静岡県
4 /101ページ この県の先頭データへ 一つ前のデータへ 一つ後のデータへ この県の最後のデータへ 都道府県別indexへ戻る
しずおかしれきしはくぶつかん   ジャンル
静岡市歴史博物館   歴史  
WEB https://scmh.jp/  
TEL 054-204-1005  
FAX 054-204-7373  
企画展 ☆企画展「清水 交流の道」~3/10(日)
   月曜休館(祝日の場合は翌日)
   入館料金:一般750円 高大生・静岡市内70歳以上520円 小中生180円
      障害者手帳の提示で介助者1人も無料
      未就学児、静岡市内在住・通学の小中学生は無料

 「道」でつながり、広がる清水のネットワークを駿河国古絵図(静岡市所蔵)等で、
 「宿場町 江尻」を 宿内麁絵図面(静岡市立清水中央図書館所蔵)等で、
 「川湊 清水」を 清水町絵図(静岡市立清水中央図書館所蔵)等で、
 「一体化する江尻と清水」を清水港附近案内地図(静岡市立中央図書館所蔵)や
    絵葉書「興津旅館一碧楼水口屋の遠望(清見潟海岸)」(静岡市立中央図書館所蔵)で紹介。

講演会:2/4(日)午後1時30分~4時、静岡市民文化会館 大会議室定員200人、参加無料
「清水 人と物、文化が行き交う地」 高橋 敏氏(国立歴史民俗博物館名誉教授)
               椿原 靖弘氏(フェルケール博物館学芸部長)
 館サイトの申込フォーム、
 または博物館インフォメーションで直接申込み(申込順)

地域学習ツアー:「双子のまち」、江尻と清水の歴史スポットを探訪する学習ツアー
 2/25(日)午後1時30分~3時 江尻宿編 集合/清水駅西口(江尻口)~稚児橋で解散
 3/3(日)午後1時30分~3時 清水湊編 集合/末廣~美濃輪稲荷神社で解散
 定員各30人 参加申込
2/3(土)午前10時から、物館へ電話(054-204-1005)(申込順)

パネル展示「よみがえれ!江尻城」2/17(土)~3/17(日)1階(入館無料)

関連トーク:わかりやすい歴史・地域のおはなし 午後1時30分~2時30分 申込不要・参加無料
2/3(土)「世界遺産登録10周年! 三保松原の松の話」
         山田祐記子氏(静岡市三保松原文化創造センター、みほしるべ樹木医・松保護士)
2/10(土)「汽車で清水にいってみよう!!」岡村龍男氏(豊橋市図書館学芸員)
2/17(土)「明治維新と清水湊」岡村龍男氏(豊橋市図書館学芸員)
2/23(金・祝)「旅人も、荷物もみんなしみずにあつまります!」
3/2(土)「清水発展のかぎは静鉄にあり!」
3/9(土)「清水区 今川年代記」

学芸員のマニアックトーク:午後1時30分~3時、申込不要・参加無料
2/12(月・振) 「武田氏の駿河支配と江尻・清水」
2/24(土)「家康の経済政策と清水」 
所在地420-0853
静岡市葵区追手町4-16
公共交通 JR静岡駅北口から徒歩約15分
駿府浪漫バス(10番乗り場)で「東御門」下車 すぐ
しずてつジャストラインバス「県庁・静岡市役所葵区役所」下車徒歩約6分
 タクシーで約10分程度
静岡鉄道新静岡駅から徒歩約8分 
道路案内 専用駐車場無し、周辺の有料駐車場利用
 身体不自由な方のための「ゆずりあい駐車場」あり(TEL:054-204-1005)
バスは博物館向かいの市営駿府城跡観光バス駐車場(完全予約制、有料) 
開館時間 午前9時~午後6時(入館は5時30分まで) 
休館日 月曜日(祝日は開館、翌日休館)年末年始(12/29~1/3) 
入館料金
(常設時) 
一般600円(500円) 高大生及び市内に居住する70歳以上420円(350円)
小中生150円(120円)
「駿府城公園東御門・巽櫓、坤櫓、及び日本庭園」共通利用券の半券提示で( )内の料金
 日時指定予約制(Web予約)
 手帳(身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳)所持者と介助者無料 
展示内容 1階は「戦国時代末期の道と石垣」の遺構:家康の時代の道の跡を、発掘現場そのままに展示
 2階は400年前の「『首都』駿府と世界」、駿府の城と町を作った「家康の一生」、今川氏が「家康を育んだ地 駿府」
 3階は東海道と駿府の町をめぐる「家康の威光と駿府」、日本近代のはじまり「静岡藩と新生静岡」 
観覧時間  
その他
(販売・友の会等) 
ミュージアムショップとカフェあり。 
報告者: 明日香 光二/馬場 英明
更新日: 2023/01/29 0:00:00