ほっとミュージアム 談話室
[ホームへもどる] [新規投稿] [新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
  • 以下は新規投稿順のリスト(投稿記事)表示です。
  • 48時間以内の記事は new! で表示されます。
  • 投稿者のメールアドレスがアドレス収集ロボットやウイルスに拾われないよう工夫して表示しています。
  • 発言サイズは画像も含めて130KBまで、URLは20個までです。
  • その他[留意事項]を良くお読みの上ご利用ください
  • 新規紹介用 でワード検索すると、フォーマット発言が開きます

  •   [No.12726] 【京都】細見美術館/日本の色−吉岡幸雄の仕事と蒐集−[1/5(火)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/01/04(Mon) 22:14:32  

     岡崎公園の細見美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=24で1/5(火)から開催される展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆特別展「日本の色−吉岡幸雄の仕事と蒐集−」【前期】1/5(火)〜2/21(日) 
                       【後期】2/23(火・祝)〜4/11(日)
         月曜休館 (祝日の場合、翌火曜日)
         入館料金:一般1400円 学生1100円 障がい者手帳などの提示で1300円
              京都国立近代美術館・京都市京セラ美術館と 相互優待

     京都で江戸時代末期から続く染色工房の五代目当主であり、染織史家でもあった吉岡幸雄は古今東西の美術工芸を研究し、各地に伝わる染料・素材・技術を訪ねて、その保存と復興に努め、社寺の祭祀、古典文学の色彩や装束の再現・復元にも力を尽くし、一昨年秋に急逝した。吉岡幸雄の美への憧憬と本質を見極める眼で成し遂げられた仕事と蒐集の軌跡を紹介。
    第1章祈りの色 荘厳の色彩
     伎楽装束や幡、修二会に奉納する染和紙による花など、東大寺、薬師寺、法隆寺に奉納した作品の数々を紹介
    第2章王朝文学の色
     植物染の技法で再現した「源氏物語 澪標」「源氏物語 若菜下」などの美しき色の世界
    第3章神に捧げる 季節の彩り
     聖徳太子没後1380 年に際して、法隆寺伝来の「四騎獅子狩文錦」の復元のために、再現した巨大な機「空引機」
     石清水八幡宮の祭礼の供花神饌の造り花として奉納する、古文書にならった植物染料
    第4章古裂の美―いにしえをたずねて
     父 恒雄と吉岡が蒐集した国内外の染め物や古裂
     「金更紗」や、吉岡が蒐集した「小袖裂」(旧野村コレクション)、古代印度更紗(赤星家旧蔵)など

    特別展示 at 茶室 古香庵:1/15(金)〜1/17(日)
     午前10時30分〜午後3時30分 茶室 古香庵(細見美術館3階)にて
     有料・事前申込制
     スペシャルトーク at 茶室 古香庵 2/27(土)午後2時〜(約45分)無料・事前申込制
     「染司よしおか当主が語る、日本の色の魅力」吉岡更紗氏(染司よしおか 六代目当主)

    見どころトーク:3/13(土)午後4〜5時(解説20分+自由観覧)
      吉岡更紗氏(染司よしおか 六代目当主)無料・事前申込制
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12725] 【京都】府立堂本印象美術館/憧れのヨーロッパ旅行 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/01/04(Mon) 22:13:56  

     洛北衣笠の京都府立堂本印象美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=1で開催中の展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆企画展「憧れのヨーロッパ旅行」〜3/28(日)
       月曜休館(祝日の場合は翌日)
       入館料金:一般510円 高大生400円 小中生200円
            65歳以上の方(要証明)および障害者手帳をお持ちの方(介護者1名)は無料
     昭和27年(1952)5月、日本画壇の重鎮であった堂本印象はヨーロッパへ旅立ち、羽田からプロペラ飛行機で約50時間かけてイタリア・ローマに到着した後、さらにフランス、スペイン、ドイツ、スイスなどを訪問した。印象は約半年間の滞在中、西洋古典美術のみならず現代美術の動向にも直に触れ、自身の今後進むべき道を確信した。
     本展では、帰国後に発表した《メトロ》や《窓》のほか、ヨーロッパ滞在中に描いた現地のスケッチ画、油彩画など、ヨーロッパ旅行に関連して制作された作品を紹介。
      《ドイツの朝》 1952年
      《窓》 1953年
      《メトロ》 1953年
      《サン・ミッシェル》 1952年
      《ローマの宿の朝》 1952年
      《アルゼリヤの女》 1954年
      《少女》 1956年
      《白い手袋と猫》 1954年
      シテ附近 『美の跫音』(挿絵) 1952年
      ボア・ド・ブローニュのカフェ 『美の跫音』(挿絵) 1952年
      ピガール(モンマルトル) 『美の跫音』(挿絵) 1952年
      コンコルド広場  『美の跫音』(挿絵) 1952年 など

    [同時開催] 京都現代作家展
     Vol.13 三瀬夏之介「おにの神さん/奇景」〜1/24(日)
     Vol.14 山田伸「美への胎動」1/26(火)〜3/28(日)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12724] 【岐阜】県現代陶芸美術館/アンドリュー・ワイエス[1/5(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/01/04(Mon) 22:13:19  

     多治見市の岐阜県現代陶芸美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=21&c=26
    で明日1/5(火)から開催される展覧会を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「アンドリュー・ワイエスと丸沼芸術の森コレクション展」1/5(火)〜3/14(日)
          月曜日(祝日の場合は翌日)
          入館料金:一般1000円 大学生800円 高校生以下無料
               以下の手帳をお持ちの方および付き添いの方1名まで無料
                身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳、特定医療費(指定難病)受給者証

     埼玉県朝霞市の「丸沼芸術の森」コレクションより、若手作家たちの創作の養分とするべく収集されたアンドリュー・ワイエスの水彩素描を中心とする絵画コレクション、陶芸コレクションの中心を成す、加藤孝造など現代の陶芸作品、芸術の森で制作活動の支援を受けた村上隆や入江明日香ら気鋭の作家たちの現代美術を一堂に展示。
      アンドリュー・ワイエス 《オルソンの家》 1969年
      柳原義達 《バルザックのモデルたりし男》 1957年
      加藤孝造 《瀬戸黒茶》 2002年
      村上隆 《And then, and then and then and then and then / Abstraktes Bild》 2006年
      入江明日香 《江戸薄墨大桜》 2016年


    連続講座「もっと知りたいワイエスの魅力」午後2〜3時30分、プロジェクトルームにて、各回35名
     高橋秀治(当館館長)無料、要事前申込
    1/9(土)「I :ワイエスのふたつの世界―ペンシルヴェニアとメイン」
    1/16(土)「II:ワイエスとオルソン家」 各回14:00〜15:30

    鑑賞ガイダンス:担当学芸員:1/10、24、2/7、28、3/7(日) 
     プロジェクトルームにて、各回20名、無料、事前申込不要

    清流の国ぎふ ミュージアムコンサート#3 「野々田万照 JAZZ×MoMCA」
    3/7(日)午後2〜3時 野々田万照氏(サックス奏者)ほか
     セラミックパークMINO 国際会議場
     参加無料、要事前申込 館サイトにて
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12723] 【石川】谷口吉郎・吉生記念 金沢建築館/金沢のチカラ[1/5(火)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/01/04(Mon) 22:12:32  

     金沢・広小路の谷口吉郎・吉生記念 金沢建築館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=17&c=36で明日1/5(火)から開催される展示の紹介をします。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆第3回企画展「金沢のチカラ−重層する建築文化―」1/5(火)〜9/12(日)
        月曜日(祝日の場合は翌日)
        入館料金:一般800円 大学生・65歳以上600円 高校生以下無料   

     伝統的建築の保存・再生を積み重ねながら、同時に新しい建築を各時代に合わせて造ってきた金沢。ナポレオン3世時代に大改造されたパリなどの統制された美しさとは異なる、混在系で現在進行形の都市がもっている魅力。各時代のターニングポイントにおいて方向を見定めた市民の力があって現在の金沢がある。金沢の建築文化は、藩政期から継承されてきた価値観や美意識をもった民力がつくり、「伝統環境保存条例」の制定や、「都市美文化賞」の創設、「兼六園周辺文化ゾーン」の形成など、金沢の歴史と市民の営みによって育まれた。本展は、全国そして世界各国からの来訪者に金沢の建築文化を発信することに加え、金沢の人々が環境の魅力と価値を確認し、「金沢のチカラ」を発見する。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12722] 【大分】二階堂美術館/吉祥のかたち〜鶴亀・松竹梅・富士山など 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/01/04(Mon) 22:11:49  

     日出町の二階堂美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=44&c=37で開催中の展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「吉祥のかたち〜鶴亀・松竹梅・富士山など〜」〜2/7(日)
        月曜休館 (祝日の場合は開館、翌日休館)
        展示替え日(各展覧会終了後の月火)休館
        入館料金:     障がい者(要手帳提示)
           一般 800円   600円
           高大生500円   400円
           小中生300円   200円
          小中高生は学校教育活動にもとづく観覧、および土曜日の観覧は無料

     鶴と亀は、 『鶴は千年、亀は万年』と長寿の象徴とされ、松は冬の寒さに耐えて常に緑を保ち、竹は弾力に富みながらも真っ直ぐに育ち、梅は早春に清らかで高雅な花を咲かせ、薬用になる実を成すことから、それぞれめでたいものとして親しまれた。霊峰富士は、古来より神の山と崇められて、美を超えた生命力の象徴とされた。
    本展では、縁起が良いとされる動物や植物などを描いた吉祥画を画題別に紹介し、日本の伝統的な祝の文化に接する機会し、新たに収蔵した作品を紹介。

    吉祥の画題を描いた作品(上村松園、横山大観、川合玉堂、小林古径など)
    第1章:吉祥をもたらす動物  第2章:吉祥をもたらす植物 上村松園「花ざかり」など
    第3章:福をもたらす神  第4章:めでたい風景
    特集コーナー/新収蔵作品ほか(加山又造、平福穂庵、松岡映丘、前田青邨など)  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12721] 【岡山】総社吉備路文化館/雪舟と〇〇(マルマル)[1/5(火)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/01/04(Mon) 22:11:06  

     総社吉備路文化館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=33&c=51
    で新春1/5(火)から開催される展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆雪舟生誕600年記念展(後期)「雪舟と〇〇(マルマル)」1/5(火)〜2/23(火・祝)
        月曜(祝日も)休館
        入館無料

     現在の総社市赤浜生まれと伝わる、雪舟が生誕600年を迎えたことを記念し、雪舟にちなんだ様々なテーマに沿って、総社ゆかりの作品を展示。
     「雪舟と宝福寺」のテーマでは、雪舟が少年時代修行したと伝わる井山宝福寺(総社市井尻野)が所蔵する、重要文化財《地蔵菩薩像》、《十王像》の複製パネルを一堂に展示。本展を通して、雪舟からつながる総社ゆかりの美術の多様性を感じる。

    学芸員によるギャラリートーク:1/9(土)31(日)2/23(火・祝)午後1時30分〜30分程度 事前申込不要
     参加者には、総社吉備路文化館オリジナルマスキングテープを贈呈(先着20名様まで、13時から整理券配布)

    生誕600年記念 学ぼう!雪舟スタンプラリー
     雪舟生誕地公園と、総社吉備路文化館の両方に来館し、スタンプを集めた方に記念品(用紙は館にも、サイトよりダウンロードでも)
      1/5から開始、記念品がなくなり次第終了
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12720] 【福島】いわき市石炭・化石館/絵本でふれる!恐竜ワールド 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/01/03(Sun) 20:35:19  

     いわき市湯本のいわき市石炭・化石館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=07&c=15
    で開催中の展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆冬の企画展「絵本でふれる!恐竜ワールド」〜2/28(日) 
         1/19(火)2/16(火)休館
         入館料金:一般660円 中高大生440円 小学生330円     
              65歳以上のいわき市在住者は、無料(要証明書)
              いわき市内在住または市内の学校に通う小中高生は 土日無料(要証明書)
              身体障害者手帳、療育手帳又は精神障害者保健福祉手帳を所持している方は無料
              介護者(1名)下記記載の障害者介護のために同伴する方は無料
                 身体障害者手帳に第1種身体障害者である旨の記載がある方
                 療育手帳に記載されている障害の程度がAである方
                 精神障害者保健福祉手帳に記載されている障害等級が1級の方
     
     日進月歩の恐竜研究の最新成果を反映した恐竜絵本は、夢やロマンだけではなく、科学的・学術的な知見がたっぷりつまっている。それをさまざまな仕掛けで表現した恐竜絵本は、大人も大いに楽しめる宝箱。
     30冊以上の恐竜絵本と、貴重な化石標本を多数展示し、恐竜絵本の人気作「トリケラトプス」シリーズの黒川みつひろ氏の描いた恐竜イラストパネルも。

    絵本読み聞かせイベント:1/9(土)2/13(土)午後1時30分〜
     カフェスペースにて、各回10組20名程度(事前予約制)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12719] 【石川】泉鏡花記念館/鏡花本―美しき書物のつくり手たち― 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/01/03(Sun) 20:34:19  

     金沢市の泉鏡花記念館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=17&c=2
    で開催中の展示を紹介します。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆企画展「鏡花本―美しき書物のつくり手たち―」〜2/23(火・祝)
          残り会期中無休
          入館料金:一般310円 65歳以上・障害者手帳をお持ちの方およびその介護人(※祝日無料)210円
                    高校生以下 無料

     鏡花の著作はその装幀の美しさから“鏡花本”と呼ばれ、現代もなお本好きの心を惹きつけてやまない装幀の美が送り出されてきた“鏡花本”のつくり手たち― 画人や出版社に焦点を当て、この美しき書物の誕生の背景を辿る。
      鏑木清方画「狢市場」挿絵原画(個人蔵)
      鰭崎英朋画『愛火』口絵色指定稿(当館蔵/生田コレクション)
      小村雪岱画『日本橋』装幀資料(個人蔵)他
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12718] 【石川】県立歴史博物館/東本願寺再建絵巻/反古を宝に変える 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/01/03(Sun) 20:32:12  

     金沢市の石川県立歴史博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=17&c=0で開催中の展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆スポット展(1)「江戸時代の東本願寺再建絵巻 ―寛政度の再建と真宗門徒―」〜1/24(日)
        残り会期無休
        入館料金:一般300円 大学生240円 高校生以下無料

     京都の東本願寺が江戸時代・天明8年(1788)の大火で消失した後、当時の法主・乗如(じょうにょ)(1744-1792)が、諸国の門徒に再建を呼びかけ、幕府の飛騨御用林の材木が寄進されたほか、北は松前から南は九州まで諸国の門徒たちが本山への寄進・奉仕をした。本展では、焼失から寛政13年(1801)までの13年間にわたる東本願寺造営の様子をあらわした絵巻物を紹介。寛政度の再建には加賀・能登の門徒も参加しており、能登では「御崇敬(ごそっきょう)」という歓喜光院(乗如)の御影を崇敬する御講が各地で営まれた。近年の調査により類似の絵巻物・絵伝が確認された。再建に参加した門徒たちの姿を見、真宗文化の一端に触れる。
      東本願寺再建絵巻 江戸時代(18-19世紀) 本館蔵

    ☆スポット展(2)「反古(ほご)を宝に変える ―大鋸(おが)彦太郎コレクションの魅力―」〜1/24(日)
     市内在住の大鋸彦太郎氏(1898〜1980)が集めた古文書・書籍・書画・刷物・版木・生活用具・衣類・写真など多岐にわたる資料群。
     張替えの際に下地の古文書が出るのを喜びとし、表具屋を始めた大鋸氏は、反古のほぼすべてを集め、往時の人々が手に取り、眼差した紙がまるごと集められた。厖大すぎて整理がおいつかない、学問的な評価が難しい、そのような整理途中にある資料の一端を紹介し、大鋸コレクションの先鋭性をみつめる。
      昔今豪雄見競鏡 明治10年
      加賀金沢繡眼児啼合 年不詳
      金沢有名家伝鑑 明治25年
      日本櫻花見立番付 昭和15年
      近藤忠之丞智覚寺墓参図 年不詳  など
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12717] 【長野】上田市立美術館/駒形克己 「え!ほん」展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/01/03(Sun) 20:31:26  

     上田市立美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=20&c=34で開催中の絵本展を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆駒形克己 「え!ほん 展」
         〜1/3 火曜(祝日の場合は翌日)休館
         入館料金:一般800円 高大生300円 小中生200円
              障害者手帳携帯者と介助者1名は各100円引き

     色や形、言葉や手ざわりなど“感じること”を大切にし、独創的なアイデアで子どもだけでなく大人の心もひきつける駒形氏の絵本。造本作家・駒形克己の絵本の世界を立体的に再現。
     絵本の世界に入り込んで、ページをめくるように展示室を進み、驚きや発見との出会いを楽しむ。
      『ほしがねむるところ』 ワンストローク 2004年
      『ぼく、うまれるよ!』 ワンストローク 1995年
      『Yellow to Red』 ワンストローク 1994年
      『一隅』 ワンストローク 2015年
      『かぜがはこぶおと』 ワンストローク 2004年
      『Little tree』 ワンストローク 2008年
      『雨があがって』 ワンストローク、Petra Ediciones 2012年
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 |


    - 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
    処理 記事No 暗証キー

    - Web Forum -
    - Antispam Version -