愛知県
5 /130ページ この県の先頭データへ 一つ前のデータへ 一つ後のデータへ この県の最後のデータへ 都道府県別indexへ戻る
あいちけんびじゅつかん   ジャンル
愛知県美術館   美術  
WEB http://www-art.aac.pref.aichi.jp/  
TEL 052-971-5511  
FAX 052-971-5604  
企画展 ☆企画展「大浮世絵展──歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の競演」〜5/31(日)
     月曜休館(5/4(月・祝)は開館)5/7(木)休館
     入館料金:一般1400円 高大生1100円 中学生以下無料
       「身体障害者手帳」「精神障害者保健福祉手帳」「療育手帳」をお持ちの方    
        「1種」または「1級」の方に付き添われる方は1名半額
      美術館内の混雑緩和のため、できるだけオンラインでのチケット購入を推奨

 浮世絵の歴史の中でも、最も人気のある5人にフォーカスし、歌麿は美人画、写楽は役者絵、北斎と広重は風景画と花鳥画、国芳は勇壮な武者絵と機知に富んだ戯画―と、絵師のエッセンスを凝縮し、国内のほか欧米の美術館、博物館、個人コレクション等から優品ばかりを集める。
    葛飾北斎「富嶽三十六景 神奈川沖浪裏」ミネアポリス美術館蔵(〜5/2展示)
        「朝顔に蛙」ミネアポリス美術館蔵(〜5/2展示)
    喜多川歌麿「婦女人相十品 ポペンを吹く娘」メトロポリタン美術館蔵(〜5/2展示)
         「当時三美人」ベルギー王立美術歴史博物館蔵(5/3〜5/31展示)
    東洲斎写楽「3代目大谷鬼次の江戸兵衛」シカゴ美術館蔵
         「市川蝦蔵の竹村定之進」ボストン美術館蔵
    歌川広重「名所江戸百景 亀戸梅屋敷」東京都江戸東京博物館蔵(〜5/3展示)
        「東海道五十三次之内 蒲原 夜之雪」ミネアポリス美術館蔵(〜5/3展示)
    歌川国芳「其まゝ地口猫飼好五十三疋」(〜5/3展示)
        「宮本武蔵の鯨退治」(〜5/3展示)など
 
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、 記念講演会(4/18、4/25、5/9)とスライドトーク(会期中全4回)はすべて中止 
所在地461-8525
名古屋市東区東桜1−13−2 愛知芸術文化センター10階 
公共交通 地下鉄東山線・名城線栄駅、名鉄瀬戸線栄町駅下車
オアシス21連絡通路利用徒歩3分 
道路案内 地下駐車場あり、有料 
開館時間 午前10時〜午後6時(金曜は8時、入館は閉館30分前まで) 
休館日 月曜日(祝休日は開館、翌日休館)12/28〜1/3 
入館料金
(常設時) 
大人500円 高大生300円 
展示内容 20世紀初頭から今日の美術の国内外の美術の流れを歴史的にたどる展示。 
観覧時間  
その他
(販売・友の会等) 
 
報告者: 明日香 光二=馬場 英明(TBE01536)
更新日: 2017/12/30 0:00:00