島根県
34 /63ページ この県の先頭データへ 一つ前のデータへ 一つ後のデータへ この県の最後のデータへ 都道府県別indexへ戻る
しまねけんりついわみびじゅつかん   ジャンル
島根県立石見美術館   美術  
WEB http://www.grandtoit.jp/  
TEL 0856-31-1860  
FAX 0856-31-1884  
企画展 ☆企画展「生誕150年 大下藤次郎と水絵の系譜」前期:〜1/25(月)
                       後期:1/27(水)〜2/20(土)
       〜1/1、毎週火曜休館
      入館料金:企画展   企画展・コレクション展セット
          一般 1000円    1150円
         大学生 600円    700円
        小中高生 300円    300円
        各種障がい者手帳をお持ちの方およびその介助者(1名様まで)は入場無料
 本展は、日本における水彩画の地位を確立し、明治期を代表する水彩画家として活躍した大下藤次郎(1870〜1911)の生涯と画業を振り返る。水彩画の普及に人生を捧げた大下が、その著書や講習会などを通じて伝えようとした水彩画表現の魅力に迫るとともに、大下が自らの道を歩む過程で出会った人々、水彩画を愛した仲間達の作品も紹介。
  大下藤次郎《猪苗代》1907年 水彩、紙(前期展示)
       《秋の雲》1904年 水彩、紙 (前期展示)
  吉田ふじを《少女と網を持つ少年》1902年頃(前期展示)
  三宅克己《ニューヘヴンの雪》1898年 水彩、紙(前期展示)

  丸山晩霞《高原の秋草》1895〜98年 水彩、紙 

  大下藤次郎《檜原湖の秋》1907年 水彩、紙(後期展示)
      《紫陽花》1904年 水彩、紙(後期展示)
  アルフレッド・ウィリアム・パーソンズ《日光の小堂》1892年 水彩、紙(後期展示)
  石井柏亭《病児》1904年 水彩、紙 (後期展示)

記念講演会:午後2〜3時30分、講義室(当日先着25名/聴講無料)申込不要、参加無料
1/16(土)「山を描いた水彩画家たちー大下藤次郎を中心に」斎藤郁夫氏(山口県立美術館 学芸参与)
2/7(日)「修復のはなし」尾形純氏(画家・修復家)



☆企画展「北斎−永田コレクション名品展」12/24(水)〜令和3年2/15(月)

☆コレクション展「『みる』をめぐる」令和3年1/13(水)〜2/23(火・祝) 
所在地698-0022
益田市有明町5-15 
公共交通 石見交通グラントワ前バス停から徒歩1分
JR益田駅から徒歩約15分 
道路案内 萩・石見空港から6km、浜田道浜田ICから約40km(約50分)駐車場200台無料。 
開館時間 午前10時〜午後6時30分(入館は6時まで) 
休館日 火曜日(祝日は開館、翌日休館)年末年始(12/30〜1/3) 
入館料金
(常設時) 
一般300円 大学生200円 高校生以下無料
 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健手帳をお持ちの方及び
 その介助者は観覧無料。 
展示内容 津和野出身の森鴎外と交友のあった作家の作品、石見地方のゆかりの美術家の作品や、石見を題材にした作品、服飾やファッションに関する写真や印刷、絵画表現。 
観覧時間 約1時間 
その他
(販売・友の会等) 
E-mail:zaidan@pref.shimane.lg.jp
島根県芸術文化センター「グラントワ」内にあり、いわみ芸術劇場を併設
レストランあり 
報告者: 明日香 光二/馬場 英明
更新日: 2010/08/28 0:00:00