ほっとミュージアム 談話室
[ホームへもどる] [新規投稿] [新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
  • 以下は新規投稿順のリスト(投稿記事)表示です。
  • 48時間以内の記事は new! で表示されます。
  • 投稿者のメールアドレスがアドレス収集ロボットやウイルスに拾われないよう工夫して表示しています。
  • 発言サイズは画像も含めて130KBまで、URLは20個までです。
  • その他[留意事項]を良くお読みの上ご利用ください
  • 新規紹介用 でワード検索すると、フォーマット発言が開きます

  •   [No.11099] 【兵庫】酒ミュージアム(白鹿記念酒造博物館)/HANAMI[3/21(水・祝)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/03/20(Tue) 23:52:55  

     西宮の酒ミュージアム(白鹿記念酒造博物館)http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=65では、春恒例のさくらコレクション展が明日から開催されます。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆平成30年春季特別展  笹部さくらコレクション展「HANAMI」3/21(水・祝)〜5/28(月)
        火曜休館(5/1(火)は臨時開館)
        入館料金:一般500円、小中生250円
              4/23(月)は「記念館」展示替えのため「酒蔵館」のみ開館 (入館料:一般200円、中・小生100円)
     花見は、平安時代に天皇や貴族の間で始まったとされ、江戸時代に入ると一般の人々にも親しまれた。江戸・京阪の都市部と近郊に桜の名所が生まれ、現在に受け継がれる。本展では、花見の酒食、花を詠(よ)んだ歌、花の名所等に関する美術品・資料を紹介。
      古伊万里錦手桜花文手付徳利
      和州芳野山勝景図(折本)貝原益軒 正徳3年(1713) など

    ミュージアムトーク:3/21(水・祝)5/12(土)午後2時〜 担当学芸員による展示解説

    笹部さくらゼミナール:4/8(日)記念館2階にて、午後2〜3時、申込不要、入館料のみ
    「桜の園 亦楽山荘(えきらくさんそう)と笹部新太郎」
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11098] 【京都】国立近代美術館/明治の日本画と工芸 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/03/20(Tue) 23:52:00  

     岡崎公園の京都国立近代美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=20では、今日から、明治150年記念展が開催されています。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「明治150年展 明治の日本画と工芸」3/20(火)〜 5/20(日)
         月曜休館(ただし、4月30日(月・休)は開館)
        午前9時30分〜午後5時(金土は8時まで、入館は閉館の30分前まで)
         入館料金:一般1000円 大学生500円  高校生・18歳未満は無料。
                心身に障がいのある方と付添者1名は無料(要証明書)
               夜間割引(金土曜の 午後5時以降)一般800円 大学生400円
     明治時代には、政府主導のもと殖産興業や輸出振興政策が推し進められ、工芸図案指導に力を注いだ。
     地場産業の振興を目的の一つとして京都府画学校が設立され、多くの日本画家が工芸図案制作に携わり図案の研究を進めた。本展では、明治の工芸図案とともに、美術工芸作品や工芸図案を描いた日本画家たちの作品を一堂に展示し、近代化する社会の中で生み出された明治の美術品を紹介。
      幸野楳嶺《春秋蛙合戦図》1864年頃
      初代 川本桝吉《釉下彩切子形花瓶》1881年
      並河靖之《桜蝶図平皿》明治時代
      深川栄左衛門(八代)《上絵金彩武者図大花瓶》明治時代前期
      正阿弥勝義《鯉鮟鱇対花瓶》明治時代
      長谷川美山(四代)《京都名所図透彫飾壺》明治−大正時代 など


    講演会:1階講堂にて、午後2時〜 定員:先着100名(当日午前10時より1階受付にて整理券配布)
    4/7(土)「明治の日本画家」 上村淳之氏(日本芸術院会員・日本画家)
    4/28(土)「明治工芸に魅せられて」 村田理如氏(清水三年坂美術館長)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11097] 【京都】成安造形大学【キャンパスが美術館】 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/03/19(Mon) 23:36:51  

     もう一つ大学内ミュージアムを紹介します。その名称から、臨時のイベントだと思っていたのですが、この名称は常設のギャラリー群だとわかりました。
    ==================================================================
    施 設 名:成安造形大学【キャンパスが美術館】
    ふりがな:せいあんぞうけいだいがくきゃんぱすがびじゅつかん
    英文表記:SEIAN ART CENTER  
    分野 :美術 
    郵便番号:520-0248
    都道府県:滋賀県
    市区町村:大津市  
    所在地:仰木の里東4-3-1
    電話番号:077-574-2111(代表)  
    FAX:077-574-2120  
    URL:http://www.seian.ac.jp/gallery/
    公共交通:JR湖西線「おごと温泉」駅下車
         スクールバスをJRおごと温泉駅前と大学をシャトル運行
          (キャンパスが美術館利用者も無料で利用可 :所要時間約3分、日・祝日運休).
    道路案内: 学内駐車場が利用可(大学南側の通用口より、収容台数:70台)
    開館時間:12時〜午後6時
    休 館 日:展覧会により異なる(大学の休校措置中は、閉館の場合あり)
    入館料金(常設時):一般 高大生 小中生
    展示内容: キャンパス内に点在する9のギャラリースペースに
     学生、教員、第一線で活動している卒業生たちの、さらには国内外で活躍しているアーティストたちの作品
    観覧時間:
    その他(販売・友の会など): [カフェテリア「結(ゆい)」]紀伊國屋(日曜休) や、学生食堂(日祝休)は誰でも利用可。
     カフェテリア「結(ゆい)」内にはミュージアムショップあり
      E-mail:artcenter@seian.ac.jp
    報 告 者:明日香 光二/馬場 英明
    ==================================================================
    ☆「退任記念展 西久松吉雄−地のかたち」
     「成安造形大学 日本画卒業生展」 4/2(月)〜4/28(土)
       日曜休館(ただし、4/22(日)は開館)
       成安造形大学【キャンパスが美術館】ギャラリーアートサイト、ギャラリーウインドウにて
     1998年より2018年3月までの20年間成安造形大学で教鞭をとり日本画分野の学生指導に尽くし、創画会を中心として旺盛な創作活動を続けてきた西久松吉雄。日本の風土に重層する大切な記憶を、鮮烈に見る者に伝えようとする気迫に満ち、力強くスケールの大きい画風、新たな日本画の境地を切り開く画家、西久松吉雄の世界。
     また同時開催として、成安造形大学日本画コース卒業生から、西久松先生とゆかりの深い作家たち12名によるグループ展を開催。

     西久松吉雄《奇峰−耶馬渓II》2014年
     西久松吉雄《石濤》2008年
     西久松吉雄《石神のある風景》2002年
     ベリーマキコ《Tsutsumareru》2017年
     高田学《湖岸》2013年
     井上雄介《宙瞰図》2011年
     今岡一穂《化身》2016年  など

    成安造形大学 附属近江学研究所特別講座:4/21(土)午前10時50分〜12時20分
    「社と地層の風景を描く−近江と西日本」西久松吉雄氏
    定員180名、中学生以上、受講料 500円(近江学フォーラム会員は無料)
     近江学研究所WEBサイト(リンク http://omigaku.org/)より申込
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11096] 【石川】 金沢美術工芸大学 柳宗理記念デザイン研究所 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/03/19(Mon) 23:35:53  

     大学の研究所内で行われている展覧会を紹介します。
    ==================================================================
    施 設 名: 金沢美術工芸大学 柳宗理記念デザイン研究所
    ふりがな:かなざわびじゅつこうげいだいがくやなぎそうりきねんでざいんけんきゅうしょ
    英文表記:kanazawa college of art  
    分野 :美術 
    郵便番号:920-0902
    都道府県:石川県
    市区町村:金沢市  
    所在地:尾張町2丁目12番1号
    電話番号:076-201-8003   
    FAX:076-201-8004  
    URL:http://www.kanazawa-bidai.ac.jp/yanagi/
    公共交通:ふらっとバス 金沢駅東口11番バスのりばから
            金沢ふらっとバス(此花ルート) 彦三緑地下車 徒歩5分
           北鉄バス金沢駅東口3番バスのりばから
               城下まち金沢周遊バス 右回り 橋場町(金城楼前)下車 徒歩3分
           広坂・21世紀美術館バス停から
               城下まち金沢周遊バス 左回り 橋場町(金城楼向い)下車 徒歩3分
    道路案内:駐車場 乗用車7台分(内1台は車椅子優先)
           マイクロバス・中型・大型バスで来所は事前要連絡
    開館時間:午前9時30分〜午後5時
    休 館 日:月曜日(祝日は開所)
    入館料金(常設時):無料
    展示内容:金沢美術工芸大学で教鞭をとった日本を代表する工業デザイナー、柳宗理の作品をはじめとするデザイン関係資料約7000点余りの寄贈品。直にモノを見、触れてモノと対話するため、キャプション・説明文は一切なし。
    観覧時間:
    その他(販売・友の会など): 金沢美術工芸大学(小立野キャンパス)とは異なる場所にあり、注意
    報 告 者:明日香 光二/馬場 英明
    ==================================================================
    ☆「柳宗理と松村硬質陶器展−戦後日本のテーブルウェア−」〜5/13(日)
        月曜休館(祝日は開館)
        入館無料
     日本を代表する工業デザイナーとして活躍した柳宗理が、終戦後にはじめて手がけたのは、戦前から輸出用陶磁器の生産地として名高かった名古屋の松村硬質陶器と手を組んだ、白い陶器のデザイン。《松村硬質陶器初期型シリーズ》で、製陶工場との協働から生み出された清新なデザインが高く評価された。
     日本が戦後復興を遂げる中で隆盛したグッドデザイン運動を追い風に、人々の生活にも浸透し、戦後日本のテーブルウェアを代表する製品として今もなお愛される松村硬質陶器シリーズについて、戦後の日本におけるテーブルウェアの発展と柳の工業デザイナーとしての第一歩とを重ね合わせて、その意義を紹介。

    ギャラリートーク:3/31(土)午後2時〜
    「柳宗理と松村硬質陶器」南有里子氏(柳宗理記念デザイン研究所学芸員)

    学芸員による展示解説:4/14(土)、28(土)午後2時〜
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11095] 【京都】漢検 漢字博物館・図書館 漢字ミュージアム 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/03/19(Mon) 23:35:04  

     一昨年に、こんなミュージアムが京都にできていました。
    ==================================================================
    施 設 名:漢検 漢字博物館・図書館 漢字ミュージアム
    ふりがな:かんけんかんじはくぶつかんとしょかんかんじみゅーじあむ
    英文表記:Japan Kanji Museum & Library  
    分野 :文学 
    郵便番号:605-0074
    都道府県:京都府
    市区町村:京都市東山区  
    所在地:祇園町南側551番地 (京都市元弥栄中学校跡地)
    電話番号:075-757-8686  
    FAX:075-531-0340  
    URL:http://www.kanjimuseum.kyoto/
    公共交通:京阪本線 祇園四条駅 6番出口から八坂神社方面へ徒歩5分
          阪急京都線 河原町駅 木屋町南出口から八坂神社方面へ徒歩8分
          地下鉄東西線 東山駅 2番出口から東大路通を南へ徒歩10分
          京都市バス12・31・46・80・100・201・202・203・206・207系統「祇園」下車すぐ
    道路案内:駐車場なし
    開館時間:午前9時30分〜午後5時(入館は4時30分まで)
    休 館 日:月曜日(祝日は開館、翌日休館) 年末年始 / 臨時休館あり
    入館料金(常設時):一般800円 高大生500円 小中生300円
       小中高生の修学旅行・課外学習グループ割(2名以上)1名につき100円引
       小中高生1名以上と同伴の大人は、1名につき300円引(大人2名まで)
       団体は、20名以上1名につき100円引(団体引率者は10名につき入館料1名免除)
       障がい者の介護人(1名)免除
    展示内容:漢字をただ見るだけではなく「触れる・学ぶ・楽しむ展示」を通して、漢字の魅力や驚きを発見
    観覧時間:
    その他(販売・友の会など): 年間パスポート大人2500円 高大生1600円 小中生1000円
     多言語対応(英中韓)音声ガイド500円
    報 告 者:明日香 光二/馬場 英明
    ==================================================================
    ☆企画展「今あなたに贈りたい漢字コンテスト展」
       後期テーマ「旅立ち・エール」〜4/8(日)
     自分の想いを漢字一字で表現した作品を募集し、特に優れた作品を表彰するコンテストの過去5年分の歴代作品から。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11094] 【京都】アミティ丹後内に野村克也ベースボールギャラリー開設 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/03/19(Mon) 23:34:33  

     3/17(土)の地域ニュースで、「野村克也ベースボールギャラリー」オープンが伝えられていました。
     従来施設の中の併設、ということなので、データを書き換えておきます。

    ==================================================================
    施 設 名:丹後地域地場産業振興センター(アミティ丹後)
    ふりがな:たんごちいきじばさんぎょうせんたーあみてぃたんご

    公共交通:京都丹後鉄道網野駅からタクシー5分 
    休 館 日:年末年始
    展示内容: 基本的に地場産業振興センター。その一角に展示室「産業博物館」あり。
     丹後ちりめんの織機はじめ産業機械、網野銚子山古墳の埴輪など。 
     野村克也ベースボールギャラリー併設。

    ==================================================================
                        明日香 光二/馬場 英明


      [No.11093] 【奈良】県立万葉文化館/万葉の装い[3/17(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/03/17(Sat) 11:57:20  

     明日香村の奈良県立万葉文化館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=29&c=75で本日から開催される展示を紹介します。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「万葉の装い―額田王から淀殿、そして今へ―」3/17(土)〜5/6(日)
         月曜(祝日の場合は翌日)休館
         入館料金:一般600円 高大生500円 小中生300円
                 和装で有料観覧された方には「万葉の装い展」の無料招待券を1枚プレゼント
     1931(昭和6)年に初めて挙行され、葵祭・祇園祭・時代祭と共に京の四大祭と言われた染織祭で使用された復元女性衣裳(京都染織文化協会所蔵)を中心に、復元の参考とされた小袖などを併せて展示し、当時の高い染織技術と、今に続く着物の装いについて考える。飛鳥・奈良時代から江戸時代までの衣装の変遷に触れ女性の美を鑑賞する。
       箱崎睦昌《藤波の花》 
       葦絹薄鴇蔦文様衣(京都染織文化協会所蔵)
       赤地唐花紋錦唐衣(京都染織文化協会所蔵)

    学芸員によるギャラリートーク:3/18(日)午後1時〜30分
    万葉衣裳de大変身!:3/18(日)3/25(日)無料・申し込み不要
        赤ちゃん用・こども用の万葉衣裳も用意あり。

    きもの体験!ワンコインで“きもの”を着てみよう:4/15(日)4/21(土)
     午前10時より受付(先着6名・整理券配布)※成人女性に限る、500円

    講演会:4/22(日)午後2〜3時30分、無料・申し込み不要・先着150名
    「京の四大祭り・染織祭―恐慌・戦争・復興を越えた衣装と歴史―」
      北野裕子 氏(龍谷大学・大阪樟蔭女子大学非常勤講師) 
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11092] 【東京】郷さくら美術館/第6回 郷さくら美術館 桜花賞展 投稿者:   《URL》   投稿日:2018/03/16(Fri) 13:20:33  
    【東京】郷さくら美術館/第6回 郷さくら美術館 桜花賞展 (画像サイズ: 210×297 77kB)

    郷さくら美術館では、「第6回 郷さくら美術館 桜花賞展」を開催中です。
    「郷さくら美術館 桜花賞」展は、「桜」を描いた現代日本画を多くの方々にご覧頂き、日本画の素晴らしさを再発見してもらうことを目的とした展覧会です。今回もこれからの活躍がますます期待される日本画家29名が、日本美術でおなじみの「桜」という大変難しいモチーフを相手に、それぞれの持ち昧を生かした個性的な素晴らしい桜の絵画に仕上げています。現代日本画家たちの個性を、豊かな桜花の美しさを、どうぞお楽しみください。

    ※出品作家によるトークイベントの実施も予定しています。詳細につきましては、当館ホームページ内、「関連イベント」でご確認下さい。

    展覧会名:第6回 郷さくら美術館 桜花賞展/同時開催「桜百景vol.13」展
    開催期間:2018年3月3日(土)〜5月27日(日)
    休 館 日 :月曜日(但し3/26、4/2、4/30は開館、5/1は休館)
    WEBサイト:https://exhibition.localinfo.jp
    開催場所:郷さくら美術館 東京 東京都目黒区上目黒1-7-13 電話:03-3496-1771
    料 金:一般500円/シニア(70歳以上)400円/大高生300円/中学生100円/小学生以下無料
    *障害者手帳をお持ちの方は該当料金の半額


      [No.11091] 【奈良】入江泰吉記念奈良市写真美術館/TOWN/観音道/上田義彦/文化財 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/03/12(Mon) 20:50:09  

     入江泰吉記念奈良市写真美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=29&c=0で開催中/次回開催の展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆市橋織江写真展「TOWN」〜4/8(日)
     様々な都市の今という時間の中で繰り広げられる日常と生活。旅で巡り会った、ある街の5日間の光と影。

    ☆入江泰吉「大和の観音道展」〜4/8(日)
     長谷寺をはじめとする西国三十三所や東大寺二月堂など、古くから貴族から庶民にいたるまで信仰され、今なお引き継がれている観音信仰。観音道と題して堂塔伽藍の風景や参詣道を情緒豊かに表現した入江作品を紹介。

    ☆「上田義彦 FOREST 印象と記憶1989−2017」4/14(土)〜6/24(日)
     写真集最新刊『FOREST 印象と記憶 1989-2017』から構成し作品を紹介。1989年、アメリカ・ワシントン州Quinault(クィノルト)という神聖な森との出会いから始まり、東日本大震災をきっかけに命の根源を確かめるように撮り始めた屋久島の森。2017年、新たに撮りおろしたQuinault、屋久島の森、さらには奈良の春日山原始林。最新作を含む約50点を紹介。
     ギャラリートーク:上田義彦氏×百々俊二氏(館長)4/14(土)午後2時〜

    ☆世界遺産登録20周年記念I
     入江泰吉「古都奈良の文化財〜東大寺・春日大社・春日山原始林展」4/14(土)〜6/24(日)
     ユネスコ世界文化遺産に「古都奈良の文化財」が登録されて20周年を迎え、奈良の文化遺産をシリーズ3回に分けて入江泰吉作品で巡る展覧会を開催。第1回目は、東大寺・春日大社・春日山原始林を取り上げる。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11090] 【兵庫】香雪美術館/刃金の美 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/03/12(Mon) 20:49:04  

     阪急御影の香雪美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/test/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=3では、刀剣・甲冑の展示を開催中です。
     
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆刀剣・甲冑コレクション名品展「刃金の美」〜4/8(日)
        月曜休館
        入館料金:一般700円 高大生450円 中学生以下無料

     香雪美術館はが集めた美術工芸品を収蔵し、昭和48(1973)年に開館しました。コレクションは武具・仏教美術から書画・茶道具に至る、しています。
     日本・東洋古美術の各ジャンルを網羅し、香雪美術館のコレクションとなる朝日新聞の創立者、村山龍平(1850–1933、号香雪)の美術品収集は、まず刀剣から始まった。伊勢国田丸藩士の出身の影響で、青年時代には伊勢の刀匠を訪問し、特に古刀を好み「地鉄」と「姿」にこだわって集めた。
     本展では、村山龍平コレクションの中より重文「太刀 銘正恒」(鎌倉時代)や、「太刀銘江州甘呂俊長」(南北朝時代)などの刀剣、甲冑の名品を、京都国立博物館所蔵の作品と併せて紹介。
       重要美術品 太刀 銘「江州甘呂俊長」(南北朝時代)
       重要文化財 太刀 銘「正恒」(鎌倉時代)
       太刀 貼銘「守家(花押)」(鎌倉時代)
       重要文化財 太刀 銘「長光」(鎌倉時代)
       短刀 銘「兼延」(室町時代)
       福神図鍔 銘後藤光良(花押)(江戸時代)
       菊岡光利 麒麟図三所物(江戸時代)
       紺糸威肩白胴丸具足(江戸時代) など

    会期中の毎週土曜午後2時から、学芸員によるギャラリートーク
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 |


    - 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
    処理 記事No 暗証キー

    - Web Forum -
    - Antispam Version -