東京都
13 /345ページ この県の先頭データへ 一つ前のデータへ 一つ後のデータへ この県の最後のデータへ 都道府県別indexへ戻る
せいかどうぶんこびじゅつかん   ジャンル
静嘉堂文庫美術館   美術・歴史  
WEB http://www.seikado.or.jp  
TEL 050-5541-8600  
FAX 03-3700-2253  
企画展 ☆開館記念展 静嘉堂創設130周年・新美術館開館記念展I
 「響きあう名宝―曜変・琳派のかがやき―」[前期]10/1(土) ~ 11/6(日)
                     [後期]11/10(木) ~ 12/18(日)
  休館日:月曜日、11/8(火)、11/9(水)
  開館時間:午前10時~午後5時 (金曜は6時まで、入館は閉館30分前まで)
      来館日時指定予約を推奨。
  入館料金:一般1500円 高大生1000円 中学生以下 無料
       障がい者手帳をお持ちの方(同伴者1名〈無料〉を含む) 700円

 世田谷岡本の地から、丸の内の重要文化財建築、明治生命館(昭和9年〈1934〉竣工)1階へ移転した開館記念展第1弾は、静嘉堂が所蔵する全ての国宝を始め、茶道具・琳派作品・中国書画や陶磁器・刀剣などの選りすぐりの名宝を、新たな建築空間に合わせ4つのテーマで展観。

 国宝《曜変天目(稲葉天目)》建窯 南宋時代(12-13 世紀)
 国宝 俵屋宗達筆 《源氏物語関屋澪標図屏風》 江戸時代・寛永8年(1631)

第1章 静嘉堂コレクションの嚆矢ー岩崎彌之助の名宝蒐集
 大名物《唐物茄子茶入 付藻茄子》《唐物茄子茶入 松本(紹鷗)茄子》南宋~元時代(13-14 世紀)
 《青磁鯱耳瓶(砧花入)》龍泉窯 南宋時代(13 世紀)
 重要美術品 《唐物茄子茶入 利休物相(木葉猿茄子)》南宋~元時代(13-14 世紀)
 国宝 《倭漢朗詠抄 太田切》 平安時代(11 世紀)

第2章 中国文化の粋
 国宝 伝 馬遠《風雨山水図》南宋時代(13 世紀)
 《牡丹堆朱稜花盆》明時代・永楽年間(1403-24)

第3章 金銀かがやく琳派の美
 酒井抱一 《波図屏風》 江戸時代・文化 12 年(1815)頃
 鈴木其一 《雪月花三美人図》 三幅対 江戸時代(19 世紀)
 重要文化財 尾形光琳 《住之江蒔絵硯箱》 江戸時代(18世紀)
 酒井抱一 《絵手鑑》 (全72図) 江戸時代(19 世紀)
 原羊遊斎 《八重菊蒔絵大棗》 江戸時代・文化14年(1817)
 原羊遊斎 《片輪車螺鈿蒔絵大棗》 江戸時代・文政12年(1829)

第4章 国宝「曜変天目」を伝えゆく―岩馨・渋世凌拡・�
 重要美術品《三彩鴨形容器》唐時代(7-8 世紀)
 《五彩牡丹鳳凰文盤》明時代(17世紀)




☆静嘉堂創設130周年・新美術館開館記念展II「初春を祝う―七福うさぎがやってくる!令和5年1/2(月・振) ~ 2/4(土)

☆静嘉堂創設130周年・新美術館開館記念展III「お雛さま―岩崎小彌太邸へようこそ」令和5年2/18(土) ~ 3/26(日) 
所在地100-0005
千代田区丸の内2-1-1 明治生命館1F
公共交通 地下鉄千代田線二重橋前〈丸の内〉駅 3番出口直結
JR東京駅 丸の内南口より 徒歩5分
JR有楽町駅 国際フォーラム口より 徒歩5分
大手町・丸の内・有楽町地区を結ぶ無料巡回バス「Marunouchi Shuttle」をご利用の場合、「丸の内マイプラザ」下車すぐ 
道路案内 最寄りの高速道路出口は、都心環状線「神田橋出口」「霞ヶ関出口」「丸の内出口(外回り出口専用)」など。館専用駐車場・駐輪場はなし、近隣の有料駐車場(丸の内パークイン)利用のこと。 
開館時間 午前10時~午後5時(金曜は6時まで、入館は閉館30分前まで) 
休館日 月曜日(祝日の場合は翌日)展示替期間、年末年始など 
入館料金
(常設時) 
一般1500円 高大専門生1000円 中学生以下 無料
 障がい者手帳提示の方700円(同伴者1名無料) 
展示内容 岩崎彌之助、小彌太父子が収集した和漢の古典籍、絵画、陶磁器、漆芸、刀剣、茶道具、書 
観覧時間  
その他
(販売・友の会等) 
ミュージアムショップあり。
東京美術学校(現 東京藝術大学)教授であった岡田信一郎(1883-1932)設計、昭和期の建造物として初めて重要文化財に指定された「明治生命館」にギャラリー所在。 
報告者: 明日香 光二=馬場 英明
更新日: 2022/08/28 0:00:00