ほっとミュージアム 談話室
[ホームへもどる] [新規投稿] [新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
  • 以下は新規投稿順のリスト(投稿記事)表示です。
  • 48時間以内の記事は new! で表示されます。
  • 投稿者のメールアドレスがアドレス収集ロボットやウイルスに拾われないよう工夫して表示しています。
  • 発言サイズは画像も含めて130KBまで、URLは20個までです。
  • その他[留意事項]を良くお読みの上ご利用ください
  • 新規紹介用 でワード検索すると、フォーマット発言が開きます

  •   [No.11755] 【洋画】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/07/15(Mon) 21:51:39  

     7月も半ばを過ぎましたが、これ以降開催の外国絵画の新しい展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに既に改訂済みですので、ミュージアム巡りの参考にしてください。

    【北海道】
    北海道立函館美術館,☆「ミュシャ展 運命の女たち」〜8/25(日) 
    釧路市立博物館,☆「タンチョウイラスト展」10/3(木)〜10/27(日)

    【宮城】
    宮城県美術館,☆「ストラスブール美術館展」9/13(土)〜11/4(月・振)

    【栃木】
    宇都宮美術館
     ☆建国300年「ヨーロッパの宝石箱リヒテンシュタイン 侯爵家の至宝展〈仮称〉」令和2年1/12(日)〜2/24(月・祝)


    【東京】
    森アーツセンターギャラリー,☆「バスキア展 メイド・イン・ジャパン」9/21(土)〜11/17(日)
    上野の森美術館,☆「ゴッホ展」10/11 (金) 〜令和2年1/13 (月・祝)
    国立西洋美術館,☆新館  日本・フィンランド外交関係樹立100周年記念 「モダン・ウーマン―フィンランド美術を彩った女性芸術家たち」〜9/23(月・祝)

    Bunkamuraザ・ミュージアム
     ☆Bunkamura 30周年記念「建国300年 ヨーロッパの宝石箱リヒテンシュタイン
     侯爵家の至宝展」10/12(土)〜12/23(月) 

    【神奈川】
    ポーラ美術館,☆「シンコペーション:世紀の巨匠たちと現代アート」8/10(土)〜12/1(日)

    【長野】
    松本市美術館,☆「ラウル・デュフィ展」令和2年1/25(土)〜3/29(日)

    【広島】
    ひろしま美術館,☆ポーラ美術館×ひろしま美術館 共同企画「印象派、記憶への旅」8/10(土)〜10/27(日)

    【愛媛】
    愛媛県美術館,☆国立トレチャコフ美術館所蔵「ロマンティック・ロシア」9/7(土)〜11/4(月・振)

    【福岡】
    福岡アジア美術館
     ☆三館連携企画 「対決!アジアの肉体派」 〜 9/24(火)
     ☆「あじび研究所」第2弾「マーリガーワゲー・サルリス(スリランカ)《ガウタマ・シッダールタ王子の誕生》 」〜 9/24(火)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                      明日香 光二/馬場 英明


      [No.11754] 【全国】鉄道関係企画展 19年07月以降 投稿者:かずや  投稿日:2019/07/01(Mon) 23:49:41  

    おじゃまします。

    7月以降開催の内容をまとめて直してみました。
    ご紹介やコメントをいただいた皆さんに、感謝致します。

                      かずや:渡辺 和也
    ------------------------------------------------------------------------
    【北海道】
    ・釧路市立博物館
     私の博物館「石炭列車写真展」 (仮)
     11月2日(土)〜2020年1月12日(日)
    https://www.city.kushiro.lg.jp/museum/kikaku/year-schedule.html

    【埼玉】
    ・草加市立歴史民俗資料館
     夏季企画展「鉄道がやってきた!ー明治の草加を変えた軌道と鉄路ー」
     7月9日(火)〜9月1日(日)
    http://www.city.soka.saitama.jp/cont/s2105/020/030/010/PAGE000000000000060653.html

    ・飯能市立博物館
     西武線吾野延伸90年・秩父線開通50年記念ミニ展示
      8月上旬〜9月上旬
    https://www.city.hanno.lg.jp/article/detail/3586/

    【東京】
    ・森アーツセンターギャラリー&スカイギャラリー
     特別展「天空ノ鉄道物語」
     12月3日(火)〜2020年3月22日(日)
    https://macg.roppongihills.com/jp/news/2019/06/3229/index.html
    http://www.tentetsuten.com/

    【神奈川】
    ・横浜都市発展記念館
     企画展「一枚の切符から昭和のあの頃へ〜思い出す横浜のイベント、ニッポンの風景」
     7月13日(土)〜9月23日(月)
    http://www.tohatsu.city.yokohama.jp/news/events.html

    【長野】
    ・安曇野ちひろ美術館
     5月17日(金)〜7月16日(火)
     ちひろ美術館コレクション展 列車でいこう!
    https://chihiro.jp/azumino/exhibitions/24226/

    【富山】
    ・富山市郷土博物館
     企画展 街の中心 富山駅(仮称)
    2020年2月22日〜4月19日
    http://www.city.toyama.toyama.jp/etc/muse/nenkan/nenkanhaku.html

    【岐阜】
    ・大垣市奥の細道むすびの地記念館
     第26回企画展 博士のまち・大垣(4) 鉄道敷設の大家で橋梁学の工学博士・那波光雄
     7月20日(土)〜9月1日(日)
    http://www.basho-ogaki.jp/tenji/tenji/index.html

    ・岐阜県博物館
     マイミュージアムギャラリー 第3回展示「鉄道模型で見る昭和から平成、そして未来へ」
     8月3日(土)〜9月1日(日)
    http://www.gifu-kenpaku.jp/mymg/3103/

    【愛知】
    ・豊田市近代の産業とくらし発見館
     ミニ企画展「開業40周年 名鉄豊田線」
     7月13日(土)〜9月1日(日)
    http://www.toyota-hakken.com/exhi_info_schedule31.html

    【滋賀】
    ・大津市歴史博物館
     第155回ミニ企画展「江若鉄道 −思い出の品々−」
     10月1日(火)〜12月1日(日)
    http://www.rekihaku.otsu.shiga.jp/event/minikikaku.html#MINIKIKAKU155

    【鳥取】
    ・米子市立山陰歴史館
     企画展「米子鉄道管理局70年」(仮称)
    2020年2月9日(日)〜3月22日(日)
    http://yonagobunka.net/p/yonagobunka/rekishi/news/2/

    【山口】
    ・下関市立歴史博物館
     赤間関市誕生130年記念特別展「下関の鉄道物語」
     7月20日(土)〜9月23日(月・祝)
    http://www.shimohaku.jp/blog190210161452.html

    【福岡】
    ・九州歴史資料館
     パネル展「福岡鉄道遺産ものがたり7−筑豊地区編−」
     9月18日(水)〜12月上旬
    http://www.fsg.pref.fukuoka.jp/kyureki/_common/pdf/exhibitionplan_2019.pdf

    以上です。


      [No.11753] 【静岡】佐野美術館/金魚絵師 深堀隆介展[7/6(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/06/30(Sun) 23:30:48  

     三島市の佐野美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=22&c=43では、金魚を描く現代美術家の展示を7/6(土)から開催されます。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「金魚絵師 深堀隆介展 平成しんちう屋 〜行商編〜」7/6(土)〜9/1(日)
    木曜休館(8/1は創立者・佐野隆一翁生誕日、8/15は三嶋大祭り期間のため開館)
       入館料金:一般・大学生1000円 小中高生500円
             8/1(木)は入館無料(創立者・佐野隆一翁生誕日)
             毎週土曜は小中学生無料
             8/21(水)は1割引(県民の日)
     透明樹脂にアクリル絵具で金魚を描くという斬新な手法で注目を集める若手の現代美術家・深堀隆介(ふかほりりゅうすけ)。
     愛知県立芸術大学、絵画と立体を並行して様々な作品を制作したが、水槽で生き続ける金魚の存在に救われ、表現を追究してきた。
     器の中に樹脂を流し込み、その表面にアクリル絵具で金魚を部分的に描き、さらにその上から樹脂を流し込み重ねて描く。絵が重なり合い、描かれた金魚が立体感を迫る。平面である絵画作品と立体作品の境界の革命的絵画−2.5D Painting−と言える。初期の立体作品から最新作インスタレーション《平成しんちう屋》を含む代表作約200点により、深堀隆介の創作世界を紹介。
      金魚酒 命名 伽琳
      方舟
      金魚之間
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11752] 【神奈川】川崎市市民ミュージアム/妖怪/ヒト ファンタジーからリアルへ[7/6(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/06/30(Sun) 23:27:37  

     川崎市市民ミュージアムhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=14&c=45では、夏に向け、妖怪画の展示が7/6(土)から開催されます。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「妖怪/ヒト ファンタジーからリアルへ」7/6(土)〜9/23(月・祝)
       月曜休館(祝日の場合は翌日)
       開館時間:午前9時30分〜5時
            夏休み期間の土曜日(7/20・27・8/3・10・17)は午後7時まで開館延長(入館は閉館30分前まで)
       入館料金:一般200円 学生・65歳以上150円 中学生以下 無料
           障害者手帳等をお持ちの方と介護者は無料
     長らく人智を超えた存在として恐れられた妖怪は、江戸時代以降は、鳥山石燕による『画図百鬼夜行』などの出版物を通して、時にユーモラスな存在として人々に親しまれ、近代を迎え科学技術が発達すると、妖怪よりも、戦争など人間そのものによって生みだされる欲望や恐怖が強調される。本展では、近世から近代にかけて人々が抱いた恐怖や畏怖の対象が、妖怪から人間――ファンタジー<異界>からリアル<現実>になっていく様子を、「妖怪」と「ヒト」の境界線に注目する。
      月岡芳年《新形三十六怪撰 葛の葉きつね童子にわかるるの図》1890(明治23)年 大判錦絵
      月岡芳年《百器夜行》1865(慶応元)年 大判錦絵二枚続
      鳥山石燕『画図百鬼夜行』1776(安永5)年 紙本木版墨摺
      小林清親《第二軍旅順口攻撃之圖》1894(明治27)年 大判錦絵三枚続
      小林清親《平壌攻撃電氣使用之圖》1894(明治27)年 大判錦絵三枚続
      歌川国芳《源頼光公館土蜘蛛作妖怪図》1843(天保14)年頃 大判錦絵三枚続
      河鍋暁斎《龍宮魚勝戦》1868(明治元)年 大判錦絵三枚続
      《寛永年中豊後肥田ニテ捕候水虎之図》江戸時代
      三代歌川豊国《江戸廼花名勝會 五番組 く 四ツ谷》1863(文久3)年 大判錦絵
      歌川芳藤《髪切の奇談》1868(明治元)年 大判錦絵二枚続   など

    木原浩勝 怪談トークショー:8/11(日)午後2〜3時30分
      1F 映像ホールにて、定員270名 入館券のみ 当日先着順 ※開場は30分前

    妖怪影絵巻:映像体験ワークショップです。 9/7(土)午後1〜4時30分
      松本力氏(絵かき、映像・アニメーション作家)
      3F 体験学習室にて、料金:500円(材料・保険料込)
      定員10組20名 対象:小学生以上(小学生は保護者同伴)
      館サイトより要事前申込(抽選)(申込期間:7/23(火)〜8/22(木)

    視覚障害者とつくる美術鑑賞ワークショップ:9/22(日)午後1〜3時
      2F 企画展示室2にて、 料金:500円 要観覧券 定員7名 館サイトより要事前申込(抽選)

    日本映画傑作選 怪談特集【ビデオ上映】7/17(水)、24日(水)、31日(水)
    (1)『番町皿屋敷 お菊と播磨』(大映/1954年/92分/モノクロ/監督:伊藤大輔)午前10時30分〜
    (2)『怪猫 謎の三味線』(新興キネマ/1938年/73分/モノクロ/監督:牛原虚彦)午後2時〜
     3F ミニホールにて、無料 定員各40名 当日先着順

    ベビーカーツアー
    8/1(木)午後2時〜(30分程度)
     2F 企画展示室2にて 定員6組 対象:0歳〜未就学児とその保護者 要入館券 
     館サイトより要事前申込(抽選)申込期間〜7/23(火)

    担当学芸員によるギャラリートーク:7/13(土)8/17(土)31(土)午後2時〜/8/3(土)午後5時〜
    2F 企画展示室2 要入館券 当日直接会場へ


    ☆「なばたとしたか こびとづかんの世界」7/6(土)〜9/8(日)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11751] 【京都】国立近代美術館/トルコ至宝展 チューリップの宮殿 トプカプの美 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/06/30(Sun) 23:25:21  

     岡崎公園の京都国立近代美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=21では、トルコ王宮の宝物の展示が開催中です。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆トルコ文化年2019「トルコ至宝展 チューリップの宮殿 トプカプの美」〜7/28(日)
         月曜休館(祝日の場合は翌日)
         開館時間:午前9時30分〜午後5時(7月中の金土は午後9時まで、入館は閉館時間の30分前まで)
         入館料金:一般1500円 大学生1100円 高校生600円
             中学生以下、心身に障がいのある方と付添者1名は無料(要証明)。
     20世紀初頭まで栄華を極めたオスマン帝国の象徴として敬われたチューリップ(トルコ語で「ラーレ」)は、帝国内で盛んに栽培され、品種改良によって多彩な姿を見せ、文学や美術においても好んで表現された。
    本展では、スルタンの宝物をはじめトプカプ宮殿に残る美術工芸品の中から、ラーレ文様があしらわれた品々を紹介し、オスマンの優美な宮廷文化を見る。オスマン時代に始まるトルコと日本との友好関係の歴史も振り返る。
     スルタン・ムラト4世玉座図 17世紀中期
     スルタン・マフムート2世の玉座 (支配者の肘掛け椅子) 1808‒39年;フランス、19世紀初頭
     スルタン・メフメト4世の宝飾短剣  1664年頃 鋼鉄、エメラルド、ダイヤモンド、七宝、金
     バラ色の燕尾型チューリップ デルヴィーシュ(神秘主義者)・ スレイマン・エル ‒メヴレヴィー著、
     スルタン・アフメト3世肖像画 伝ジャン=バティスト・ヴァンムール画、1703‒30年
     スルタン・アフメト3世の施水場模型 1893年8月16日 銀、木
     チューリップ用花瓶(ラーレ・ダーン) 18‒19世紀 ガラス
     射手用指輪 16-17世紀、
     《立法者スルタン・スレイマン1世》『トルコ皇帝肖像画集(ヤング・アルバム)』(ロンドン、1815年)など

    担当学芸員によるギャラリートーク:7/12(金) 各日午後6〜7時 先着20名(当日午後5時より1階受付にて整理券配布)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11750] 【兵庫】県立美術館/印象派からその先へ―世界に誇る吉野石膏コレクション 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/06/30(Sun) 23:24:14  

     阪神岩屋の兵庫県立美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=27
    では、吉野石膏コレクションのフランス絵画を展示中です。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「印象派からその先へ―世界に誇る吉野石膏コレクション」
        月曜休館(祝日の場合は翌日)
        開館時間:午前10時〜午後6時(金土曜は8時まで、 入場は閉館30分前まで)
        入館料金:一般1300円 大学生900円 70歳以上650円 高校生以下無料
             障がい者一般300円 大学生200円(障がいのある方1名につき介護者1名は無料

     山形県発祥の建築資材会社、吉野石膏株式会社は、1970年代から日本近代絵画、1980年代後半からはフランス近代絵画の収集を開始した。1991年山形美術館に作品を寄託し、モネ、ピサロ、ルノワール、シャガールらの作品を公開し、吉野石膏美術振興財団を設立、若手芸術家の育成や美術における国際交流の支援などにも力を注ぐ。西洋近代美術の名品を多数所蔵し、質量ともに充実した国内有数のコレクションから、19世紀半ばのバルビゾン派にはじまり、印象派を経て、キュビスムから抽象絵画へと至るモダン・アートの展開を軸に、エコール・ド・パリまで、近代美術の歴史を72点の作品によって紹介。
      クロード・モネ《睡蓮》1906年
      ピエール=オーギュスト・ルノワール《庭で犬を膝にのせて読書する少女》1874年
      アルフレッド・シスレー《モレ=シュル=ロワン、朝の光》1888年
      アンリ・ルソー《工場のある町》1905年

    学芸員による解説会:7/6(土)、20(土)午後4時〜約60分
      レクチャールームにて(定員100名)入館券のみ
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11749] 【ほっとミュージアム】6月改訂されました 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/06/04(Tue) 20:55:25  

     梅雨が近くなってきました。初夏のはじめから記録続きの暑さで、どうも今年も猛暑の予感。
     5月末までに談話室にアップされた情報をもとに、三ッ木さんにデータ編集を、ほりうちさんにサイト作成を担当して頂き、データベース「ほっとミュージアム」の改訂をしています。
     日本画や彫刻、デザインなどの落ち着いた展覧会が増えています。
     暑さに疲れた合間に、ミュージアムでひとやすみ、いかがですか。
     どうぞ ご利用のあとはミュージアムのご感想やデータにお気づきの点など、この談話室へ書き込んでください。

                  本談話室の管理人 明日香 光二/馬場 英明


      [No.11748] 【近現代史社会】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/06/04(Tue) 20:48:52  

     近現代史や社会問題の新しい展示を紹介します。ほっとミュージアムに紹介済みのものに加えて訪問にご利用ください。

    【岩手】
    原敬記念館,☆第61回企画展「恭(ゆたか)と敬(たかし)―原兄弟の近代―」 6/8(土)〜8/25(日)
    盛岡市先人記念館
     ☆収蔵資料展(2)「平成30年新収蔵資料展」 〜7/7(日)
     ☆ 第61回企画展「橋本八百二」7/13(土)〜9/23(月・祝)
    後藤新平記念館
     ☆平成31年度 第1回企画展 新収蔵資料展「アメリカ農園」と「ゆかりの人々」シリーズ
         後藤新平人脈考(1)「前田多門(まえだ たもん)」〜6/9(日)
    高野長英記念館,☆春の企画展「先覚のまなざし〜夢物語から蛮社の獄へ〜」〜6/23(日)

    【東京】
    JRA競馬博物館
     ☆春季特別展 「華麗なる淑女の饗宴 オークス展」〜6/23(日)
     ☆企画展 「ジョッキーへの道〜騎手という仕事」〜12/28(土)
    町田市立自由民権資料館
     ☆季別展示「明治の風刺漫画〜『団団珍聞』の世界〜」〜6/30(日)

     ☆特別展「町田の近代と青年」7/13(土)〜9/29(日)
    東村山ふるさと歴史館,☆春企画展「税金今昔〜租税資料から村がみえる〜」〜6/30(日)
    くにたち郷土文化館,☆ミニ展示「くにたちと災害」〜7/7(日)

    【神奈川】
    神奈川県民ホールギャラリー,☆2019年 第17回「ノー・ウォー横浜展」8/12(月)〜8/18(日)  
    根岸競馬記念公苑 馬の博物館
     ☆【第2展示室】テーマ展「馬の『解体新書』」〜7/21(日)
     ☆【第3展示室】テーマ展「競馬レトロポスター −地方競馬・東日本編−」〜7/21(日)
    横浜市民ギャラリー,☆「海外神社跡地写真展」7/31(水)〜8/4(日)

    【香川】
    瀬戸内海歴史民俗資料館,☆テーマ展「板子一枚下は地獄ー瀬戸内海の海難ー 9/21(土)〜11/24(日)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                      明日香 光二/馬場 英明


      [No.11747] 【歴史】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/06/04(Tue) 20:47:17  

     歴史の新しい展示を紹介します。ほっとミュージアムに紹介済みのものに加えて訪問にご利用ください。

    【神奈川】
    神奈川県立金沢文庫,☆特別展「浄土宗七祖聖冏(しょうげい)と関東浄土教」
     特別公開「国宝 文選集注」〜7/15(月・祝)
    鎌倉国宝館,☆特別展「知られざる円覚寺の至宝 〜古文書と羅漢図の世界〜」〜6/16(日)


    【富山】
    富山市郷土博物館,☆企画展「描かれた富山ゆかりの武将たち」〜7/7(日)
    高岡市立博物館,☆特別展「高岡開町410年記念 前田利長書状展」7/27(土)〜10/14(月・振)

    【大阪】
    大阪府立狭山池博物館,☆令和元年度 池守田中家文書特別公開「狭山池 幻の池ざらえ」〜6/30(日)

    【広島】
    尾道市立美術館,☆特別展「花のお江戸ライフ(仮称)展」令和2年3/14(土)〜5/6(水・祝)
    ふくやま美術館
     ☆特別展「水野勝成福山入封400年記念
     国宝 久能山東照宮 −徳川家康と歴代将軍ゆかりの名宝」9/21 (土)〜11/17(日)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                      明日香 光二/馬場 英明


      [No.11746] 【考古】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/06/04(Tue) 20:46:13  

     考古学の新しい展示を紹介します。ほっとミュージアムに紹介済みのものに加えて訪問にご利用ください。

    【岩手】
    岩手県立博物館
     ☆テーマ展「古・岩手のクロガネ−発掘から見えてきた古代〜中世の鉄文化−」6/8(土)〜8/18(日)

    【宮城】
    地底の森ミュージアム(仙台市富沢遺跡保存館),☆第88回企画展「仙台の遺跡めぐり 古代びとの道具箱」〜6/16(日)

    【東京】
    東京都埋蔵文化財センター,☆平成31年度企画展示「ひと×いきもの」〜令和2年3/8(日)
    横須賀市自然・人文博物館
     ☆トピックス展示「時代を越える器のかたち―ちょっと似てる?かなり似てる?―」〜7/28(日)
     ☆企画展示「掘り出された横須賀の歴史」令和2年3/14(土) 〜5/31(日)

    【新潟】
    新潟県埋蔵文化財センター,☆春季企画展 「佐渡の王−蔵王遺跡−」〜8/25(日)

    【奈良】
    葛城市歴史博物館
     ☆春季企画展「発掘 葛城山麓の古墳
     ー奈良県立橿原考古学研究所附属博物館蔵品 里帰り展ー」〜6/30(日)

    【島根】
    島根県立古代出雲歴史博物館
     ☆企画展「古墳文化の珠玉−玉は語る出雲の煌めき−」〜6/17(月)
     ☆企画展「たたら 鉄の国 出雲の実像」7/12(金)〜9/1(日)

    【岡山】
    岡山市立オリエント美術館
     ☆小企画展「王の肖像でたどるオリエントの歴史」〜6/30(日)
     ☆特別展「ミイラと神々−エジプトの来世、メソポタミアの現世−」7/13(土)〜9/16(月・祝)
    BIZEN中南米美術館,☆「ペッカリーとホセ艦長のさえずる文明展 Advance」〜10/6(日)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                      明日香 光二/馬場 英明


    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 |


    - 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
    処理 記事No 暗証キー

    - Web Forum -
    - Antispam Version -