ほっとミュージアム 談話室
[ホームへもどる] [新規投稿] [新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
  • 以下は新規投稿順のリスト(投稿記事)表示です。
  • 48時間以内の記事は new! で表示されます。
  • 投稿者のメールアドレスがアドレス収集ロボットやウイルスに拾われないよう工夫して表示しています。
  • 発言サイズは画像も含めて130KBまで、URLは20個までです。
  • その他[留意事項]を良くお読みの上ご利用ください
  • 新規紹介用 でワード検索すると、フォーマット発言が開きます

  •   [No.11737] 【工芸建築】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/06/04(Tue) 20:09:09  

     工芸やファッション、インテリア、建築などの新しい展示を紹介します。ほっとミュージアムに紹介済みのものに加えて訪問にご利用ください。

    【岩手】
    岩手県立博物館,☆第70回企画展「よろい・かぶと・かたなの世界」9/21 (土)〜11/24(日)

    【東京】
    青梅市郷土博物館,☆企画展「甲冑武具展〜青梅ゆかりの品々を中心に〜」〜6/16(日)
    町田市立博物館,☆「町田市立博物館最終展 ―工芸美術の名品―」〜6/16(日)<タイトル変更>
    平櫛田中彫刻美術館
     ☆企画展「若き日の平櫛田中―平櫛田中初期の代表作《唱歌君ヶ代》―」〜9/8(日)
     ☆企画展「心のふるさと井原―井原市立田中美術館コレクション―」9/11(水)〜11/17(日)
    多摩美術大学美術館,☆「古布の世界―坂田和実蒐集の粋―」(仮称)6/1(土)〜7/15(月・祝)
    パルテノン多摩
     ☆歴史ミュージアム特別展「刀鍛冶と文明開化
       〜明治期・多摩の乞田鍛冶の渡米に見る海外技術導入〜」〜7/15(月・祝)

    【神奈川】
    横浜市民ギャラリーあざみ野,☆Fellow Art Gallery vol.34「伊藤有里 展」〜7/21(日)ちぎり絵
    平塚市美術館,☆特集展・ロビー展「糸賀英恵展ーうつろいのかたち」12/14(土)〜令和2年4/5(日)金工
    鎌倉芸術館
     ☆第7回「神奈川県押花芸術展」6/7(金)〜6/9(日)
     ☆第3回「ヨーロッパ刺しゅう展」6/14(金)〜6/18(火)

    【富山】
    富山市佐藤記念美術館,☆企画展「インドネシアの染織」〜7/7(日)

    【岡山】
    岡山・吉兆庵美術館
     ☆「美しい女性の身だしなみ 髪飾りと小道具展」〜8/4(日)
     ☆「工芸菓子 果実と花と生き物展」8/17(土)〜8/29(木)
    林原美術館,☆特別展「平成の名刀・名工展」〜7/7(日)
    ☆特別展「第14回 お守り刀展覧会」12/7(土)〜令和2年2/2(日)
    備前おさふね刀剣の里 備前長船刀剣博物館
     ☆特別展「関の刀と備前刀(仮題)」7/13(土)〜9/8(日)
     ☆特別展「一文字派と長船派(仮題)」9/14(土)〜10/27(日)
     ☆テーマ展「備前刀と刀装具展」 11/2(土)〜令和2年1/26(日)
     ☆テーマ展「県内外の赤羽刀展」令和2年2/1(土)〜3/29(日)


    【愛媛】
    愛媛県歴史文化博物館,☆テーマ展「よろいかぶと」 〜6/16(日)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                      明日香 光二/馬場 英明


      [No.11736] 【民俗地誌】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/06/04(Tue) 20:07:10  

     日本の生活文化や世界の地誌の新しい展示を紹介します。ほっとミュージアムに紹介済みのものに加えて訪問にご利用ください。

    【青森】
    中泊町博物館,☆平成31年度春の企画展「ザ★昭和大図鑑【後編】」〜6/23(日)

    【岩手】
    もりおか啄木・賢治青春館,☆第83回企画展「喫茶は文化の宝庫展」〜7/7(日)

    【東京】
    東京農工大学科学博物館,☆企画展「蚕織錦絵に見る宮中養蚕」〜6/29(土)
    根岸競馬記念公苑 馬の博物館
     ☆【第2展示室】テーマ展「馬にこめられた願い」7/27(土)〜9/29(日)
     ☆【第3展示室】テーマ展「モンゴルの生活と日本」7/27(土)〜9/29(日)

    【神奈川】
    横浜開港資料館
     ☆2019年度第1回企画展示「カメラが撮らえた横浜−古写真にみる開港場とその周辺−」〜7/15(月・祝)
    横須賀市自然・人文博物館
     ☆企画展示「新着資料展ー歴史・民俗の逸品ー」〜6/9(日)

    【岡山】
    岡山県立美術館
     ☆岡山の美術展「もっと伝統工芸 中国少数民族の衣装」11/8(金)〜12/15(日)
    林原美術館
     ☆企画展「ハレの日、装う―節句・成人・婚礼の祝いと華やぐ意匠―(仮題)」令和2年2/15(土)〜3/29(日)

    日本郷土玩具館,☆「バリの手仕事 vol.11」〜6/24(月)

    【愛媛】
    愛媛県歴史文化博物館,☆2019年度特別展「瀬戸内ヒストリア」プレ展示「瀬戸内の海人たち」 〜9/1(日) <会期延長>

    【福岡】
    北九州市立文学館,☆小倉祇園太鼓400周年行事 歴史展「四百年の鼓動」6/22(土)〜8/18(日)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                      明日香 光二/馬場 英明


      [No.11735] 【日本画書】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/06/04(Tue) 19:56:07  

     日本画や書道の新しい展示を紹介します。ほっとミュージアムに紹介済みのものに加えて訪問にご利用ください。

    【東京】
    玉堂美術館,☆「栃若葉」〜6/9(日)
    平櫛田中彫刻美術館
     ☆企画展「平櫛田中がみつめた書の世界」11/20(水)〜令和2年2/16(日)
     ☆企画展「花鳥風月―平櫛田中コレクションより―」令和2年2/19(水)〜5/17(日)

    【神奈川】
    神奈川県民ホールギャラリー,☆第63回「凌雲書展」8/7(水)〜8/11(日)  
    横浜市民ギャラリー,☆第34回「21世紀国際書展」7/10(水)〜7/14(日)
    平塚市美術館
     ☆企画展「荘司福・荘司貴和子展 院展の巨星・創画の新星」〜6/9(日)
     ☆企画展「秋野不矩展」10/5(土)〜12/1(日)
    鎌倉市鏑木清方記念美術館
     ☆三遊亭圓朝生誕180年記念「清方と江戸の粋−三遊亭圓朝とのかかわり−」〜6/30(日)

    【岡山】
    岡山県立美術館
     ☆「熊谷守一 いのちを見つめて」9/28(土)〜11/4(月・振)
     ☆岡山の美術展「衣笠豪谷」11/8(金)〜12/15(日)南画
    笠岡市立竹喬美術館
     ☆特別陳列「比庵さんが目指した万葉の世界」〜6/30(日)
     ☆特別展 生誕130年記念 小野竹喬のすべて
     「第一章 竹喬 模索の時代 1889-1938」7/6(土)〜9/1(日)
     ☆特別展 生誕130年記念 小野竹喬のすべて
     「第二章 竹喬 至純の時代 1939-1979」9/7(土)〜11/24(日)
     ☆特別陳列「女を描く―美醜を超えて―」11/30(土)〜令和2年1/19(日)
     ☆特別展「近代花鳥画の名手 菊池芳文」令和2年1/25(土)〜3/15(日)
     ☆特別陳列「京都の日本画 ―大正時代を中心にして―」令和2年3/20(金・祝)〜5/10(日)
    高梁市成羽美術館,☆「106歳を生きる 篠田桃紅−とどめ得ぬもの 墨のいろ 心のかたち−」〜6/30(日)
    新見美術館
     ☆2019年度秋季特別展「培広庵コレクション 華麗なる美人画」9/21(土)〜11/17(日)
     ☆開館30周年特別企画「すべてみせます 鉄斎コレクション大公開!」令和2年2/1(土)〜4/5(日)
    瀬戸内市立美術館,☆「ー郷土が生んだ偉大な芸術家ー東原方僊展」6/22(土)〜7/15(月・祝)

    【広島】
    平山郁夫美術館,☆館蔵品展「 しまなみ海道五十三次とシルクロード〜10/4(金)
    ふくやま美術館,☆春季所蔵品展「大村廣陽ー風景描写を切り口としてー」〜6/23(日)日本画

    【徳島】
    徳島県立文学書道館(言の葉ミュージアム),☆春・夏の収蔵品展「少字数の書」〜6/16(日)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                      明日香 光二/馬場 英明


      [No.11734] 【日本洋画】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/06/04(Tue) 00:07:39  

     日本人作家の洋画の新しい展示を紹介します。ほっとミュージアムに紹介済みのものに加えて訪問にご利用ください。

    【岩手】
    深沢紅子野の花美術館 盛岡,☆深沢紅子「立原道造と忘れな草のまち展」〜7/21(日)

    【神奈川】
    平塚市美術館,☆企画展「安野光雅展」7/6(土)〜8/25(日)
    鎌倉芸術館,☆「瀬尾一嘉 油絵展」6/1(土)〜6/4(火)
    町立湯河原美術館
     ☆平成31年度 第13回現代作家展「深見まさ子展」5/23(木)〜6/24(月) 洋画
     ☆平成31年度 第13回現代作家展「松井亨展」10/3(木)〜11/5(火) 水彩画

    【岡山】
    岡山県立美術館,☆「坂田一男」令和2年2/18(火)〜3/22(日) 洋画
    新見美術館,☆生誕100年「堀文子 追悼展〜旅人の記憶〜」6/1(土)〜7/21(日)

    【広島】
    ふくやま美術館
     ☆夏季所蔵品展「高橋 秀」6/26(水)〜9/16(月・祝)洋画

     ☆秋季所蔵品展「南 薫造」9/19(木)〜12/8(日)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                      明日香 光二/馬場 英明




    03日本画書


      [No.11733] 【長野】小海町高原美術館/山極満博 投稿者:   投稿日:2019/06/03(Mon) 22:52:01  

    こんにちは

     6月2日で終わってしまいましたが、1日に小海町高原美術館の「しーん。|山極満博」に行ってきました。

     ここはお気に入りの所になりつつあります。今回は車で麦草峠を越えて行きましたが、一応、小海駅からのバスも出ています。実は、最寄駅は小海駅ではなく隣の松原湖駅であり、松原湖駅からだと3kmくらいだと思います(ただし、ずっと上り坂)。

     展示の特徴は、作品の近くにはタイトル他のキャプションはなく、受付でもらえる作品リストを見るようになっています。作品そのものだけでなく展示方法も含めたインスタレーション的な作品群であり、全体で「しーん。」という作品のようなものです。エレベーターと壁の間の狭い隙間に絵画作品があったり、遠くに置かれたものを双眼鏡で見たりといった、変わった展示もあります。考えてみると、この美術館の造りはこのような展示をしやすいようにできていると感じます。
     「いろとかたちのおきかえ」というタイトルの作品が何点もあります。これがチラシにも載っているこの展覧会を象徴する作品だと思います。カラフルな幾何学的絵画ですが、その前に置いてあるものと比べると、これは実はスポンジたわしを描いたものであるとわかります。
     2点ある「だれかいる」は狭い部屋になった作品で、1点は音が断続的に聞こえます。もう1点は「Collaboration with Spiders」となっていて、クモがいるのでしょうか。

     近くにある展望台にもこの展覧会の作品2点がありました。


      [No.11732] 【全国】鉄道関係企画展 19年06月以降 投稿者:かずや  投稿日:2019/06/02(Sun) 16:22:24  

    おじゃまします。

    6月以降開催の内容をまとめて直してみました。
    ご紹介やコメントをいただいた皆さんに、感謝致します。

                      かずや:渡辺 和也

    注:6月までの開催分のうち、6月2日(日)までに終了する
      ものは除いてあります。
    ------------------------------------------------------------------------
    【北海道】
    ・名寄市北国博物館
    企画展「名寄駅舎と名寄本線」
    5月17日(金)〜6月9日(日)
    http://www.city.nayoro.lg.jp/section/museum/prkeql000001xzym.html

    ・釧路市立博物館
     私の博物館「石炭列車写真展」 (仮)
     11月2日(土)〜2020年1月12日(日)
    https://www.city.kushiro.lg.jp/museum/kikaku/year-schedule.html

    【埼玉】
    ・飯能市立博物館
     西武線吾野延伸90年・秩父線開通50年記念ミニ展示
      8月上旬〜9月上旬
    https://www.city.hanno.lg.jp/article/detail/3586/

    【千葉】
    ・八千代市郷土博物館
     第1回企画展「鉄道と歩む八千代」
     4月27日(土)〜6月16日(日)
    http://www.city.yachiyo.chiba.jp/600508/page100077.html

    【長野】
    ・安曇野ちひろ美術館
     5月17日(金)〜7月16日(火)
     ちひろ美術館コレクション展 列車でいこう!
    https://chihiro.jp/azumino/exhibitions/24226/

    【富山】
    ・富山市郷土博物館
     企画展 街の中心 富山駅(仮称)
    2020年2月22日〜4月19日
    http://www.city.toyama.toyama.jp/etc/muse/nenkan/nenkanhaku.html

    【岐阜】
    ・岐阜県博物館
     マイミュージアムギャラリー 第3回展示「鉄道模型で見る昭和から平成、そして未来へ」
     8月3日(土)〜9月1日(日)
    http://www.gifu-kenpaku.jp/mymg/3103/

    【愛知】
    ・豊田市近代の産業とくらし発見館
     ミニ企画展「開業40周年 名鉄豊田線」
     7月13日(土)〜9月1日(日)
    http://www.toyota-hakken.com/exhi_info_schedule31.html

    【滋賀】
    ・大津市歴史博物館
     第155回ミニ企画展「江若鉄道 −思い出の品々−」
     10月1日(火)〜12月1日(日)
    http://www.rekihaku.otsu.shiga.jp/event/minikikaku.html#MINIKIKAKU155

    【鳥取】
    ・米子市立山陰歴史館
     企画展「米子鉄道管理局70年」(仮称)
    2020年2月9日(日)〜3月22日(日)
    http://yonagobunka.net/p/yonagobunka/rekishi/news/2/

    【山口】
    ・下関市立歴史博物館
     赤間関市誕生130年記念特別展「下関の鉄道物語」
     7月20日(土)〜9月23日(月・祝)
    http://www.shimohaku.jp/blog190210161452.html

    【福岡】
    ・九州歴史資料館
     パネル展「福岡鉄道遺産ものがたり7−筑豊地区編−」
     9月18日(水)〜12月上旬
    http://www.fsg.pref.fukuoka.jp/kyureki/_common/pdf/exhibitionplan_2019.pdf

    以上です。


      [No.11731] 【兵庫】香雪美術館/羅漢さん 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/05/31(Fri) 23:53:12  

     阪急御影の香雪美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=3では、仏教美術の展示を開催中です
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「羅漢さん 仏教を護(まも)る聖者たち」〜7/15(月・祝)
        月曜休館(7/15は開館)
        入館料金:一般700円 高大生450円 中学生以下無料
     羅漢は、正しくは「阿羅漢」といい、修業によって最高段階に達し、悟りを開いた人のことで、釈迦の教えを護り伝える役割を担う。インドから中国へ、日本には8世紀に伝わり、鎌倉時代以降に彫刻・絵画が盛んにつくられ、信仰された。コレクションを形成した村山龍平の収集品の中から、羅漢図を中心に、関連作品や羅漢を供養、讃嘆する場面に描かれた工芸品なども展示。

     十六羅漢図 絹本着色 南北朝〜室町時代(14世紀)
     黒漆燭台 江戸時代(16〜19世紀)
     明恵 夢記 紙本墨書 鎌倉時代
     釈迦三尊十六善神像 絹本着色 鎌倉時代(13世紀)
     青磁鳳凰耳付杓立 磁器 明時代(15世紀)など
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11730] 【新潟】市美術館/インポッシブル・アーキテクチャー 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/05/31(Fri) 23:52:28  

     新潟市美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=15&c=2
    では、ちょっと変わった建築の展示を開催中です。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「インポッシブル・アーキテクチャー もうひとつの建築史」〜7/15(月・祝)
         月曜休館(祝日は開館)
         入館料金:一般1000円 高大生800円
     完成に至らなかった構想や、あえて提案に留めた刺激的なアイディアなど、いわゆるアンビルト/未完の建築には、作者の夢や思考がより直接的に表現されている。
     20世紀以降の国外、国内のアンビルトの建築に焦点をあて、それらを仮に「インポッシブル・アーキテクチャー」と称し、建築の不可能性に焦点をあてて、逆説的にも建築における極限の可能性や豊穣な潜在力が浮かび上がらせるー約40人の建築家・美術家による「インポッシブル・アーキテクチャー」の図面、模型、関連資料などを通して、未だ見ぬ新たな建築の姿を展望。
     藤本壮介《べトンハラ・ウォーターフロント・センター設計競技1等案》CG画像、2012年
     会田 誠《シン日本橋》
     マーク・フォスター・ゲージ《グッゲンハイム・ヘルシンキ美術館》CG映像、2014年  など
     ヤーコフ・チェルニホフ、書籍『建築ファンタジー 101のカラー・コンポジション、101の建築小図』より挿図、1933年
     ウラジーミル・タトリン「第三インターナショナル記念塔」(1919-20年)コンピューター・グラフィックス、1998年

    シリーズレクチャー:各日とも午後2時〜(約90分)当日先着順(80名)
    6/22(土)「アンビルト概説−ロシアを中心に」前山裕司氏(館長)
    7/14(日)「父・村田豊の建築」村田あが氏(村田豊長女、跡見学園女子大学教授)

    みどころ解説「なぜ建物は建たなかったのか」午後2時〜(約60分)
    7/7(日)藤井素彦氏(学芸員)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11729] 【長野】北澤美術館/バラに捧ぐ 投稿者:   投稿日:2019/05/25(Sat) 22:16:10  

    こんにちは

     諏訪市の北澤美術館はリニューアルオープン以来、1年間の企画展となっています。2019年度は作家ではなく題材にスポットを当てたものになっています。ただ、実際にバラの作品は一部であり、他も展示されています。新収蔵品もあり、良かったと思います。

     しかし、ここは2Fの近代日本画にももっと注目を当てたいと思います。現在は「北澤コレクション名品展 春」です。東山魁夷や杉山寧といった有名画家の他、平川敏夫「小松原観音春宵」、吉田善彦「岡本の春」、那波田目功一「春」といった作品が非常に良かったと思います。


      [No.11728] 【滋賀】県立陶芸の森陶芸館/陶の花 FLOWERS 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/05/05(Sun) 00:23:05  

     甲賀市信楽の滋賀県立陶芸の森陶芸館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=25&c=33で開催中の展示を紹介します。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆特別企画「陶の花 FLOWERS」〜6/9(日)
       
       入館料金:一般500円 高大生380円 中学生以下無料
       月曜休館(祝日は開館)、5/7(火)休館
     春から初夏にかけてわたしたちが花に最も親しみを感じる季節に、東洋陶磁で華やかな花をさまざまに意匠化したものを紹介。日本では、明治時代に欧米から導入された最新技術や意匠(デザイン)を用いて、建築用タイルやインテリア用品など陶磁器で制作されたもののうち西洋と東洋の花を融合させた花のモチーフ、現代陶芸における花の表現。
     「花」を入り口にして近世、近代、現代という様々な時代の陶芸表現の世界を探る。
       湖東焼「色絵牡丹図鉢」 江戸時代後期制作
       淡陶社製「和製マジョリカ装飾タイル」 明治〜昭和初期製作
       田嶋悦子「Cornucopia 97-III」1997年制作
       大石早矢香「Pied」2017年制作  など

    同時開催:細川正廣コレクション寄贈記念「近江のやきものの魅力展」

    ギャラリートーク:5/26(日) 午後1時30分〜1時間程度
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 |


    - 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
    処理 記事No 暗証キー

    - Web Forum -
    - Antispam Version -