ほっとミュージアム 談話室
[ホームへもどる] [新規投稿] [新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
  • 以下は新規投稿順のリスト(投稿記事)表示です。
  • 48時間以内の記事は new! で表示されます。
  • 投稿者のメールアドレスがアドレス収集ロボットやウイルスに拾われないよう工夫して表示しています。
  • 発言サイズは画像も含めて130KBまで、URLは20個までです。
  • その他[留意事項]を良くお読みの上ご利用ください
  • 新規紹介用 でワード検索すると、フォーマット発言が開きます

  •   [No.10999] 【愛知】徳川美術館・名古屋市蓬左文庫/奇才、我が道をゆく−達磨・布袋・一休・・ 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/12/31(Sun) 23:16:07  

     大曽根の徳川美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=23&c=5・名古屋市蓬左文庫http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=23&c=7で新春から開催されるめでたい展覧会を紹介します。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆企画展「奇才、我が道をゆく−達磨・布袋・一休・・・−」 平成30年1/4 (木) 〜1/28 (日)
         月曜休館(1/8(月)は開館、翌9日(火)は休館)
         入館料金:一般1200円 高大生700円 小中生500円
                毎週土曜日は小中高生入館無料

     大きな袋とお腹に笑顔で、現代にもなじみ深い七福神の一人・布袋は、実は中国の実在の仏僧で、肩に担いだ布袋に施しとして受け取ったものを入れて泊まり歩き、遺言で自分は弥勒菩薩の化身と語ったと伝える。
     布袋のほか許由や巣父・達磨・寒山・拾得など、中国の様々な人物が取り上げられ、彼らの強烈な個性を放ったさまざまな物語を絵画や工芸作品にたどる。また日本でも西行や一休宗純など異彩を放った人々の、さまざまな物語を遺す。絵画作品や工芸品から、奇才とも称することのできる人々の世界に誘う。

    許由巣父図 呉偉筆 中国・明時代15世紀
    重要美術品 蘆葉達磨図 宮本武蔵筆 江戸時代17世紀
    布袋図 狩野元信筆 室町時代
    堆朱居布袋図香合 中国・明時代15世紀
    奈良絵本 大黒舞 江戸時代18世紀
    束帯天神像 益叟福謙賛 室町時代14−15世紀
    狂雲集 (一休宗純詩偈集) 室町時代 文亀3年(1503)

    土曜講座
    「画賛を読み解く」加藤祥平氏(学芸部学芸員) 
    平成30年1/20(土)午後1時30分〜3時(午後1時開場) 600円(入館料は別途)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.10998] 【東京】21_21 DESIGN SIGHT/野生展:飼いならされない感覚と思考 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/12/31(Sun) 22:12:04  

     六本木の21_21 DESIGN SIGHThttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=74で開催中の展覧会を紹介します。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆企画展「野生展:飼いならされない感覚と思考」 〜平成30年2/4 (日)
       火曜と1/3まで休館   入館料金:一般1100円 大学生800円 高校生500円 中学生以下無料

     人間の文化と生活には欠かせない知性の能力「野生」、ものづくりや表現の歴史においても、度々その例を見いだすことができる。
    理性や合理性ばかりが前面にあらわれる現代においても必要な、現代の表現者たちのもつ野生の魅力に着目し、さまざまな作品や資料を通して、その力を発動させるための「野生の発見方法」を紐解く。
      青木美歌「あなたと私の間に」
      大森克己「和歌山県古座川町2002」
      西村祐介「勢理客の獅子舞」
      西村祐介「ボゼ」
      ステファニー・クエール「Old Boar」
      渡邊拓也「道具と作ることのインスタレーション」
      田島征三「吠える獣」    など
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明 


      [No.10997] 【三重】Paramita Museum/河井ェ次郎展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/12/31(Sun) 22:10:25  

     菰野町のParamita Museumhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=24&c=53で、1月2日から開催される展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆没後50年「河井寛次郎展―過去が咲いてゐる今、未来の蕾で一杯な今―」1/2(火)〜2/25(日)
         会期中無休
         入館料金:一般1000円 大学生800円 高校生500円 中学生以下無料
     島根県安来市に生まれ、東京高等工業学校(現・東京工業大学)窯業科に入学し、雑誌「白樺」を見て感銘を受けたバーナード・リーチと交友を結び、後輩の濱田庄司と出会った河井寛次郎(1890〜1966)。京都市立陶磁器試験所で技師として研讃を積み、1920(大正9)年、京都市五条坂の清水六兵衞の窯を譲り受け、「鐘溪窯」と名づけ住居を構えた。その後1924(大正13)年、濱田庄司を介して柳宗悦と親交を結び、実用を重んじた力強い作品を生み出す。1926(大正15)年に「日本民藝美術館設立趣意書」の起草に参加し、1936(昭和11)年に「日本民藝館」理事に就任。戦後は、実用にとらわれない、自らの内面から湧き出る自由で独創的な造形表現を展開。京都の旧宅であった河井寛次郎記念館所蔵作品を中心に、本邦初公開となる山口大学所蔵作品など陶芸や木彫や書、調度類などを紹介し、寛次郎の仕事の全貌とその深い精神世界を辿る。
    緑釉人形図壺(1923年頃)
     灰釉筒描扁壺(1953年頃)
     流し薬瓶子(1927〜28年)
     繍花六方花瓶(1923年頃)
     竹製棚(1940年頃)

    記念講演会:1/21(日) 午後2時〜 鷺 珠江氏(河井寛次郎記念館・学芸員)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.10996] 【京都】国立博物館/いぬづくし/御所文化を受け継ぐ 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/12/31(Sun) 21:15:01  

     東山七条の京都国立博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=61で、1/2から開館して行われている展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆新春特集展示「いぬづくし─干支を愛でる─」〜平成30年1/21(日)
       月曜(祝日の場合は翌日)、1/1休館
       午前9時30分〜午後5時(金土は8時まで、入館は閉館の30分前まで)
       入館料金:一般520円 大学生260円
           高校生以下および満18歳未満、満70歳以上の方は無料(要年齢証明)。
           障がい者の方と介助者(1名)は無料(要手帳提示)
     猟犬として『播磨国風土記』には麻奈志漏という応神天皇の猟犬の話が出、小型室内愛玩犬として狆がチベット原産で奈良時代には既に日本に伝わっていたという、古くからの犬と人とのかかわりに思いを馳せる。
       花卉鳥獣図巻 国井応文・望月玉泉筆 
       加彩婦女像
       嵯峨人形・犬  など

    ☆特集展示「御所文化を受け継ぐ─近世・近代の有職研究─」〜平成30年1/28(日)
     平安時代に頂点を迎え、応仁の乱などの内戦によって、簡略化へと向かい、世相が落ち着く江戸時代に入って復興した御所を中心とする文化。京都国立博物館が所蔵する御所旧蔵の作品群を中心に、近世・近代の御所文化再興の様相を振り返る。   五衣唐衣裳装束 秩父宮勢津子妃所用

    新春イベント
    トラりん登場!1/2(火)3(水)午前10時〜、11時20分〜、午後1時20分〜、3時〜、4時〜

    芸舞妓 春の舞(予定)
    1/6(土)午後2回公演(時間未定)
     平成知新館グランドロビー(入館料のみ)

    書道パフォーマンス(予定)
    1/14(日)午後(時間未定)庭園にて(平成知新館 講堂)入館料のみ
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.10995] 【奈良】春日大社国宝殿/伝説の名刀たち 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/12/31(Sun) 21:12:17  

     これから初詣、春日大社国宝殿http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=29&c=34で見られる展覧会を紹介します。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆春日大社御創建1250年記念展I「伝説の名刀たち」前期:〜平成30年1/28(日)
                              後期:平成30年1/30(火)〜3/26(月)
          平成29年1月29日は展示替えにつき休館
          拝観料:一般500円 高大生300円 小中生200円
     いずれも貴族や武家に相伝され特別な思いをもって奉納され、神々の神殿や宝庫に秘蔵されて伝えられた国宝8件25点、重要文化財8点、重要美術品7点など平安・鎌倉・南北朝時代の美しい太刀の代表作がそろう名刀。伝説にも注目して展示を行い、春日大社の御神刀の製作を担う刀工月山家の歴代の名刀の他、鞘師・白銀師・柄巻師の方々の作品も紹介。
     重文 金銅柏文兵庫鎖太刀(こんどうかしわもんひょうごぐさりたち) (通期展示)
     重文 三鈷柄籐巻剣(さんこつかとうまきのけん) (通期展示)
     国宝 金地螺鈿毛抜形太刀(きんじらでんけぬきがたたち) (前期展示)
     国宝 沃懸地獅子文毛抜形太刀(いかけじししもんけぬきがたたち) (前期展示)
     国宝 菱作打刀(ひしづくりうちがたな) (前期展示)  など

    セミナー

    日本刀講座I 
    1/28(日)午後1時〜(午後0時30分受付) 春日大社にて、会費1000円(当日納め)
    「作者が語る拵(外装)の美」
       高山 一之氏(鞘師)
       宮島 宏氏(白銀師)
       岡部 久男氏(柄巻師)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.10994] 【ご挨拶】本年もご利用ありがとうございました 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/12/31(Sun) 17:31:01  

     今年も、各地のミュージアムへのご理解ご協力、ご訪問、そして本談話室をご利用ありがとうございました。
     今日は、午後から少し降られましたが、概して穏やかな関西でした。

     しかし、昨今の日本では少子高齢化、さまざまな弱者へのハラスメントやいじめ、なかなか癒えぬ災害の名残…、と走り続けてきた社会の停滞の側面が目立ち始めています。でも、それらに声をあげ改善に取り組むことに私たちが目ざめてきたこともひしひしと感じます。

     天皇陛下の退位が確かになって一つの時代の区切りが告げられると、「平成」はどんな時代だったか語られ始め、皇位継承の歴史や仕組みが注目されました。考えてみればこのたびの皇位継承の問題は、少子高齢化の問題が、日本の皇室にも及んでいる…社会の縮図なんでしょう。

     世界的には、北のパフォーマンスが加速し、非寛容な国々が増えたり、クリスマスを前に、米国大統領の独走が世界を惑わしました。

     こうして浮遊する社会のさまは、SNSやネットがどんどん速報してくれますが、それに一喜一憂するのではなく、もっと確かな世界、思想を固めておきたいな、と感じています。 

     芸術や歴史など人間が作りだした確かな文化を知るきっかけは、ミュージアムもその一端を担っています。もちろん、現代の社会を読み解く企画をじっくり練って打ちだしてこられる館もあります。そんなミュージアムをこれからも応援し続けてゆきたいな、と思います。どうぞ、来る年も、ご参加ご助力をお願い致します。

     この発言を本年しめくくりのご挨拶と致しますが、しばらく、新年開催の企画展の紹介をすることにします。ここをお読みの皆様にも、年越しの境い目にこだわることなく、ミュージアムの情報、感想を書き込んで頂ければ結構と存じます。どうぞ、良いお年をお迎えください。

                     本談話室の管理人 明日香 光二/馬場 英明


      [No.10993] Re: 【愛知】名古屋ボストン美術館/鈴木春信 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/12/30(Sat) 11:37:54  

    Quitaさん、こんにちは

    >  実は初めての名古屋ボストン美術館です。今回は「鈴木春信」です。
    >  現在の知名度としては鈴木春信は北斎、広重、歌麿といった人から大きく落ちていると思いますが、浮世絵は本当はこういう絵暦のような実用的なもので、軽視してはいけない人ではないかと思います。

     現在の日本史の教科書では、寛政期に美人画の歌麿・役者絵の写楽が全盛だったが、奢侈・遊興に厳しかった松平定信によって、版元の蔦屋重三郎が罰せられて没収、化政期に伊勢参宮などの旅ブームを背景として、東海道五十三次の広重・富嶽三十六景の北斎が活躍する、という筋立てになっています。
     鈴木春信は、それに先立つ元禄期に、浮世絵の中でも多色版摺り「錦絵」の創始者として、まだ全時代の「風俗画」の名残をのこした作家として先駆者とされます。

    >  春信作品は絵暦がかなりの比率を占めていました。そればかりではなく、文学の内容を表現したものも多くありました。
     「風俗画」すなわち、日々の生活を描いた作品たちで、街角や部屋の中の背景を大きく取り入れて、人物個人は大きくない描き方ですね。十二ヶ月?四季?全てを並べて見たことはないのですが、それで俳句の季語のように季節を表わすのが「絵暦」なんでしょうね。また、この展覧会の宣伝では「屋島」の変化形が出されていますが、『平家物語』や平安文学などを現代的(すなわち江戸風俗で)描いたものも発行されていたのですね(歌舞伎みたい)。歌麿・写楽の遊女や役者の大首絵は背景もないので、個人のブロマイドにすぎず、絵画作品としては、私は春信のものを見ている方が楽しいです。また、歌麿の美女は面長で(江戸の太夫のメイクの特徴?)、春信の美女は丸顔で可愛いタイプ(京の舞妓さん風?)で私の好みです。教科書に載っている「五常(智)」(これも出品されています)で書を教えている女性は、浅田真央そっくりにみえます。

    >  名古屋ボストン美術館は閉館が決定したようです。来年に2つの企画展がありますが、10月8日の展覧会終了で閉館となります。
     閉館のことは聞いていました。ボストン美術館の借用料が高いのか、名古屋財界が支えきれなくなったような感じです。開館した当時は、常設を5年ごとの交代、企画展は半年毎で、いずれも本家ボストン美術館から借用することになっていましたが、常設が最初の5年1クールだけで、常設転じてボストンからの借用に限らない「オープンギャラリー」になっていましたものね。
     私は、最初の常設がオリエント・ギリシャ系のものでしたので、その時には行った覚えがあります。もう1度くらい行ったかな。展覧会名は覚えていません。今回の鈴木春信展は、上にも書いたように「待っていた」ものなのですが、4月にあべのハルカスに巡回してくるので、名古屋へは参りません。
    >  ボストン美術館の至宝展 2/18-7/1
    >  ハピネス〜明日の幸せを求めて 7/24-10/8
     こちらの2回のうちどちらかで、最後の訪問をすることになるでしょう。「ハピネス」は奇しくも、前発言にした森美術館の開館記念展の名称でした。
                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.10992] Re: 【東京】森美術館/レアンドロ・エルリッヒ 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/12/30(Sat) 09:19:13  

    Quitaさん、こんにちは

    > >  チラシではレアンドロ・エルリッヒ LEANDRO ERLICHの"ロ"がプール、"ッ"がエレベータ、"ヒ"と"N"が階段、"R"が雲、"C"がボートになっています。これは今回の展覧会に出てくるものです。
    >  残念ながらこのチラシを見られていないので、想像しにくいです。

     何のことはない。森美術館のオリジナルページに無くても、「レアンドロ・エルリッヒ チラシ」で検索をかければ、ずらっとヤフオクでの「招待券売ります」発言が並び、チラシが掲載されています。
     なるほど、このエルリッヒ展は、すべて「ビルに登る人たち」のインスタレーションでイメージ統一されているのですね。
    >"ロ"がプール、
     の意味もわかりました!まるで誘導サインの絵文字のようですね。この文字たちも、チラシをつくったデザイナーではなく、エルリッヒさんがデザインされたものなんですね。
                            明日香 光二/馬場 英明


      [No.10991] Re: 【東京】森美術館/レアンドロ・エルリッヒ 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/12/29(Fri) 23:40:26  

    Quitaさん、こんにちは

    >  12月24日、森美術館の「レアンドロ・エルリッヒ」に行ってきました。これが今年見に行った最後になると思います。
    年末に遠征されましたね。
    >  森美術館は美術館そのものは東京のお気に入りの所である原美術館、太田記念美術館、三井記念美術館、根津美術館といったところと比べると好きとは言えませんが、行った回数はこれらと肩を並べます。
     知られざる現代美術を大規模に紹介する、という姿勢を貫いておられるからなのでしょう。敬遠されるように言われる現代美術ですが、都心でオシャレにやる、というところで続いているのがよいです。

    >  どれも、一般常識に囚われて見ているものをひっくり返すといった感じのものだと言えます。
    サイトを見ていますと、まるでトリックアートのように、観覧者が入り込むというタイプの作品が多いようで、これが現代美術を楽しませる秘訣かなと思います。

    >  チラシではレアンドロ・エルリッヒ LEANDRO ERLICHの"ロ"がプール、"ッ"がエレベータ、"ヒ"と"N"が階段、"R"が雲、"C"がボートになっています。これは今回の展覧会に出てくるものです。
     残念ながらこのチラシを見られていないので、想像しにくいです。
                                   明日香 光二/馬場 英明


      [No.10990] 【全国】閉館した館など 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/12/29(Fri) 22:54:01  

     企画展情報を探していますと、数年も更新されていなかったり、そのアドレスから消えていたりする館があります。
     もちろん、アドレスあるいは実体としての移転先も探しますが、残念ながら閉館を発見する事も。
     この11、12月の改訂の際に見つけたものをここで紹介しておきます。閉館のものはほっとミュージアムからは削除されます。

    【東京】
    トーキョーワンダーサイト渋谷:平成29年9月末で閉館:TOKASのサイトより
    トーキョーアーツアンドスペースレジデンシー:「トーキョーワンダーサイト青山 クリエーター・イン・レジデンス」 から改称の上、墨田区立川2-14-7-1F(オフィス501)(都営地下鉄新宿線 菊川駅A1出口より徒歩9分)に移転していました。

    【石川】
    能美市立博物館:平成29年8/31で閉館:同館サイトより:老朽化により、新施設建設に入るようです。

    【長野】
    駒ヶ根高原美術館:平成29年9/15にて閉館:同館のサイトより:休館に入っていたので、改修中だと思っていたのですが。既に財団は解散した、とのこと。

    【静岡】
    大岡信ことば館:平成29年11/26にて閉館:同館のサイトより:これはまた突然でした。開館してから10年も経っていないと思います。明治大学に大岡信の研究室が設立され、展示物はそこに寄贈されるということです。

    【岡山】
    大原美術館児島虎次郎記念館:平成29年12/27で閉館:各新聞のサイトより:母体の倉敷アイビースクエアが改修に入るから、とのことです。多々報道されていましたが、アイビースクエアのサイト自身ではまだ閉館の記述は無く、アイビースクエア内の、他の展示施設がまだ営業を続けられるのかは不明です。新児島館は、倉敷市内の別のたてものに、近々移転予定とか。

    【佐賀】
    黒澤明記念館サテライトスタジオ:平成23年3/6に閉館済み:複数の地域情報サイトより
     こちらは既に時間も経ち、館のサイト自体が無くなっていました。幾つかの地域情報サイトやブログが閉館時の状況を伝えていました。もともと、記念館をつくるつもりの、仮の「サテライトスタジオ」だったはずが、仮館を維持する資金もなくなってしまったようです。
                            明日香 光二/馬場 英明


    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 |


    - 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
    処理 記事No 暗証キー

    - Web Forum -
    - Antispam Version -