奈良県
3 /88ページ この県の先頭データへ 一つ前のデータへ 一つ後のデータへ この県の最後のデータへ 都道府県別indexへ戻る
ならこくりつはくぶつかん   ジャンル
奈良国立博物館   美術・歴史  
WEB http://www.narahaku.go.jp  
TEL 0742-22-7771  
FAX 0742-22-7218  
企画展 ☆「おん祭と春日信仰の美術」〜令和3年1/17(日)
    月曜(1/11は開館)12/28(月)〜1/1(金)、1/12(火)
    開館時間:午前9時30分〜午後5時(入館は閉館の30分前まで)
    入館料金:一般700円 大学生350円
     高校生以下および18歳未満の方、満70歳以上の方、
      障害者手帳をお持ちの方(介護者1名)は無料
      おん祭お渡り式の日(12/17(木))はすべての方が無料
      高校生以下及び18歳未満の方と一緒に観覧される方は、一般100円引き、大学生50円引き
  春日大社の摂社・若宮神社の祭礼で、平安時代の保延2年(1136)に始まったとされる、春日若宮おん祭は今年で885年目を迎え若宮神が御旅所に1日だけ遷座される。本展はおん祭の歴史と祭礼を紹介し、春日大社への信仰に関わる美術を紹介。本年は、、春日信仰の中で数多く生み出された神鹿の美術に焦点を当てまる。
  鹿図屏風(奈良・春日大社) 12/22(火)〜1/17(日)展示
  鹿島立神影図 鹿島立神影図  絹本著色 南北朝時代(14世紀) 12/8(火)〜12/20(日)展示
  銀鶴 国宝 銀鶴 (若宮御料古神宝類のうち) 春日大社 銀製 平安時代(12世紀)
  春日若宮御祭礼絵巻 奈良・春日大社 紙本著色 江戸時代(17世紀)
  鹿座仏舎利および外容器 春日大社  江戸時代 慶安5年(1652)
  春日神鹿舎利厨子 鎌倉〜南北朝時代(14世紀)
  重要文化財 春日鹿曼荼羅 絹本著色 鎌倉時代(13〜14世紀) 12/8(火)〜12/20(日)展示
  紅葉鹿蒔絵小鼓胴 高山阿波作 春日大社 木製 黒漆塗 蒔絵 江戸時代(17世紀)

公開講座:館サイトの申込み画面より要申込、90名(事前申込先着順)12/14(月)午前10時〜1/8(金)午後5時
1/9(土)「春日大社と神鹿の造形」渡邉 亜祐香氏(春日大社国宝殿学芸員) 午後1時30分〜3時(午後1時開場)講堂にて




☆特別展「国宝 聖林寺十一面観音―三輪山信仰のみほとけ」令和3年2/6(土)〜3/28(日) 
所在地630-8213
奈良市登大路町50 
公共交通 近鉄奈良駅から徒歩10分 
JR/近鉄奈良駅から市内循環バス氷室神社・国立博物館下車 
道路案内 駐車場は付近の県営駐車場を利用(有料) 
開館時間 午前9時30分〜午後5時
 4月最終から10月最終までの毎週金曜日は、午後7時まで開館。
 1月第4土曜日、節分の日、3/12、8/15、12/17は午後7時まで
 いずれも入館は閉館の30分前まで。 
休館日 月曜(休日の場合は翌日。連休の場合は終了後の翌日)
 年末年始(年度によって変わる) 
入館料金
(常設時) 
一般500円 高大生250円 中学生以下無料
障害者手帳をお持ちの方(介護者1名を含む)および70歳以上の方は無料
※子どもといっしょ割引:子ども(中学生以下)と一緒に観覧なら平常展は割引。※レイト割引:冬休み(12・1月)及び夏休み(7・8月)期間で、開館時間延長時の午後5時以降に平常展の観覧を割引。 
展示内容 本館で仏教美術の流れ。建物自体が重要文化財。新館で特別展、特別陳列。
地下に、仏像の知識コーナーなど。毎年11月初めの正倉院展。 
観覧時間 常設を全部見れば約1時間30分、他に特別展・特別陳列 
その他
(販売・友の会等) 
E-mail:webmaster@narahaku.go.jp
パスポート(友の会カード)は随時受付。
地下にミュージアムショップが充実。喫茶コーナーは隣。 
報告者: 明日香 光二=馬場 英明(TBE01536)
更新日: 2014/08/29 0:00:00