ほっとミュージアム 談話室
[ホームへもどる] [新規投稿] [新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
  • 以下は新規投稿順のリスト(投稿記事)表示です。
  • 48時間以内の記事は new! で表示されます。
  • 投稿者のメールアドレスがアドレス収集ロボットやウイルスに拾われないよう工夫して表示しています。
  • 発言サイズは画像も含めて130KBまで、URLは20個までです。
  • その他[留意事項]を良くお読みの上ご利用ください
  • 新規紹介用 でワード検索すると、フォーマット発言が開きます

  •   [No.11666] 【滋賀】草津宿街道交流館/旅する画僧・金谷―近江が生んだ奇才―[3/16(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/03/10(Sun) 15:34:01  

     草津宿街道交流館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=25&c=29
    では、今週末3/16(土)から地元出身の江戸時代の画家の展示が始まります。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆春季展「旅する画僧・金谷―近江が生んだ奇才―」3/16(土)〜5/12(日)
         月曜と祝日の翌日休館(祝日は開館)
         入館料金:大人200円 高大生150円 小中生100円
     湖国滋賀を代表し、現在の草津市下笠町出身の絵師・横井金谷(1761〜1832)は、大坂、江戸、京都、名古屋と各地を転々とする中で、あるときは謹厳な僧侶として生活に苦しむ人々を救済し、あるときは破戒僧として悪所に通い、あるときは山伏として大峰入りし、またあるときは絵師として筆を執った。草津宿街道交流館・県立近代美術館・県立琵琶湖文化館3館の所蔵する金谷作品が、ゆかりの地・草津で一堂に会する。
      洛東春興図
      梅花書屋図
      寒山拾得図
      芦鴨図 など

    講演会:会場は太田酒造株式会社 道灌蔵、午後2〜3時30分、定員80名(当日受付)無料
    3/16(土)「金谷入門」石丸 正運氏(名都美術館 館長)
               八杉 淳氏(館長)
               大原 由佳子氏(県立近代美術館学芸員)
    4/21(日)「横井金谷筆「洛東春興図」の修理について」伊藤清人氏(株式会社陽光堂 代表取締役)
                              大原由佳子氏(県立近代美術館学芸員)

    子ども向けワークショップ:館サイトより申込み
    (1)「たいけんびじゅつかん×草津宿みちくさラボ」4/13(土)午前11時30分〜午後3時30分
    (2)「ミニチュア屏風をつくろう!」5/11(土)午前11時30分〜午後3時30分

    ギャラリートーク(担当学芸員による展示解説)3/23(土)4/28(日)申込み不要
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                         参考:館のチラシとホームページ

                          明日香 光二/馬場 英明


      [No.11665] 【兵庫】県立美術館/不思議の国のアリス展[3/16(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/03/10(Sun) 15:32:25  

     阪神岩屋の兵庫県立美術館ギャラリーhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=27では、今週末3/16(土)から不思議の国のアリス展が始まります。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「不思議の国のアリス展」3/16(土)〜5/26(日)
         月曜・5/7(火)休館。(4/29、5/6は開館)
         午前10時〜午後5時(入館は、閉場の30分前まで)
         入館料金:一般1400円 高大生1000円 小中生600円
              障がい者手帳をお持ちの方と介添えの方1名半額

     初めて出版されてからすでに150年以上たち、170を超える言語に翻訳された世界的ベストセラーになった『不思議の国のアリス』。画家、イラストレーターなど、さまざまなジャンルの芸術家の創作意欲をも刺激する『不思議の国のアリス』の「不思議な魅力」を紹介。
     チャールズ・ラトウィッジ・ドッドソン《アリス・リデルの肖像(複製)》
     ルイス・キャロル《「アリス」のスケッチ》
     ジョン・テニエル『鏡の国のアリス』挿絵のための下絵 ≪髪をかきむしるトゥィードルダム≫
     ジョン・テニエル『鏡の国のアリス』挿絵のための下絵 ≪ところが そいつは頑固で高慢≫
     ルイス・キャロル 絵:ジョン・テニエル 発行:エンベリン&サン、オックスフォード《切手ケース》 

    記念講演会:3/16(土)ミュージアムホールにて、午前11時〜正午、入館券のみ
    「『不思議の国のアリス』はどんな話?」安井泉氏(日本ルイス・キャロル協会会長、英語語法文法学会名誉顧問)

    リアル脱出ゲーム「不思議の国からの脱出」謎解きキット1500円

    音声ガイド:貸出料各600円
    「魅惑のワンダーランド編」平田広明氏
    「クイズ・バトル編」伊沢拓司氏
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                         参考:館のチラシとホームページ

                          明日香 光二/馬場 英明


      [No.11664] 【東京】国立近代美術館/福沢一郎展[3/12(火)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/03/10(Sun) 15:30:56  

     竹橋の東京国立近代美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=14で、今週3/12(火)からはじまる展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「福沢一郎展 このどうしようもない世界を笑いとばせ」3/12(火)〜5/26(日)
       月曜休館(3/25、4/1、4/29、5/6は開館)、5/7(火)休館
       開館時間:午前10時〜午後5時(金土曜は8時まで、入館は閉館30分前まで)
       入館料金:一般1200円 大学生800円
            高校生以下および18歳未満、障害者手帳をお持ちの方とその付添者1名は無料(要手帳提示)
     1930年代の日本にフランスのシュルレアリスム(超現実主義)を紹介して前衛美術運動のリーダーとして活躍し、戦後まで生涯を通じて社会批評を作品として表現し続けた福沢一郎(1898-1992)。シュルレアリスムの紹介者としてのみ語られることが多かった福沢だが、一人の画家として障がいどのように社会と向き合ったかに着目する。
     《Poisson d'Avril(四月馬鹿)》1930年
     《煽動者》1931 年 
     《牛》1936 年 
     《女》 1937 年
     《敗戦群像》1948 年 
     《埋葬》1957年 
     《トイレット・ペーパー地獄》1974 年
     《悪のボルテージが上昇するか21世紀》1986年 など


    講演会:地下1階講堂にて、午後3〜4時30分(開場は開演30分前)申込不要(先着140名)、入館券のみ(使用済み半券可)
    第1回 4/13(土)伊藤佳之氏(福沢一郎記念館非常勤嘱託)
    第2回 5/18(土)大谷省吾氏(美術課長・本展企画者)

    ギャラリートーク:1F企画展ギャラリーにて、午後3〜4時、申込不要
    第1回 4/21(日)古舘遼氏(研究員)
    第2回 5/11(土)大谷省吾氏(美術課長・本展企画者) 
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                         参考:館のチラシとホームページ

                          明日香 光二/馬場 英明


      [No.11663] 【京都】中信美術館 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/03/09(Sat) 19:42:03  

    ==================================================================
    施 設 名:中信美術館
    ふりがな:ちゅうしんびじゅつかん
    英文表記:Chushin Art Museum  
    分野 :美術
    郵便番号:602-8048
    都道府県:京都府
    市区町村:京都市上京区  
    所在地:下立売通油小路東入西大路町136-3
    電話番号:075-417-2323  
    FAX:075-451-2005  
    URL:http://www.chushin-bijyutu.com
    公共交通:地下鉄丸太町駅下車徒歩10分 
         市バス堀川下立売下車徒歩2分 京都府庁正門西約100メートル
    道路案内:専用駐車場なし、公共交通機関を利用のこと
    開館時間:午前10時〜午後5時(入館は4時45分まで)
    休 館 日:月曜日、展示替え期間
    入館料金(常設時):無料
    展示内容:京都中央信用金庫や公益財団法人中信美術奨励基金に関係する芸術家の作品展を企画展示
    観覧時間:
    その他(販売・友の会など):E-mail:info@chushin-bijyutu.com
    報 告 者:明日香 光二/馬場 英明
    ==================================================================
    ☆「堂本元次展」〜3/15(金)
      月曜休館
     2000年に財団の第13回京都美術文化賞を受賞し、2010年に逝去した日本画家の堂本元次。日本画家の堂本印象に師事し、現代的な風俗画や抽象画、中国の風景など様々なジャンルの作品を描いた堂本の京都府所蔵の作品を中心に約20点を展示。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                         参考:館の案内ハガキとホームページ

                        明日香 光二/馬場 英明


      [No.11662] 【京都】写真美術館 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/03/09(Sat) 19:40:28  

     地下鉄東山駅から、京都市美術館・京都国立近代美術館への道、いわゆる神宮道に、こういう展示スペースができていました。
    ==================================================================
    施 設 名:京都写真美術館
    ふりがな:きょうとしゃしんびじゅつかん
    英文表記:KYOTO MUSEUM OF PHOTOGRAPHY  
    分野 :美術(写真) 
    郵便番号:605-0038
    都道府県:京都府
    市区町村:京都市東山区  
    所在地:堀池町374-2
    電話番号:075-746-2931  
    FAX:  
    URL:https://kyoto-muse.jp/
    公共交通:京都市地下鉄東西線 東山駅徒歩5分
         京都駅、四条河原町などから京都市バス5番、46番、100番で神宮道下車徒歩3分
    道路案内:
    開館時間:午前11時〜午後6時30分
    休 館 日:
    入館料金(常設時):無料
    展示内容:写真をネット販売する会社のリアル展示スペース。
     芸術的風景写真が多い。
    観覧時間:20分くらい
    その他(販売・友の会など):
    報 告 者:明日香 光二/馬場 英明
    ==================================================================
    ☆「元田 喜伸 写真展“Two Windows,Two Shadows”」〜3/17(日)
     週末にカメラを持ち歩き、名もなきものまでも記録して日常を異化し、もうひとつの風景へと誘う、日常の記録。史跡の周辺の植物をポラロイドカメラで撮影した小品も展示。

    ☆藤田 一咲 写真展「PARIS PARIS パリ新発見★再発見」3/12(火) 〜3/31(日)
     同名の写真集から抜粋した作品とともに未発表の作品約40点で構成。芸術の都として人々を魅了し続けるパリの、美しい町並みから、落書きなどのディテールまで、日常の何気ない光景を織り交ぜながら、観光客の目では見過ごしてしまう、ガイドブックだけではわからないパリの魅力的なカケラを丁寧に収めた写真群。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                         参考:2/17の訪問と、館のパンフレット

                        明日香 光二/馬場 英明


      [No.11661] 【岐阜】古い町並美術館 山下清原画展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/03/06(Wed) 22:04:50  

     入館していませんが、街並み歩きの中で追加しておきます。
    ==================================================================
    施 設 名:古い町並美術館 山下清原画展
    ふりがな:ふるいまちなみびじゅつかんやましたきよしげんがてん
    英文表記:Takayama Old Town Museum The Exhibition of Kiyoshi yamashita 
    分野 :美術 
    郵便番号:506-0841
    都道府県:岐阜県
    市区町村:高山市  
    所在地:下三之町1-19 2F
    電話番号:0577-36-3124  
    FAX:  
    URL:http://www.furuimachinami.com/
    公共交通:JR高山駅より古い街並の中、徒歩15分
    道路案内:
    開館時間:午前9時〜午後5時
    休 館 日:無休
    入館料金(常設時):一般700円 中高生400円 4歳〜小学生250円
    展示内容:山下清が15年間の放浪生活の中で全国各地で描き残した作品を中心に120点を展示。
     貼絵、マジック画、陶器、油絵など。
    観覧時間:
    その他(販売・友の会など):
    報 告 者:明日香 光二/馬場 英明
    ==================================================================
                   参考:施設のパンフレット、ホームページ

                        明日香 光二/馬場 英明


      [No.11660] 【岐阜】飛騨大鍾乳洞&大橋コレクション館 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/03/05(Tue) 23:23:58  

     3月3日に、平湯温泉から高山への帰りに立ち寄ったところです。美術品には特に期待していませんが、気軽に立ち寄れる鍾乳洞としては良いのではないでしょうか。
    ==================================================================
    施 設 名:飛騨大鍾乳洞&大橋コレクション館
    ふりがな:ひだだいしょうにゅうどうおおはしこれくしょんかん
    英文表記:  
    分野 :歴史 民俗 科学・産業
    郵便番号:506-2256 
    都道府県:岐阜県
    市区町村:高山市  
    所在地:丹生川町日面1147
    電話番号:0577-79-2211  
    FAX:0577-79-2643  
    URL:https://www.syonyudo.com/
    公共交通:濃飛バス新穂高線、高山バスセンターから28分、鍾乳洞口停下車、
           バス停から鍾乳洞行きシャトルバスあり(帰途は利用バス時刻の10分前に送り、最終午後4時30分)
    道路案内:高山市街から国道158号を平湯方面へ約30分、駐車場無料
    開館時間:4〜10月:午前8時〜午後5時
          11〜3月:午前9時〜午後4時
    休 館 日:無休
    入館料金(常設時):大人(高校生以上)1100円 小中生550円
                 (館サイトに100円割引券あり
       身障者手帳・療育手帳等を提示した方は大人550円 小人無料、付添者は1000円
     
    展示内容:2億5千年前に海だった場所のサンゴが石灰岩になった地点を浸食してできた鍾乳洞。日本一高い場所(標高900m)に位置する観光鍾乳洞で、第1洞〜第3洞の全長約800m。鍾乳管(ストロー)と呼ぶつららのような鍾乳石が多く見られ、ねじれて垂れ下がるヘリクタイトという鍾乳石が貴重。1965年に鍾乳洞を発見した大橋外吉のコレクションである世界の美術工芸品(中国の土器、陶器など)を併設展示。

    観覧時間:約1時間
    その他(販売・友の会など):E-mail:hida@syonyudo.com
      階段や坂が多く車椅子等バリアフリーに対応不可
    報 告 者:明日香 光二/馬場 英明
    ==================================================================
     この時期、鍾乳洞から出た地上も、まるで鍾乳石のような、「雪のつらら」がきれいでした。

           参考:施設のパンフレット、ホームページ、2019.3/3の訪問

                        明日香 光二/馬場 英明


      [No.11659] 【岐阜】高山陣屋 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/03/05(Tue) 23:22:56  

     3/2〜3に、飛騨高山を訪れています。もう、20年ぶりぐらいでしょうか。
     未紹介の施設を紹介します。
     高山陣屋は、江戸時代の幕領支配の中心であり、現在は宮川河畔の古い街並みの入口にあります。
    高山観光の中心と言ってもよいところではないでしょうか。なかなか広大な敷地、複雑に連なった建物を、出たり入ったりしながら、地方での幕府の権威づけを感じることができます。
    ==================================================================
    施 設 名:高山陣屋
    ふりがな:たかやまじんや
    英文表記:
    分野 :歴史
    郵便番号:506-0012  
    都道府県:岐阜県
    市区町村:高山市  
    所在地:高山市八軒町1-5 高山陣屋管理事務所
    電話番号:0577-32-0643  
    FAX:0577-32-0612  
    URL:https://www.pref.gifu.lg.jp/kyoiku/bunka/bunkazai/27212/
    公共交通:高山駅乗鞍口(東口)下車、高山濃飛バスセンター下車 徒歩約15分
          高山濃飛バスセンターから「まちなみバス(左回り)」で「高山陣屋前」で下車
    道路案内:専用駐車場なし、市街地駐車場を利用のこと
    開館時間:午前8時45分〜午後5時(8月は6時まで、11〜2月は4時30分まで)
    休 館 日:12/29、12/31、1/1
    入館料金(常設時):一般430円 高校生以下無料 
                身体障がい者手帳、精神障がい者保健福祉手帳、療育手帳、
                特定疾患医療受給者証、戦傷病者手帳、被爆者手帳等をお持ちの方は無料

    展示内容:江戸幕府直轄領の飛騨地方の郡代(代官)役宅、役所、御蔵などを総称して陣屋と呼ぶ。 幕末に全国に60数ヵ所あったと言う郡代・代官所の中で、唯一建物が現存する遺跡で、昭和4年(1929)には国史跡に指定。1万1219平米の中に、表門(天保3,1832)門番所(天保3,1832)御役所(文化13,1816)御蔵(慶長年間,1600年頃)勝手土蔵(天保11,1840)書物蔵(天保12,1841)。御白洲や台所、茶室、米蔵などが分かりやすく復元され、御蔵で武器武具や着物の展示。
    観覧時間:約1時間
    その他(販売・友の会など):説明員によるガイド(無料)あり。
     50〜60分の通常案内、15〜20分の概略案内、30〜40分の英語ガイドあり、チケット窓口または電話で申し込み
    E-mail:c21806@pref.gifu.lg.jp
    報 告 者:明日香 光二/馬場 英明
    ==================================================================
          参考:施設のパンフレット、ホームページ、2019.3/2の訪問

                             明日香 光二/馬場 英明


      [No.11658] 【広島】市現代美術館/美術館の七燈[3/9(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/03/04(Mon) 23:03:49  

     比治山公園の広島市現代美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=34&c=9で3/9(土)から開催される展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆開館30周年記念特別展「美術館の七燈」3/9(土)〜5/26(日)
         月曜休館(4/29、5/6は開館)、5/7(火)休館
         入館料金:一般1200円 大学生900円 高校生・65歳以上600円 中学生以下無料
             5/3(開館30周年記念日)は無料
             5/5(こどもの日)は高校生無料

    美術館がまもるものと、美術館をまもるもの
     1989年、現代美術専門の公立初の美術館としてオープンした本館の建築と活動の軌跡を中心に紹介。観客、建築、場所、保存、歴史、逸脱、あいだ、といったキーワードを通して館蔵コレクションや新作によって歩みを振り返り、美術館の果たすべき役割、そして活動を支える諸要素を改めて捉えなおす。
     1章 「観客」参加によって成り立つ表現
       北山春夫《誰が「ヒロシマ」と名付けたのか》1996年
       オノ・ヨーコ《ウィッシュ・ツリー・フォー・ヒロシマ》2011年
     2章 「蔵とシンボル」美術館建築と野外彫刻
       館自体が、黒川紀章によるひとつの作品
       井上武吉による階段モニュメント 1988年
     3章 「ここ」広島、ヒロシマ
       小沢剛《地蔵建立−旧広島市民球場》2009年
       アルフレド・ジャー《われらの狂気を生き延びる道を教えよ(ヒロシマのために)》1995年    
     4章 「残すこと」作品の修復、コンサベーションの現在
       ナムジュン・パイク《ヒロシマ・マトリックス》1988年
     5章 「積み重ね」資料と関連作品による活動の記録
       開館告知チラシ、1988年
     6章 「(リ)サーチ」探索と逸脱 田村友一郎による新作インスタレーション
     7章 「あいだ、隙間、その他」隙間的スペースを活用した作品
       飯川雄大《デコレータークラブプロジェクト「衝動とその周辺にあるもの」》2017年
       松田るみ《ビュートレス−美術館のうちとそと−》2017年

    3/9(土)アーティスト・トーク 午後2〜3時30分
     有川滋男氏、飯川雄大氏、北山善夫氏、谷田真氏、田村友一郎氏、チームやめよう、
     友枝望氏、又又(いずれも本展出品作家)
       展覧会場にて(エントランスホール集合)、申込不要

    3/10(日)ワークショップ1「ビュートレス」午前10時30分〜午後0時30分、1時45分〜4時30分
     美術館の窓ガラスから見える風景をクレヨンでなぞり、作品として展示
     松田るみ氏(本展出品作家)エントランスホール、未就学児は要保護者同伴、参加無料、申込不要

    4/13(土)パフォーマンス「うたをください」午前11時〜
     観客も歌って踊りながら一緒に作品をつくる参加型パフォーマンス
     竹之下亮氏(本展出品作家) 彫刻の広場ほか(美術館周辺)
     未就学児は保護者同伴、参加無料、申込不要

    学芸員によるギャラリートーク
    3/16(土)4/27(土)午後2〜3時30分

    アートナビ・ツアー:土日祝:午前11時〜、午後2時〜(トーク開催時は除く)

    4/20(土)ワークショップ3「XXXではXXXを募集します」
    (1)午前10時30分〜午後0時30分(2)午後2〜4時
    架空の職業の映像作品をみながら自由に想像をひろげ、架空の社員募集要項をつくる
    有川滋男(本展出品作家)、小学5年生以上対象(大人も可)定員各回15名
    参加無料、要事前申込、応募者多数の場合は抽選(館サイト、もしくは往復葉書で申込、3/28(木)必着 )
     往復はがきは、ワークショップの名前、参加したい回、参加希望者の氏名(1通につき3名まで) 年齢、住所、電話番号を明記
    〒732-0815 広島市南区比治山公園1-1 広島市現代美術館「特別展ワークショップ」係
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11657] 【富山】県美術館/道標をめぐるアートとデザイン[3/9(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/03/04(Mon) 23:02:24  

     富山市の富山県美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=16&c=3では、デザインの展示が3/9(土)から開催されます。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆企画展「わたしはどこにいる? 道標(サイン)をめぐるアートとデザイン」3/9(土)〜5/19(日)
        水曜と、3/22(金)5/7(火)休館(4/25(木)〜5/6(月・振)は無休)

        入館料金:一般900円 大学生450円 高校生以下無料
              各種手帳をお持ちの障害者の方と付添者1名無料

     人を目的地に導く目印「サイン」は、駅や空港、商業施設、美術館などのあらゆる場所に、標識や案内板、矢印やピクトグラムとして存在し、場所やそこに至る道程は人間の生き方とも結びつく。本展では「サイン=道標」に注目し、グラフィックデザイナーによるサインデザインと、場所との関係性を追究した現代美術作品をあわせて紹介。
      秋山さやか《浸食す》2015年
      色部義昭 富山県美術館 館内サイン 2017年(サイン計画:色部義昭/監修:永井一正)
      葛西薫 東京都立つばさ総合高等学校《Wisdom on Wall》2002年 
      康夏奈 《立山飛行体シリーズ》(仮称)作品イメージ
      佐藤修悦 JR日暮里駅構内案内図 2008年
      廣村正彰 横須賀美術館 2007年  など

    オープンラボ 土・日・祝のプログラム「オリジナル ピクトをつくろう!」
    3/2(土)〜5/19(日)土日祝の午前10時〜正午、午後2〜4時(定員:一度に20名程度/保護者除く)
    3階 アトリエ(ラボ)にて、 小学校3年生以下は要保護者付添  事前の予約受付なし
    参加無料

    トーク・セミナー:3/9(土)午後2時〜(約90分)
    葛西薫 × 廣村正彰 × 色部義昭 オープニング記念鼎談
    3階 ホールにて (定員 約100名) 事前申込不要、当日先着順

    ワークショップ「ガムテープ文字をつくろう」3/24(日)午後2時〜(約90分)
    3階 アトリエにて (定員15名(中学生以上)、要申込、電話(076-431-2711)にて先着順
      名前、電話番号(当日連絡可能な番号)、住所(市町村まで)を伝えて
    参加無料
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 |


    - 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
    処理 記事No 暗証キー

    - Web Forum -
    - Antispam Version -