ほっとミュージアム 談話室
[ホームへもどる] [新規投稿] [新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
  • 以下は新規投稿順のリスト(投稿記事)表示です。
  • 48時間以内の記事は new! で表示されます。
  • 投稿者のメールアドレスがアドレス収集ロボットやウイルスに拾われないよう工夫して表示しています。
  • 発言サイズは画像も含めて130KBまで、URLは20個までです。
  • その他[留意事項]を良くお読みの上ご利用ください
  • 新規紹介用 でワード検索すると、フォーマット発言が開きます

  •   [No.12256] 【兵庫】横尾忠則現代美術館/兵庫県立横尾救急病院展[2/1(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/01/31(Fri) 23:49:55  

     神戸・王子公園の横尾忠則現代美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=14で2/1(土)から開催される展示を紹介します。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「兵庫県立横尾救急病院展」2/1(土)〜5/10(日)
       月曜休館(祝日の場合は翌日)
       入館料金:一般700円 大学生550円 70歳以上350円 高校生以下 無料

     美術家・横尾忠則の肉体と生活・創作との関係を探ることを目的に期間限定で“開院”。頭や心よりも肉体感覚を通して得られるものに信頼を置く横尾の生き方を基本理念に、絵画、版画、ドローイング、著書や愛読書といった幅広い作品と資料から、皆様に肉体との付き合い方を見つめ直す機会を提供。
     “入院病棟”では、様々な病歴を持つ横尾の「病気」にまつわる作品や、病床での日記、入院中のスケッチなどを紹介し、怪我や病気がは、横尾にとって忌むべき存在ではなく、ときに人生の危機を救い、自己の生活や芸術を見つめ直すきっかけを与えてくれた。また80歳を越えた現在、横尾が直面する難聴や視力低下といった肉体の変化にも目を向け、老いと創造の関係を探究も探求。
      《エジソンと点滴》2018年
      《突発性難聴になった日》2019年
      《Crutch》1980年
      《The Crisis Eve of a Leg Amputation》2013-2014年
      《今夜の酒には骨がある》1998年

    神戸労災病院 健康フェア:骨密度測定、血圧・動脈硬化度測定 
              デジタル・サイネージでの放映(「内視鏡検診のすすめ」「人間ドックのすすめ」)
    2/8(土)午前11時〜午後5時(定刻より早く受付を終了する場合あり)
     オープンスタジオ,
    参加無料、先着順

    講演会:3/7(土)オープンスタジオにて、午後2〜3時30分 定員100席(当日先着順)無料
    「健康学入門 〜宇宙船人間丸 創造マニュアル」稲葉俊郎氏(東京大学医学部附属病院循環器内科助教)

    横尾忠則とクイズの饗宴:3/28(土)オープンスタジオにて、午後2〜4時30分、無料
      一般社団法人日本クイズ協会、QUIZ JAPAN

    キュレーターズ・トーク:当館学芸員による、オープンスタジオにて、入館券のみ
    2/29(土)3/14(土)4/18(土)午後2時〜45分
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12255] 【兵庫】神戸ファッション美術館/長くつ下のピッピTMの世界展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/01/31(Fri) 23:48:21  

     六甲アイランドの神戸ファッション美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=1で2/1(土)から開催される特別展を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆特別展「長くつ下のピッピTMの世界展 リンドグレーンが描く北欧の暮らしと子どもたち」2/1(土)〜3/29(日)
        月曜休館(祝日の場合は翌日)
        入館料金:一般1000円 大学生・65歳以上500円 高校生以下無料
                    (ただし小学生以下は保護者(大学生以上)同伴)
       神戸ゆかりの美術館、小磯記念美術館の当日入館券(半券)をお持ちの方は割引あり

     アストリッド・リンドグレーン(1907―2002年)が娘に語り聞かせた即興のお話から生まれた「長くつ下のピッピ」。天真爛漫で力まさりの9歳の女の子が繰り広げる奇想天外な物語で、1945年の初版からで75周年。「ピッピ」のオリジナル・タイプ原稿のほか、「ピッピ」や「ロッタちゃん」「やかまし村」シリーズの挿し絵原画を展示。「子どもの本の女王」と称され、子どもの人権を守り、動物の権利も守り、あらゆる虐待に反対した、「知られざる人生も紹介。
     イングリッド・ヴァン・ニイマン《『長くつ下のピッピ』出版社用ポスター原画》1940年代後半
     アストリッド・リンドグレーン作・画《オリジナルピッピ》1944年
     桜井誠《『長くつ下のピッピ』表紙原画》1964年 黒姫童話館所蔵
     イングリッド・ヴァン・ニイマン《『長くつ下のピッピ』挿絵原画》1945年
     イングリッド・ヴァン・ニイマン《『ピッピのスケッチ』》1945-1959年
     イロン・ヴィークランド《『ちいさいロッタちゃん』表紙原画》1992年
     イロン・ヴィークランド《『やかまし村の春』挿絵原画》1961年 
     リサ・ラーソン《馬を持ち上げるピッピ》2018年   など

    児童文学翻訳家・石井登志子さんによるギャラリートーク&サイン会:2/15(土)午前11時〜、午後2時〜
        事前申申込不要
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12254] 【静岡】市美術館/不思議の国のアリス展[2/1(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/01/31(Fri) 23:47:32  

     静岡市美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=22&c=3で明日2/1(土)から開催される特別展を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「不思議の国のアリス展」2/1(土) 〜 3/29(日)
        月曜休館 (祝日の場合は翌日)
        入館料金:一般1300円 高大生・70歳以上900円 中学生以下無料
             障がい者手帳等をご持参の方および介助者原則1名は無料

     ルイス・キャロル(1832−98)の著書『不思議の国のアリス』は、1865年に英国で初めて出版されてから世界中で世代を超えて親しまれる不朽の名作。オックスフォード大学の数学講師だったキャロルが、寮長の娘アリス・リデルにせがまれて創作した物語は、文学の世界にとどまらず、美術、映画、舞台、ファッションなど様々な分野の表現者たちの創作意欲を刺激した。本展は『不思議の国のアリス』と『鏡の国のアリス』を中心に、稀少な初刊本や、挿絵画家のジョン・テニエルの下絵素描、多角的な展開の様相を見る。アリスの世界観を独自の解釈で表現したサルヴァドール・ダリ、エリック・カール、山本容子、清川あさみなど、国内外で活躍する芸術家たちの作品も。
    1章 始まりの話 ― アリス誕生
     チャールズ・ラトウィッジ・ドッドソン
      《チャールズ・ラトウィッジ・ドッドソン》
      《アリス・リデルの肖像(複製)》
     ジョン・テニエル
      『鏡の国のアリス』挿絵のための下絵 ≪髪をかきむしるトゥィードルダム≫
      『鏡の国のアリス』挿絵のための下絵 ≪ところが そいつは頑固で高慢≫
     ルイス・キャロル 絵:ジョン・テニエル 発行:エンベリン&サン、オックスフォード
      《切手ケース》

    2章 アリスの物語 ― 不思議の国への招待
     チャールズ・サントーレ『不思議の国のアリス』第5章より ≪イモ虫からの忠告≫
     ヘレン・オクセンバリー『不思議の国のアリス』第7章より ≪へんなお茶会≫
     ロバート・インペン『不思議の国のアリス』第12章より ≪夢から覚めるアリス≫
     ラルフ・ステッドマン『鏡の国のアリス』第1章より ≪次の瞬間、アリスは鏡を通り抜けていました≫

    3章 アートの国 ― 世界が愛する永遠のアリス
     アーサー・ラッカム
         《ニセウミガメ》
         《アリスとメダマカエル召使い》
     エリック・カール《チェシャネコいもむし》   など

    学芸員によるスライドトーク:2/16(日)3/14(土) 午後2時〜(各回40分程度)
      多目的室にて、無料、申込不要(当日直接会場へ)


    しずびオープンアトリエ:2/22(土)〜3/22(日)の毎週土日
    (1)午後1時30分〜 (2)午後3時〜 (各回1時間程度)
     ワークショップ室にて、参加費:200円 (受付でチケットご購入の上、会場へ)
     対象:小学生以上(未就学児は保護者同伴であれば参加可) 各回15名(申込不要・当日先着順)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12253] 【大阪】府立江之子島文化芸術創造センター/なにわの企業が集めた絵画の物語 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/01/31(Fri) 23:46:14  

     地下鉄阿波座の大阪府立江之子島文化芸術創造センターhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=5で開催中の展示を紹介します  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆第2回コーポレートアートコレクション「なにわの企業が集めた絵画の物語展」〜2/15(土)
        月曜休館 
        午前10時〜午後8時(最終日は6時まで)
        入館料金:一般500円 中学生以下無料

     新しい美術館の完成や建設が進み、パリのシテ島やベルリンの世界遺産・博物館島に匹敵する文化ゾーンに生まれ変わりつつある大阪中之島。関西経済同友会では、昨年につづき、大阪・関西の企業が所蔵する絵画をあつめた展覧会を開催し、文化都市としての未来の大阪の歩みを応援。
     本展では、印象派のマネや世紀末のパリを生きたロートレック、日本近代を代表する洋画家・藤島武二に藤田嗣治、具体美術協会の吉原治良、「太陽の塔」で有名な岡本太郎らの、初公開も含む43点の作品を展示、1970年万博から50周年をむかえるにあたり、万博を彩った多様な芸術を紹介する万博関連展示も設ける。
      アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック《キャバレーのアリスティド・ブリュアン》1893年
      マリー・ローランサン《マンドリンを持った二人の若い娘と子犬》1950年代頃
      藤田嗣治《パリ》1917年
      アルベール・マルケ《風景 朝の海(モンプレザンの朝)》1942-44年
      アンドリュー・ワイエス《アフタヌーン・フライト》 1976年
      岡本太郎《娘と犬》1953年  など
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12252] 【兵庫】県立美術館/ゴッホ展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/01/31(Fri) 23:45:29  

     阪神岩屋駅の兵庫県立美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=28で開催中の展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「ゴッホ展」〜3/29(日)
        月曜休館(祝日の場合は翌日)
        開館時間:午前10時〜午後6時(金土は8時まで、入場は閉館30分前まで)
        入館料金:一般1700円 大学生1300円 高校生以下無料
             70歳以上850円 障がいのある方400円 障がいのある方 大学生300円
             障がいのある方1名につき、介護の方1名は無料

     1880年、27歳の時に画家を志したファン・ゴッホ(1853-1890)は、画業の初期にハーグ派の影響を受け、対象を正確に写し取るのではなく、印象を重視した手法をまず身につけ、その後印象派が打ち出した鮮やかな色遣いに出会い、色の表現力を学び、実践する。本展では、ファン・ゴッホの画業の初期から、印象派の洗礼を受けて独自のスタイルを確立するまでを追い、ファン・ゴッホ自身の絵画やドローイング約50点、ハーグ派と印象派の作家たちの作品約30点も展示。

    第1部 ハーグ派に導かれて
      アントン・マウフェ《4頭の曳き馬》制作年不詳 油彩・板
      マテイス・マリス《出会い(仔ヤギ)》1865-66年頃  油彩・板
      フィンセント・ファン・ゴッホ 《農婦の頭部》 1885年 油彩・カンヴァス
      フィンセント・ファン・ゴッホ《ジャガイモを食べる人々》 1885年4-5月 リトグラフ(インク・紙)

    第2部 印象派に学ぶ
      フィンセント・ファン・ゴッホ《花瓶の花》 1886年夏 油彩・カンヴァス
      カミーユ・ピサロ 《エラニーの牛を追う娘》 1884年 油彩・カンヴァス
      クロード・モネ 《クールブヴォワのセーヌ河岸》 1878年 油彩・カンヴァス
      フィンセント・ファン・ゴッホ 《麦畑》 1888年6月 油彩・カンヴァス
      フィンセント・ファン・ゴッホ 《薔薇》1890年5月 油彩・カンヴァス  など

    KEN-Vi名画サロン特別上映
    (1)2/15(土)「ゴッホ 最期の手紙」(2017年/96分)
    (2)3/20(金・祝)「世界で一番ゴッホを描いた男」(2016年/84分)
     午前10時30分、午後1時、3時30分より(各回入れ替え)
    ミュージアムホール(定員250名)
     料金:1人1,000円

    学芸員による解説会:2/22(土)3/14(土)3/28(土)午後4時〜(約45分)
    レクチャールーム(定員100名にて)無料、定員に達し締め切り

    おやこ解説会:3/14(土)午前10時30分〜(約30分)
    レクチャールーム(定員20組)無料、要事前申込み館サイトへ

    ミュージアム・ボランティアによる解説会:日曜日 午前11時〜(約15分)
    レクチャールーム(定員100名)無料
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12251] 【岐阜】サイエンスワールド 投稿者:Quita/北村尚巳  投稿日:2020/01/26(Sun) 00:23:28  

    こんにちは

     岐阜県現代陶芸美術館からの帰りにちょっと寄ってみたのは瑞浪市のサイエンスワールドです。

     なお、データベースのURLは現在別の所へ飛んでしまうので、以下が良いです。

    https://www.sw-gifu.com/

     ここの初代館長の名前「飯尾正和」というのが聞き覚えがあると思いました。周辺の情報を調べてみたら、ほぼ間違いなく高校2年の時の物理の先生でした。


    イベント情報を入れておきます。

    岐阜県高校生サイエンスフェスティバル 2/2 10:00-14:45
    復刻チャレンジワークショップ ウルトラバイオレット 2/8〜3/15(当日会場にて申し込み)
    冬の星空かんさつ会 2/28 18:30-19:30(2/8 9:00から電話で申し込み)
    *場所は館内ではなく中部大学春日井キャンパスの中部大学天文台天体観測所


      [No.12250] Re: 【岐阜】県現代陶芸美術館/小村雪岱スタイル[12/21(土)〜] 投稿者:Quita/北村尚巳  投稿日:2020/01/26(Sun) 00:00:15  

    こんにちは

     岐阜県現代陶芸美術館の「小村雪岱スタイル」行ってきました。

     ここ、常設展は現代陶芸ですが、東濃で最も設備の整った美術館として企画展はもう少し幅広い分野で行われているようです。

     チラシから何がメインなのかよくわからなかったのですが、最初が小村雪岱による肉筆画や版画、続いてこの人のメインと言える装丁や挿絵、最期が影響を受けた以降の工芸という構成でした。

     肉筆画や版画は残っている数が少ないと解説にありました。しかし、十分これで画家としてやっていける作品でした。どちらかというと近代以降の日本画というより浮世絵に近いと思いました。直接師事していないようですが、鈴木春信の系統と言われると確かにそのように見えます。鈴木春信の作品も少しありましたる
     装丁や挿絵は鏑木清方等の後を継いだように書かれていました。装丁は本として展示され、挿絵は原画が主でした。鏑木清方は仕事を奪われて恨んでいたのではなく、ずっと親交があったようです。
     影響を受けた工芸は2019年作という最近のものもありました。

     トータルでは非常に高く評価できる内容で、早くも今年のベストの候補にしたいと思います。

     今年、ここでは国際陶磁器トリエンナーレもあります。


      [No.12249] 【全国】鉄道関係企画展 20年01月以降 その2 投稿者:かずや  投稿日:2020/01/22(Wed) 00:00:35  

    おじゃまします。下記、追加致します。

               かずや:渡辺 和也
    --------------------------------------------------------------------------
    【北海道】
    ・有島記念館
     荒川好夫写真展「北海道 冬」〜蒸気機関車C62 栄光の記録〜
    https://www.town.niseko.lg.jp/arishima_museum/arishima_news/2562/
     ニセコ町鉄道遺産振興事業パネル展「釧路・根室の簡易軌道」〜簡易軌道真狩線を知るために〜
    https://www.town.niseko.lg.jp/arishima_museum/arishima_news/2561/
     注:HPに開催期間が未記載。見学の際は確認を。

    【鳥取】
    ・米子市立山陰歴史館
     令和元年度企画展「国鉄米子鉄道管理局発足からJR西日本米子支社の70年をたどる 」
     2月9日(日)〜3月29日(日)
    http://yonagobunka.net/p/yonagobunka/rekishi/plan/
     注:報告済分。詳細が掲載されたので再掲。

    以上です。


      [No.12248] 【東京】都美術館/ハマスホイとデンマーク絵画[1/21(火)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/01/20(Mon) 19:25:36  

     上野公園の東京都美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=130で明日1/21(火)から開催される北欧絵画の特別展を紹介します。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆特別展「ハマスホイとデンマーク絵画」1/21(火)〜3/26(木)
        月曜と2/25(火)は休館、2/24(月・休)、3/23日月)は開室
        開室時間:午前9時30分〜午後5時30分(金曜と2/19(水)3/18(水)は8時まで、入室は閉室の30分前まで)
        入館料金:一般1600円 大学生・専門学校生1300円 高校生800円 65歳以上1000円
             中学生以下は無料
             3/20(金・祝)〜3/26(木)は18歳以下[平成13(2001)年4/2以降生まれ]無料
             身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳を
                 お持ちの方と付添者1名は無料(要証明)

     身近な人物の肖像、風景、静寂の室内―限られた主題を黙々と描いたデンマークを代表する画家ヴィルヘルム・ハマスホイ(1864-1916)は17世紀オランダ風俗画の影響から “北欧のフェルメール” とも呼ばれる。ハマスホイはじめ、19世紀デンマークの名画を堪能。
     ヴィルヘルム・ハマスホイ《室内》1898年
                 《室内―開いた扉、ストランゲーゼ30番地》1905年
                 《農場の家屋、レスネス》1900年
                 《ピアノを弾く妻イーダのいる室内》1910年

    講演会:講堂(交流棟 ロビー階)にて、午後2〜3時30分
        定員225名(当日1時より講堂前で整理券配布、定員で終了))
    2/8(土)「不安な絵画―ハマスホイと北欧の画家たち」佐藤直樹氏(東京藝術大学 准教授)
    2/22(土)「19世紀のデンマークとヴィルヘルム・ハマスホイ」萬屋健司氏(山口県立美術館 学芸員)

    イブニング・レクチャー:講堂(交流棟 ロビー階)にて、午後6時〜30分
        定員225名(当日開始20分前より開場、定員で終了)
    2/14(火)、3/6(金)高城靖之氏(本展担当 学芸員)

    ART meets MUSIC:東京都交響楽団メンバーによる弦楽四重奏
     2/27(木)東京文化会館 小ホール(台東区上野公園5-45)にて「午前11時〜正午(10時30分開場)
     要入場整理券:1/21(火)から東京都美術館のインフォメーション(LB階)で配布、定員で終了

    障害のある方のための特別鑑賞会 事前申込制
    3/9(月)午前10時〜午後4時 
     対象身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳などをお持ちの方各回350名とその介助者1名 申込期間 〜2/3(月)、申込方法などは館サイトへ
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12247] Re: 【岐阜】市の神社 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/01/20(Mon) 19:24:48  

    Quitaさん、こんにちは。
    いや、タイトルが水族園の内容で、コメントが延びたのでタイトルを変えました。
    中身が文化的な内容は、話はOKです!

    > 岐阜市を代表する神社というと、どちらかというと伊奈波神社の方が上でしょうね。ここが初詣客数が岐阜県一のはずです。
    > ちょっと調べたら伊奈波神社と金神社の祭神は夫婦だと書かれていました。

     本当にさまざま、存じ上げませんでした。
     古代の岐阜=美濃というと、壬申の乱を起こした大海人皇子の湯沐邑(ゆのむら)すなわち、育ったところもしくは養育した豪族が居たところ、として知られているが、神話のことは存じませんでした。もっとも、垂仁天皇なら系譜的には歴史時代ですから、伝承でも、古墳があっても良いぐらいなんですけれどね。
     また、「伊奈波」神社は「いなば」であり「稲葉山」のいなば、と「金」神社は、「金華山」の金なんですね。なるほど、岐阜らしい命名、由来神社だし、岐阜訪問の際には訪れてみようと思います。

                     明日香 光二/馬場 英明


    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 |


    - 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
    処理 記事No 暗証キー

    - Web Forum -
    - Antispam Version -