鹿児島県
1 /64ページ この県の先頭データへ 一つ前のデータへ 一つ後のデータへ この県の最後のデータへ 都道府県別indexへ戻る
かごしまけんれきししりょうせんたーれいめいかん   ジャンル
鹿児島県歴史資料センター 黎明館   歴史/民俗  
WEB http://www.pref.kagoshima.jp/reimeikan/  
TEL 099-222-5100  
FAX 099-222-5143  
企画展 ☆黎明館企画展「近世薩摩藩の財政と商人」6/11(火)~9/1(日)
    月曜休館(7/15、8/12はのぞく)6/25(火)7/16(火)7/25(木)休館
    入館料金:一般420円 高大生260円 小中生160円
 薩摩藩は、加賀藩の100万石に次ぐ72万石の領地を与えられたが、藩内の土地は火山灰土壌で生産性は低く、参勤交代やお手伝普請において石高相当は大きな負担であった。しかし、船持商人である海商・浜崎太平次や、大坂に紙販売をした東郷の田代家は利益を上げていた。
 薩摩藩では。金山開発もあったが年々借財が増加し、19世紀前半には500万両に達し、そこで財政改革主任に任命されたのが調所広郷。彼は借金の返済を250年分割払いにして返済額を抑えながら殖産興業で利益を上げ、財政を立て直すものであった。本展では、薩摩藩の財政状況と、調所の改革、改革に協力した商人の活動について紹介。
  大樽川に建設された洗堰の図
  幕府からの知行目録
  海商 浜崎太平次の系図
  財政改革に協力した商人を武士に登用した記録
  調所広郷木像  など

学芸講座;6/30(日)3階講座室にて、午後1時30分~3時  
「近世薩摩藩の財政と商人」新福 大健氏(主任学芸専門員)
  電子申請または往復葉書で6/13までに申込

ふるさと歴史講座:7/13(土)3階講座室にて、午後1時30分~3時  
「薩摩藩主の庶民への視線」尾口 義男氏(鹿児島県史料編さん委員)
   電子申請または往復葉書で6/14~6/28に申込

展示解説:6/30(日)7/13(土)午後3時10分~50分
   7/27(土)8/10(土)8/31(土)午後1時30分~2時10分
 申込不要 
所在地892-0853
鹿児島市城山町5-1
公共交通 鹿児島駅から徒歩15分。西鹿児島駅から市電 市役所前下車徒歩5分、
カゴシマシティビュー薩摩義士碑前下車すぐ 
道路案内 国道10号鹿児島市内 駐車場あり 
開館時間 9時~17時(入館締切16時30分) 
休館日 月曜日(祝日のときは翌日) 毎月25日(土・日曜のときを除く) 
年末年始(12/31~1/2) 
入館料金
(常設時) 
一般300円 高大生190円 小中生120円 
展示内容 1階=鹿児島の通史 鹿児島の土地でどのような歴史があったのかを体系的に展示。
2階=鹿児島の民俗誌 農耕、漁業や言葉などをテーマ毎に整理して展示。歴史 1階と違う切り口で、特色ある歴史を紹介。明治維新史、古文書史など 
3階=美術/工芸 薩摩焼、刀など全国的にも良質の美術・工芸品を紹介 映像コーナー 鹿児島に関するビデオをオンデマンド(待時間なし)で視聴可 
観覧時間  
その他
(販売・友の会等) 
 
報告者: たなかだいすけ(田中大祐)
更新日: 2007/01/30 0:00:00