山形県
23 /51ページ この県の先頭データへ 一つ前のデータへ 一つ後のデータへ この県の最後のデータへ 都道府県別indexへ戻る
まつがおかかいこんじょう   ジャンル
松ヶ丘開墾場   歴史 民俗  
WEB http://www.s-eigamura.jp/html/matsugaoka.html  
TEL 0235-62-3985  
FAX 0235-62-3985  
企画展  
所在地997-0152
鶴岡市羽黒町大字松ヶ岡字松ヶ岡29 
公共交通  
道路案内 出羽三山道(県道47号線)より車で5分、無料駐車場あり 
開館時間 午前9時〜4時30分 
休館日 月曜日(祝日は開館)年末年始 
入館料金
(常設時) 
一般450円 高大生350円 小中生150円 
展示内容 1872(明治5)年、旧荘内藩士3000名が開墾し、1875〜1877年にかけて創建した大蚕室10棟のうち5棟が現存。
一番蚕室を「松ヶ岡開墾記念館」として、1階は松ヶ岡開墾資料並びに蚕糸関係資料、2階に元東急百貨店社長の田中正佐・正臣コレクションの全国の郷土玩具。
四番蚕室は「庄内農具館」として乾田馬耕や稲の品種改良の資料、昔の農作業の様子を知ることが出来る風俗人形、農耕儀礼や収穫祭などの時に用いるアフリカ(コギリ等)、インドネシア(ジェコグ等)などの楽器等他資料を展示。
「庄内の米作り用具収蔵庫」は新築で国指定の重要有形民俗文化財8種類5350点のうち1800点。乾田馬耕など先進技術ながら、急速に失われた在来の農耕用具を数多く含む資料。
他に、新微組屋敷。 
観覧時間 2時間以上 
その他
(販売・友の会等) 
二番蚕室にギャラリーまつ、レストランあり。
五番蚕室は庄内映画村資料館として別料金で公開。 
報告者: 明日香 光二/馬場 英明
更新日: 2016/08/01 0:00:00