群馬県
1 /53ページ この県の先頭データへ 一つ前のデータへ 一つ後のデータへ この県の最後のデータへ 都道府県別indexへ戻る
はぎわらさくたろうきねんみずとみどりとしのまちまえばし   ジャンル
萩原朔太郎記念水と緑と詩のまち前橋文学館   文学  
WEB http://www.maebashibungakukan.jp/  
TEL 027-235-8011  
FAX 027-235-8512  
企画展 ☆企画展「榎本了壱「線セーション」展―私が出会った表現者たちII」〜 9/29(日)

☆「羽の生えた想像力―阿部智里展」〜10/20(日)
   水曜休館
   入館料金:一般400円 高校生以下無料 障害者手帳をお持ちの方と介護者1名無料
        9/7(土)9/16(月・祝)10/12(土)13(日)は無料観覧日
 前橋市に生まれ育ち、早稲田大学在学中、松本清張賞を史上最年少で受賞した阿部智里は、受賞作を含む、和風ファンタジー「八咫烏シリーズ」を現在7作品を刊行し、漫画化もされて人気を博す。
 中学3年生の時には「詩のまち前橋若い芽のポエム」美棹賞(金賞)も受賞し、「八咫烏シリーズ」を中心に想像力の原点や、紡ぎ出される世界の魅力を紹介。

学芸員による展示解説:9/16(月・祝)午後1〜2時

トーク&サイン会 阿部智里:10/19(土)午後1時〜、3階ホールにて
8/31(土)午前9時より申込受け付け開始(027-235-8011)先着100人
展示観覧券と著書を購入して会場へ 
所在地371-0022
前橋市千代田町3−12−10 
公共交通 JR前橋駅からバス3系統、またはタクシー5分 
道路案内 関越道前橋ICから車で25分 
開館時間 午前9時30分〜午後5時(入館は4時30分まで) 
休館日 水曜日(祝休日は開館、翌日休館) 
入館料金
(常設時) 
一般・大学生100円、高校生以下無料 
展示内容 常設展示で萩原朔太郎の文学、音楽、写真や絵の趣味、家族などを紹介。
萩原恭次郎、高橋元吉、平井晩村、山村暮鳥ら。 
観覧時間  
その他
(販売・友の会等) 
広瀬川沿いには朔太郎の文学世界が広がる。近くに生家の土蔵を公開した萩原朔太郎記念館、朔太郎の展示があるフランス料理店「朔詩舎」がある。
E-mail:maebungaku@maebashi-cs.or.jp 
報告者: 明日香 光二=馬場 英明(TBE01536)
更新日: 2019/05/01 0:00:00