広島県
10 /78ページ この県の先頭データへ 一つ前のデータへ 一つ後のデータへ この県の最後のデータへ 都道府県別indexへ戻る
ひろしましげんだいびじゅつかん   ジャンル
広島市現代美術館   美術(現代美術)  
WEB http://www.hiroshima-moca.jp/  
TEL 082-264-1121  
FAX 082-264-1198  
企画展 ☆特別展「山口啓介 後ろむきに前に歩く」〜9/4(水)
   月曜休館
   入館料金:一般1000円 大学生700円 高校生・65歳以上500円 中学生以下無料
 方舟を描いた大型の銅版画作品でデビューした美術家 山口啓介(1962-)は花や種子、心臓、人体とモチーフを変化させ、絵画や立体などの作品を生みだした。 一方、東日本大震災が起きた3日後から山口は、後に《震災後ノート》と名付ける「日記」をつけはじめ、今現実の流れに抗して自分の足で歩こうとする山口の意志の現れといえるでしょう。 「人は未来を見ることはできず、見えるのは過去か、今という瞬間だけだから、後ろむきに前に進んでいるようなものだ。」と語る山口は現在、重なる顔をモチーフにした大型絵画の制作に力を注ぐ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆2019-I コレクション・ハイライト+特集「ある心の風景I―風景と記憶」〜10/6(日)
   月曜休館(祝日の場合は翌日)
   入館料金:一般300円 大学生200円 高校生・65歳以上150円 中学生以下無料
「コレクション・ハイライト」では、イギリスの作家を中心に、自然との関わりの中で制作を行ってきた作家の作品を展示。
 デニス・オッペンハイム、リチャード・ロング、ロジャー・アックリング、デイヴィッド・ナッシュ、戸谷成雄、甲斐雅之
 特集「ある心の風景I―風景と記憶」では、環境の変化によって変貌する風景の美術家の表現方法を見る。戦前の広島の風景から、ヒロシマ以後の世界を描いた絵画、風景の変化を記録にとどめた写真など。
 失われた風景/山路商、山口長男、上永井正、灰谷正夫、土屋幸夫、駒井哲郎、長谷川潔、浜口陽三
 もう一つの風景/吉田穂高、井上覚造、司修、松本英一郎、大岩オスカール、エイドリアン・バーグ、山本正道、会田誠、福田美蘭、クリスト
 記録された風景/河原温、野村仁、小沢剛、宮本隆司、土田ヒロミ、下道基行、松江泰治、米田知子

アートナビ・ツアー:毎週土日祝日:午前11時45分〜12時15分および午後2時45分〜3時15分
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆オープン・プログラム夏のオープンラボ:タイルとホコラとツーリズム season6
《もうひとつの広島(フィールド・オブ・ドリームス)》〜9/29(日)
   月曜休館(祝日の場合は翌日)
   入館無料
 京都市内に点在する路傍祠のリサーチをきっかけに、美術家の谷本研と中村裕太が2014年より展開するプロジェクト「タイルとホコラとツーリズム」は、祠にまつわる土着の信仰や人々の営みに向き合い、観光のまなざしと独自のユーモアを交えて作品を生み出した。
 今回は、比治山のふもとに位置する段原地区でのリサーチを出発点とし、明治期に同地区出身の和田郁次郎(1847-1928)率いる多くの広島県人が、北海道の現・北広島市に開拓移民として入植したことに着目。1984年に広島市内のデパートで開催された「北海道移住100年記念展」を糸口に、当時の記録資料や、現在の北広島市民の手で制作された映像コンテンツなどを交えて、野球場に見立てた会場に展示を構成。




☆夏のオープンラボ「タイルとホコラとツーリズム」〜9/29(日)

☆「インポッシブル・アーキテクチャー もうひとつの建築史」9/18(水)〜12/8(日)

☆2019-I コレクション・ハイライト+特集「ある心の風景機宿景と記憶」〜10/6(日) 
所在地732-0815
広島市南区比治山公園1-1 
公共交通 広電「比治山下」電停より徒歩7分←上り坂です 
広島駅からバス:広島バス26-1系統「旭町」行き、31系統「県病院」行き、広電バス5系統「大学病院」行き
  「段原中央」下車、動く歩道比治山スカイウォーク経由で約700m 
道路案内 駐車場:比治山公園内(約120台分無料)広島段原サティ駐車場(サティ休業日を除く、サティ1Fサービスカウンターで館入場券半券または入場整理券提示で当日に限り2時間無料) 
開館時間 10時〜17時(入館は16時30分まで) 
休館日 月曜日(祝日または8/6は開館、翌日休館)12/29-1/3 
入館料金
(常設時) 
大人360円(280円)  大学生270円(210円)  小人170円(130円)
()内は30名以上団体 
展示内容 第2次世界大戦後の日本と世界の美術
ヒロシマへの関連を示す現代美術作品 
観覧時間  
その他
(販売・友の会等) 
ミュージアムショップあり 
E-mail:hcmca@hcmca.cf.city.hiroshima.jp 
報告者: Quita /北村 尚巳(VEF00424)
更新日: 2012/10/31 0:00:00