東京都
290 /348ページ この県の先頭データへ 一つ前のデータへ 一つ後のデータへ この県の最後のデータへ 都道府県別indexへ戻る
やまもとゆうぞうきねんかん   ジャンル
山本有三記念館   文学  
WEB http://www.mitaka.jpn.org/yuzo/  
TEL 0422-42-6233  
FAX  
企画展 ☆企画展「山本有三 翻訳ものの世界」令和2年3/8(日)
   月曜休館(休日の場合は開館し、休日を除く翌日・翌々日が休館)
   入館料金:一般300円
        中学生以下、障害者手帳持参の方と介助者無料
 山本有三が、東京帝国大学を卒業後、新派三角同盟一座の座付き役者として活動したが
、役者に対する作者の無力を感じた作家としての雌伏期に、手掛けたストリンドベリ、シュニッツラーといった外国文学の翻訳から、どのような要素を吸収し、有三らしさを確立するに至ったかを探る。『死の舞踏』(大正5年)『情婦殺し』(大正15年)といった若き日の翻訳作品や「心に太陽を持て」の原稿、有三の芸術感がうかがえる随筆の初出誌等様々な資料をたのしむ。

ガイドボランティア:土日祝の午後1〜4時、事前予約不要

秋の朗読会:11/3(日・祝)午後6〜7時30分、定員35名、要入館券、要申込
  瀬戸口 郁氏(文学座)
申込方法:往復ハガキに(1)参加者氏名(2名まで)(2)代表者の住所・電話番号
 (3)何を見て応募したか (4)返信用ハガキに宛先  を記入して、 
  山本有三記念館「朗読会係」 10/11(金)必着、1人1応募のみ、応募多数の場合抽選 
所在地181-0013
三鷹市下連雀2-12-27 
公共交通 JR中央線三鷹駅南口下車、徒歩12分 
道路案内  
開館時間 9:30〜16:30 
休館日 月曜日(月曜日が祝休日の場合は開館し、翌日と翌々日は休館) 
入館料金
(常設時) 
無料 
展示内容 山本有三の作品や写真など、建物も旧山本有三邸で1926(大正15)年築の洋館 
観覧時間 20分 
その他
(販売・友の会等) 
 
報告者: 伊 謄
更新日: 2004/04/26 0:00:00