愛知県
128 /134ページ この県の先頭データへ 一つ前のデータへ 一つ後のデータへ この県の最後のデータへ 都道府県別indexへ戻る
すぎもとびじゅつかん   ジャンル
杉本美術館   美術  
WEB http://www.meitetsu.co.jp/files/sugimoto/index.html  
TEL 0569-88-5171  
FAX 0569-88-5591  
企画展 ☆「城のある風景」〜4/20(火)
    〜1/1 毎週水曜日(ただし、祝日の場合は開館、翌日休館)毎月第2火曜日
    入館料金:大人900円 高校生400円 小中生300円
         障害者手帳をご提示の場合、入館料金半額
 
 人生のほとんどを名古屋で過ごした杉本健吉にとって、名古屋市民としても画家としても、名古屋城は特別な存在で、の頃から晩年に至るまで、名古屋城を望み、描いてきた。戦災で焼ける前の名古屋城も、再建された名古屋城も描いています。
 若い頃には観光ポスターの図案の依頼をうけ、犬山城もよく描いた。
 杉本は、祖父の代まで石工を家業とし、子供の頃から城の石垣に関心を持ち、杉本が晩年になって描いた名古屋城の絵でも、石垣が丹念に描かれる。ヨーロッパでは周りを城壁で囲った城郭都市、杉本はその石の城に関心を持って絵にした。
 各地の城の写生を通じて、生涯にわたる杉本健吉の画業を楽しむ。

  名古屋城 日本ライン ローテンブルク要塞 ディエッペ城跡 
所在地470-3232
知多郡美浜町美浜緑苑1-12-1 
公共交通 名鉄知多新線美浜緑苑駅から徒歩10分 
道路案内 南知多道路美浜I.C.から西に3km 
開館時間 午前9時30分〜午後4時30分(入館は4時まで) 
休館日 水曜日(祝休日は開館、翌日休館)、12/30、31 
入館料金
(常設時) 
大人900円 高校生400円 小中生300円 
展示内容 名鉄や名古屋地下鉄の車体色をデザインした杉本健吉の仕事紹介、吉川英治「新平家物語」の挿し絵、金剛界・胎蔵界曼荼羅、陶壁「迦陵頻伽」、陶芸などの余技作品 
観覧時間 約1時間 
その他
(販売・友の会等) 
伊勢湾を眺望する茶室あり 
報告者: 明日香 光二=馬場 英明(TBE01536)
更新日: 2013/09/02 0:00:00