奈良県
76 /88ページ この県の先頭データへ 一つ前のデータへ 一つ後のデータへ この県の最後のデータへ 都道府県別indexへ戻る
ならけんりつまんようぶんかかん   ジャンル
奈良県立万葉文化館   美術 歴史 文学  
WEB http://www.manyo.jp  
TEL 0744-54-1850  
FAX 0744-54-1852  
企画展 ☆「万葉の起憶―偉人たちがしたためた万葉歌碑原書を中心に―」〜2/28(日)
    月曜休館(祝日の場合は翌日)
    入館料金:一般800円 高大生500円 小中生300円憶―偉人たちがしたためた万葉歌碑原書を中心に―」を開催いたし

 奈良県桜井市に残る「山の辺の道」や「伊勢街道」「磐余の道」など古道の路傍には記紀万葉の歌碑が64基建立されている。桜井市出身で文芸評論家の保田輿重郎(1910−1981)の呼びかけにより昭和47年(1972)から歌碑の建立が始まり、昭和を代表する作家、文学者、画家、学者など各界の著名人から揮毫が寄せられた。本展は原書のうち28点(拓本5点を含む)を展示し、昭和の文人たちの躍動感あふれる書と、画家が『万葉集』を丹念に読み込んで描いた万葉文化館所蔵の「万葉日本画」をあわせて展示することで大和の風土に託された古代の人々の想いに触れながら『万葉集』の世界を楽しむ。
   浜田泰介《月と三山》 1999年
   三輪敦子《大伯皇女》 1996年
   保田與重郎 書 万葉歌碑原書(雄略天皇)

講演会:1/30(土)午後2時開演(開場は1時30分〜)
 坂本 信幸 氏
 参加人数:100名(事前申込制、参加費無料、応募多数の場合は抽選、往復はがきのみ受付)
 申込方法:往復はがきに郵便番号・住所・氏名・電話番号・「関連講演会聴講希望」と記入(1枚につき1名のみ申込可)
 応募締切:1/10(日) 必着
 応募先:〒634−0103 奈良県高市郡明日香村飛鳥10 奈良県立万葉文化館 企画普及係(学芸) 
所在地634-0103
高市郡明日香村飛鳥10番地 
公共交通 近鉄橿原神宮前駅東口より「飛鳥駅」「岡寺前」行きバス、万葉文化館西口下車
近鉄・JR桜井駅南口より石舞台行きバス、万葉文化館下車 
道路案内 駐車場普通車110台、バス7台有料
観覧券購入者、または2000円以上買い物・食事の方は駐車場無料(但し大型車の場合観覧券10名以上) 
開館時間 午前10時〜午後5時30分(入館は5時まで) 
休館日 水曜日(祝日は開館、翌日休館)12/24〜1/4
平成25年4月より月曜 
入館料金
(常設時) 
一般展示室(万葉の歴史、飛鳥池遺跡)は無料
日本画・企画展示:一般600円 高大生500円 小中生300円
 身体・知的・精神障害者と付添1名は無料 
展示内容 万葉を題材にした創作日本画154点のうち40〜50点をテーマ/季節別に展示、ゲームやクイズ、映像で万葉人の暮らしや万葉歌人を紹介。
飛鳥池遺跡炉跡の復元展示。 
観覧時間 1時間 
その他
(販売・友の会等) 
友の会組織あり。カフェレストランICHIE、ミュージアムショップあり。
E-mail:museum@manyo.jp 
報告者: 明日香光二/馬場(TBE01536)
更新日: 2014/08/29 0:00:00