京都府
65 /156ページ この県の先頭データへ 一つ前のデータへ 一つ後のデータへ この県の最後のデータへ 都道府県別indexへ戻る
きよみずさんねんざかびじゅつかん   ジャンル
清水三年坂美術館   美術  
WEB http://www.sannenzaka-museum.co.jp/  
TEL 075-532-4270  
FAX 075-532-4271  
企画展 ☆企画展「帝室技芸員の仕事 彫刻編」〜11/17(日)
    月火曜休館(祝日開館)/臨時休館有
    入館料金:大人800円 中高大生500円
 館蔵品のうち、帝室技芸員による作品を一堂に展示するシリーズで、石川光明(1852〜1913)と高村光雲(1852〜1934)の作品を中心に、彫刻分野の帝室技芸員による名品を見る。
 宮内省(現在の宮内庁)が技術と人柄に優れた当代の美術工芸家を選出し「帝室技芸員」に任命する作家の顕彰制度が発足した明治23年(1890)、ふたり同時に第一回帝室技芸員に任命されている。仏師として修業を積み生涯木彫一筋で制作を続けた光雲、牙彫を中心に木彫や彫漆にも取り組んだ光明。異なる姿勢で制作に取り組みともに近代彫刻界の発展に貢献した二人の作品。加えて、竹内久一(1857〜1916)や山崎朝雲(1867〜1954)の人物や動物の描写に発揮された妙技も紹介。
  《法師狸》高村光雲/高28.0cm
  《江口の遊君》高村光雲/径40.5cm
  《寒山拾得図手箱》石川光明/14.5×27.7×37.0cm(部分)
  《雛》石川光明/23.3×17.4cm

学芸員によるギャラリートーク:9/16(月・祝)11/4(月・振)午前11時〜30分



☆「後藤一乗」11/23(土・祝)〜令和2年2/2(日) 
所在地605-0862
京都市東山区清水寺門前産寧坂北入清水3丁目337-1 
公共交通 京阪祗園四条または清水五条駅から徒歩、または市バス清水道下車徒歩10分 
道路案内  
開館時間 午前10時〜午後5時(入館は4時30分まで) 
休館日 月・火曜日(祝日は開館) 
入館料金
(常設時) 
一般500円 中高大生300円 小学生200円 
展示内容 幕末・明治の金工、七宝、蒔絵、薩摩焼など 
観覧時間  
その他
(販売・友の会等) 
E-mail:info@sannenzaka-museum.com 
ショップあり 
報告者: 明日香 光二/馬場 英明(TBE01536)
更新日: 2008/11/27 0:00:00