京都府
25 /168ページ この県の先頭データへ 一つ前のデータへ 一つ後のデータへ この県の最後のデータへ 都道府県別indexへ戻る
きょうとしきょうせらびじゅつかん   ジャンル
京都市京セラ美術館   美術  
WEB https://kyotocity-kyocera.museum/  
TEL 075-771-4107  
FAX 075-761-0444  
企画展 ☆パリ ポンピドゥーセンター「キュビスム展ー美の革命
 ピカソ、ブラックからドローネー、シャガールへ」~7/7(日)
     月曜休館(祝日の場合は開館)
     入館料金:一般2100円 高大生1400円 小中生900円
          障害者手帳等提示者と介護者1名無料

 20世紀初頭、パブロ・ピカソとジョルジュ・ブラックによって生み出されたキュビスムは、西洋美術に変革をもたらし、その名称は1908年にブラックの風景画が「キューブ(立方体)」と評されたことに由来する。遠近法や陰影法による空間表現ではなく、幾何学的に平面化された形で画面を構成する試みは、現実を再現する絵画という常識から画家たちを解放した。パリの若い芸術家から瞬く間に世界中に広まり、以後の芸術の多様な展開につなげる。
 本展は、パリ・ポンピドゥーセンターの所蔵品を中心に約130点を展示し、約40人の作家による初来日作品50点以上を含む絵画や彫刻などにより、20世紀美術の真の出発点となったキュビスムの全貌を紹介。

 ロベール・ドローネー《パリ市》 1910-1912年
 パブロ・ピカソ《輪を持つ少女》1919年春  など






☆開館90周年記念展「村上隆 もののけ 京都」2/3(土)~9/1(日)[新館 東山キューブ]
   月曜日(祝日の場合は開館)
   入館料金:一般2200円 大・専門学校生1500円 高校生1000 円 中学生以下無料
        障害者手帳等提示者と介護者1名無料


 現代美術の最前線で活躍する村上隆(1962年生まれ)の大規模な個展。村上は、日本の伝統的な絵画表現とアニメや漫画、ゲームなどのポピュラーカルチャーを結びつけて、国際的なアートシーンに挑み、『アートレビュー』誌で「アート界で最も影響力のある100人」に10年連続で選出されている。
 村上が活動初期から深い関心を寄せてきた江戸時代の絵師たちが活躍し、今も芸能と芸術が息づき交わり合う京都を舞台に、新たに描きおろした超大作をはじめ、代表的なシリーズ、国内初公開となる作品など、大多数が新作となる約170点で構成。
 《金色の空の夏のお花畑》2023年
 《琳派のお花と抽象的図像》2023年
 《尾形光琳の花》2023年  など



☆「金曜ロードショーとジブリ展」4/12(金)~6/29(土) 
所在地606-8344
京都市左京区岡崎円勝寺町124
公共交通 JR京都駅、四条烏丸、四条河原町、三条京阪から市バス5系統岩倉行き

 他系統で「京都会館美術館前」または「東山二条」下車 

JR京都駅から市バス100番(急行)で「京都会館美術館前」下車
地下鉄東西線「東山」駅下車徒歩10分  
道路案内 駐車不可、岡崎公園駐車場(有料)を利用 
開館時間 午前9時~午後5時(入館は4時30分まで) 
休館日 月曜日(祝日は開館)、年末年始 
入館料金
(常設時) 
展覧会による 
展示内容 収蔵品として竹内栖鳳や上村松園の日本画などがあり、年間5期の「コレクション展」として展示。他に、近・現代美術に関する特別展や、公募展(京展・日展)を開催。 
観覧時間  
その他
(販売・友の会等) 
テレフォンサービス075-771-9900 
友の会制度有り 
報告者: 明日香 光二/馬場 英明
更新日: 2021/03/28 0:00:00