埼玉県
15 /58ページ この県の先頭データへ 一つ前のデータへ 一つ後のデータへ この県の最後のデータへ 都道府県別indexへ戻る
きゅうたかのけはなれざしき   ジャンル
旧高野家離座敷   民俗  
WEB http://www.city.saitama.jp/cgi-bin/odb-get.exe?WIT_template=AC020046&Cc=7d32180b022d109  
TEL 048-878-5025 (浦和くらしの博物館民家園)  
FAX  
企画展  
所在地336-0923
さいたま市緑区大間木82-2 
公共交通 JR武蔵野線東浦和駅から国際興業バス「馬場折返し場」「東浦和駅経由さいたま東営業所」行き『芝原』下車徒歩3分
JR京浜東北線浦和駅東口から国際興業バス「太田窪中尾陸橋経由さいたま東営業所」行き『芝原1丁目』下車徒歩3分 
道路案内  
開館時間 9時30分から16時30分まで 
休館日 月曜日から金曜日 年末年始 (12月28日から1月4日まで) 
入館料金
(常設時) 
無料 
展示内容 この建物は赤山街道と呼ばれる道筋に面した旧高野家の敷地内にあったもので、江戸時代末期の蘭方医・高野隆仙が主屋の離れとして建てたものです。茅葺き寄棟の小規模な建物で、4畳半・3畳の二間からなり、4畳半には茶席用の炉を切り床の間や隅切の下地窓を設けるなど、茶室建築の手法を取り入れた「数奇屋造り」と考えられています。
昭和56年4月4日に市指定有形文化財となり、平成10年12月18日に旧浦和市に寄贈され、平成17年度に復原修理を行いました。 
観覧時間 10分弱 
その他
(販売・友の会等) 
 
報告者: ネタ切れ男 / 沢谷 浩幸
更新日: 2006/12/31 0:00:00