大阪府
174 /180ページ この県の先頭データへ 一つ前のデータへ 一つ後のデータへ この県の最後のデータへ 都道府県別indexへ戻る
まさきびじゅつかん   ジャンル
正木美術館   美術 歴史  
WEB http://masaki-art-museum.jp/  
TEL 0725-21-6000  
FAX 0725-31-1773  
企画展 ☆春季展「和歌と墨蹟 詩歌に詠まれた和漢の心」【前期】4/3(土)~5/16(日)
                    【後期】5/20(木)~7/4(日)
   月曜休館(5/3は開館 5/6(木)5/18(火)19(水)は休館)
   入館料金:一般700円 高大生500円 小中生300円
         障がい者手帳の提示で本人を含む2名まで半額

 正木コレクションの優品「蓮図」(重要文化財)を描いた、足利将軍の同朋衆であった能阿弥(1397~1471)は、足利将軍家が所蔵する中国渡来の絵画・工芸品の管理を任されており、和歌や連歌にも長じた文化人だった。水墨画には漢詩が付される通例が、能阿弥は本作に和歌を詠み込み、和と漢両文化も通じていたからこそ。日本では優れた歌人を歌仙と称して崇敬の対象にし、平安時代後期頃、歌仙の姿に代表的な歌を付す歌仙絵が登場し、鎌倉時代には似絵と呼ばれる肖像画に合わせ多く制作された。藤原公任(966~1041)による『三十六人撰』にもとづいた、歌聖柿本人麻呂をはじめとする三十六歌仙絵は多く伝わる。本展では、過ぎ行く春を愛惜する詩を詠んだ「滅翁文礼墨蹟」(重要文化財)や、美しい歌で彩られる『源氏物語』を主題とした作品などを併せて展示。
    重要文化財「蓮図」能阿弥筆
    重要文化財「滅翁文礼墨蹟 春遊の詩」
    「秋萩蒔絵箱」
    「熊川茶碗 銘たちばな」
    「三十六歌仙絵 斎宮女御」前期展示
    「三十六歌仙絵 凡河内躬恒」後期展示
    「横川景三墨蹟」後期展示  など





☆秋季展「禅の心とすみいろー師資相承の世界ー」前期:9/4(土)~10/17(日)                       後期:10/21(木)~12/5(日) 
所在地595-0812
泉北郡忠岡町忠岡中2-9-26
公共交通 南海本線忠岡駅下車、徒歩15分 
泉大津駅下車、タクシー5分 
道路案内 駐車場有り無料(バス1台乗用車5台) 
開館時間 午前10時~午後4時30分(入館は4時まで) 
休館日 水曜日 
入館料金
(常設時) 
一般700円 高大生500円 小中生300円 
展示内容 鎌倉・室町時代の水墨画、中国・日本の禅僧の墨蹟が中心。
小野道風「三体白氏詩巻」、藤原行成「白氏詩巻」、大燈国師「渓林偈、南嶽偈」の3点の国宝、「千利休像」など重文12点。 
観覧時間  
その他
(販売・友の会等) 
E-mail:masaki-museum@msi.biglobe.ne.jp 
報告者: 明日香 光二=馬場 英明
更新日: 2019/05/01 0:00:00