて
    3/18「博物館資料情報の再収集 EEM北米資料とソースコミュニティとの「再会」」
             伊藤敦規氏(准教授)本館展示場(ナビひろば)にて
    4/1「田の神(タノカンサァ)」について」日高真吾氏(准教授)特別展示館にて
    4/8「東アフリカ民族資料収集の舞台裏」川瀬慈氏(准教授)本館展示場(ナビひろば)にて
    4/15「収集団の見た独立期のオセアニア」丹羽典生氏(准教授)特別展示館にて
    4/22「インド・中近東収集から時代を読む」南真木人氏(准教授)特別展示館にて
    4/29「1960年代末のメキシコとコロンビアーEEM中南米の旅」鈴木紀氏(准教授)本館展示場(ナビひろば)にて
    5/6「専門家が専門外に手を伸ばすときーアフガニスタンから来た偶像」吉岡乾氏(助教)本館展示場(ナビひろば)にて
    5/13「1960年代のアフリカ」三島禎子氏(准教授)本館展示場(ナビひろば)にて
    5/20「自由への渇望と抑圧ー1960年代の東ヨーロッパ」新免光比呂氏(准教授)本館展示場(ナビひろば)にて
    5/27「失われつつあるものを、かき集めたー日本資料の紹介」卯田宗平氏(准教授)第3セミナー室(本館2F)にて

    ギャラリートーク:開催期間中の土曜日
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11080] 【京都】美術館「えき」KYOTO/小林路子 菌類画の世界 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/03/10(Sat) 20:33:04  

     美術館「えき」KYOTOhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=69で行われている展覧会を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ☆「小林路子 菌類画の世界 きのこに会いにいきましょう!」〜3/25(日)
        午前10時〜午後8時(入館締切:閉館30分前)
        入館料金:中学生以上500円
        開館時間:午前10時〜午後8時(入館は閉館30分前まで)
     それは菌類の“花”ともいえる“きのこ”の「肖像画」。小林はそんな新しい絵の分野を切り開いた画家です。
     美しい作品は約900点。その一部はすでに
     植物や菌類図譜の世界的コレクションを誇る英国キュー王立植物園にも収蔵され、全作品が寄贈される予定の、自然の中で生きる野生きのこを描いた小林路子の菌類画。その菌類画の数々と、きのこの絵本などの原画約150点を展示。
       キンチャヤマイグチ
       ジクホコリ
       キツネノタイマツ
       ベニチャワンタケの一種
       キシメジ など
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11079] 【兵庫】竹中大工道具館/アニメーションにみる日本建築ー 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/03/10(Sat) 20:31:11  

     新神戸駅前の竹中大工道具館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=26では、アニメに描かれた建築物の展示を開催中です。
     
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「アニメーションにみる日本建築ージブリの立体建造物展よりー展」〜5/6(日)
        月曜(祝日の場合は翌日)休館
        入館料金:一般500円 高大生300円 中学生以下無料 65歳以上の方200円
    日本が世界に誇るアニメーションの文化。その中で日本の伝統建築はどのように描かれてきたのでしょうか。
     スタジオジブリのアニメーション作品内でドラマの舞台として登場し、本館が展示協力として携わった「ジブリの立体建造物展」から、「となりのトトロ」「もののけ姫」「千と千尋の神隠し」などに登場する日本の建築を採り上げ、建築史家・藤森照信氏の監修により紹介。建物に関連する背景画や美術ボード、美術設定といった制作資料(複製)を公開し「となりのトトロ」に登場する草壁家住宅を一部、立体で表現。

    「昔のおもちゃで遊んでみよう!」(申込不要)1Fテラスほか(荒天中止あり)
    3/24(土)、3/27(火)、3/29(木)、4/3(木)、4/7(土)午前10時〜正午、午後1〜4時
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11078] 【滋賀】大津市歴史博物館/膳所城と藩政 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/03/08(Thu) 23:41:55  

     大津市歴史博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=25&c=1で開催中の歴史の展示を紹介します。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆本多氏入封400年記念企画展「膳所城と藩政―築城から幕末十一烈士事件まで―」 〜4/15(日)
        月曜日、3/22(木)休館
        入館料金:一般:600円(480円) 高大生300円(240円) 小中生200円(160円)
        ( )内は、15名以上の団体割引、
         または大津市内在住の65歳以上の方、市内在住の障がい者の方、
          市内在住の介護保険の要介護者・要支援者の方の割引料金(要証明書提示)。
     本多康俊が膳所藩主となった元和3年(1617)以後、藩主は俊次に続いて後、いったん菅沼氏、石川氏に代わるが、慶安4年(1651)、本多俊次が藩主に再任されて以降、明治4年(1871)の廃藩置県まで、本多氏が世襲した。膳所藩は、畿内近国を抑える譜代大名として重要な役割をにない、御所や京都市街の防火、交通の要地・瀬田唐橋の修築なども行った。本展では、膳所城や城下町を描いた大絵図、藩主本多氏が着けた甲冑、戦いのときの家臣団の陣立図、幕末動乱のなかで処刑された十一烈士の遺品を始め、藩校遵義堂や膳所焼に代表される教育と文化、領内農民の生活の様子などを紹介。
      大津・石山間湖岸風景眺望図 明治〜大正時代写
      膳所藩陣立図 江戸時代後期
      膳所城かぶき門前普請絵図 天和4年(1684)滋賀県指定文化財
      膳所総絵図 大津市指定文化財 元禄15 年(1702) 
      本多俊次領内定書 慶安4 年(1651)
      糸文字の和歌 作・高橋幸佑 
      寿明君様江戸御下向につき膳所城下他道筋絵図 嘉永2年(1849)
      膳所藩烈士紙縒字短冊 慶応元年(1865) 
      鉄釉耳付茶入 銘童女 江戸時代前期 

    企画展「膳所城と藩政」関連講座(第708回れきはく講座)3/24(土)午後2〜3時30分 定員100名
    「膳所藩の飛地領支配」郡山 志保氏(甲南大学非常勤講師)申込締切:3/14(水)参加料500円

    ミニ企画展「『大津市史』編纂の歩み」関連講座(第710回れきはく講座)3/31(土)午後2〜3時30分 定員100名
    「市史編纂から歴博への歩み」樋爪 修氏(館長)申込締切:3/21(水)参加料500円

    企画展「膳所城と藩政」関連講座(第712回れきはく講座)4/7(土)午後2〜3時30分 定員100名
    「膳所城と粟津晴嵐の景観について」横谷 賢一郎氏(学芸員)申込締切:3/28(水)参加料500円

    企画展「膳所城と藩政」関連講座(古文書講座)(第713回れきはく講座)4/14(土)午後2〜3時30分 定員100名
    「膳所縁心寺文書を読む−藩主の菩提所とその史料−」高橋 大樹氏(学芸員)申込締切:4/4(水)参加料500円

    申込方法:ハガキ希望する講座名と日付、郵便番号・住所・氏名・電話番号を記入
    1枚のはがきで、複数の講座申し込み可。
    締切日以降に、講座の参加証を発送、定員を超える場合は抽選し、その結果を通知。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11077] 【大阪】国立国際美術館/トラベラー:まだ見ぬ地を踏むため 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/03/08(Thu) 23:40:16  

     中之島の国立国際美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=37では、開館40周年記念に所蔵作品を中心とした現代美術の展覧会を開催中です。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆開館40周年記念展 「トラベラー:まだ見ぬ地を踏むために」〜5/6(日)
          月曜休館(ただし、4/30(月・振)は開館)
          開館時間:午前10時〜午後5時(金土は8時まで、入場は閉館の30分前まで)
          入館料金:一般1200円 大学生800円
                 高校生以下・18歳未満無料
                心身に障がいのある方と付添者1名無料(要証明書提示)
                夜間割引料金(金土曜の午後5時以後) 一般1000円 大学生700円
                リピーター割引料金:一般 600円 大学生 400円 (本展使用済み観覧券提示で2回目以降)
                無料観覧日:3/31(土)
     所蔵作品に新作のコミッションワークなどを組み合わせ、 またパフォーマンスを展示室で継続的に展開するなどの新しい試みの展覧会。 観覧者が時間と空間を越え た「トラベラー」となり、 想像力をめぐらせる機会。

    参加作家(所蔵作品からの出品含む):ピピロッティ・リスト、高松次郎、ジャネット・カーディフ&ジョージ・ビュレス・ミラー 、ジョアン・ミロ、ヘンリー・ムア、アレクサンダー・コールダー、 ペーター・フィッシュリ ダヴィッド・ヴァイス、ロバート・ラウシェンバーグ、カリン・ザンダー、畠山直哉、米田知子、藤井光、大竹伸朗、ジェイ・チュン&キュウ・タケキ・マエダ、テリーサ・ハバード/アレクサンダー・ビルヒラー、アルベルト・ジャコメッティ、安齊重男、ボリス・ミハイロフ、許家維(シュウ・ジャウェイ) 、小泉明郎、シアスター・ゲイツ、ヤン・ヴォー、須田悦弘、ナイリー・バグラミアン、ティノ・セーガル、アローラ&カルサディーラ、マリーナ・アブラモヴィッチ、ロバート・スミッソン、ポール・マッカーシー、ヴィト・アコンチ、植松奎二、白髪一雄、工藤哲巳、塩見允枝子(千枝子)、榎忠、篠原有司男、彦坂尚嘉、森村泰昌、村上三郎、塩田千春、笹本晃、ヒーメン・チョン、関川航平、ロベルト・クシミロフスキ、楊嘉輝(ヤン・サムソン)

    ロバート・ラウシェンバーグ《至点》は、作品保護のため、作品内での鑑賞を整理券制(当日配布)

    アローラ&カルサディーラ 《Lifespan》2014年
     開館日毎日/B2階展示室 平日:午後2時より
                      土日祝日及び振替休日:午前11時、午後3時より
     約15分間

    パフォーマンス:関川航平《あの(独奏)》2018年(作家蔵)、作家によるパフォーマンス
     毎週金曜・土曜/B2階展示室:午後6〜8時(予定)

    ギャラリー・トーク:3/10(土) 午後2時〜/B3階展示室
     当日午後1時30分から聴講用ワイヤレス受信機を貸し出し(先着90名)

    パフォーマンス:笹本晃《Yield Point(降伏点)》2017年(作家蔵)、作家によるパフォーマンス
     3/17(土)、3/18(日) 各日午後2時〜(約20分間)/B2階展示室
     先着30名、当日午前10時より整理券配布

    上映会:笹本晃映像作品
     3/17(土) 午前11時〜午後7時
     3/18(日)午前11時〜午後4時/B1階講堂

    アーティスト・トーク::ヒーメン・チョン氏(本展出品作家)
     4/21(土)午後2時〜/B1講堂 
     英日通訳あり、先着130名、当日午前10時より整理券配布

    特別講演会:5/1(火)
    「まだ見ぬ存在:パフォーマンス・アートにおける法律(仮)」
    アラナ・クシュニール氏(キュレーター/法律家、オーストラリア)
     英日通訳あり
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 |


    - 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
    処理 記事No 暗証キー

    - Web Forum -
    - Antispam Version -