ほっとミュージアム 談話室
[ホームへもどる] [新規投稿] [新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
  • 以下は新規投稿順のリスト(投稿記事)表示です。
  • 48時間以内の記事は new! で表示されます。
  • 投稿者のメールアドレスがアドレス収集ロボットやウイルスに拾われないよう工夫して表示しています。
  • 発言サイズは画像も含めて130KBまで、URLは20個までです。
  • その他[留意事項]を良くお読みの上ご利用ください
  • 新規紹介用 でワード検索すると、フォーマット発言が開きます

  •   [No.11617] 【京都】府京都文化博物館/北野天満宮 信仰と名宝[2/23(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/23(Sat) 10:06:07  

     三条高倉の京都府京都文化博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=43では、本日2/23(土)から、梅が象徴の北野天満宮の特別展が始まります。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆開館30周年記念・京都文化力プロジェクト2016〜2020
     「北野天満宮 信仰と名宝 ―天神さんの源流―」前期:2/23(土)〜3/17(日)
                                   後期:3/19(火)〜4/14(日)
           :月曜休館
           入館料金:午前10時〜午後6時(金曜は7時30分まで、入館は閉館30分前まで)
           入館料金:一般1400円 高大生1100円 小中生500円
                 北野天満宮の梅苑、宝物殿とのセット券もあり
     であったは、

     全国で1万数千社の天神社(道真公を祀る神社)が存在し、京都の北野天満宮が総本社として知られる、平安時代の政治家・漢学者・漢詩人・歌人菅原道真公。北野天満宮では時代ごとのさまざまな願いを反映し複雑・多様な信仰世界が構築された。
    本展では、北野天満宮が所蔵する神宝を中心に、ゆかりある美術工芸品、歴史資料を一堂に集め、そこから浮かび上がる神社とその信仰のあり方を展観。

    第1章 菅原道真−人として−
    第2章 天満宮創建−北野天神縁起の広がり−
      国宝 北野天神縁起絵巻(承久本)鎌倉時代(13世紀)<前期:第六巻 後期:第八巻・九巻>
      重要文化財 北野天神縁起絵巻 土佐光信筆 室町時代 文亀3年(1503)<前期:上巻・中巻 後期:下巻>
    第3章 北野にみる神と仏
      北野曼荼羅 室町時代(15世紀)
      束帯天神像(根本御影)鎌倉時代(13世紀)<前期>
    第4章 室町時代の北野天満宮
      北野経王堂図扇面 室町時代(16世紀)<前期>
    第5章 祭礼と神事
      北野祭礼図絵巻 江戸時代(17世紀)<前・後期で場面替>
    第6章 天満宮改造−豊臣家と北野天満宮−
      重要文化財 刀(太刀) 銘 于時慶長十二(丁未)十一月日信濃守國広造
       /北野天満天神豊臣秀頼公御造営之時 桃山時代 慶長12年(1607)奉納<前期>
    第7章 神と結ぶ−奉納品の数々−
      重要文化財 海北友松筆 雲龍図屏風 桃山時代(17世紀)北野天満宮蔵<後期>
      重要文化財 太刀 銘安綱 号鬼切丸(別名髭切) 平安時代(11〜12世紀)<後期>
    終章 萬燈祭−永遠の信仰−

    講演会:3/23(土)午前10時30分〜正午、3階フィルムシアターにて、定員170名 入館券のみ
    「北野天満宮のアーカイブズ」藤井讓治氏(京都大学名誉教授)

    シンポジウム:4/2(火)午後1時30分〜4時30分 別館ホールにて、 定員200名 入館券のみ
    「北野天満宮の歴史と信仰」竹居 明男 氏(同志社大学名誉教授)
                     菅野 扶美 氏(共立女子短期大学教授)
                     佐々木 創 氏(京都造形芸術大学非常勤講師)

    「天正・昭和 ふたつの大茶湯−茶道史−」3/30(土)6階和室 参加費1000円(生菓子・呈茶付)要入館券
      1回目 午後1時30分〜3時30分  2回目 午後2時30分〜4時30分  定員各回50名
    (講演 14:30&#12316;15:30 呈茶 16:00&#12316;16:30) 会  場:京都文化博物館 

    水墨画ワークショップ「天神様を描こう」3/10(日)午前10時30分〜正午、3階展示室内やすらぎコーナーにて 
      村田 隆志 氏(大阪国際大学准教授)定員15名、小学生以上対象、入館料のみ
      
    以上のイベントは全て、館サイトの申込フォームより申込
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11616] 【東京】トーキョーアーツアンドスペース本郷/霞 はじめて たなびく[2/23(土)〜]内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/23(Sat) 10:04:58  

     水道橋のトーキョーアーツアンドスペース本郷http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=120で、本日2/23(土)から開催される展示を紹介します。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆ACT(Artists Contemporary TOKAS)Vol.1「霞 はじめて たなびく」2/23(土)〜3/24(日)
          月曜休館
          午前11時〜午後7時
          入館無料

     「ACT」はTOKASのプログラムに参加経験のあるアーティストを中心に企画展で紹介。本展は、季節の移ろいや風景の移り変わりを身体で感覚的に感じ取って映像や絵画で表現する佐藤雅晴、西村有、吉開菜央の3名を紹介。 七十二候で「霞始靆」(かすみはじめてたなびく)と呼ばれる2月下旬は、湿気を帯びた空気が浮遊するちりなどと結合し、光に変化をもたらす。そんな、ささやかな日常の変化を身体で敏感に感じとり、レイヤーを重ね、今まで見えていなかった風景を展示空間に浮かび上がらせる。

     佐藤雅晴 《福島尾行》シングルチャンネルビデオ、2018 福島の姿を、癌に冒された自らに重ねてアニメーションを構成
     西村 有 《factory》油彩、キャンバス、2018 実際の風景を絵画で再構成
     吉開菜央『静坐社』映画、2017 大正時代に流行した健康法「岡田式静坐法」の家が取り壊されるにあたっての回想

    参加作家によるトーク :無料、予約不要
      2/23(土)午後4時30分〜6時
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11615] 【京都】清水三年坂美術館/調度を彩る蒔絵の美[2/23(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/23(Sat) 10:03:59  

     清水三年坂美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=63で、本日2/23(土)から開催される展示を紹介します。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆企画展「調度を彩る蒔絵の美」2/23(土)〜5/19(日)
         月・火曜休館
         入館料金:大人800円 中高大生500円
     漆器に金銀等の粉を蒔きつけて定着させる技法・漆器は社寺に奉納する道具等に施されたが、後に調度品にも用いられた。江戸時代に、将軍・諸大名お抱えの蒔絵師が、町人に応える町の蒔絵師が新たな意匠を生み出し、蒔絵の技法・装飾が発展した。明治以後、皇室・財閥向けの調度品、そして輸出向けの小箱や香合等の制作で腕を揮う。本展では、幕末・明治に制作された作品を中心に、文台・料紙箱・書棚や文台や料紙箱とセットで制作されることの多かった硯箱、小箱や香合などの蒔絵の調度品を展示。
       《秋景山水蒔絵書棚》川之辺一朝
       《牡丹に蝶図煙草盆》無銘
       《忍草蒔絵香合》白山松哉
       《花寄蒔絵箱》守屋松亭
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11614] 【埼玉】さいたま市プラザノース/タムラサトル展 Wall to Wall[2/23(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/23(Sat) 10:03:05  

     北区のさいたま市プラザノースhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=11&c=2
    では、本日2/23(土)から、現代美術の展示がはじまります。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆Domain of Art 22 プラザノース開館10周年記念展「タムラサトル展 Wall to Wall」2/23(土)〜3/17(日)
          2/25(月)、3/11(月)閉館
          午前10時〜午後5時
          入館無料
     若手芸術家の作品を紹介するシリーズで、開館と5周年に出展した美術家・タムラサトル展を再び開催。
     「意味の破壊」をテーマに、様々なモノの意味を排除した作品を制作し続けているタムラ氏の「素材・形態が持つであろう意味・設定・目的からも、自由でありたい」、その思いをひたすら反映したウィットに富む作品を楽しむ。
      10回たたく#1、#2、#3 2017
      Point of Contact for Unna 2017
    Weight Sculptures 1lg Rabbit 2004
    マシーン#1 2017
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11613] 【全国】鉄道関係企画展 19年02月以降 その2 投稿者:かずや  投稿日:2019/02/23(Sat) 01:13:20  

    おじゃまします。下記、追加致します。

               かずや:渡辺 和也

    追:Quita/北村尚巳さん、コメントありがとうございました。
    --------------------------------------------------------------------------
    【岩手】
    ・「釜石の鉄道展 つながるリアス〜三陸の鉄道アーカイブ〜」
     第1期開催期間 3月18日(月)〜3月31日(日)
      会場:釜石市民ホール TETTOギャラリー&共通ロビー
     第2期開催期間 4月27日(土)〜5月27日(月)
      会場:釜石市郷土資料館
    http://www.city.kamaishi.iwate.jp/tanoshimu/bunka/detail/1225895_2462.html

    【群馬】
    ・みどり市大間々博物館(コノドント館)
     第91回企画展「足尾線からわ鐵へ」
     2月9日(土)〜4月7日(日)
    https://www.city.midori.gunma.jp/conodont/
    https://www.city.midori.gunma.jp/www/contents/1549255654940/files/20190212-13.pdf
     注:2番目めは、みどり市の広報誌より。

    【滋賀】
    ・大津市歴史博物館
     第155回ミニ企画展「江若鉄道 −思い出の品々−」
     10月1日(火)〜12月1日(日)
    http://www.rekihaku.otsu.shiga.jp/event/minikikaku.html#MINIKIKAKU155

    【山口】
    ・下関市立歴史博物館
     赤間関市誕生130年記念特別展「下関の鉄道物語」
     7月20日(土)〜9月23日(月・祝)
    http://www.shimohaku.jp/blog190210161452.html

    【高知】
    ・いの町紙の博物館
     「高知の産業発展に尽くしてきた電車展3」
     3月2日(土)〜3月31日(日)
    http://kamihaku.com/exhibition/3662

    以上です。


      [No.11612] Re: 【大阪】国立国際美:クリスチャン・ボルタンスキー 見ました 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/23(Sat) 00:14:25  

    Quitaさん、こんにちは
    >  チラシを入手してから、これは行かなくてはと思っています。

    インスタレーションの規模からして、これは美術館でなければできない展覧会、と思いました。

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11611] 【奈良】県立万葉文化館/明日香の匠[2/23(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/23(Sat) 00:05:06  

     明日香村の奈良県立万葉文化館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=29&c=75
    で明日2/23(土)から開催される展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆第5回「明日香の匠 展」2/23(土)〜3/3(日)
         2/25(月)休館
         本展の入館無料
     【絵画】日本画:烏頭尾精、烏頭尾忠子、東紀子
         洋画:生駒三恵、勝川喜昭、勝川京子、川本恵、橘 忍
         木版画:上田孝文
         詩書画:渡会美枝子
     【工芸】陶芸:木野村由比子、鈴木乃り子、タナカシゲオ、谷口美佐子、脇田宗孝
         ガラス造形:小田珠生、高橋直樹、安田麻里
         面彫:島田清
         ギター製作:折坂諭
     【彫刻】熊田悠夢
     【写真】上田由美子、上山好庸、梅田耕吉、岡本路子、島田真希
         白水泉、森本富雄、柳敏明
     【書芸】稲垣小燕、堀内飛翠、境山正甫、鈴木葩光、中井功子
     【その他】紙画:中川愛子
          切り絵:森脇新一郎
          パッチワークキルト:島田壽子
     特別出品作家:飛鳥アートヴィレッジプログラムの経験者
       藤野裕美子
       町田藻映子
       山本紗佑里
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11610] 【鳥取】県立博物館/発掘!因幡の遺跡展[2/23(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/23(Sat) 00:00:19  

     鳥取市の鳥取県立博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=31&c=1では考古学の展示が明日2/23(土)から開催されます。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「発掘!因幡の遺跡展」2/23(土)〜3/17(日)
        月曜休館
        入館料金:一般180円 企画展チケットで入場可
             大学生以下、70歳以上の方、
             障がいのある方・難病患者の方・要介護者と介護者

    近年、鳥取県東部の発掘調査(鳥取西道路等)で出土した膨大な出土品の中から逸品を一挙公開。
      鳥取市 下坂本清合遺跡出土の漆器椀
      鳥取市 青谷横木遺跡出土の腰掛
      鳥取市 松原田中遺跡出土のさじ
      鳥取市 乙亥正屋敷廻遺跡出土の銅のやじり
      鳥取市 下坂本清合遺跡出土の古代の銅印
      鳥取市 高住井手添遺跡出土の縄文時代のカゴ
      鳥取市 松原田中遺跡出土の田下駄
      鳥取市 高住牛輪谷遺跡出土の古墳時代のかまど
      鳥取市 乙亥正屋敷廻遺跡出土の腰掛  など

    「発掘担当者が語る 因幡の遺跡の実像」2/23(土)午後1〜4時30分
      第3特別展示室集合→講堂  申し込み不要、入館料のみ

    ギャラリートーク:2/23(土)午前9時〜 3/3(日)午前10時〜 3/10(日)午後1時〜 40分

    流しびなづくり体験:3/3(日)午後2〜3時30分、第3特別展示室集合の後、2階会議室、要入館料
      鳥取県埋蔵文化財センター0857-27-6711 へ電話にて受付、平日のみ、 定員20名

    「行って見て体感!探訪 因幡の遺跡」3/17(日)午後1〜4時30分
      鳥取県埋蔵文化財センター0857-27-6711 へ電話にて受付、平日のみ、 定員25名
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11609] 【東京】世田谷美術館/田沼武能写真展 東京わが残像 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/22(Fri) 00:13:02  

     世田谷美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=204で開催中の写真展を紹介します。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「田沼武能写真展 東京わが残像 1948-1964」〜4/14(日)
         月曜休館
         入館料金:一般1000円 65歳以上800円 高大生800円 小中生500円
             障害者の方は500円 小〜大生の障害者の方は無料、介助者1名は無料
             リピーター割引:会期中、本展有料チケットの半券をご提示いただくと、2回目以降は団体料金

     東京写真工業専門学校(現・東京工芸大学)を卒業後サン・ニュース・フォトス社に入り、木村伊兵衛の助手として写真家人生をスタートした田沼武能(1929〜)。『藝術新潮』の嘱託写真家として文化人の肖像写真、アメリカのタイム・ライフ社でフォト・ジャーナリズムでも活躍。また、黒柳徹子ユニセフ親善大使の援助国訪問に1984年からすべてに同行して、120カ国を超える世界中の子どもたちを撮影した。それらと共にライフワークとしてきた、下町を中心とした東京の写真。戦後の焼け野原から再生を目指し激しく変貌した都市・東京の写真作品180点を「子ども」「下町」「街の変貌」の3つの視点から紹介し、世田谷区ゆかりの文化人の肖像写真24点も展示。
     田沼武能《国際劇場の屋上で憩う踊り子》[浅草]1949年
           《紙芝居に夢中の子どもたち》[佃島] 1955年
           《ウィンドウ・ショッピング》[銀座]1953年
           《ままごと遊びからケンカへ》[浅草]1955年 
           《路地裏の縁台将棋》[佃島] 1958年 
           《三社祭りを見に来たいきな娘と現代娘とアメリカ青年》[浅草] 1955年 
           《国際劇場の屋上で憩う踊り子》[浅草] 1949年
           《日本橋の上をまたぐ首都高速道路を建設中》[中央区] 1963年 
           《オリンピック開幕で市街を走る聖火ランナー》[東京] 1964年 など

    田沼武能×大村彦次郎(編集者・文芸評論家)クロストーク:2/23(土)午後2〜3時30分、開場1時30分
      講堂にて、定員先着140名、手話通訳付き、申込不要、無料、当日午後1時よりエントランスホールにて整理券配布

    田沼武能講演会「わが写真家人生」3/16(土)午後2〜3時30分、開場1時30分
      講堂にて、定員先着140名、手話通訳付き、申込不要、無料、当日午後1時よりエントランスホールにて整理券配布
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11608] 【神奈川】川崎市市民ミュージアム/都市×モニュメント×カタストロフィ 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/22(Fri) 00:12:04  

     等々力の川崎市市民ミュージアムhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=14&c=45で開催中の展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「都市と人間」コレクション展「都市×モニュメント×カタストロフィ」前期:〜3/3(日)
                                       後期:3/5(火)〜4/14(日)

         月曜休館(祝日の場合は翌日) 3/22(金)休館
         本展は無料
     都市に生きる人々の記憶は、人災や自然災害などの大きな変化によって創り出され、モニュメント化されて、その場に記録される。本展では、当館の設立コンセプトである「都市と人間」をテーマに、《都市×モニュメント×カタストロフィ》をキーワードとして、川崎・パリ・東京の都市像に焦点を当てる。記憶が折り重なる三つの都市の姿を、市民ミュージアムの収蔵品で紹介。

    アートギャラリー1:川崎×工場×開発
     明治より工業都市として発展した川崎は、一方で昭和20年代には工場排水や大気汚染による公害問題が発生。
        《横浜精糖株式会社》コロタイプ印刷、明治時代【通期展示】
    アートギャラリー2:パリ×建築×コミューン
     パリを形作る建造物が、都市開発や1871年に発生したパリ・コミューンによって破壊され、移り変わる都市像。
        アシーユ・キネ《パリの眺望》鶏卵紙、1870年代【前期展示】
        ウジェーヌ・アジェ《オー通り レイヌアール通りとパッシー河岸の間》鶏卵紙、1901年【後期展示】
    アートギャラリー3:東京×娯楽×関東大震災
     江戸の面影を残しつつ娯楽の場として発展していく明治の東京は、大正12(1923)年に発生した関東大震災によって一変。
        《東京淺草凌雲閣真景》石版多色、明治23年(1890)【通期展示】
        《猛火ニ包囲サレタル浅草観世音之真景》石版・紙、大正12年10月15日【通期展示】 など
     
    学芸員による展示解説:2/23(土)3/23(土)4/6(土)午後1時〜30分程度 2F アートギャラリー
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 |


    - 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
    処理 記事No 暗証キー

    - Web Forum -
    - Antispam Version -