東京都
46 /341ページ この県の先頭データへ 一つ前のデータへ 一つ後のデータへ この県の最後のデータへ 都道府県別indexへ戻る
たかしまやしりょうかんとうきょう   ジャンル
高島屋史料館TOKYO   美術 歴史  
WEB https://www.takashimaya.co.jp/shiryokan/tokyo/  
TEL 03-3211-4111  
FAX  
企画展 ☆「ジャッカ・ドフニ 大切なものを収める家
      ーサハリン少数民族ウイルタと「出会う」」~8/25(日)
   月・火曜(祝日の場合は開館)8/21(全館休業日)休館

 かつて、北海道のオホーツク海に面した網走に存在したサハリン少数民族の資料館「ジャッカ・ドフニ」。それはウイルタ語で「大切なものを収める家」を意味し、ウイルタを中心に、ニブフ、樺太アイヌといった、サハリンに暮らした少数民族の生活文化を伝えた稀有な私設資料館で、2012年に約35年にわたる活動に終止符を打ち、所蔵資料の全てが北海道立北方民族博物館に引き継がれた。本展は、この「ジャッカ・ドフニ」の所蔵資料をまとまって東京で展示公開機会。
 1905年日露戦争後のポーツマス条約締結により、北緯50度以南が日本領と定められたサハリン島。サハリン島に暮らした少数民族にの生活慣習を一変させ彼らはアジア・太平洋戦争にも巻き込まれ、終戦後にシベリアへ抑留される人もいたり、日本への移住を決断せざるを得ない人もいた。「ジャッカ・ドフニ」設立に尽力したウイルタのゲンダーヌ(日本名:北川源太郎)さんはその一人。
 自らの意思とは無関係に、近代が設定した国境や国籍といった枠組みの中に取り込まれたサハリン少数民族の歴史や文化と出会う。 
所在地103-8265
中央区日本橋2-4-1 日本橋高島屋S.C. 本館4階・5階
公共交通 JR「東京駅」八重洲北口から徒歩5分
東京メトロ 銀座線・東西線「日本橋駅」直結
都営地下鉄 浅草線「日本橋駅」から徒歩4分 
道路案内 駐車場は、百貨店利用者に利用金額に応じた無料サービスあり 
開館時間 午前11時~午後7時 
休館日 月・火曜日、展示替え期間、年末年始 
入館料金
(常設時) 
無料 
展示内容 展示室(本館4階)では、「新しい生活文化を提案する場」として企画展を開催。様々なテーマの企画展示を高島屋アーカイヴスと連動して紹介。旧貴賓室(本館5階)では、重要文化財である日本橋店の創建当時の内装を生かした空間でセミナーを開催。 
観覧時間  
その他
(販売・友の会等) 
 
報告者: 明日香 光二/馬場 英明
更新日: 2019/08/24 0:00:00