京都府
24 /168ページ この県の先頭データへ 一つ前のデータへ 一つ後のデータへ この県の最後のデータへ 都道府県別indexへ戻る
きょうとこくりつきんだいびじゅつかん   ジャンル
京都国立近代美術館   美術  
WEB http://www.momak.go.jp/  
TEL 075-761-4111  
FAX 075-771-5792  
企画展 ☆「倉俣史朗のデザイン―記憶のなかの小宇宙」~8/18(日)
    月曜休館(祝日の場合は翌日)
    開館時間:午前10時~午後6時(金曜は午後8時、入館は閉館の30分前まで)
    入館料金:一般1700円 大学生1100円 高校生600円 中学生以下は無料
         心身に障がいのある方と付添者1名は無料 母子・父子家庭の世帯員の方は無料

 銀座のランドマークとなる商業施設「三愛ドリームセンター」の店内設計で注目を集めた倉俣史朗(1934‒1991)は、高度経済成長とともに変化し続ける都市を舞台に、同時代の美術家たちとも協力して、新たな空間を提示する。
 一方で、商品化を前提とせず、イメージに合う素材の家具を創作し、画一的な利便性から解放されたデザインで、日常に遊び心と本質的な問いをもたらした。1980年代にはイタリアのデザイン運動「メンフィス」に参加し、倉俣が「言葉で語れない部分を形で言おう」とした家具たち。倉俣自身の言葉を辿りながら、創作の源泉ともいえるイメージスケッチや夢日記などの資料とともに、彼のデザインが語りかけるメッセージを紹介。

記念講演・対談:6/22(土)1階講堂にて、午後2~4時、先着80名(当日11時より1階受付にて整理券配布)
「倉俣史朗―その時代と表現」沖 健次氏(インテリアデザイナー、元東京造形大学教授)
 聞き手:橋本啓子氏(近畿大学教授)


感覚をひらくワークショップ:ふれる、かたる、想像する 倉俣史朗のデザイン
6/30(日)午後1時30分~4時30分(予定)
定員:30名、見えない・見えにくい方の参加も歓迎(事前申込制、応募多数の場合は抽選)
観覧券のみ、障害者手帳をお持ちの方と介助者1名は無料
館サイトより申込

シュワー・シュワー・アワーズ 手話と日本語で鑑賞を楽しむ会
手話通訳(日本手話と音声日本語)あり
7/7(日)2~4時 15歳以上対象、定員:8名程度・事前申込制、館サイトから申込

トークセッション 菊地敦己×西澤徹夫「デザインと表現」
7/13(土)午後2~3時30分
菊地敦己氏(グラフィックデザイナー)、西澤徹夫氏(建築家)
1階講堂にて、午後2~4時、先着80名(当日11時より1階受付にて整理券配布)

☆「印刷/版画/グラフィックデザインの断層 1957~1979」~8/25(日)
    月曜休館(祝日の場合は翌日)
    開館時間:午前10時~午後6時(8/23をのぞく金曜は午後8時、入館は閉館の30分前まで)

 マス・コミュニケーション時代が到来した戦後の日本では、印刷技術の飛躍的な発展とともに美術と大衆文化の結びつきが一層強まり、とりわけ版画とグラフィックデザインの関係性が語られる。本展では、1957年から1979年まで全11回にわたって開催され、当時の気鋭の版画家やデザイナーの活躍の場となった「東京国際版画ビエンナーレ展」に焦点をあて、国立美術館のコレクションから同展の出品作家を中心に紹介。同時代の多様な視覚表現のなかに交錯した版画とグラフィックデザインの様相を通して、印刷技術がもたらした可能性とその今日的意義を改めて検証。

 木村秀樹《鉛筆 2-3》1974年 シルクスクリーン・プリント、方眼紙 など

入館料金:一般430円 大学生130円 高校生以下、18歳未満および65歳以上の方は無料
     心身に障がいのある方と付添者名は無料 
     夜間開館日(金曜日)の午後6時以降、夜間割引:一般220円、大学生70円 
所在地606-8344
京都市左京区岡崎円勝寺町 
公共交通 JR京都駅、四条烏丸、四条河原町、三条京阪から市バス5系統岩倉行き

 他系統で「京都会館美術館前」または「東山二条」下車 

JR京都駅から市バス100番(急行)で「京都会館美術館前」下車
地下鉄東西線「東山」駅下車徒歩10分 
道路案内 有料入館者には岡崎公園駐車場(地下)の割引あり。
駐車券を博物館へ提示のこと。 
開館時間 午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
4月上旬~10月上旬の金曜は午後8時まで
(例外有り、要問合:入館は7時30分まで) 
休館日 月曜日(祝休日は開館、翌日休館)12/27~1/5 
入館料金
(常設時) 
一般420円 大学生130円 高校生及び18歳未満無料 
展示内容 日本画・洋画・工芸・版画・彫刻・写真・書・素描・西洋美術にわたる近代美術。日本画では土田麦僊「大原女」、洋画では安井曾太郎「婦人像」、西洋美術ではモンドリアン「ピエト」などが代表作 
観覧時間  
その他
(販売・友の会等) 
ショップ、喫茶コーナー有り。
E-mail:info@momak.go.jp  
報告者: 明日香 光二=馬場 英明
更新日: 2015/09/28 0:00:00