大阪府
173 /182ページ この県の先頭データへ 一つ前のデータへ 一つ後のデータへ この県の最後のデータへ 都道府県別indexへ戻る
おおさかふりつさやまいけはくぶつかん   ジャンル
大阪府立狭山池博物館   歴史 科学・産業  
WEB http://www.sayamaikehaku.osakasayama.osaka.jp  
TEL 072-367-8891  
FAX 072-367-8892  
企画展 ☆令和6年春季企画展「土木遺産展―石をはこぶ 瀬戸内の石の島から大阪へ―」~5/12(日)
    月曜休館(祝日の場合は翌日)
    入館無料

 土木構造物や建造物を造るのに不可欠な素材である「石」をどのようにして利用してきたのかにスポットをあてる。長く日本の土木技術を支えてきた瀬戸内の花崗岩とその石切技術として、小豆島は、大阪にある石造構造物に多く使われている石の出どころとなっている。石が切り出され、海を越えて大阪に運ばれ、利用された方法に注目する。

歴史講演会:3/31(日)午後2~4時
 「近世初期の巨石採石技術:小豆島石丁場の分析から」高田 祐一氏(奈良文化財研究所)
 「豊臣大坂城と徳川大坂城―二つの大坂築城と石運び」
         北川 央氏(九度山・真田ミュージアム名誉館長)
    
シンポジウム「石をはこぶ 瀬戸内の石の島から大阪へ」4/7(日)午後1時30分~4時
 「絵図と古文書にみる石の島、小豆島」
    橋詰 茂氏(小豆島石丁場調査団長・香川歴史学会会長)
 「遺跡にみる石の島、小豆島」    
    大嶋 和則氏(高松市創造都市推進局 文化財課 課長補佐)
 「大坂城の石垣と小豆島」宮本 裕次氏(大阪城天守閣館長)
歴史講演会・シンポジウムともに無料・申し込み不要(当日先着順・定員126名) 
所在地589-0007
大阪狭山市池尻中2丁目
公共交通 南海高野線大阪狭山市駅下車 西へ徒歩10分 
道路案内 国道310号から狭山池北堤へ。博物館には乗用車用駐車場なし、
狭山池公園を利用されそちらから入館される場合に北堤駐車場
を利用のこと。団体(観光バス)障害者の方は別途相談のこと。 
開館時間 午前10時~午後5時(入館は4時30分まで) 
休館日 月曜日(祝日は開館、翌日休館)と12/28~1/4 
入館料金
(常設時) 
無料 
展示内容 日本最古のダム式ため池・狭山池の土木遺産を保存・展示。狭山池の1400年前~現代を物語る堤体断面の実物(15×60m)、616年に作られた樋管、鎌倉時代の重源狭山池改修碑、江戸時代、堤の滑りを防ぐ「木製枠工」など。末永雅雄記念コーナー。 
観覧時間 約40分 
その他
(販売・友の会等) 
ボランティア解説あり(日による)
販売は図録のみ、喫茶コーナーあり。
狭山池公園に隣接、池の周囲(遊歩道あり)は2.85km。 
報告者: 明日香 光二=馬場 英明
更新日: 2002/06/02 0:00:00