東京都
129 /345ページ この県の先頭データへ 一つ前のデータへ 一つ後のデータへ この県の最後のデータへ 都道府県別indexへ戻る
とうきょうこくりつはくぶつかん   ジャンル
東京国立博物館   美術 歴史   
WEB http://www.tnm.jp/  
TEL 03-3822-1111  
FAX 03-3822-9130  
企画展 ☆特別展「国宝 東寺―空海と仏像曼荼羅」3/26(火) 〜6/2(日)平成館
    月曜休館(祝日と4/1(月)は開館)5/7(火)休館
    午前9時30分〜午後5時(金土は9時まで、入館は閉館30分前まで)
    入館料金:一般1600円 大学生1200円 高校生900円 中学生以下無料
           障がい者と介護者1名は無料(要手帳提示) 、
 平安遷都に伴い王城鎮護の官寺として西寺とともに建立された東寺(教王護国寺)は、唐から新しい仏教を学んで帰国した弘法大師空海が、823年に嵯峨天皇からより賜って真言密教の根本道場としたもの。空海のもたらした密教の造形物は、美術品としても極めて高い質を誇る。真言宗が立教開宗されて1200年を控え、本展は空海にまつわる数々の名宝をはじめ、東寺に伝わる文化財の全貌を紹介するものです。空海が作り上げた曼荼羅の世界を体感できる講堂安置の21体の仏像からなる立体曼荼羅のうち、史上最多となる国宝11体、重文4体、合計15体が出品され、彫刻、絵画、書跡、工芸など密教美術の最高峰が一堂に会す。
 第1章 空海と後七日御修法
    国宝 風信帖(第一通)空海筆 平安時代・9世紀(3/26(火)〜5/19(日)展示)
    国宝 密教法具  中国 唐時代・9世紀 
    国宝 降三世明王 (五大尊像のうち)平安時代・大治2年(1127)(3/26(火)〜4/21(日)展示)
 第2章 密教美術の至宝
    国宝 十二天屛風  平安時代・建久2年(1191) 
    国宝 両界曼荼羅図 (西院曼荼羅[伝真言院曼荼羅])平安時代・9世紀(4/23(火)〜5/6(月・休))
 第3章 東寺の信仰と歴史
    国宝 兜跋毘沙門天立像 中国 唐時代・8世紀 
    国宝 後宇多天皇宸翰 東寺興隆条々事書(3/26(火)〜4/30(火))
 第4章 曼荼羅の世界
    重要文化財 金剛虚空蔵菩薩坐像・法界虚空蔵菩薩坐像(五大虚空蔵菩薩坐像のうち)中国 唐時代・9世紀など

記念公演「真言声明 ―東寺の音と共に―」 4/10(水)4/17(水)午前11時〜正午、午後2〜3時(開場は開演30分前)
     平成館 大講堂 にて



☆特別展「美を紡ぐ 日本美術の名品 ―雪舟、永徳から光琳、北斎まで―」  本館 特別4室・特別5室 :5/3(金)〜6/2(日)

☆日中文化交流協定締結40周年記念 特別展「三国志」  平成館 特別展示室 :7/9(火)〜9/16(月) 
所在地110-8712
台東区上野公園13−9 
公共交通 JR上野駅下車 公園口から徒歩10分 

京成電鉄上野駅 徒歩15分 

東京メトロ上野駅、根津駅徒歩15分 
道路案内  
開館時間 午前9時30分〜午後5時
(4〜9月末の土日祝は午後6時まで、

4〜12月の特別展開催中の金曜日は午後8時まで、入館は閉館30分前まで) 
休館日 月曜(祝休日は開館、翌日休館)12/28〜1/1
  (ゴールデンウィーク中、7/20〜8/31は無休) 
入館料金
(常設時) 
一般600円 大学生400円
障害者とその介護者各1名は無料(要手帳)
高校生以下,満70歳以上の方は無料(要証明)
国際博物館の日(5/18)、敬老の日(9月第3月曜)は無料。 
展示内容 日本から東洋にいたる美術、考古遺物等。 
観覧時間 全部をきちんと見ようと思ったら1日がかりになるかも 
その他
(販売・友の会等) 
本館地下に、ミュージアムショップがあります。
東洋館1階にレストラン・ラコール、
法隆寺宝物館にはティールーム(ホテル・オークラ・ガーデンテラス) 
報告者: はっとり あやこ
更新日: 2008/02/09 0:00:00