島根県
1 /63ページ この県の先頭データへ 一つ前のデータへ 一つ後のデータへ この県の最後のデータへ 都道府県別indexへ戻る
しまねけんりつびじゅつかん   ジャンル
島根県立美術館   美術  
WEB http://www.shimane-art-museum.jp/  
TEL 0852-55-4700  
FAX 0852-55-4714  
企画展                     後期:5/15(水)~6/10(月) 
     火曜休館(ただし4/30は開館)
     開館時間:午前10時~日没後30分(展示室への入場は日没時刻まで)
     入館料金  畠山展のみ  コレクション展とのセット
       一般
1300円
  1450円
      大学生
1000円   1100円
     小中高生    400円
   500円

     身体障害者手帳(ミライロID)、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、
     被爆者健康手帳をお持ちの方と付添人1名無料

 株式会社荏原製作所の創業者であり数寄者でもあった畠山一清(号:即翁)が蒐集したコレクションを東京港区白金台に畠山記念館を設立して公開。即翁の愛蔵印「輿衆愛玩」には「自らの蒐集品を独占するのでは無く多くの人と共に楽しもう」という思いが込められている。施設改築工事のため休館している畠山記念館の所蔵品の中から、茶の湯と琳派の名品、加えて松平不昧ゆかりの品を紹介。
 重要文化財 ≪唐物肩衝茶入 銘 油屋≫ 中国・南宋~元時代(13~14世紀)
 重要文化財 ≪井戸茶碗 銘 細川≫ 朝鮮半島・朝鮮時代 
 重要文化財 ≪伊賀花入 銘 からたち≫ 桃山時代 
 ≪扇面月兎画賛≫本阿弥光悦筆 江戸時代 畠山記念館蔵 [前期展示5/13まで]
 ≪四季花木図屏風≫酒井抱一筆 江戸時代 畠山記念館蔵 [前期展示5/13まで]
 重要文化財 ≪躑躅図≫尾形光琳筆 江戸時代 畠山記念館蔵 [前期展示5/13まで]
 国宝 ≪離洛帖≫藤原佐理筆の書状 平安時代 畠山記念館蔵 [後期展示5/15から]
 ≪八橋図・秋草図団扇≫尾形光琳筆 江戸時代 畠山記念館蔵 [後期展示5/15から]

記念講演会:午後2時~(約90分)ホールにて、190席、午後1時30分開場、当日先着順
(1)5/12(日)「畠山即翁と『與衆愛玩』の想い」水田至摩子氏(畠山記念館学芸課長)
(2)5/26(日)「近代数寄者が憧れた松平不昧蒐集の茶道具」降矢哲男氏(京都国立博物館調査・国際連携室長)

学芸員によるスライドトーク:4/27(土)6/1(土)午後2時~(約60分)
    ホールにて、190席、午後1時30分開場、当日先着順

ギャラリートーク:5/15(水)午後2時~(約60分)
 水田至摩子氏(畠山記念館学芸課長)当日先着順

家族で参加 謎解きギャラリートーク;午前10時30分~(約45分)
     小中学生とその家族対象、企画展示室にて、児童福祉週間中、小中学生は無料
     4/28(日) 4/29(月・祝)5/5(日・祝) 5/6(月・祝)5/11(土)

絵本とおでかけ企画展示室:5/19(日)午前10時30分~(約60分)
  家族と来館した高校生以下は観覧料無料、当日先着順

松江城・松江歴史館・島根県立美術館スタンプラリー ~6/10(月) 
所在地690-0049
松江市袖師町1-5
公共交通 JR松江駅より徒歩15分
(JR松江駅から西へ山陰本線の高架下の市道を歩き、白潟天満宮を
通り抜け、市立病院前から宍道湖畔に抜ける道が近道です。) 
一畑電鉄松江温泉駅より、循環バス「レイクライン」で美術館前下車 
JR松江駅から松江市営バス南循環線内回り
(日中30分毎)で県立美術館前下車 
道路案内 山陰道、松江西ランプ車で5分
国道9号袖師交差点南進(駐車場より地下道を利用)
駐車場3時間まで無料 
開館時間 午前10時~午後6時30分(入館は閉館30分前まで) 
但し、3~9月の閉館は日没後30分まで延長。 
休館日 火曜日、年末年始 
入館料金
(常設時) 
一般\300 高校・大学生等\200 中学生以下無料 
展示内容 水との調和をテーマにした美術館で、西洋画・日本画・彫刻ともに水をイメージした作品を主に収蔵する。
宍道湖畔のロビーからは湖面に沈む夕陽をじっくり鑑賞できる。 
観覧時間  
その他
(販売・友の会等) 
オリジナルグッズとしてマウスパッドやキーホルダー、トートバッグなどがあります。ミュージアムパスポート会員の制度があり、年会費5000円でパンフレットの郵送の他、一年間いつでも企画展などの観覧ができます。ロビーまでは入館無料です。
喫茶・レストランがあり、またロビーからは宍道湖岸の公園へ出ることが出来ます。宍道湖岸公園にもモニュメントが多数展示しています。
秋にかけて夕陽も綺麗です。
そのモニュメントを見ながら湖岸の公園をを西のほうへブラブラ歩くと夕陽を臨む「平太」と「ガタピシ」のモニュメントあります。かつて朝日新聞に連載されていた4コマ漫画「ペエスケ」のキャラクターです。作者 園山俊二氏 が松江市出身のため、建てられたものです。
E-mail:sam@pref.shimane.lg.jp  
報告者: 明日香 光二=馬場 英明
更新日: 2023/09/03 0:00:00