埼玉県
16 /59ページ この県の先頭データへ 一つ前のデータへ 一つ後のデータへ この県の最後のデータへ 都道府県別indexへ戻る
いわつきにんぎょうはくぶつかん   ジャンル
岩槻人形博物館   民俗  
WEB https://ningyo-muse.jp/  
TEL 048-749-0222  
FAX 048-749-0225  
企画展 ☆特別企画展「人形 未来へのまなざし―中村信喬作品展」~9/10(日)
   月曜休館
   入館料金:一般500円 高大生・65歳以上250円 小中生150円

 博多人形師を継ぐ家系の3代目の中村信喬(1957~)は、1996年から博多の夏の神事である「博多祇園山笠」の人形を作り続け、2022年には福岡県指定無形文化財工芸技術「人形制作」保持者に認定された。一方で中村は、20代半ば頃から公募展にも積極的に出品し博多人形の型にとらわれず、ひろく「人形師」として創作性の高い作品を発表。
 本展では、野外モニュメントをはじめとして、あくなき挑戦を続ける中村の未来へのまなざしが感じられる作品を展示。
   「夢路」1997年
   「対馬海道」2014年
   「瀧津瀬」2011年
   「TIME TRAVELER」2018年
   「エヴァンゲリオン」2011年 など

特別ギャラリートーク(クロストーク)9/3(日)午後2~3時
 中村信喬氏×是澤博昭氏(大妻女子大学教授)申込不要、当日展示室前に集合

☆特別展「岡本玉水 人形芸術に欠けた生涯ー御所人形から玉水人形へ」10/7(土)〜12/3(日) 
所在地339-0057
さいたま市岩槻区本町6-1-1
公共交通 東武野田線岩槻駅東口から徒歩約10分
岩槻駅東口バスのりばからコミュニティバス慈恩寺観音行に乗車「岩槻人形博物館前」下車
 ※平日のみ午前7時~午後6時台の間、1時間に1便の運行になりますので、ご注意ください。 
道路案内 東北自動車道から岩槻ICより国道16号線を春日部方面へ
 駐車場は普通車28台、車いす用2台、乗降スペースは大型バス用2台分 
開館時間 午前9時~午後5時(入館は4時30分まで) 
休館日 月曜日(祝日は開館、翌日休館) 年末年始(12/28~1/4) 
入館料金
(常設時) 
一般 300円 高大生・65歳以上150円 小中学生100円
          障害者手帳をお持ちの方と付添者1名は半額 
展示内容 近代人形産業の拠点として発展した岩槻に伝わる人形作りの技と、日本画家で人形玩具研究家の西澤笛畝の日本人形コレクションが柱。華やかな雛人形、胡粉の白い肌が印象的な御所人形、彩色が美しい嵯峨人形、小さく精巧な加茂人形や芥子人形、着せ替えを楽しめる市松人形など。 
観覧時間  
その他
(販売・友の会等) 
隣接の「にぎわい交流館いわつき」で体験講座やイベント、カフェショップでの食事や買い物 
報告者: 明日香 光二/馬場 英明
更新日: 2022/01/02 0:00:00