ほっとミュージアム 談話室
[ホームへもどる] [新規投稿] [新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
  • 以下は新規投稿順のリスト(投稿記事)表示です。
  • 48時間以内の記事は new! で表示されます。
  • 投稿者のメールアドレスがアドレス収集ロボットやウイルスに拾われないよう工夫して表示しています。
  • 発言サイズは画像も含めて130KBまで、URLは20個までです。
  • その他[留意事項]を良くお読みの上ご利用ください
  • 新規紹介用 でワード検索すると、フォーマット発言が開きます

  •   [No.11901] 【ほっとミュージアム】9月改訂されました 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/09/02(Mon) 22:35:35  

     長い雨が通り過ぎると、すっかり秋の気配が漂ってきました。
     8月末までに談話室にアップされた情報をもとに、三ッ木さんにデータ編集を、ほりうちさんにサイト作成を担当して頂き、データベース「ほっとミュージアム」の改訂をしています。
     秋口に、詩などの文学、地域の歴史、浮世絵などをじっくり楽しもうという展示が増えています。
     8月に調べた新しい館や館データの修正も多数くわえておりますので、どうぞ秋の散策計画にご利用ください。また、ご訪問のあとはミュージアムのご感想やデータ変更にお気づきの点など、この談話室へ書き込んでください。

                  本談話室の管理人 明日香 光二/馬場 英明


      [No.11900] 【大阪】ピースおおさか:ポーランド第二次大戦博物館展 見ました 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/09/02(Mon) 22:16:19  

     9/1(日)に、森ノ宮、大阪城公園内にあるピースおおさかで始まった 特別展「ポーランド・グダンスク市 第二次世界大戦博物館展 POLAND FIRST TO FIGHT 第二次世界大戦勃発の地・ポーランドの戦い」を見ました。
     ピースおおさかは、近年のリニューアルで、「戦争」「平和」の展示を「大阪大空襲」だけに絞ったのですが…企画展では幅広く扱うのを止めておられないな、と感じました。

     第二次世界大戦は、当たり前ですが太平洋戦争部分だけでは無く、ヨーロッパでの戦いも大きいです。当時のドイツ・ソ連の拡大主義がヨーロッパでの戦いを呼んだ、そしてポーランドがその犠牲になったことがよくわかります。本展は、ポーランドにある同館が作成した展示パネルだけの展示で、実物などは無いのですが、日本語版が大きく特製されており、日本周辺のみでなく、こちらの戦争の実態を知り、考えることができました。ポーランド軍の軍人が主にイギリスに亡命して、そこから連合軍で戦っていたことなど。しかし、疑問が残ったのは、開戦したドイツ・ソ連が「ポーランド分割」をどのように正当化していたかということ。現代から見れば、民族間の人権を無視した行いであったことには違いないのですが。

                   明日香 光二/馬場 英明


      [No.11899] Re: 【長野】日本浮世絵博物館/江戸ワンダーランド 見世物の世界へようこそ 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/09/02(Mon) 22:14:43  

     Quitaさん、こんにちは

    >日本浮世絵博物館に久し振りに行きました。
     
    こちら、私は未訪問です。専門館だけに、テーマ設定がいろいろできるんですね。
    東海道や江戸の風景か、役者・美人画というのが定番のテーマですが…

    > 今回の展示は見世物の絵というちょっと変わったテーマと言えます。
    絵画の美を楽しむだけではなく、画題そのものが江戸の文化を表して、おもしろいですよね。 

    >最後は動物です。駝鳥(実はヒクイドリ)、象、虎(実はヒョウ)といった動物が江戸で公開されたときの絵です。
    ニセのものもあったのではないかと、感じるところです。

                 明日香 光二/馬場 英明


      [No.11898] 【大阪】高島屋大阪店:日本画家・山口蓬春 見ました 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/09/01(Sun) 23:00:06  

     9/1(日)に難波の高島屋大阪店グランドホールで開催されている「日本画家・山口蓬春 没後50年―大正、昭和を彩ったモダニズムの軌跡」を見てきました。
     百貨店の展覧会は久しぶりで、買い物のついでに楽しまれる展示ってどんなんなだろう?と見直しました。

     私が見たかったのは、日本画らしからぬ明るいパステル調の色使い、画題も日本画伝統の「花鳥画」という感じとは違う画伯の作品は文句なく楽しい感じだからです。神奈川県の葉山に山口蓬春記念館があることを、このサイト作成以来存じてはいますが、作品をまとまって見たことはありませんでした。
     もともと、東京美術学校の西洋画科でスタートした方なんですね。色も水彩画的なものあり、赤や黄よりも、緑や水色が印象的な涼しげな色使いが多く、「秋二題」という村の風景を描いた作品は日本画とは思えない遠近法や俯瞰的な建物の構図が面白かったりしました。チラシのメイン作品になっている《望郷》はシロクマを描くことがこれも依嘱ですよね。

     実は、山口蓬春という名は、私も親しんでいる画家ではなかったので、やはり親しまれるように高島屋側もかんがえているんだろうな、と感じました。
                    明日香 光二/馬場 英明


      [No.11897] 【長野】日本浮世絵博物館/江戸ワンダーランド 見世物の世界へようこそ 投稿者:   投稿日:2019/09/01(Sun) 22:04:28  

     こんにちは

     日本浮世絵博物館に久し振りに行きました。

     今回の展示は見世物の絵というちょっと変わったテーマと言えます。舞台は主に両国となっていました。
     両国の賑わいを描いた作品の後、まず曲芸を描いた作品が続きます。これが半分くらいを占めていました。独楽の曲芸や軽業師などがあります。独楽は曲芸そのものだけでなく、動物の体を独楽のように描いたものもあります。これも浮世絵の機能でしょうが、チラシ的な絵もあります。
     次のパートは「細工の見世物」ということで、生人形他です。現在なら「○○工芸展」のようになるものだと思います。
     最後は動物です。駝鳥(実はヒクイドリ)、象、虎(実はヒョウ)といった動物が江戸で公開されたときの絵です。

     公共交通覧には次を加えてください。松本歴史の里も同じです。
      松本駅アルプス口から松本周遊バス「タウンスニーカー」西コース(ロングコース)で「浮世絵博物館・歴史の里」下車
     *松本駅の乗り場は他のバスが出る側でないので注意


      [No.11896] 【全国】鉄道関係企画展 19年09月以降 投稿者:かずや  投稿日:2019/09/01(Sun) 17:28:03  

    おじゃまします。

    9月以降開催の内容をまとめて直してみました。
    ご紹介やコメントをいただいた皆さんに、感謝致します。

                      かずや:渡辺 和也

    追:明日香 光二/馬場 英明さん、コメントありがとうございました。

    注1:数が多くなりましたので、来年以降開始分のアドレスは省略します。
    注2:9月までの開催分のうち、9月1日(日)までに終了するものは
    除いてあります。
    ------------------------------------------------------------------------
    【北海道】
    ・北海道立釧路芸術館
     北海道遺産選定記念 鶴居村簡易軌道資料展示
     9月13日(金)〜10月6日(日)
    http://www.kushiro-artmu.jp/schedule/index.html#event091302

    ・釧路市立博物館
     私の博物館「石炭列車写真展」 (仮)
     11月2日(土)〜2020年1月12日(日)
    https://www.city.kushiro.lg.jp/museum/kikaku/year-schedule.html

    【埼玉】
    ・飯能市立博物館
     武蔵野鉄道吾野延伸90年・西武鉄道秩父線50年記念「武蔵野鉄道・西武鉄道」展
     8月3日(土)〜9月8日(日)
    https://www.city.hanno.lg.jp/article/detail/3816

    【千葉】
    ・館山市立博物館
     館山駅開業100周年記念展「鉄道がまちにやってきた」
     同時開催:市制施行80周年記念展「館山の昭和と平成」
     7月6日(土)〜11月24日(日)
    https://www.city.tateyama.chiba.jp/hakubutukan/page100114.html

    【東京】
    ・杉並区立郷土博物館分館
     企画展「杉並に路面電車が走っていた頃」
     7月20日(土)〜9月29日(日)
    https://www.city.suginami.tokyo.jp/event/kyouikuiinnkai/kyodohakubutsukan/1051873.html
     注:分館で開催。所在地に注意。

    ・秋山庄太郎写真芸術館
     特別展 復興祈念「只見線写真展〜星賢孝とその仲間たち〜」
     9月14日(土)〜10月14日(月・祝)
    http://akiyama-shotaro.com/page2.html#kongo

    ・森アーツセンターギャラリー&スカイギャラリー
     特別展「天空ノ鉄道物語」
     12月3日(火)〜2020年3月22日(日)
    https://macg.roppongihills.com/jp/news/2019/06/3229/index.html
    http://www.tentetsuten.com/

    【神奈川】
    ・横浜都市発展記念館
     企画展「一枚の切符から昭和のあの頃へ〜思い出す横浜のイベント、ニッポンの風景」
     7月13日(土)〜9月23日(月)
    http://www.tohatsu.city.yokohama.jp/news/events.html

    【富山】
    ・富山市郷土博物館
     企画展 街の中心 富山駅(仮称)
    2020年2月22日〜4月19日

    【石川】
    ・石川県立尾小屋鉱山資料館
     尾小屋鉄道開業100年企画展 「追憶 尾小屋鉄道」
     7月13日(土)〜11月26日(火)
    https://www.city.komatsu.lg.jp/kanko_bunka/4/8306.html

    【静岡】
    ・静岡市東海道広重美術館
     由比本陣公園開館25周年記念 今昔東海道ステヰシヨン
     同時開催:静鉄グループ創立100周年しずおか昔鉄道
     8月20日(火)〜11月24日(日)
    http://tokaido-hiroshige.jp/schedule/

    【滋賀】
    ・大津市歴史博物館
     第155回ミニ企画展「江若鉄道 −思い出の品々−」
     10月1日(火)〜12月1日(日)
    http://www.rekihaku.otsu.shiga.jp/event/minikikaku.html#MINIKIKAKU155

    【大阪】
    ・信太の森ふるさと館
     夏季特別展 阪和電鉄開通90周年記念展―和泉に電車がやってきた―
     7月18日(木)〜9月16日(月・祝)
    http://www.city.osaka-izumi.lg.jp/kakukano/syougaibu/bunkasinkou/sisetu/hurusatokan/event/1560323427978.html

    ・いずみの国歴史館
     秋季企画展 阪和電気鉄道からJR阪和線
     10月12日(土)〜12月11日(水)
    http://www.city.osaka-izumi.lg.jp/ikkrwebBrowse/material/files/group/65/hanwa90nenten.pdf
    注:上記は阪和電鉄開通90周年記念展のチラシ。本展についての記載あり。

    【奈良】
    ・天理大学附属天理参考館
     第85回企画展 Osaka Metro開業1年「大阪市営交通114年の軌跡」
     10月9日(水)〜12月2日(月)
    https://www.sankokan.jp/news_and_information/ex_sp/sp085.html

    【鳥取】
    ・米子市立山陰歴史館
     企画展「米子鉄道管理局70年」(仮称)
     2020年2月9日(日)〜3月22日(日)

    【山口】
    ・下関市立歴史博物館
     赤間関市誕生130年記念特別展「下関の鉄道物語」
     7月20日(土)〜9月23日(月・祝)
    http://www.shimohaku.jp/page0108.html

    ・萩博物館
     企画展「萩の鉄道物語り」
     9月14日(土)〜10月20日(日)
    http://www.city.hagi.lg.jp/hagihaku/event/pdf/yearevents2019.pdf

    【香川】
    ・高松市塩江美術館
     企画展「塩江温泉鉄道 -風景と記憶-」
     8月10日(土)〜9月23日(月・祝)
    http://www.city.takamatsu.kagawa.jp/museum/shionoe/event/exhibitions/2019exhibition/2019Exhibi/artm_up20190810.html

    【福岡】
    ・九州歴史資料館
     パネル展「福岡鉄道遺産ものがたり7−筑豊地区編−」
     9月18日(水)〜12月上旬
    http://www.fsg.pref.fukuoka.jp/kyureki/_common/pdf/exhibitionplan_2019.pdf

    以上です。


      [No.11895] 【秋田】新潮社記念文学館/矢来町のたからもの[9/3(火)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/08/31(Sat) 23:55:45  

     仙北市角館の新潮社記念文学館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=05&c=29で、9/3(火)から開催される展示を紹介します。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆巡回展「矢来町のたからもの〜佐藤俊夫新潮社元会長旧蔵資料の輝き〜」9/3(火)〜10/20(日)
       休館日は9/9、9/30、10/7(月)
       入館料金:高校生以上300円 小中生150円
     佐藤義亮によって創業された出版社「新潮社」の雑誌「新潮」は今日に至るまで多くの名作を生み出した。新潮社の大正二年からの所在地「矢来町」にこの出版社を思い出す。新潮社を支える佐藤家に伝わる、貴重な旧蔵資料のなかから、二葉亭四迷の時代から谷崎潤一郎、島崎藤村等を経て、戦後の太宰治そして夏目漱石など文豪と呼ばれる作家達の原稿や書簡など、数々の直筆資料を公開。
      原稿・草稿類:二葉亭四迷「其面影」 徳富蘆花「予の見たる父トルストイ」序文 島崎藤村「ある女の生涯」
      書簡類:石川啄木 高橋兵庫宛書簡(1901年6月7日)菊池寛 久米正雄・芥川龍之介宛はがき(1916年8月22日)
      特別出品(夏目漱石関連資料より)「倫敦消息」「池邊君の史論に就て」原稿 など

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11894] 【京都】高麗美術館/石の文化と朝鮮民画[9/1(日)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/08/31(Sat) 23:54:44  

     下鴨神社近くの高麗美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=3で明日9/1(日)から開催される展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「石の文化と朝鮮民画」9/1(日)〜12/10(火)
               初日9/1は12時より一般公開
         水曜休館
         入館料金:一般500円 高大生400円 中学生以下無料
         20名様以上の団体と65歳以上の方は2割引、障がい者手帳をお持ちの方と付添者1名無料
    「石のくに」と言われた朝鮮半島では、目の粗い石と細かい石の特徴を組み合わせて一つの石造物に使うという自由な発想の技術があり、そこに石をはめ込む象嵌技術がある。朝鮮半島の人々のくらしに用いてきた石造技術を紹介し、朝鮮王朝時代の華やかな朝鮮民画の世界も楽しむ。あわせて2017年にユネスコ「世界の記憶」に登録された館蔵の「朝鮮通信使」資料も展示。
      石像地蔵菩薩座像(朝鮮時代)
      長生八角手熾(朝鮮時代)
      石製象嵌六角筆筒(朝鮮時代)
      磨製石剣(青銅器時代)  など


    第140回研究講座:11/9(土)午後2〜3時30分、定員50名(要申込)入館料のみ
    「「石」からみた朝鮮半島の原始・古代」吉井秀夫氏(京都大学大学院文学研究科教授)
     館サイトのフォーム又は電話、受付で予約要

    学芸員によるギャラリートーク:午後2時より、事前予約不要
    9/8(日)10/5(土)6(日)19(土)20日(日)11/16(土)17日(日)12/7(土)8(日)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11893] 【大阪】正木美術館/利休と茶の湯[9/1(日)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/08/31(Sat) 23:51:17  

     忠岡町の正木美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=170
    で明日9/1(日)から開催される展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「利休と茶の湯」【前期】9/1(日)〜10/14(月・祝)
             【後期】10/18(金)〜12/1(日)
         月曜休館(祝日の場合は翌日)10/16(水)17(木)は展示替えのため休館。
         入館料金:一般700円 高大生500円 小中生300円
              障がい者手帳の提示で本人を含む2名まで半額
     安土桃山時代に侘茶を大成させた茶聖・千利休(1522〜91)は、禅の教えに通じる侘茶で、茶の湯の礎として現在も親しまれる。館創設者の正木孝之(1895〜1985)が中世禅林文化に関心を持ちコレクションを形成していく中で、志した茶の湯の世界に焦点をあて、「千利休像」(重文、伝長谷川等伯筆)をはじめ、茶人として滴凍の号を名乗った孝之が実際に茶席でも用いた掛け軸や茶道具を紹介。地元の堺・泉州の湊焼や谷焼などの作品も併せて展示。
        重要文化財「千利休像」
        「古萩茶碗」
        「一休宗純墨蹟 滴凍軒号」室町時代
        「茶杓 銘ゆみ竹」千利休作
        「竹製瓢形茶器」桃山時代 など

    講演会:10/26(土)午後2時〜、入館料のみ、定員50名、
    「千利休と戦国武将 ―高山右近との子弟関係―」生形 貴重氏(千里金蘭大学名誉教授)
    第4回滴凍茶会:10/6(日)午前10時〜午後3時
     席主:木津鑑真(武者小路千家家元教授) 参加費1500 席に余裕があれば当日券販売

    以上、申込は往復はがきまたはメールにて、イベント名・住所・氏名・電話番号・申込人数・車の場合車の台数
    を明記して1イベント1枚の往復はがきで申込

    E-MAIL:masakimuseum@gmail.com
    ハガキ:595-0812 泉北郡忠岡町忠岡中2-9-26 正木美術館 関連プログラム係

    学芸員によるギャラリートーク:9/28(土)10/13(日)11/10(日)11/22(金)午後2時〜、申込不要
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11892] 【大阪】ピースおおさか/ポーランド第二次世界大戦博物館展[9/1(日)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/08/31(Sat) 23:49:43  

     森ノ宮の大阪国際平和センター(ピースおおさか)http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=46で明日9/1(日)から開催される特別展を紹介します。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆特別展「ポーランド・グダンスク市 第二次世界大戦博物館展 POLAND FIRST TO FIGHT
         第二次世界大戦勃発の地・ポーランドの戦い」9/1(日)〜12/22(日)
           月曜と11/30休館
           入館料金:大人250円 高校生150円 中学生以下無料
                障がい者の方は無料(要証明)
     ドイツがポーランドに侵攻したことにより始まった第二次世界大戦。 9月17日には東部からソ連も攻め入り、ポーランドは戦場と化した。大戦勃発から80年の2019年9月。グダンスク市にある「第二次世界大戦博物館」からのパネル展を開催し、第二次世界大戦におけるポーランドの悲劇、占領に立ち向かう国民などについて紹介。
       大砲で応戦するポーランド兵士たち(1939年9月)
       アウシュヴィッツ・ビルケナウ ナチス・ドイツの 強制絶滅収容所(1940年 - 1945年)
       空襲を受けるワルシャワの王宮(1939年9月17日)

    特別講演会:9/15(日)1階講堂にて、午後2〜3時30分、電話(TEL 06-6947-7208)にて申込、定員250名
    「第二次世界大戦とポーランド」伊東孝之 氏(北海道大学名誉教授、早稲田大学名誉教授)  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 |


    - 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
    処理 記事No 暗証キー

    - Web Forum -
    - Antispam Version -