東京都
128 /347ページ この県の先頭データへ 一つ前のデータへ 一つ後のデータへ この県の最後のデータへ 都道府県別indexへ戻る
こくりつせいようびじゅつかん   ジャンル
国立西洋美術館   美術  
WEB http://www.nmwa.go.jp/  
TEL 03-3828-5131  
FAX 03-3828-5135  
企画展 ☆「シャセリオー展―19世紀フランス・ロマン主義の異才」2/28(火)〜5/28(日)
     月曜休館(3/20、3/27、5/1は開館)、3/21(火)休館
     午前9時30分〜午後5時30分(金曜は8時まで、入館は閉館の30分前まで)
     入館料金:一般1600円 大学生1200円 高校生800円
           中学生以下は無料。
           心身に障害のある方および付添者1名は無料(要手帳提示)
 11歳でアングルに入門を許されたテオドール・シャセリオー(1819-1856)は、ロマン主義の潮流の中で古典主義を離れ、独特のメランコリックな情熱と抒情を湛えた作品世界を作りあげた。アルジェリアを旅してオリエンタリスム(東方趣味)の画家ともいわれるが、カリブ海のスペインの旧植民地に生まれ、独自の芸術の道を模索したこの画家自身が内面に異邦的(エキゾティック)なるものを持ち、観る者の心をうつ。本展では、ルーヴル美術館所蔵品を中心に、絵画約40点、水彩・素描約30点、版画約10点、写真や資料などによってシャセリオーの画業全体を紹介し、影響を受けたギュスターヴ・モローやピュヴィス・ド・シャヴァンヌらの作品約20点もあわせて展示し、ロマン主義から象徴主義への展開、そしてオリエンタリスムの系譜のなかでその芸術の意義を再考する。
  テオドール・シャセリオー
    《カバリュス嬢の肖像》1848年 油彩・カンヴァス
    《アポロンとダフネ》1845年 油彩・カンヴァス
    《自画像》1835年 油彩・カンヴァス
    《気絶したマゼッパを見つけるコサックの娘》1851年 油彩・板
    《アクタイオンに驚くディアナ》1840年 油彩・カンヴァス  など


講演会:地下2階講堂にて、午後2〜3時30分(開演の30分前から入場)、定員:各回先着140名、
当日正午より、館内インフォメーションにて、本展の観覧券をお持ちの方1人につき1枚聴講券を配付

3/2(木)「シャセリオーと自然」ヴァンサン・ポマレッド氏(ルーヴル美術館文化メディエーション部長)※同時通訳付き
4/2(日)「テオドール・シャセリオーと聖堂装飾」喜多崎 親氏(成城大学教授)
5/13(土)「シャセリオーと会計検査院の大壁画」陳岡めぐみ氏(主任研究員)






☆「アルチンボルド展」6/20(火)〜9/24(日)

☆日本・デンマーク外交関係樹立150周年記念「スケーエン:デンマークの芸術家村」2/10(金)〜5/28(日)



☆「北斎とジャポニスム HOKUSAIが西洋に与えた衝撃」10/21(土)〜平成30年1/28(日) 
所在地110-0007
台東区上野公園7−7 
公共交通 JR上野駅公園口から徒歩約1分 京成上野駅徒歩約7分 
東京メトロ上野駅徒歩約8分 
道路案内 駐車場なし、車での来館不可 
開館時間 午前9時30分〜午後5時(金曜は午後8時まで) 
 春の企画展開催日から秋の企画展閉会日までの期間は5時30分まで
 入館は閉館30分前まで。 
休館日 月曜日(月曜が祝日の場合は火曜)年末年始(12/28〜1/1) 
入館料金
(常設時) 
一般420円 大学生130円 
高校生及び18歳未満と65歳以上、心身に障害のある方及び付添者無料
第2,4土曜と文化の日は無料観覧日 
展示内容 松方コレクションを中心にロダンの像、モネの睡蓮など 
ロダンの地獄の門は免震工事を施されて再公開 
デジタルギャラリー(超高精細画像検索システム)があります。 
観覧時間  
その他
(販売・友の会等) 
入り口フロアーにミュージアムショップ有 ポストカード、カタログを販売 
レストランでは中庭を見ながら食事ができます。 
報告者: 梅本 信一
更新日: 2008/09/06 0:00:00