岡山県
1 /87ページ この県の先頭データへ 一つ前のデータへ 一つ後のデータへ この県の最後のデータへ 都道府県別indexへ戻る
おかやまけんりつびじゅつかん   ジャンル
岡山県立美術館   美術  
WEB http://okayama-kenbi.info/  
TEL 086-225-4800  
FAX 086-224-0648  
企画展 ☆「小林正和とその時代―ファイバー・アート、その向こうへ」~5/26(日)
   月曜休館(4/29・5/6は開館)5/7(火)休館
   開館時間:午前9時~午後5時(4/27(土)5/25(土)は7時まで、入館は閉館30分前まで)
   入館料金:一般1200円 65歳以上1000円 高大生500円 中学生以下無料
        障がい者手帳等をご持参の方とその介護者1名は無料

 1960年代、欧米で伝統的な技法を踏まえつつ、天然・合成繊維のみならず金属や鉱物などさまざまな素材を取り込んで、平面から立体そして空間へと展開したテキスタイルの作品群は、ファイバーアート(繊維造形)と呼ばれ、世界へと波及した。京都生まれの小林正和(1944ー2004)は、1970年代後半からファイバーアートの第一人者として国内外で活躍、1995年からは岡山県立大学で後進の指導にあたった。本展は、小林の生誕80年・没後20年を記念し、代表作や関連資料を紹介するとともに、同時代で活躍した作家たちの作品を加え、日本のファイバーアートの展開を概観。


美術の夕べ「小林正和とその時代」展をみる
4/27(土)午後5時30分~6時30分 2階展示室等にて
講師:福冨 幸氏(当館副管理者・学芸課長事務取扱)


座談会:5/3(金・祝)午後2~3時30分 地下1階講義室にて
      定員70名(当日先着順・聴講無料)
「岡山県立大学と小林正和」
パネラー:草間吉吉雄氏(出品作家・岡山県立大学名誉教授)(吉吉は1字)
     島田清徳氏(出品作家・岡山県立大学工芸工業デザイン学科長)
 聞き手:福冨 幸氏


美術館講座:5/11(土)午後2~3時30分 地下1階講義室にて
      定員70名(当日先着順・聴講無料)
「繊維造形を考える」福冨 幸氏





☆特別展「北斎と広重 冨嶽三十六景への挑戦 江戸東京博物館コレクションより」6/7(金)~7/7(日)

☆特別展「鈴?敏夫とジブリ展」7/9(火)~9/1(日)

☆岡山の美術展「没後八十年 波多野華涯 ― 筆と生きた女性」7/13(土)~8/25(日)

☆特別展第75回「岡山県美術展覧会」9/4(水)~9/15(日)

☆特別展「世界遺産 大シルクロード展」9/16(月・祝)~11/10(日)

☆岡山の美術展「藤原和通」9/21(土)~11/10(日)サウンドアーティスト

☆特別展 第71回「日本伝統工芸展岡山展」11/21(木)~12/8(日)

☆岡山の美術展「I氏賞受賞作家展 日原聖子・山田彩加・加瀬野裕介・花房紗也香」11/21(木)~12/22(日)
 第13回受賞者の日原聖子(造形一般)、山田彩加(版画)、第14回受賞者の加瀬野裕介(造形一般)、花房紗也香(絵画)

☆岡山の美術展「もっと伝統工芸 漆芸」11/21(木)~12/22(日)

☆収蔵品展示「満谷国四郎-新収蔵品と雑誌挿絵をまじえて-第2篇」12/24(火)~令和7年2/2(日)

☆特別展「柚木沙弥郎 永遠のいま」令和7年2/14(金)~3/23(日) 
所在地700-0814
岡山市北区天神町8-48
公共交通 JR岡山駅から徒歩15分 
岡電バス藤原団地行き「美術館前」下車 
宇野バス四御神行または瀬戸駅行「表町入口」下車徒歩3分
市内電車東山行き「城下」下車徒歩3分 
道路案内  
開館時間 午前9時~午後5時(入館は閉館の30分前まで) 
休館日 月曜日(祝休日は開館、翌日休館)年末年始、展示替え期間 
入館料金
(常設時) 
一般350円 大学生250円 65歳以上170円 高校生以下無料 
展示内容 岡山出身の雪舟・浦上玉堂・国吉康雄・坂田一男・平櫛田中などの作品を収蔵展示。特別展やイベントも多い 
観覧時間  
その他
(販売・友の会等) 
E-mail:kenbi@pref.okayama.lg.jp 
報告者: こびき/佃 和佳
更新日: 2017/12/30 0:00:00