岐阜県
1 /106ページ この県の先頭データへ 一つ前のデータへ 一つ後のデータへ この県の最後のデータへ 都道府県別indexへ戻る
ぎふしれきしはくぶつかん   ジャンル
岐阜市歴史博物館   歴史  
WEB http://www.rekihaku.gifu.gifu.jp/  
TEL 058-265-0010  
FAX 058-265-0106  
企画展 ☆企画展「ここまでわかった!岐阜の古墳」~5/26(日)
    月曜休館(4/29、5/6は開館)5/7(火)休館
    入館料金:高校生以上310円 小中生150円
    以下無料
    岐阜市在住の70歳以上(要証明)
    身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳、
     難病に関する医療受給者証の交付を受けている方と介護者1名(要証明)
    岐阜市内の小中生
    家庭の日(4/21(日)5/19日(日))の中学生以下と同伴家族(高校生以上)

 岐阜県内で3世紀中~後半には前方後方墳が造られ始め、その後ヤマト政権との結びつきを示す前方後円墳が築かれ、古墳時代後期には小規模な円墳の築造が増え、群集墳が築かれる。被葬者の埋葬方法や埋納された副葬品も、400年の間で大きく変容。近年の発掘調査や研究の成果もふまえ、美濃の古墳を紹介。

 三角縁天王日月銘 唐草文帯二神二獣鏡(円満寺山1号墳出土)
【岐阜市指定文化財】短甲・頸鎧・肩鎧(龍門寺1号墳出土)
 有蓋高坏・有蓋台付壺(船来山古墳群105号墳出土)など

学芸員によるスライドトーク:午後2~3時(開場午後1時30分)1階 講堂にて
           定員170名(当日先着順、事前申込不要)
 4/14(日) 5/9(木) 
展覧会関連講座:定員170名(先着順)館サイトもしくは電話058-265-0010で申し込み

4/20(土)午後1時30分~3時
    「美濃の古墳群を読み解く」中井正幸氏(岐阜聖徳学園大学特別研究員)
4/27(土)午後1時30分~3時20分
    「坊の塚古墳の特徴-大型の前方後円墳と比較して-」
       近藤美穂氏(各務原市埋蔵文化財調査センター)
    「岐阜市内の古墳-発掘調査成果を中心に-」井川祥子氏(学芸員)
5/11(土)午後1時30分~3時20分
    「夕田墳墓群から考える美濃の弥生墳丘墓から出現期古墳の様相」
       島田崇正氏(富加町教育委員会)
    「横穴式石室からみた美濃の古墳時代」森島一貴氏(関市文化財保護センター)
ワクワクゼミナール(子ども講座)「勾玉をつくろう」館サイトより申込み
(1)5/4(土)午前10時~11時(午前9時30分開場)
(2)5/5(日)午前10時~11時(午前9時30分開場)
受講料200円 小学校4年生~中学校3年生 定員各回20名(先着順)
中2階 講座室 にて 
所在地500-8003
岐阜市大宮町2-18-1
公共交通 JR岐阜/名鉄岐阜駅前から、
岐阜バス長良方面行(所要約15分)で
「岐阜公園・歴史博物館前」下車すぐ 
道路案内 岐阜市役所から北上、
岐阜公園北側の堤外駐車場(1時間以上一律300円)を利用 
開館時間 午前9時~午後5時(入館は4時30分まで) 
休館日 月曜(祝日は開館)祝日の翌日、年末年始 
入館料金
(常設時) 
高校生以上300円 小中生150円
次の方は無料:市内の70歳以上の方
 市内の身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳の交付を受けている方、及びその介護の方
 家庭の日(毎月第3日曜日)に入館する中学生以下の方
 家庭の日(毎月第3日曜日)に入館する中学生以下の方に同伴する家族(高校生以上、特別展を除く)
 市内の小中学生(特別展は除く) 
展示内容 歴史展示は「長良川流域の歴史と文化」がテーマなので、展示地域はやや広い。戦国時代よりも、考古学・古代(豪族の古墳や瓦窯)の展示の方が力が入っている。民俗展示は「長良川の鵜飼」が圧巻。鵜飼船の実物大、鵜飼船の運動の説明などがある。 
観覧時間 約1時間 
その他
(販売・友の会等) 
 
報告者: 明日香 光二=馬場 英明
更新日: 2011/02/28 0:00:00