ほっとミュージアム 談話室
[ホームへもどる] [新規投稿] [新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
  • 以下は新規投稿順のリスト(投稿記事)表示です。
  • 48時間以内の記事は new! で表示されます。
  • 投稿者のメールアドレスがアドレス収集ロボットやウイルスに拾われないよう工夫して表示しています。
  • 発言サイズは画像も含めて130KBまで、URLは20個までです。
  • その他[留意事項]を良くお読みの上ご利用ください
  • 新規紹介用 でワード検索すると、フォーマット発言が開きます

  •   [No.12105] 【兵庫】神戸市立小磯記念美術館/近代絵画に描かれた夕日・夕景[11/16(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/11/11(Mon) 18:04:13  

    六甲アイランドの神戸市立小磯記念美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=2で11/16(土)から開催される展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆特別展「黄昏の絵画たち―近代絵画に描かれた夕日・夕景―」11/16(土)〜令和2年1/26(日)
        月曜、12/29〜1/3、1/14休館〔ただし1/13(月・祝)は開館〕
        入館料金:一般800円 大学生400円 高校生以下無料
             神戸市在住の65歳以上の方・400円(要住所と年齢証明)
             障がい者手帳など持参の方・無料
             六甲ライナーとのセット券あり

     西洋の絵画においては、夕陽の強い逆光のもと情感豊かな風景を描き出したテオドール・ルソーらバルビゾン派の画家たちをはじめ、変化する夕方の光をカンヴァスに描きとめたモネやシスレーら印象派の画家たち、さらに20世紀のモダニズムに展開。
     日本では明治初期に来日したフォンタネージや、弟子の高橋由一らが夕景の表現が生み出し、和田英作ら白馬会の画家たちは、人びとを太陽の光が照らす夕景を残す。日本画では菱田春草や小野竹喬が夕景が描いた、西洋と日本の夕景約170点を展覧。(12/17より一部作品の展示替え)
       クロード・モネ《サン=タドレスの海岸》1864年
       ジャン=フランソワ・ミレー《夕陽》1867年頃[後期展示]
       テオドール・ルソー《樫のある風景》制作年不詳
       モーリス・ドニ《日没の訪問》1911年
       和田英作《渡頭の夕暮》1897年
       萬鉄五郎《太陽の麦畑》1913年頃
       吉田博《瀬戸内海集 帆船 夕》1926年[前期展示] など

    講演会・講座:2階・絵画学習室にて、参加無料・要入館券、午後2〜3時
    12/1(日)「黒田清輝・藤島武二らの夕景表現―白馬会のあゆみとともに―」廣田生馬氏(学芸係長)
    12/14(土)「黄昏の絵画たち」柳原一徳氏(島根県立美術館・専門学芸員)午後2〜3時30分
    12/22(日)「気象予報士と楽しむ―絵画の天気予報―」垂水千佳氏(気象予報士・防災士・健康気象アドバイザー)
    1/12(日)「夜景?それとも夕景?高橋由一《江堤》をめぐって」多田羅珠希(学芸員)

    特別展ギャラリーツアー:学芸員:毎週日曜日、午後2時から(約30分間:イベント等のある場合を除く)

    子供向けワークショップ(参加無料・要入館券)要申込み(申込み方法は館サイトへ、定員超えは抽選)
    美術館大作戦5「クリスマスカード」12/7(土)午後2〜4時30分、定員20名(11/27締切)
    美術館大作戦6「夕焼けコレクション」1/18(土)午後2〜4時30分、定員20名(1/8締切)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12104] 【石川】県輪島漆芸美術館/飛翔する輪島の漆芸作家たち[11/16(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/11/11(Mon) 18:01:39  

     石川県輪島漆芸美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=17&c=54
    で、11/16(土)から開催される展示を紹介します。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆第25回「飛翔する輪島の漆芸作家たちー全国展入選作品ー」11/16(土)〜令和2年1/19(日)
         12/29〜31のみ休館
         入館料金:一般630円 高大生320円 小中生150円

     第I部では過去3年間の主要公募展に特別出品や入選を果たした作家の作品を、会派を越えて一堂に展示。当地が誇る卓越した技と研ぎ澄まされた美を鑑賞。
     第II部では帝展で特選を受賞した前大峰や竹園自耕など、昭和初期に全国公募展で活躍した漆芸作家たちの優品を紹介し、礎を築いた先人たちの功績を振り返る。
     「望郷」田中貴司/改組 新 第5回日展【特選】
      花塗沈金棗「千鳥」前 史雄/第36回日本伝統漆芸展
      蒔絵沈金箱「夜光」坂本康則/第63回日本伝統工芸展
      蒔絵箱「薫風」浦出勝彦/第65回日本伝統工芸展
      沈金箱「光陰」上野明弘/第60回石川の伝統工芸展
      乾漆花器「悠」杉山幸/第36回日本伝統漆芸展(初入選)

    出品作家によるギャラリートーク:11/17(日)午後1時30分〜3時 
               浦出勝彦氏・坂本康則氏(蒔絵作家・日本工芸会正会員)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12103] 【鳥取】県立博物館/芸術写真の神様 塩谷定好とその時代[11/16(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/11/11(Mon) 18:00:15  

     鳥取市の鳥取県立博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=31&c=1で11/16(土)から開催される展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆生誕120年「芸術写真の神様 塩谷定好とその時代」11/16(土)〜12/15(日)
        12/2(月)休館
        入館料金:一般800円(前売り・20名以上の団体・大学生・70歳以上600円)
           高校生以下、障がいのある、難病患者の方、要介護者等及びその介護者 無料

     大正末から昭和初期にかけて隆盛した「芸術写真」の第一人者・塩谷定好(しおたに・ていこう 1899年〜1988年)は、赤碕に住み、山陰の風景や人物を独特の美意識でソフト・フォーカスにとらえ、植田正治をはじめ地元のアマチュア写真家を先導した。戦後、地元のカメラクラブで旺盛に作品をつくり続けた。1982年にドイツのケルンで開催された世界最大の写真関連見本市「フォトキナ写真展」での最高賞である栄誉賞を授賞し、再評価の動きが高まる。本展は1920年代の初期作品から戦後1970年代までの作品を一堂に紹介する回顧展。日本写真史における芸術写真を牽引した作家や、塩谷と交流のあった日本光画協会の会員、カメラ雑誌『芸術写真研究』や地元のカメラクラブで同時代に活動していた写真家たちの作品もあわせて展観し、芸術写真の時代とその精神について検証。
      塩谷定好「村の鳥瞰」(1925年)「三人の小坊主」(1929頃)
        「静物(エリカボウシャ)」(1929年)「圓現」(1970年)
        「静物」(1925年)
      山本牧彦「花を持てる少女その1」(1926年)

    《ギャラリートーク》午後2〜3時 
      11/16(土)特別ゲスト:塩谷晋氏(塩谷定好写真記念館館長)と担当学芸員
      12/14(土)特別ゲスト:池本喜巳氏(写真家)と担当学芸員

    《アートツアー》「塩谷定好の赤碕」を巡るツアー :午後1〜4時
      11/23(土・祝)特別ガイド:池本喜巳氏(写真家)要申込み

    《映画上映会》11/30(土)午後2〜3時30分、2階講堂にて、250名先着順、無料 
    「パリが愛した写真家ロベール・ドアノー〈永遠の3秒〉 」

    《特別講演会》12/7(土)午後2〜3時30分、2階講堂にて、250名先着順、無料 
    「塩谷定好とその時代」金子隆一氏(写真史家)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12102] 【愛媛】県美術館/高野山金剛峯寺 襖絵完成記念 千住博展[11/16(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/11/11(Mon) 17:58:36  

     松山市の愛媛県美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=38&c=0で11/16(土)から開催される展覧会を紹介します。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆高野山金剛峯寺 襖絵完成記念「千住博展」11/16(土)〜令和2年1/19(日)
        11/18(月)25(月)12/3(火)9(月)16(月)23(月)12/29(日)〜1/1(水)7(火)14(火)
        入館料金:一般1400円 高大生900円 小中生600円
              満65歳以上は100円引き(要年齢証明)
             障がい者手帳等をお持ちの方と介護者1名は無料

     高野山金剛峯寺の茶の間と囲炉裏の間へ奉納される日本画家・千住博の新作襖絵の完成記念として、奉納に先駆け紹介。総延長17メートルの《断崖図》、25メートルの《瀧図》から成る奉納画は、画家自身が画業の集大成と位置付ける大作で、初期からこれまでの代表作を展覧し、画業40余年にわたって日本画の新しい可能性に挑み続けてきた、千住博の世界観を見る。。
     《断崖図》
     《瀧図》
     《朝に向かって》1989
     《湖畔初秋図》1993
     《フラットウォーター#1》1993 など

    一日講座「白で描こう」 白い絵具で描いた絵にブラックライトを当ててみよう。
     11/24(日)12/1(日)午後1時30分〜4時
     対象:小学生以上・各12人 材料費500円程度
     申込先:当館普及グループ(TEL089-932-0010) ※先着順

    対話型鑑賞プログラム:12月の日曜日、各11時〜(30分程度)企画展示室にて
      ※要観覧券

    スペシャル・コンサート:エントランスホールにて、申込不要、無料
     12/8(日)午後2時〜[ピアノ]
     1/2(木)午前11時〜、午後1時〜 [箏]
     1/3(金)午前11時〜、午後1時〜 [クラリネット]
     1/12(日)午後2時〜 [吹奏楽]
     1/13(月・祝)午前11時〜 [クラリネット他]
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12101] 【東京】根津美術館/江戸の茶の湯[11/16(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/11/11(Mon) 17:56:54  

     表参道の根津美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=47で11/16(土)から開催される特別展を紹介します。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆特別展「江戸の茶の湯 川上不白 生誕三百年」11/16(土)〜12/23(月)
       月曜休館(ただし12/23(月)は開館)
       開館時間:午前10時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
       入館料金:一般1300円 学生1000円
           20名以上の団体、障害者手帳提示者および同伴者は200円引き、中学生以下は無料

     表千家七代如心斎(じょしんさい)天然宗左(てんねんそうさ)(1705〜51)に入門した少年、紀州藩の江戸詰家老・水野家の家臣の次男こそ、後に千家流の茶を江戸に広めて不白流の茶家の祖となる川上不白(1719〜1807)で、その生誕三百年を記念して開催。如心斎との師弟関係や、不白好みの道具、大名などの門人や周辺の職人たちとの関わり、その人柄を反映した書画、館蔵コレクションの礎を築いた根津青山(初代嘉一郎、1860〜1940)を含む近代数寄者への影響まで多角的に展観。
      陶磁赤楽鶴茶碗 川上不白作 施釉陶器 日本・江戸時代 文化2年(1805)
      陶磁重要文化財黒楽茶碗 銘 紙屋黒 長次郎作 施釉陶器 日本・桃山時代 16世紀
      書蹟国宝清拙正澄墨蹟 遺偈 紙本墨書 日本・南北朝時代 暦応二年(1339)
      書蹟一行書 無心雲自閑 川上不白筆 紙本墨書 日本・江戸時代 18世紀
      陶磁矢筈口水指 銘 黙雷 備前 無釉陶器 日本・桃山〜江戸時代 17世紀 など

    スライドレクチャー:講堂にて、定員130名 事前申込不要、午後1時45分開場。
    11/22(金)12/13(金)午後2時から45分間程度
    「江戸の茶の湯」西田 宏子氏(顧問)

    茶室一般公開:入館料のみ、呈茶なし
     11/28(木)午後3〜4時 披錦斎・一樹庵、申込不要
     12/5(木)午後3〜4時 西田 宏子氏(当館 顧問)、申込不要

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12099] 【京都】相国寺承天閣美術館/茶の湯−禅と数寄 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/11/11(Mon) 08:46:12  

     烏丸今出川の相国寺承天閣美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=11で開催中の展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「茶の湯−禅と数寄」I期:〜12/22(日)
        II期:令和2年1/11(土)〜3/29(日)
            会期中無休
            入館料金:一般800円 65歳以上・大学生600円 中高生300円 小学生200円

     日本文化を代表する、茶の湯に欠かせない禅の精神性。また、禅の高僧の墨蹟も、その多くが茶の湯で賞翫されることにより今に伝わった。
     相国寺の茶の湯も、室町将軍家の唐物賞翫の茶の湯にはじまり、織田信長の茶会に千利休も参加するなどして、現在の茶の湯の黎明期に相国寺は大きな役割を果たした。江戸時代には後水尾院の文化圏で相国寺やその山外塔頭である鹿苑寺で盛んになった。様々な人物の手を経て、相国寺に伝えられた名物茶道具達名品を一堂に展示。

    第一章禅と茶
      重要文化財 羅漢図 大光明寺蔵
      重要文化財 絶海中津墨蹟 十牛頌 相国寺蔵
      十牛図 周文筆 相国寺蔵

    第二章権力者と茶
      重要美術品 足利義満一行書 放下便是 相国寺蔵
      江天暮雪図 牧谿筆 鹿苑寺蔵 II期展示
      座敷飾花の子細伝書(君台観左右帳記) 伝相阿弥筆 慈照寺蔵

    第三章隔蓂記の茶
      重要美術品 隔蓂記 鳳林承章筆 三十冊 鹿苑寺蔵
      砧青磁茶碗 銘雨龍 鹿苑寺蔵 
      竹花入 添金森宗和消息 鹿苑寺蔵 
      鶺鴒 鳩 尾長鳥 鶏図座屏 狩野探幽筆 相国寺蔵

    第四章茶道具の名品と数寄者
      国宝 玳玻散花文天目茶碗 相国寺蔵
      重要文化財 赤楽茶碗 加賀 本阿弥光悦作 相国寺蔵
      重要文化財 芦屋無地真形釜 相国寺蔵 I期展示
      重要文化財 芦屋七宝文真形釜 相国寺蔵 II期展示
      重要美術品 影青透彫花文香炉 相国寺蔵
      重要美術品 古染付高砂花入 鹿苑寺蔵
      柳鷺図 楚石梵隼拭〔朧知釛蕊氈Zシ隼a◆。I期展示
      重要文化財 拙庵徳光墨蹟 金渡の墨蹟 鹿苑寺蔵 II期展示 など


    記念講演:午後2〜3時30分、午後1時30分開場、定員当日先着80名
    11/23(土)「釜の鑑賞と楽しみ方」大西清右衛門氏(釜師 十六代)
    1/25(土)「長次郎と光悦とわたし」樂 直入氏(陶芸家 十五代樂吉左衞門)
    2/22(土)講座「禅寺に息づく茶」本多潤子氏(当館学芸員)

    ギャラリートーク:午後2時〜 12/7(土) 2/1(土)  本多潤子氏(学芸員)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12098] 【京都】茶道資料館/三冊名物記 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/11/11(Mon) 08:44:06  

     堀川寺之内の茶道資料館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=10で開催中の展示を紹介します。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆茶道資料館開館40周年・今日庵文庫開館50周年記念特別展II
      「『三冊名物記 』 −知られざる江戸の茶道具図鑑−」〜12/8(日)
          月曜休館(11/11は開館)
          入館料金:一般1000円 大学生600円、中高生350円、
                小学生以下ならびにメンバーシップ校の方は無料
                入館者には呈茶(抹茶と和菓子)あり(午前10時〜午後4時、無料)

     江戸時代中期に編纂された茶道具の名物記『三冊名物記』は茶入をはじめ、香炉、香合、花入、茶碗、掛物など、三百数十点の茶道具を、伝来・形状・寸法・付属品(仕覆、挽家、箱)などの情報を彩色図入りで掲載し、「茶道具図鑑」と呼ぶにふさわしい。本展では、今日庵文庫本をはじめ、異系統の写本十点を紹介し『三冊名物記』に記録され、描かれた名物の数々を、伝世する作品と対比させ覆や箱といった「次第」も併せて展示。

     今日庵文庫蔵『三冊名物記(茶器名物集)』をはじめ、異系統写本10点
       『山上宗二記』、『玩貨名物記』、『茶器弁玉集』、『万宝全書』、『古今名物類聚』
       『大正名器鑑』 以上6点、今日庵文庫蔵
       『小堀遠州所持名貨記録』(桂川甫周家旧蔵)早稲田大学図書館蔵
       唐物文琳茶入 銘吹上 五島美術館蔵     
       唐物肩衝茶入 銘遅桜 三井記念美術館蔵 
      重要文化財 堅手茶碗 銘長崎 根津美術館蔵
       竹一重切花入 銘園城寺 東京国立博物館蔵 など
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12097] 【京都】嵯峨嵐山文華館/夢二のてしごと展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/11/11(Mon) 08:41:45  

     嵯峨嵐山文華館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=95で開催中の展示を紹介します。
     
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「夢二のてしごと展」前期:〜12/2(月)
              後期:12/4(水)〜令和2年1/13(月・祝)
          (12/22(日)は午後1〜5時のみ開館、年末年始12/30〜1/1は休館)
     竹久夢二(1884-1934)には洋装姿のハイカラな女性や着物姿の物憂げな美人画のイメージがあるが、夢二は本の装丁、楽譜や雑誌の表紙・挿絵、さらには作詞も手掛け、油彩、水彩、パステル、ペンなど様々な画材を使用した。本展では「セノオ楽譜」などの原画をはじめ、夢二の多才ぶりを感じる作品を前期後期に分け、多数展示。
      (前期)「糸まき」「長崎十二景 眼鏡橋」
      (後期)「SENOW GAKFU」「いちょうの落葉(秋の校庭)」 など
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12096] 【石川】金沢湯涌夢二館/夢二の美人画in欧州 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/11/11(Mon) 08:38:35  

     金沢市湯涌温泉の金沢湯涌夢二館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=17&c=4で行われている特別展を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆特別展 金沢市・文京区友好交流都市協定締結記念/バウハウス100周年記念
     「夢二の美人画 in 欧州」〜令和2年1/5(日) 
         会期中無休/年末年始も開館
         入館料金:一般310円 65歳以上210円 高校生以下無料

     金沢市と文京区の友好交流都市協定締結を記念し、同区所在の竹久夢二美術館所蔵の名品「水竹居」などを展示。「水竹居」は、竹久夢二(1884〜1934)がドイツの首都・ベルリン滞在時に現地の女性をモデルとして描き、日本人ならではの絵画表現を試み、到達した傑作。
     また、ワイマールに設立された建築を中心とする造形学校・バウハウス設立100周年を記念して、夢二のベルリンでの活躍を中心に、滞欧10カ月間の作品等を展示します。夢二は、同校のマイスターであったヨハネス・イッテン(1888〜1967)がベルリンに開校した「イッテン・シューレ(一天画塾)」で1933年2月から6月まで日本画の実習・講義を担当した。また、2018年度に当館が寄託を受けた「竹久家コレクション」のうち、欧州滞在時の作品や資料等の調査から明らかになった夢二の足どりも紹介。

    <令和2年1/6(月)から2月上旬まで、工事のため休館>
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12095] 【京都】美術館「えき」KYOTO:西洋近代美術にみる神話の世界 見ました 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/11/11(Mon) 08:37:08  

     美術館「えき」KYOTOで行われている「西洋近代美術にみる神話の世界」を11/10に見ました。 
     日本でも世界でも、古代に魅力を感じる人間ですが、先月に行く予定にしていた、静岡県立美術館での史跡画展「古代への情熱」に行けなかったこともあり、気軽な会場で行われている展覧会に目が行きました。
     西洋文化の基本になっているギリシャ・ローマ時代の遺跡がヨーロッパ人の歴史意識に繋がっていると、ピラネージの古代復元版画。遺物に描かれた絵や発掘成果から神話の神も古代人と重ね合わせて描かれます。アングル、コロー、ジャンフランソワ・ミレーといった古典派がリアルに見えるストーリー画を描き、ルノワールや黒田清輝の師匠と言われるラファエル・コランなどが私的な人物風景を描く。ルドンやドーミエなど強い個性を持った人々も持ち味を活かして神の姿を描く。いずれも、神や理想世界の姿を借りて、見たままを描きにくい当時の現代を描いているんだ確信できます。
     意外だったのがデュフィとマリー=ローランサン。創作的な幻想だけでなく、明確な神話も描いていたんだな、と。
     今回の展示は、ほとんど日本国内の美術館の所蔵品で構成されていますが、マリー・ローランサン美術館、ユニマット、サントリーコレクションなど常設の美術館を失ったコレクションから多く出品されており、こうした利用・公開方法があることも知りました。

                      明日香 光二/馬場 英明


    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 |


    - 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
    処理 記事No 暗証キー

    - Web Forum -
    - Antispam Version -