ほっとミュージアム 談話室
[ホームへもどる] [新規投稿] [新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
  • 以下は新規投稿順のリスト(投稿記事)表示です。
  • 48時間以内の記事は new! で表示されます。
  • 投稿者のメールアドレスがアドレス収集ロボットやウイルスに拾われないよう工夫して表示しています。
  • 発言サイズは画像も含めて130KBまで、URLは20個までです。
  • その他[留意事項]を良くお読みの上ご利用ください
  • 新規紹介用 でワード検索すると、フォーマット発言が開きます

  •   [No.11572] 【東京】森美術館/六本木クロッシング2019展:つないでみる 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/16(Sat) 23:02:59  

     六本木の森美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=66
    で開催中の現代美術展を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆森美術館15周年記念展「六本木クロッシング2019展:つないでみる」〜 5/26(日)
         会期中無休
         開館時間:午前10時〜午後10時(火曜は7時まで、但し、4/30(火)は10時、5/25(土)は翌朝午前6時まで
                             入館は閉館30分前まで)
         入館料金:一般1800円 65歳以上1500円 高大生1200円 4歳〜中学生600円
     3年に一度開催する、日本の現代アートシーンの定点観測的な展覧会第6回目の開催。森美術館の3人のキュレーター(椿 玲子、徳山拓一、熊倉晴子)で共同キュレーションを行い、1970-80年代生まれを中心とした日本のアーティスト25組を紹介。
     今回は現代の表現を通して見えてくる「つながり」に注目。情報通信技術が加速度的に進化し、便利になる一方で、意見や認識の同調や共感を助長し、逆説的に閉鎖的なコミュニティを生み出すなどの「分断」が顕在化している。こうして対極のものを接続、異質なものを融合、本来備わる繋がりを可視化するなど、アーティストたちは作品を通じてさまざまな「つながり」を提示し、「分断」と向き合うためのヒントとなるかもしれない。一定条件の範囲内で、一部の作品およびエリアでの写真・動画撮影が可能

      飯川雄大《デコレータークラブ―ピンクの猫の小林さん―》 2017年 木材、蛍光塗料
      目《景体》のためのドローイング 2019年
      平川紀道 《datum》2018年 DLPプロジェクター、コンピューター、スピーカー
      林 千歩 《人工的な恋人と本当の愛―Artificial Lover & True Love―》2016/2019年 ミクスト・メディア・インスタレーション
      竹川宣彰 《猫オリンピック:開会式》2017年 陶製人形、木、鉄、陶製タイル
      榎本耕一《脳の居場所》2017年 油彩、キャンバス
      青野文昭 《なおす・代用・合体・侵入・連置「震災後東松島で収集した車の復元」2013》2013年 収集物、家具、合板、アクリル系絵具、ほか
      万代洋輔《無題》(「蓋の穴」シリーズより)2016年Cプリント  など

    まちと美術館のプログラム「アート・キャンプ for under 22 Vol.2」第3回 ワークショップ「アーティストと出会う:監視するファッション」
      3/9(土)午前10時〜午後6時 館サイトより申込、〜 3/8(金)
     
    まちと美術館のプログラム「アート・キャンプ for under 22 Vol.2」第3回 ワークショップ「アーティストと出会う:監視するファッション」(2日目)
      3/10(日)午後1時30分〜6時30分 館サイトより申込、〜 3/8(金)

    まちと美術館のプログラム「六本木アートカレッジ スペシャル1DAY」プログラム 「会社としてのアーティスト・コレクティブ」
      3/21(木・祝)午後2時40分 〜3時40分  館サイトより申込、〜 3/20(水)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11571] 【大阪】市立美術館/フェルメール展 [2/16(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/16(Sat) 00:12:21  

     いよいよ2/16(土)から天王寺公園の大阪市立美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=10で、最大のフェルメール展が開催されます。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「フェルメール展」 2/16(土)〜5/12(日)
        2/18・25、3/4・11・18(月)休館 以後無休
        入館料金:一般1800円 高大生1500円
              中学生以下、障がい者手帳などをお持ちの方(介護者1名を含む)は無料(要証明)。

     現存する作品がわずか35点の17世紀のオランダ絵画の黄金期を代表する画家、ヨハネス・フェルメール(1632−1675)の6作品が集結。宗教画から風俗画へ作風を転換する移行期にあたる「取り持ち女」が日本初公開となるほか、フェルメールの足跡をたどり、ハブリエル・メツー、ピーテル・デ・ホーホ、ヤン・ステーンらの作品を含む45点を展示し、17世紀オランダ絵画の広がりと独創性を紹介。
      ヨハネス・フェルメール ≪取り持ち女≫ 1656年 油彩・カンヴァス
                    ≪恋文≫ 1669-1670年頃 油彩・カンヴァス 
                    ≪マルタとマリアの家のキリスト≫ 1654-1655年頃 油彩・カンヴァス
                    ≪手紙を書く婦人と召使い≫ 1670-1671年頃 油彩・カンヴァス
                    ≪手紙を書く女≫ 1665年頃 油彩・カンヴァス
                    ≪リュートを調弦する女≫ 1662-1663年頃 油彩・カンヴァス
      ヘラルト・ダウ ≪本を読む老女≫ 1631-1632年頃 油彩・板
      ピーテル・デ・ホーホ ≪人の居る裏庭≫ 1663-1665年頃 油彩・カンヴァス
      ハブリエル・メツー ≪手紙を読む女≫ 1664-1666年頃 油彩・板 
      ヤン・ステーン ≪家族の情景≫ 1665-1675年頃 油彩・板
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11570] 【兵庫】あまらぶアートラボ A-Lab/「街と、その不確かな壁」と…。[2/16(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/16(Sat) 00:08:16  

     尼崎のあまらぶアートラボ A-Labhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=56で.2/16(土)からはじまる展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆A-Lab Exhibition Vol.17「街と、その不確かな壁 と…。」2/16(土)〜3/31(日)
        火曜休館
        開館時間:午前11時〜午後7時(土日祝は6時まで) 
        入館無料 
     川田知志、迎英里子による2人展を開催。
     今回のタイトルの「街と、その不確かな壁」は 1980年に雑誌「文學界」に発表された村上春樹さんの小説で僕と影、ことば、古い夢などをモチーフにしながら展開される物語で、本展では、2人にこの小説と向き合うことも含め、作品にアプローチ。
     壁面にフレスコ画を描く川田は市内の元「履物屋」「小学校」「結婚式場」で数日ずつ滞在制作し、空間に漂う記憶などをなぞった作品をA-Labで再構成します。  迎は生活の中にある身近な社会の構造を自身の言葉で解釈し、装置を制作し、自らの身体を使って動かす。
     何かを守る存在にも、別け隔てて邪魔する存在にもなる「壁」が作り出す空間の記憶。2人の作品を通じて、普段は意識をしていない“存在”を感じる。

    パフォーマンス:迎英里子による、本展覧会で制作したシステムを”動かす”パフォーマンスを開催
    2/16(土)午後1時30分〜、4時〜  2/24(日)午前11時〜

    トーク:2/24(日)午後2〜3時30分、先着30名、申し込み不要
    出展作家と服部浩之氏(キュレーター)のアーティストトーク
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11569] 【大阪】阪急うめだギャラリー/片岡鶴太郎展 顔[2/16(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/16(Sat) 00:06:49  

     阪急うめだギャラリーhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=41で明日2/16(土)からはじまる展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆画業25周年・芸能生活45周年記念「片岡鶴太郎展 顔 -faces-」2/16(土)〜3/4(月)
         午前10時〜午後8時(金土は9時まで、入館は閉館30分前まで)
         入館料金 :一般800円 学生 600円
     芸人、俳優、ボクサー、画家、書家、そしてヨーギー、さまざまな「顔」をもちながら画業25周年、芸能生活45周年を迎える片岡鶴太郎の新作を中心に展示。日本の顔である「富士山」をメインビジュアルに、エンターテインメント性のある展示をし、画家としての原点である椿作品だけで「椿の回廊」を構成。
       《赤富士》2018年
       《鯉不二》2018年
       《こぼれ椿》2014年
       《雪椿》2008年
       《黒福招き猫》2017年
       《白福招き猫》2017年
       《千年の恋 源氏物語》2002年
       《感謝の薔薇》2016年  など
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11568] 【大阪】府立近つ飛鳥博物館/歴史発掘おおさか2017-2018 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/15(Fri) 00:05:58  

     河南町の大阪府立近つ飛鳥博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=173で開催中の展示を紹介します。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆平成30年度冬季企画展「歴史発掘おおさか2017-2018―大阪府発掘最新情報―」〜3/17(日)
         月曜休館
         入館料金:一般430円 65歳以上・高校・大学生330円
                中学生以下・障がい者手帳をお持ちの方(介助者含む)無料
     大阪府に旧石器時代から近代まで地下に眠り、毎年、多くの発掘調査で出土した資料が一堂に会し、出土品から遺跡を身近に感じ、当時の生活や社会について探ることで、私たちの街、大阪の魅力を再発見する。
     旧石器時代 瓜破北遺跡(大阪市) 後期旧石器時代のナイフ形石器
     縄文時代 西福井遺跡(茨木市)  火葬骨を納めた3500年前の墓
     弥生時代 中野遺跡(四條畷市)  方形周溝墓の可能性のある溝
     古墳時代 ニサンザイ古墳(堺市) 全国初!大王墓の濠に架かる木橋を確認
     古代 吹田操車場遺跡(吹田市)  平安時代初期の貴人の邸宅か?
     中世 上清滝遺跡・清滝街道(四條畷市)  中世の街道と銅鏡のまつり
     近世 大深町遺跡(大阪市)  大坂七墓のひとつ、梅田墓
     近代 禁野本町遺跡(枚方市)   土塁が物語る陸軍弾薬庫  など

    講演会:地階ホールにて、午後1時30分〜3時、定員200名、当日10時より入場整理券配布
    2/3(日)「枚方市船橋遺跡出土木簡を読む」 舘野和己氏 (館長)
    3/17(日)「渡来人の集落と古墳−5世紀を中心に」 森本 徹氏(副館長兼学芸課長)


    おおさかを掘る−最新発掘調査の成果−(調査成果報告会)2/17(日)
      地階ホールにて、午後1〜4時、定員200名、当日10時より入場整理券配布
    報告1「北摂弥生集落の絵画土器―茨木市中河原遺跡」高村勇士氏(茨木市教育委員会)
    報告2「法王道鏡の寺―八尾市由義寺跡」樋口 薫 氏(公益財団法人八尾市文化財調査研究会)
    報告3「三好長慶の山城―大東市飯盛城跡」李 聖子 氏(大東市教育委員会)

    学芸員による展示解説:午後2時〜30分、特別展示室にて
     2/24(日)3/3(日)3/16(土)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11567] 【奈良】文化財研究所飛鳥資料館/飛鳥の考古学2018 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/15(Fri) 00:05:25  

     明日香村の奈良文化財研究所飛鳥資料館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=29&c=74で開催されている展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆冬期企画展「飛鳥の考古学2018」〜3/17(日)
       月曜休館(祝日の場合は翌日)
       入館料金:一般270円 大学生130円
        高校生及び18歳未満、65歳以上無料(要年齢証明)
          2/24(日)は無料入館日
     近年でも発掘調査が盛んな飛鳥中枢部では、小山田遺跡(小山田古墳)で石舞台古墳に匹敵する横穴式石室の痕跡を調査。飛鳥寺西方遺跡でみつかった飛鳥時代の石組溝や建物跡で、「槻木の広場」推定地における土地利用の具体的状況がわかる。山田寺の西で行われた山田道の調査では、古墳時代後期に造られた池を確認。飛鳥寺北部域での大量の軒瓦など飛鳥寺に投入された物的資源の膨大さを示す。
     飛鳥の周辺部では、1987年に検出された四条1号墳の再調査、与楽古墳群にある与楽イモリ1号墳で見つかった渡来系氏族の痕跡。本展では、これらの遺跡を中心に、2017年度に飛鳥藤原地域で行われた発掘調査の成果を紹介し、近年、調査分析の進展がみられた石神遺跡などから出土した多数の土器も展示。
     四条遺跡  小山田遺跡  与楽イモリ1号墳   山田道
     飛鳥寺西方遺跡   飛鳥寺北方  石神遺跡  坂田寺跡
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11566] 【東京】サントリー美術館/河鍋暁斎 その手に描けぬものなし 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/15(Fri) 00:04:41  

     六本木のサントリー美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=49では、江戸時代の画師の展示を開催中です。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「河鍋暁斎 その手に描けぬものなし」〜3/31(日)
          火曜休館(3/26(火)は6時まで開館)
          午前10時〜午後6時(金土と3/20(水)は8時まで、入館は閉館の30分前まで)
          入館料金:一般1300円 高大生1000円 中学生以下無料
                 障害者手帳をお持ちの方と介護者1名無料
                 ◇100円割引
                    ウェブサイト限定割引券提示
                    スマートフォンサイトの割引券画面提示
                    あとろ割:国立新美術館、森美術館の企画展チケット提示
     7歳で浮世絵師・歌川国芳のもとで絵を学び始め、駿河台狩野派の前村洞和や、洞和の師・狩野洞白陳信に入門し戯画などで人気を博した河鍋暁斎(1831〜89)。風刺画によって暁斎は「反骨の人」というイメージで語られるが、その高い絵画技術と狩野派の精神に支えられて作品と真摯に向かい合った暁斎の姿がうかがえる。
    本展では「狩野派絵師」としての活動と先人達の作品と真摯に向き合い、幕末・明治の動乱期に独自の道を切り開いた暁斎の足跡を展望。
        枯木寒鴉図 明治14年(1881)(〜3/4 展示)
        毘沙門天像 嘉永元年(1848)(〜3/4 展示)
        虎図 19世紀 東京・正行院
        九相図  明治3年(1870)以前
        鳥獣戯画 猫又と狸 19世紀(3/6〜3/31 展示)
        鷹に追われる風神図  明治19年(1886)
        閻魔・奪衣婆図 明治12〜22年(1879〜89)(3/6〜3/31 展示)
        幽霊図 慶応4〜明治3年(1868〜70)頃
        惺々狂斎画帖(二) 明治3年(1870)以前
        達磨図 明治18年(1885)
        野見宿禰と当麻蹶速図 明治7年(1874) など

    点茶席(お抹茶と季節の和菓子)2/21(木) 28(木) 3/7(木) 21(木) 午後1、2、3時
    1,000円(入館料別)1日限定50名(点茶券は当日時より3階受付にて販売(1人2枚まで)

    学芸員によるギャラリートーク:2/22(金)午後6時30分〜7時30分 展示室にて、定員30名先着順
     午後5時より3階受付にて整理券配布

    見どころトーク(スライドを使った学芸員による解説):2/17(日)3/17(日)
      午前11時〜、午後2時〜、約30分、6階ホール、定員80名

    フレンドリートーク:毎週土曜、午前11時〜、午後1時〜、3時〜 1階レクチャールームにて定員30名

    体験型ミニレクチャー「はじめてひらく美のとびら」シリーズ 掛軸の巻
     2/22(日)3/3(日)10(日)24(日) 午前11時〜、午後1時〜、3時〜、
     6階ホール、定員40名先着順、当日整理券配布
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11565] 【長野】上田市立美術館/gone girl 村上早 展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/15(Fri) 00:02:01  

     上田市立美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=20&c=36で開催中の版画家の展覧会を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「gone girl 村上早 展」〜3/17(日)
        火曜休館
        入館料金:一般800円 高大生600円 小中生400円
             障害者手帳携帯者と介助者1名200円引き
     1992年群馬県生まれ。2010年武蔵野美術大学入学時から銅版画を始め、大学院在学中の2015年に「FACE 2015 損保ジャパン日本興亜美術賞」優秀賞、「第6回山本鼎版画大賞展」大賞、「トーキョーワンダーウォール賞」などの連続受賞を機に注目を集めた村上 早 (むらかみ さき)が人間の心の傷や悩みの心象風景を銅版に刻み付け、薄い和紙に刷り取り昇華させる独創的な世界。版画というジャンルを越え、現代アートとして人々を魅了する銅版画家 村上早の個展を開催。縦横1メートルを超える大作や未公開の作品及び小品を展示する初の大規模展。
      《息もできない》 銅版 2015年
      《かくす》 銅版 2016年
      《ふうせん2》 銅版 2018年
      《花をさく》 銅版 2018年 など

    ギャラリートーク (学芸員による見どころ解説):3/9(土)午後1時30分〜2時15分
    ナイトミュージアム:3/2(土)午後7時(最終入館6時)
    対話型鑑賞会:参加者同士で作品の印象などを自由に語りながら鑑賞:3/2(土)午後5〜6時
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11564] 【東京】国立新美術館/イケムラレイコ 土と星 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/15(Fri) 00:00:00  

     六本木の国立新美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=73で開催されている現代美術の展覧会を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「イケムラレイコ 土と星 Our Planet」 〜4/1(月)
         火曜休館
         開館時間 :午前10時〜午後6時(金・土は8時、入場は閉館の30分前まで)
         入館料金:一般1000円 大学生500円
                2/24(日)は天皇陛下御在位30年を記念して無料
                高校生、18歳未満(要証明)障害者手帳をご持参者と付添者1名は無料
                会期中に当館で開催中の他の企画展および公募展のチケット、
                またはサントリー美術館・森美術館(あとろ割対象)で開催中の展覧会チケット(半券可)
                   提示者は、団体料金。
                65歳以上の方(要年齢証明)は、会期中に当館で開催中の公募展チケット(半券可)
                   の提示で大学生団体料金
     1970年代にスペインに渡り、その後スイスを経て、ドイツを拠点に活躍してきたイケムラレイコの絵画、彫刻、ドローイング、水彩、版画、写真など、無限の可能性を表現するという独創的な芸術、イケムラの創造の軌跡を、約210点の作品とともに紹介。
     荒々しい絵画や、多様な線で構成されたユーモラスで人間味あふれるドローイングなど、実験的な試みを経て名もない小さな動物や無垢な少女たち、母と子、木々や山と一体化した人物、誕生と死を含みこむ神話的な原始の風景など、この世に生まれでた、あるいは、これから生まれいづるものたちの存在の多様性を、あるがままに受け入れようとする思想が感じられる。本展は、独創的な創造活動により、破綻しかけた社会の構造にまで切り込もうとするイケムラの芸術をたどりなおし、多面的に追体験できるように、16のインスタレーションの集合として構成。
      イケムラレイコ 《花》 2009/18年 ラムダプリント 
        《うねりの春》 2018年 顔料/ジュート 
        《頭から生えた木》 2015年 テラコッタ、釉薬 
        《始原》 2015年 テンペラ/ジュート 
        《ベルリン地平線 I》 2012年 テンペラ、油彩/ジュート )
        《ハルコ I》 2017年 テンペラ/ジュート
        《母の情景》 2011/15年 油彩/ジュート
        《オーシャン III》 2000/01年 油彩/ジュート
        《花嫁》 1990年 テラコッタ、釉薬 
        《母とミコ》 1995年 テラコッタ、釉薬 
        《花》 2009/18年 ラムダプリント 
        《うねりの春》 2018年 顔料/ジュート   など
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11563] 【東京】ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション/南桂子展 コト、コト。コトリ。 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/13(Wed) 23:48:07  

     水天宮前のミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクションhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=35で開催されている展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「南桂子展 コト、コト。コトリ。」 〜4/11(木)
         月曜休館
         午前11時〜午後5時(土日祝は10時開館
                      第1・3金曜(3/1、3/15、4/5)は8時まで、入館は閉館30分前まで)
         入館料金:大人600円 高大生400円 中学生以下無料
     コト、コト。コトリ。生い茂る草花の中から、森の小道から、木々の隙間から小さく物音の聞こえてきそうな風景。
     高等女学校時代から絵画や童話の制作に励み、戦後、浜口陽三との出会いを機に銅版画の道へと歩を進めた南桂子(1911-2004)の作品は、無数の繊細な線を銅版に彫ることで作り上げられる。鳥や少女を主人公にしたその作品はユニセフの発行物に採用されるなど高く評価される南桂子の銅版画約50点と、浜口陽三の銅版画約10点を展示。

    色と線の重なり 友禅染め・ワークショップ:3/10(日)【午前】10時30分〜12時30分 【午後】2〜4時
     クワバラマキコ氏(手描友禅職人・染め工房 造舎)
     2,000円+入館料 電話にて受付(先着順、10歳以下の子どもは必ず保護者同伴)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 |


    - 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
    処理 記事No 暗証キー

    - Web Forum -
    - Antispam Version -