奈良県
1 /88ページ この県の先頭データへ 一つ前のデータへ 一つ後のデータへ この県の最後のデータへ 都道府県別indexへ戻る
いりえたいきちきねんならししゃしんびじゅつかん   ジャンル
入江泰吉記念奈良市写真美術館   美術(写真)  
WEB http://irietaikichi.jp/  
TEL 0742-22-9811  
FAX 0742-22-9722  
企画展 ☆マーク・ピアソン フォト・コレクション展「忘却の彼方へ−日本写真の黎明期から現在まで」
         (第一章日常生活1850-1985)〜令和3年2/14(日)
     月曜(祝日は開館)と祝日の翌日、年末年始(12/25〜1/4)休館
     入館料金:一般500円 高大生200円 小中生100円
          障がい者手帳・療育手帳・精神障がい者保健福祉手帳をお持ちの方
            奈良市在住の70歳以上無料

 マーク・ピアソンは、東アジア写真史の重要な作品、貴重な作品の展示や写真集などをプロデュースするとともに、若手写真家の実験的でコンテンポラリーな作品紹介にも積極的に取り組み、2万点におよぶ写真作品の収集にも力を入れ、国内外にアジアの写真文化を発信。そのマーク・ピアソンの膨大な写真コレクションの中からテーマを設け3回にわたって紹介。第1回目は日本に写真が伝来し、幕末から明治期に撮られた古写真をはじめ、農村や漁村の暮らし、人が行きかう街のスナップなど、日本を代表する写真家がとらえた写真群と当館所蔵の入江泰吉作品を加えて紹介。
 木村伊兵衛「東京 月島」1954年
 フェリーチェ・ベアト「魚売り」1867年
 南良和「21歳の嫁の手」1963年
 橋本照嵩「筑紫平野をゆく“こんかいさん”(九州瞽女)」1981年
 井上青龍「釜ヶ崎」1961年
 入江泰吉「石舞台」1951年頃  など

作品解説:毎月第2・4土曜日 午後2時〜 
所在地630-8301
奈良市高畑町600−1 
公共交通 JR・近鉄奈良駅から市内循環バスで破石町下車、東へ徒歩10分 
道路案内 駐車場1時間無料 
開館時間 午前9時30分〜午後5時(入館は午後4時30分まで) 
休館日 月曜日(休日は開館)休日の憶日、年末年始(12/27〜1/3)展示替え期間 
入館料金
(常設時) 
一般500円 高大生200円 小中生100円
 毎週土曜日、夏休み期間中は小中高生は無料、70歳以上の奈良市民無料
 障がい者手帳・療育手帳・精神障がい者保健福祉手帳をお持ちの方は無料
写真の日(6月1日)は観覧無料 
展示内容 没後、奈良市に寄付された入江泰吉氏の写真を所蔵。
A展示室で入江作品を、B展示室で主に他の作家の作品展を開催。
入江記念室(愛用カメラなど)あり。 
観覧時間 40〜50分 
その他
(販売・友の会等) 
作品解説は第2土曜2時から。入江氏著書や絵はがきの販売あり。
喫茶コーナーあり。
萩の寺で知られる新薬師寺・白亳寺が近い。 
改修工事のため、3/20(木・祝)まで入館無料(展示は行われています) 
報告者: 明日香 光二=馬場 英明(TBE01536)
更新日: 2015/07/27 0:00:00