東京都
206 /345ページ この県の先頭データへ 一つ前のデータへ 一つ後のデータへ この県の最後のデータへ 都道府県別indexへ戻る
せいかどうぶんこびじゅつかん   ジャンル
静嘉堂文庫美術館   美術・歴史  
WEB http://www.seikado.or.jp  
TEL 03-3700-0007  
FAX 03-3700-2253  
企画展 ☆「日本刀の華 備前刀展」〜6/2(日)
    月曜休館(祝日は開館)5/7(火)休館
    開館時間:午前10時〜午後4時30分(入館は4時まで)
    入館料金:一般1000円 高大生700円 中学生以下無料
 上質な原料や水運の利に恵まれ、平安時代より優れた刀工を輩出し、圧倒的な生産量を誇り、今日「刀剣王国」と称される備前。「腰反(こしぞ)り」の力強い姿と、杢目(もくめ)を主体とした精緻な地鉄(ぢがね)に、「丁子乱(ちょうじみだ)れ」と呼ばれる変化に富んだ刃文が特徴とされ、鎌倉武士や戦国武将たちに用いられた。静嘉堂の蔵刀を中心に、重要文化財4振、重要美術品11振を含む在銘作約30振を精選し、「古備前(こびぜん)」と呼ばれる初期の刀工群から、一文字・長船・畠田・吉井・鵜飼など各流派による作風の展開をたどり、江戸幕府の御用をつとめた後藤家歴代とその門流(脇後藤)による刀装具を展示。さらに国宝「曜変天目(「稲葉天目」)」を特別出品。

講演会:午後1時30分〜 地階講堂にて 定員120名、無料、当日開館時より整理券配布(1名につき1枚
 5/26(日)「静嘉堂の備前刀について」吉川永一氏(日本刀剣保存会 幹事)
 5/5(日)河野元昭館長のおしゃべりトーク「浦上玉堂―酒仙画家 饒舌館長 口演す」

職方実演会「日本刀にたずさわる職方の技」5/18(土) 午前10時〜12時、午後1時〜4時30分 地階講堂にて
 実演:水野美行氏(日本刀鞘師)、小澤茂範氏(刀匠)、川上陽一郎氏(研師)
 当日受付、300円(入館料別)。

静嘉堂コンサート 「100万人のクラシックライブ」
 5/11日(土)午後2時〜 地下講堂にて 参加料円(入館料別途必要) 予約制

列品解説

展示内容・作品につい:担当学芸員(展示室または講堂にて)
午前11時〜:6/1(土)
午後2時〜 :5/9(木)・5/23(木) 
所在地157-0076
世田谷区岡本2-23-1 
公共交通 二子玉川駅下車、美術館行き東急コーチバス、静嘉堂文庫下車徒歩3分、もしくは岡本もみじが丘下車
成城学園前〜二子玉川間バス、吉沢下車徒歩7分
二子玉川駅からは徒歩約15分 
道路案内  
開館時間 午前10時〜午後4時30分(入館は4時まで) 
休館日 展覧会以外は休館、会期中は月曜日 
入館料金
(常設時) 
一般800円 高大生500円 小中生100円 
展示内容 岩崎彌之助、小彌太父子が収集した和漢の古典籍、絵画、陶磁器、漆芸、刀剣、茶道具、書 
観覧時間  
その他
(販売・友の会等) 
※帰りのバスは静嘉堂美術館前から乗ると激混みです。1つ前のバス停から乗った方が良いようです。 
報告者: 明日香 光二=馬場 英明(TBE01536)
更新日: 2015/11/01 0:00:00