兵庫県
15 /170ページ この県の先頭データへ 一つ前のデータへ 一つ後のデータへ この県の最後のデータへ 都道府県別indexへ戻る
よこおただのりげんだいびじゅつかん   ジャンル
横尾忠則現代美術館   美術  
WEB http://www.ytmoca.jp/  
TEL 078-855-5602  
FAX  
企画展 ☆「兵庫県立横尾救急病院展」2/1(土)〜5/10(日)
   月曜休館(祝日の場合は翌日)
   入館料金:一般700円 大学生550円 70歳以上350円 高校生以下 無料

 美術家・横尾忠則の肉体と生活・創作との関係を探ることを目的に期間限定で“開院”。頭や心よりも肉体感覚を通して得られるものに信頼を置く横尾の生き方を基本理念に、絵画、版画、ドローイング、著書や愛読書といった幅広い作品と資料から、皆様に肉体との付き合い方を見つめ直す機会を提供。
 “入院病棟”では、様々な病歴を持つ横尾の「病気」にまつわる作品や、病床での日記、入院中のスケッチなどを紹介し、怪我や病気がは、横尾にとって忌むべき存在ではなく、ときに人生の危機を救い、自己の生活や芸術を見つめ直すきっかけを与えてくれた。また80歳を越えた現在、横尾が直面する難聴や視力低下といった肉体の変化にも目を向け、老いと創造の関係を探究も探求。
  《エジソンと点滴》2018年
  《突発性難聴になった日》2019年
  《Crutch》1980年
  《The Crisis Eve of a Leg Amputation》2013-2014年
  《今夜の酒には骨がある》1998年

神戸労災病院 健康フェア:骨密度測定、血圧・動脈硬化度測定 
          デジタル・サイネージでの放映(「内視鏡検診のすすめ」「人間ドックのすすめ」)
2/8(土)午前11時〜午後5時(定刻より早く受付を終了する場合あり)
 オープンスタジオ,
参加無料、先着順

講演会:3/7(土)オープンスタジオにて、午後2〜3時30分 定員100席(当日先着順)無料
「健康学入門 〜宇宙船人間丸 創造マニュアル」稲葉俊郎氏(東京大学医学部附属病院循環器内科助教)

横尾忠則とクイズの饗宴:3/28(土)オープンスタジオにて、午後2〜4時30分、無料
  一般社団法人日本クイズ協会、QUIZ JAPAN

キュレーターズ・トーク:当館学芸員による、オープンスタジオにて、入館券のみ
2/29(土)3/14(土)4/18(土)午後2時〜45分 
所在地657-0837
神戸市灘区原田通3-8-30 
公共交通 阪急電車 王子公園駅徒歩約6分
JR 灘駅 徒歩約10分 
阪神電車 岩屋駅(兵庫県立美術館前)徒歩約20分 
神戸市営バス 「王子動物園前」停留所 徒歩約3分
 90系統(中突堤中央ターミナル←→石屋川・石屋川車庫前)
 92系統(三宮神社前←→石屋川・石屋川車庫前) 
道路案内 阪神高速神戸線 摩耶ICより約8分(約2.5km)
阪神高速神戸線摩耶ICより国道2号線(大阪方面)へ
 船寺交差点を左折(北上)
 水道筋3交差点を左折
 阪急ガード下をくぐり約300m直進
有料駐車場あり(原田の森ギャラリーとの共用駐車場)
 利用時間:10時〜18時 
開館時間 午前10時〜午後6時(金土曜は8時まで、入館は閉館30分前まで) 
休館日 月曜日(祝日の場合は翌日)年末年始、メンテナンス休館 
入館料金
(常設時) 
展覧会ごとに定める 
展示内容 西脇市出身の美術家、横尾忠則からの寄贈・寄託作品を適切な環境で保管し展覧するため、兵庫県立美術館王子分館(旧兵庫県立近代美術館、村野藤吾設計)の西館をリニューアルし、2012年11月に開館。コレクションを軸に、国際的に高く評価されている横尾忠則芸術の魅力を国内外にアピールし、横尾と関わりのある様々な分野のアーティストや、横尾作品に関連するテーマ展など、多彩な展覧会を開催。 
観覧時間  
その他
(販売・友の会等) 
ミュージアムショップ、カフェ、オープンスタジオあり 
報告者: 明日香 光二/馬場 英明
更新日: 2012/12/30 0:00:00