京都府
46 /159ページ この県の先頭データへ 一つ前のデータへ 一つ後のデータへ この県の最後のデータへ 都道府県別indexへ戻る
きょうとふきょうとぶんかはくぶつかん   ジャンル
京都府京都文化博物館   美術・歴史  
WEB http://www.bunpaku.or.jp/  
TEL 075-222-0888  
FAX 075-222-0889  
企画展 ☆「伝える-災害の記憶展 あいおいニッセイ同和損保所蔵災害資料」~5/16(日)

☆特別展「800年前の戦いの記憶 よみがえる承久の乱―後鳥羽上皇 vs 鎌倉北条氏―」
                            【前期】4/6(火)~4/25(日)
                            【後期】4/27(火)~5/23(日)
   月曜休館(5/3は開館)
   開館時間:午前10時~午後6時(金曜日は7時30まで、入場は閉室の30分前まで)
   入館料金:一般1500円 高大生1100円 小中生500円
        障がい者手帳等をご提示の方と付き添い1名は無料。

 12世紀の院政、1180年代の内乱、東国での鎌倉幕府の樹立を経て、13世紀初頭には後鳥羽上皇が列島を統べるが1221年に「承久の乱」が起こる。後鳥羽上皇が北条氏率いる鎌倉御家人に合戦で敗れ、隠岐に流されたのを機に、鎌倉幕府の優位のもとで公家と武家が並存する時代となり、やがて南北朝の内乱が展開する。本展では、最新の研究成果に基づき、皇族・貴族・武士・僧侶など、時代の息吹を伝える古文書・肖像画・刀剣・仏画や、絵画類から、日本史上の重要事件の歴史的意義に迫る。承久の乱から800年の今年開催。

【序章】院政の成立と武士
   鳥羽法皇像(京都・古代学協会蔵)通期
   源平合戦図屏風(神奈川県立歴史博物館蔵)前期
   保元・平治合戦図屏風(左隻)(京都・仁和寺蔵)後期
【1章】多能の帝王、後鳥羽院
   天子御影(京都・陽明文庫蔵)通期
   後鳥羽天皇像(京都・勝林院蔵)通期
   重要文化財 太刀 菊御作(京都国立博物館蔵)前期
   国宝 熊野懐紙「深山紅葉・海辺冬月」後鳥羽天皇宸翰(京都・陽明文庫蔵)後期
【2章】朝廷と貴族社会
   建保六年八月御歌会絵巻(京都府立京都学・歴彩館蔵)通期
   明月記断簡 建暦三年二月十一日・十二日条(福岡・九州国立博物館蔵)通期
【3章】鎌倉幕府と北条氏
   重要文化財 太刀 銘成高(京都国立博物館蔵)後期
   神奈川県指定重要文化財 戌神像(旧辻薬師堂十二神将のうち)(神奈川・鎌倉国宝館蔵)通期

【4章】承久の乱
   重要文化財 承久三、四年日次記残闕(部分)(京都・仁和寺蔵)前期
   承久記絵巻 巻第4(個人蔵)通期(巻き替え)
【5章】乱後の隠岐・京・鎌倉
   承久3年7月26日 関東下知状(個人蔵〈山口県文書館〉)後期
   承久記絵巻 巻第6(個人蔵) 通期(巻き替え)
   時代不同歌合絵断簡(中務卿具平親王・愚詠)(京都国立博物館蔵)通期
   国宝 東寺百合文書 六波羅裁許状(京都府立京都学・歴彩館蔵)後期
【終章】
   重要文化財 縹糸威胴丸 兜・大袖付(京都国立博物館蔵) 前期
   足利尊氏像(神奈川県立歴史博物館蔵) 後期 
所在地604-8183
京都市中京区三条高倉 東片町623-1
公共交通 地下鉄 烏丸御池下車徒歩3分    阪急烏丸駅下車徒歩7分  
京阪三条下車徒歩15分   市バス堺町御池下車、徒歩2分 
道路案内 駐車場有り普通車30台(有料) 
開館時間 午前10時~午後7時30分(入館は午後7時まで)特別展は終了時刻が早い 
休館日 月曜(祝休日の際は翌日)と12/28~1/3 
入館料金
(常設時) 
一般500円 高大生400円
 
中学生以下、身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳所持者と介護者1名 無料 
展示内容 2F歴史展示では、平安遷都から現代までの歴史を、町並みの復元模型などを使い展示。宗家の地、能と狂言、えがかれた京都、匠の世界、京のまつりを集中展示。 
3F美術工芸展示室では京都中心に活躍する洋画・日本画・彫刻・陶芸、映像ギャラリー(カメラ、映写機や古いポスターなど)。 
別館(日本銀行旧京都支店)に考古資料、民俗資料(学校教材、郷土玩具など)。 
観覧時間  
その他
(販売・友の会等) 
美術工芸展示室にミュージアムショップ、1F敷地内に「ろうじ店舗」喫茶店、茶店、食堂、土産物、書店などあり。
本館-別館通路に喫茶店あり。
E-mail:bunpaku@mbox.kyoto-inet.or.jp 
報告者: 明日香 光二=馬場 英明
更新日: 2011/01/31 0:00:00