京都府
65 /156ページ この県の先頭データへ 一つ前のデータへ 一つ後のデータへ この県の最後のデータへ 都道府県別indexへ戻る
きよみずさんねんざかびじゅつかん   ジャンル
清水三年坂美術館   美術  
WEB http://www.sannenzaka-museum.co.jp/  
TEL 075-532-4270  
FAX 075-532-4271  
企画展 ☆企画展「調度を彩る蒔絵の美」2/23(土)〜5/19(日)
     月・火曜休館
     入館料金:大人800円 中高大生500円
 漆器に金銀等の粉を蒔きつけて定着させる技法・漆器は社寺に奉納する道具等に施されたが、後に調度品にも用いられた。江戸時代に、将軍・諸大名お抱えの蒔絵師が、町人に応える町の蒔絵師が新たな意匠を生み出し、蒔絵の技法・装飾が発展した。明治以後、皇室・財閥向けの調度品、そして輸出向けの小箱や香合等の制作で腕を揮う。本展では、幕末・明治に制作された作品を中心に、文台・料紙箱・書棚や文台や料紙箱とセットで制作されることの多かった硯箱、小箱や香合などの蒔絵の調度品を展示。
   《秋景山水蒔絵書棚》川之辺一朝
   《牡丹に蝶図煙草盆》無銘
   《忍草蒔絵香合》白山松哉
   《花寄蒔絵箱》守屋松亭





☆「帝室技芸員の仕事 七宝編」 5/25(土)〜8/18(日)

☆「帝室技芸員の仕事 彫刻篇」8/24(土)〜11/17(日) 
所在地605-0862
京都市東山区清水寺門前産寧坂北入清水3丁目337-1 
公共交通 京阪祗園四条または清水五条駅から徒歩、または市バス清水道下車徒歩10分 
道路案内  
開館時間 午前10時〜午後5時(入館は4時30分まで) 
休館日 月・火曜日(祝日は開館) 
入館料金
(常設時) 
一般500円 中高大生300円 小学生200円 
展示内容 幕末・明治の金工、七宝、蒔絵、薩摩焼など 
観覧時間  
その他
(販売・友の会等) 
E-mail:info@sannenzaka-museum.com 
ショップあり 
報告者: 明日香 光二/馬場 英明(TBE01536)
更新日: 2008/11/27 0:00:00