島根県
1 /63ページ この県の先頭データへ 一つ前のデータへ 一つ後のデータへ この県の最後のデータへ 都道府県別indexへ戻る
しまねけんりつびじゅつかん   ジャンル
島根県立美術館   美術  
WEB http://www.shimane-art-museum.jp/  
TEL 0852-55-4700  
FAX 0852-55-4714  
企画展 ☆開館20周年記念展「堀江友聲−京に挑んだ出雲の絵師」〜6/3(月) 
所在地690-0049
松江市袖師町1−5 
公共交通 JR松江駅より徒歩15分
(JR松江駅から西へ山陰本線の高架下の市道を歩き、白潟天満宮を
通り抜け、市立病院前から宍道湖畔に抜ける道が近道です。) 
一畑電鉄松江温泉駅より、循環バス「レイクライン」で美術館前下車 
JR松江駅から松江市営バス南循環線内回り
(日中30分毎)で県立美術館前下車 
道路案内 山陰道、松江西ランプ車で5分
国道9号袖師交差点南進(駐車場より地下道を利用)
駐車場3時間まで無料 
開館時間 午前10時〜午後6時30分(入館は閉館30分前まで) 
但し、3〜9月の閉館は日没後30分まで延長。 
休館日 火曜日、年末年始 
入館料金
(常設時) 
一般\300 高校・大学生等\200 中学生以下無料 
展示内容 水との調和をテーマにした美術館で、西洋画・日本画・彫刻ともに水をイメージした作品を主に収蔵する。
宍道湖畔のロビーからは湖面に沈む夕陽をじっくり鑑賞できる。 
観覧時間  
その他
(販売・友の会等) 
オリジナルグッズとしてマウスパッドやキーホルダー、トートバッグなどがあります。ミュージアムパスポート会員の制度があり、年会費5000円でパンフレットの郵送の他、一年間いつでも企画展などの観覧ができます。ロビーまでは入館無料です。
喫茶・レストランがあり、またロビーからは宍道湖岸の公園へ出ることが出来ます。宍道湖岸公園にもモニュメントが多数展示しています。
秋にかけて夕陽も綺麗です。
そのモニュメントを見ながら湖岸の公園をを西のほうへブラブラ歩くと夕陽を臨む「平太」と「ガタピシ」のモニュメントあります。かつて朝日新聞に連載されていた4コマ漫画「ペエスケ」のキャラクターです。作者 園山俊二氏 が松江市出身のため、建てられたものです。
E-mail:sam@pref.shimane.lg.jp 
報告者: 明日香 光二=馬場 英明(TBE01536)
更新日: 2016/09/28 0:00:00