京都府
64 /159ページ この県の先頭データへ 一つ前のデータへ 一つ後のデータへ この県の最後のデータへ 都道府県別indexへ戻る
きょうとこくりつはくぶつかん   ジャンル
京都国立博物館   美術・歴史  
WEB http://www.kyohaku.go.jp  
TEL 075-541-1151  
FAX 075-531-0263  
企画展 ☆凝然国師没後700年 特別展「鑑真和上と戒律のあゆみ」前期:3/27(土)~4/18(日)
                                   後期:4/20(火)~5/16(日)
    月曜休館(5/3(月・祝)は開館、5/6(木)休館)
    入館料金:一般1800円 大学生1200円 高校生700円
          中学生以下は無料です。
          障害者手帳等(*)を提示の方と介護者1名無料
          *身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、戦傷病者手帳、被爆者健康手帳
 唐時代の高僧で、律の大家として尊敬を集めた鑑真(688~763)は、聖武天皇の意を受けた日本僧・栄叡、普照により懇請され、五度の日本への渡航失敗と失明を乗り越え、天平勝宝5年(753)、日本の地を踏み、唐招提寺を拠点に、中国正統の律の教えを日本に定着させた。以後、幾多の名僧が戒律に注目し、仏教の革新運動を起こした。特に、鎌倉時代には、唐招提寺の覚盛、西大寺の叡尊、没後700年を迎える凝然などが社会福祉事業などを行い広範な支持を集め、近世にも、明忍や慈雲などによって律の復興運動が展開された。本展では鑑真の遺徳を唐招提寺の寺宝によって偲び、戒律の日本での歩みを名僧の活躍と関係諸寺院の名宝で紹介。
  国宝 鑑真和上坐像 奈良・唐招提寺<通期展示>
  重文 南山教義章 巻第二十九 凝然筆  <通期展示(巻替あり)>
  三国祖師影 京都・大谷大学博物館<後期:4/20~5/16展示>
  重文 戒律伝来記 上巻 奈良・唐招提寺<前期:3/27~4/18展示>
  重文 東征伝絵巻 巻二 蓮行筆 奈良・唐招提寺 <通期展示(巻替あり)>
  重文 東征伝絵巻 巻四 蓮行筆 奈良・唐招提寺 <通期展示(巻替あり)>
  国宝 円珍戒牒 東京国立博物館<前期:3/27~4/18展示>
  国宝 法然上人絵伝 巻十 京都・知恩院<巻十は、後期:4/20~5/16展示>
  重文 大悲菩薩(覚盛)坐像 成慶作 奈良・唐招提寺 <通期展示>
  国宝 興正菩薩(叡尊)坐像 善春作 奈良・西大寺 <後期:4/20~5/16展示>
  慈雲巌上坐禅像 原在中筆 自賛 大阪・高貴寺<前期:3/27~4/18展示> など

記念講演会:平成知新館 講堂にて、午後1時30分~3時、定員100名
  当日9時30分より、平成知新館1階グランドロビーにて整理券を配布し、定員になり次第、配布を終了
3/27(土)「鑑真和上の教え」西山 明彦 師(律宗管長、唐招提寺八十八世長老)
4/3(土)「律とは何か」上杉 智英氏(研究員)
4/10(土)「日本の戒律運動と日本人」大原 嘉豊氏(保存修理指導室長)
4/17(土)「俊じょうと宋代戒律の日本への影響」西谷 功 氏(泉涌寺宝物館「心照殿」学芸員)
5/8(土)「鑑真和上とゆかりのみ仏たち」淺湫 毅氏(上席研究員)




☆特別企画「オリュンピア×ニッポン・ビジュツ」6/5(土)~7/4(日)

☆特別展「京の国宝ー守り伝える日本のたからー」7/24(土)~9/12(日)

☆特別展「畠山記念館の名品-能楽から茶の湯、そして琳派ー」10/9(土)~12/5(日) 
所在地605-0931
京都市東山区茶屋町527
公共交通 京阪電鉄七条駅から徒歩7分
JR/近鉄京都駅から市バスD2乗り場より206,208系統、D2乗り場より100系統で博物館・三十三間堂前下車 
道路案内  
開館時間 午前9時30分から午後5時まで 
(特別展覧会開催中は6時まで、特別展開催中の金曜日は午後8時まで、
 入館は閉館30分前まで) 
休館日 月曜日(祝休日は開館、翌日休館)、12/25~1/1 
入館料金
(常設時) 
大人500円 高大生250円
 障害者手帳をお持ちの方、70歳以上は無料

 中学生以下無
 毎月第2・4土曜日と敬老の日、国際博物館の日(5/18)は無料 
展示内容 京都を中心にした社寺からの寄託品が多い。仏教美術、中国工芸が多く集められている。展示は随時変わる。 
観覧時間  
その他
(販売・友の会等) 
友の会組織有り、ミュージアムショップ、喫茶店あり。
E-mail:welcome@kyohaku.go.jp 
報告者: 明日香 光二=馬場 英明
更新日: 2009/07/29 0:00:00