東京都
127 /345ページ この県の先頭データへ 一つ前のデータへ 一つ後のデータへ この県の最後のデータへ 都道府県別indexへ戻る
こくりつせいようびじゅつかん   ジャンル
国立西洋美術館   美術  
WEB http://www.nmwa.go.jp/  
TEL 03-3828-5131  
FAX 03-3828-5135  
企画展 ☆世界遺産 国立西洋美術館開館60周年記念
 「ル・コルビュジエ 絵画から建築へ―ピュリスムの時代 」2/19(火)〜5/19(日)
      月曜休館(3/25、4/29、5/6は開館)
      開館時間:午前9時30分〜午後5時30分(金土は8時まで、入館は閉館の30分前まで)
      入館料金:一般1600円 大学生1200円 高校生800円 中学生以下は無料。
            心身に障害のある方および付添者1名は無料(要手帳提示)
 20世紀建築の巨匠ル・コルビュジエ(1887−1965)が設計した国立西洋美術館本館が、2016年にユネスコ世界文化遺産に登録され、開館60周年を記念して開催。シャルル=エドゥアール・ジャンヌレ(ル・コルビュジエ)が故郷のスイスを離れ、パリで「ピュリスム(純粋主義)」の運動を推進した時代に焦点をあて、絵画、建築、都市計画、出版、インテリア・デザインなど多方面にわたった約10年間の活動を振り返る。
 第一次大戦の終結直後の1918年末、ジャンヌレ(ル・コルビュジエ)と画家アメデ・オザンファンが、機械文明の進歩に対応した「構築と総合」の芸術を唱えるピュリスムの運動を開始。絵画制作に取り組みながら新しい建築の創造をめざしたジャンヌレは、1920年代パリの芸術家たちとの交流を得て、近代建築の旗手「ル・コルビュジエ」となる。本展はル・コルビュジエと彼の友人たちの美術作品約100点に、建築模型、出版物、映像など多数の資料を加えて構成。

 シャルル=エドゥアール・ジャンヌレ(ル・コルビュジエ)
   《多数のオブジェのある静物》1923年 油彩、カンヴァス
   《エスプリ・ヌーヴォー館の静物》1924年 油彩、カンヴァス 
   《開いた本、パイプ、グラス、マッチ箱のある静物》1918年頃 鉛筆・グアッシュ、紙
 アメデ・オザンファン《和音》 1922年 油彩、カンヴァス
 ジョルジュ・ブラック《食卓》 1920年 油彩、カンヴァス
 フェルナン・レジェ《サイフォン》1924年 油彩、カンヴァス
 ジャック・リプシッツ《ギターを持つ水夫》 1917-18年 ブロンズ 

 ル・コルビュジエ、シャルロット・ペリアン、ピエール・ジャンヌレ《寝椅子(シェーズ・ロング)》1928-29年デザイン

スイス カルチャー トーク:3/17(日)午後2〜3時30分、講堂にて、当日先着130名、要入館券、
 当日正午より館内インフォメーションにて本展観覧券を持つ人1人1枚の聴講券を配布
「ル・コルビュジエの遺産:スイスの建築設計事務所 クリスト&ガンテンバインの解釈」同時通訳付き
 第一部 エマニュエル・クリスト(クリスト&ガンテンバイン 代表)レクチャー
 第二部 エマニュエル・クリスト×長田 年伸 (デザイナー/編集者) 対談

記念講演会:講堂(地下2階) にて、午後2〜3時30分、講堂にて、当日先着130名、要入館券、
 当日正午より館内インフォメーションにて本展観覧券を持つ人1人1枚の聴講券を配布
3/9(土) 「ル・コルビュジエとラウル・ラ・ロシュ ―ピュリスムの戦友」村上博哉氏(副館長・学芸課長)
4/6(土) 「建築=芸術へ ―アクロポリス、初めてのタブロー
    《暖炉》、《ドミノ住宅》に遡行する『建築へ』の体系的読解」加藤道夫氏(東京大学大学院教授)
4/20(土) 「『ピュリスムの時代』の先 ―ル・コルビュジエの絵画の変遷」林美佐氏(大成建設ギャルリー・タイセイ 学芸員)
5/18(土)「建築へ ―絵画の平面性からの透明性の探求」山名善之氏(東京理科大学教授)

特別建築ツアー:ボランティアスタッフによる建築ツアーを普段は入ることのできない旧館長室を見学コースに
 3/3(日)〜5/19(日)の第2・4水曜日および毎週日曜日 午後3時〜(約50分)
 定員20名(本展の当日観覧券要、10歳以上)  館サイトから要事前申込

スライドトーク:3/22(金)4/5(金)4/19(金)午後6時から約30分
  久保田有寿氏(特定研究員)  講堂にて、 先着130名(要本展の観覧券(半券可))
  直接講堂へ(開場は開演30分前)



☆開館60周年記念「松方コレクション展」6/11(火)〜9/23(月・祝)

☆「ロンドン・ナショナルギャラリー展」2020年3/3(火)〜6/14(日) 
所在地110-0007
台東区上野公園7−7 
公共交通 JR上野駅公園口から徒歩約1分 京成上野駅徒歩約7分 
東京メトロ上野駅徒歩約8分 
道路案内 駐車場なし、車での来館不可 
開館時間 午前9時30分〜午後5時(金曜は午後8時まで) 
 春の企画展開催日から秋の企画展閉会日までの期間は5時30分まで
 入館は閉館30分前まで。 
休館日 月曜日(月曜が祝日の場合は火曜)年末年始(12/28〜1/1) 
入館料金
(常設時) 
一般420円 大学生130円 
高校生及び18歳未満と65歳以上、心身に障害のある方及び付添者無料
第2,4土曜と文化の日は無料観覧日 
展示内容 松方コレクションを中心にロダンの像、モネの睡蓮など 
ロダンの地獄の門は免震工事を施されて再公開 
デジタルギャラリー(超高精細画像検索システム)があります。 
観覧時間  
その他
(販売・友の会等) 
入り口フロアーにミュージアムショップ有 ポストカード、カタログを販売 
レストランでは中庭を見ながら食事ができます。 
報告者: 梅本 信一
更新日: 2008/09/06 0:00:00