京都府
45 /156ページ この県の先頭データへ 一つ前のデータへ 一つ後のデータへ この県の最後のデータへ 都道府県別indexへ戻る
きょうとふきょうとぶんかはくぶつかん   ジャンル
京都府京都文化博物館   美術・歴史  
WEB http://www.bunpaku.or.jp/  
TEL 075-222-0888  
FAX 075-222-0889  
企画展 ☆「美を競う 肉筆浮世絵の世界」〜6/9(日)
   月曜休館(祝日の場合は翌日)
   午前10時〜午後6時(金曜日は7時30分まで、入室は閉館30分前まで)
   入館料金:一般1300円 高大生1000円 小中生500円
        障害者手帳等を提示者と付き添い1人は無料
 量産される錦絵の版画と違い、浮世絵師が絹本・紙本に直接描く一点物の肉筆浮世絵。絵師の手によって華麗な衣装の文様まで精緻に描かれた、濃密で、優美な浮世絵の世界有数の肉筆浮世絵コレクションを擁する、岐阜県高山市の光ミュージアム所蔵の珠玉の名品を大規模公開。
  祇園井特「紐を結ぶ女」
  溪斎英泉「立ち美人」
  葛飾北斎「日・龍・月」
  西川照信「奈良春日若宮社祭礼絵巻」など

講演会:5/12(日)3Fフィルムシアターにて、午前10時30分〜正午 定員170名、入館券のみ、館サイトより申込み
「肉筆美人画の夢うつつ」中山喜一朗氏(福岡市美術館副館長)

学芸員によるギャラリートーク:5/17(金)5/31(金)午後6時から30分程度




☆「太田喜二郎と藤井厚二ー日本の光を追い求めた画家と建築家ー」〜6/23(日)
   月曜休館(祝日の場合は翌日)
   午前10時〜午後6時(金曜日は7時30分まで、入室は閉館30分前まで)
   入館料金:一般500円 大学生400円 高校生以下無料
 近代京都の洋画家で、東京美術学校を卒業後、ベルギーに留学し、明るい光を印象派風の点描で描く技法を身につけた太田喜二郎と、近代京都の建築家で、東京帝国大学を卒業、西洋の技術を取り入れて日本の気候風土にあう住宅を追究した藤井厚二。本展は、絵画と建築というジャンルの異なる二人について、京都帝国大学(現・京都大学)建築学科での交流を通じ紹介。太田は自邸の設計を藤井に任せ、また二人は茶事などを通じて交流を深る、太田と藤井の仕事を、新発見の資料などを踏まえて、絵画と建築をクロスさせた新たな視点から紹介。
  太田喜二郎「樹陰」1911年
  太田喜二郎「帰農」1915年
  藤井厚二設計「聴竹居」重要文化財 1928年 写真:古川泰造
  藤井厚二設計「太田邸新画室(アトリエ)」1924年竣工 1931年増改築 写真:古川泰造

シンポジウム「太田喜二郎と藤井厚二」6/2(日)午後2〜5時、別館ホール(定員170名)にて
       要事前申込み(館サイトより)先着順
パネリスト:石田潤一郎氏(武庫川女子大学客員教授/京都工芸繊維大学名誉教授)
      中谷至宏氏(京都市美術館)、松隈章氏(竹中工務店)、山田真規子氏(目黒区美術館)、
      植田彩芳子氏(学芸員)

ぶんぱく京都講座「太田喜二郎の画業と生涯」:6/16(日)別館2階講義室(定員40名)参加費500円、
   要事前申込み(館サイトより)
【講 座】午後1時30分〜3時
【特別解説】午後3時30分〜4時(希望者向け、展示室での特別解説)
 植田彩芳子氏(学芸員)

学芸員によるギャラリー・トーク:5/24(金)6/7(金)6/14(金)午後6時〜30分程度





☆「横山華山 まだいた、忘れられた天才絵師。」7/2(火)〜8/17(土) 
所在地604-8183
京都市中京区三条高倉 東片町623-1 
公共交通 地下鉄 烏丸御池下車徒歩3分    阪急烏丸駅下車徒歩7分  
京阪三条下車徒歩15分   市バス堺町御池下車、徒歩2分 
道路案内 駐車場有り普通車30台(有料) 
開館時間 午前10時〜午後7時30分(入館は午後7時まで)特別展は終了時刻が早い 
休館日 月曜(祝休日の際は翌日)と12/28〜1/3 
入館料金
(常設時) 
一般500円 高大生400円
 
中学生以下、身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳所持者と介護者1名 無料 
展示内容 2F歴史展示では、平安遷都から現代までの歴史を、町並みの復元模型などを使い展示。宗家の地、能と狂言、えがかれた京都、匠の世界、京のまつりを集中展示。 
3F美術工芸展示室では京都中心に活躍する洋画・日本画・彫刻・陶芸、映像ギャラリー(カメラ、映写機や古いポスターなど)。 
別館(日本銀行旧京都支店)に考古資料、民俗資料(学校教材、郷土玩具など)。 
観覧時間  
その他
(販売・友の会等) 
美術工芸展示室にミュージアムショップ、1F敷地内に「ろうじ店舗」喫茶店、茶店、食堂、土産物、書店などあり。
本館−別館通路に喫茶店あり。
E-mail:bunpaku@mbox.kyoto-inet.or.jp 
報告者: 明日香 光二=馬場 英明(TBE01536)
更新日: 2011/01/31 0:00:00